213人のあおり運転を受けた人に聞いた実態!あおり運転する車は、精神も傷つける凶器と同じ!

投稿日:

合同会社ラビッツ(本社:愛知県名古屋市、代表社員:石川 貴裕)は、全国213名に「あおり運転の実態に関するアンケート」を実施しました。

昨今、あおり運転のニュースが頻繁に取り上げられるほど、増えている悪質なあおり運転。

あおり運転の実態をまとめました。

今回のアンケートの調査概要

今回のアンケート概要は下記のとおり。

調査対象全国
質問数全18問
調査期間2019年9月24日~2019年9月29日実施
回答人数213名
調査方法WEBアンケート
アンケート結果サマリー
  • あおり運転した側:「男性」8割、「30代・40代」が半数
  • あおり運転した側が乗っている車:「国産車」「セダンやミニバン・ワンボックス」「黒もしくは白」が多い
  • あおり運転された側:「女性」6割、「20代・30代」が約7割
  • あおり運転された側が乗っている車:「国産車」「軽自動車」「黒もしくは白」が多い
  • あおり運転の内容:「車間距離を異常に詰める」が圧倒的に多い
  • あおり運転にあった場所:「高速」よりも「自宅近所」が多い
  • ドライブレコーダーをつけてる車は、たった30%。ただし、検討中が55%が意識が上がっている。
  • あおり運転をされた時の対処法:道を譲ること。絶対、挑発にはのらない!
  • 警察によるあおり運転に対する厳正な対処は、まだまだ認知が足りない!

Q1.あおり運転をする8割は男性

「あおり運転をしてきた方の性別は?」と質問したところ

  • 「男」 83%
  • 「女」   4%
  • 「わからない」 13%

8割男性という結果に。「わからない」という回答は、車内からのミラー越しでの確認。夜のヘッドライトによる見にくさにより、性別の判別がつきにくかったのかもしれません。

女性も僅かとはいえ4%いたのには驚きです。勝気な方もいるものです。

Q2.あおり運転をしてきた相手は30代、40代が半数

「あおり運転をしてきた相手は何歳くらいでしたか?」と質問すると

  • 「30歳代」 68人
  • 「40歳代」 45人
  • 「わからない」 42人

という結果に。「わからない」はQ1と同様と考えられます。

見た目年齢なので確実ではないですが、アンケート結果に基づくと30代・40代が多く、全体の半数を占めています。

Q3.あおり運転は「国産車」94%

「あおり運転をしてきた相手が乗っていた車の種類は?」と質問すると

  • 「国産車」 94%
  • 「外国車」   6%

9割が「国産車」によるあおり運転ということが分かりました。

Q4.あおり運転した側が乗っている車は「セダン」「ミニバン・ワンボックス」が約5割

「あおり運転をしてきた相手が乗っていた車は?」と質問すると

  • 「セダン」 68人
  • 「ミニバン・ワンボックス」 50人
  • 「スポーツカー」 28人

という結果に。筆者が実際にあおり運転をされたときの種類は、「トラック」「ワンボックス」でした。

大きいサイズの車をイメージしておりましたが、アンケート結果でも大きい車が上位に挙がっています。

今回のアンケート結果では「トラック」は4番目でした。

Q5.あおり運転した側が乗っている車の色は「黒」が半数

「あおり運転をしてきた相手が乗っていた車の色は?」という質問に

  • 「黒」 110人
  • 「白」   59人
  • 「シルバー」 27人

という結果。「黒」が半数を占めています。

アンケート結果をまとめると、あおり運転した側が乗っている車は、「国産車」「セダンやミニバン・ワンボックス」「黒もしくは白」が多いことがわかりました。

ニュースであおり運転の事件が取り上げられたときに紹介される車と同様です。

黒や白は一般色。走っている台数も多いため目立ちにくいのが難点です。

黒に関しては、日が落ちてしまうと分かりにくく、探しにくいという点からも、あおり運転をする側の人は黒が多いのかもしれません。

Q6.あおり運転されるのは「女性」6割、「男性」4割

あおり運転をされた人の男女比をみてみると「女性」62%、「男性」38%でした。

Q9のあおり運転されていた車のタイプに出てきますが、女性の方が軽自動車やコンパクトカーに乗っている比率が高く標的にされやすいのでしょう。

Q7.あおり運転をされた人は、20代・30代が約7割

「直近であおり運転を受けたときの年齢は?」という質問に

  • 「26~30歳」 56人
  • 「18~25歳」 47人
  • 「31~35歳」 41人

という結果。あおり運転をされた人は、20代・30代が約7割と若い人がターゲットにされやすいようです。

相手が女性や自分より若い人だと、何も抵抗してこないと思われ、相手は強気にでてくるのかもしれません。

あおり運転をする人も、誰かれ構わずあおるわけではなく、若葉マークがついている等、乗っている人を選ぶのでしょう。

Q8.あおり運転した側、された側どちらも乗っているのは「国産車」

「あおり運転を受けたときに、あなたが乗っていた車の種類は?」と質問すると

  • 「国産車」 96%
  • 「外国車」   4%

9割以上が「国産車」に乗っていてあおり運転されたということが分かりました。

また、「外国車に乗っている人=怖い人が乗っていそう」というイメージがあり、標的になり難いのかもしれません。

Q9.あおり運転された側が乗っていた車は「軽自動車」約4割

「あおり運転を受けたときに、あなたが乗っていた車のタイプは?」という質問に

  • 「軽自動車」 85人
  • 「ミニバン・ワンボックス」 53人
  • 「セダン」 27人

と、軽自動車などコンパクトカーが軽視され、あおり運転を受けやすい傾向にありました。

あおり運転をする側は、自身が乗っている車がセダンやミニバン・ワンボックス等の大きめな車で、前を走っている車が軽自動車やコンパクトカーの時、小ささや走る速度の違いから自分のペースで走れないことに苛立ちを覚えるのでしょう。

弱肉強食かのように、大きい車に乗っている方が優先。自分より小さい車に乗っている方が劣後と言わんばかりの身勝手さです。

小さい車に乗っている人は「女性や大人しい人、何かしても反撃はしてこないだろう」と、弱い者いじめの心理なのが予想されます。

Q10.あおり運転をされた側が乗っていた車の色は「黒」・「白」が半数

「あおり運転を受けたときの車の色は?」という質問に

  • 「白」 58人
  • 「黒」 53人
  • 「原色(赤、青、緑、黄色)」 37人

という結果に。「黒」・「白」が半数を占めています。

アンケート結果をまとめると、あおり運転された側が乗っている車は、「国産車」「軽自動車」「黒もしくは白」が多いことがわかりました。

筆者は、カラーで目立つ「原色(赤、青、緑、黄色)」や「蛍光色」がターゲットにされやすいかと思いました。しかし今回の結果では約20%程。

以前行った「女性295名にアンケート調査をしてわかった!女性が男性に求める車の特徴は?」の調査結果の中に、「あおり運転が増えているので高級車や目立つ車は避けたい。ターゲットにされそうで恐怖を感じる」など「安心感」という面でシンプルさも求められていました。

しかし今回のアンケート結果で、実際にあおり運転を受けている車は、高級車でも目立つ車でもなく、一般的に多いカラーに国産車ということがわかりました。

Q11.あおり運転を受けた場所は「自宅近所」が半数

「あおり運転をどこで受けましたか?」という質問では

  • 「自宅近所の一般道」 67人
  • 「高速道路」 56人
  • 「自宅近所の国道」 46人

という結果に。ニュースで取り上げられる事件はスピードの出しやすい高速道路での内容が多いですが、今回のアンケート結果では「高速道路」は2位。上位が「自宅近所の一般道・国道」でした。

自宅近所でのあおり運転は、日常使用する道路での出来事。普段使用しているだけに、もしまた同じ人に会ったら・・・と思うと同じ道路を使用しずらくなるでしょう。

一般道は高速と違って一車線。追い越してもらうため路肩に止めたくても、避ける事が難しい場所もあります。

ましてや田んぼ道なんて避けられません。今回、「田んぼ道」と答えた方が1人いましたが、避ける事も出来ず、あおり運転され続けていたら恐怖でしかなかったと思います。

Q12.あおり運転の王道「車間距離を異常に詰める」が67%

「あおり運転は何をされましたか?」と質問すると

  • 「車間距離を異常に詰める」 144人

あおり運転の王道ともいえる「車間距離を異常に詰める」がブッチギリの結果に!

あおり運転には様々な悪質行為があり、1つだけでなく複数のことをされる場合もあります。

最近ニュースに取り上げられたものだと、クラクションを鳴らしエアガンを発射されるや、不必要なブレーキに車体の幅寄せ、しまいには暴言・暴行など。

相手が無抵抗で弱い相手だと分かると態度や気持ちが大きくなるのでしょう。

文句を言われないだろう、言われたとしても言い返せるという勘違いからエスカレートしていき、どんどん悪質化していくのでしょうね。

Q13.ドライブレコーダー設置車は全体の3割

「ドライブレコーダーはつけていますか?」と質問すると

  • つけていない(検討中) 119人
  • つけている(前のみ) 40人
  • つけていない(つける予定なし) 29人

筆者には予想外の結果でした。ドライブレコーダーをつけている車は全体の30%。

これだけ話題になっているので筆者としては、半数はつけていると予想していました。

ただ、つけていない人でも「検討中」が半数という結果に。確実に意識は高くなってきております。

やはりあおり運転が日常的なことになり、ニュースで聞かない日がないくらいになってきているからでしょう。

いつ自分の身に起きるかもしれない「あおり運転」。それを考えての、この結果になったと思います。

Q14.有名3社「ユピテル」「コムテック」「ケンウッド」が人気

「ドライブレコーダーをつけている方・検討中の方は、どこのメーカーですか?」と質問すると

  • 「その他」 60人
  • 「コムテック」、「ケンウッド」 44人
  • 「ユピテル」 40人

その他はおそらくメーカー純正が多いと予想。

それ以外だと、「コムテック」「ケンウッド」「ユピテル」が人気。

ドライブレコーダーで人気の上位に上がってくるメーカーです。

「ユピテル」に関しては、リーズナブルに購入できるコスパのよさが魅力。

Q15.あおり運転をされたときは「道を譲る」が1番の対処方法

「あおり運転をされた後、あなたはどうしましたか?」

  • 「道を譲った」 99人
  • 「何もしなかった」 72人
  • 「車や窓を完全に閉めロックした」 34人

「道を譲った」が約半数で次いで「何もしなかった」が30%。意外にも「警察に連絡」「動画撮影」が各3%と僅かなことが分かりました。

現状を早く抜け出すためにも、「道を譲る」が得策でしょう。

どれだけ腹が立ったとしても、決して挑発には乗らないのがポイント。

双方以外の人も巻き込み、二次被害(例:後続の車が衝突など)にもなりかねない「あおり運転」。

事故によるケガだけでは済まず、生死にかかわることもあり得ます。

路肩に止めて追い越してもらうときは、もしもの為に「車や窓を完全に閉めてロック」を忘れずに。

もし、「あおり運転」の被害にあったり、トラブルに巻き込まれそうになったら

  • ナンバーの記録
  • 動画撮影
  • 警察に通報

してもらいましょう。

停車する際は、なるべく人目のある場所にして、トラブル回避に努めましょう。

Q16.警察によるあおり運転の厳正な対処は、まだ認知が足りない!

「あおり運転等を行った者に対しては、運転免許の停止等の行政処分を行っていることをご存知ですか?」

  • 「はい」 48%
  • 「いいえ」 52%

アンケートでは半々の結果となり、まだ周知には至っていないことが分かります。

2018年1月、警察庁は全国の都道府県警察本部に対し、あおり運転などの危険運転に対しては「道路交通法違反のみならず、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)、暴行罪など道交法に限らず使える法令を駆使して厳正な捜査を行う」と通達を出しました。(※通達書類はコチラ

さらに、著しく交通の危険を生じさせる恐れが認められる場合は、違反による累積点数で処分に至らなくても、積極的に免許停止(30~180日)の行政処分をすることも指示されております。

この通達は全国の警察へのものであり、国民への認知が半数に達していないようです。

これだけ話題になってもこの結果なので、認知されるまでに時間がかかりそうです。

Q17.その他、参考になる意見をご紹介

  • 飲酒運転と同じくらいタチが悪い。車を凶器として使うものに運転する資格はありません。
  • あおり運転を受けた場合の対処法をCMで流したり注意喚起した方が良い。あおる側にも危険だということを理解させないと、事故は減らないと思います。
  • 厳罰化していくのは良い事と思うが、「あおられた」と言いがかりをつける人が出てくる可能性も考えた方が良い。
  • あおり運転はお互いに何もメリットがない。
  • 恐怖感は暫く消える事はありません。冷静さを保つことが困難な位の恐怖であり、そして後から怒りになりました。
  • あおり運転に対しては厳罰化をし、ドライブレコーダー設置義務にして欲しい。助成金を出して欲しい。

調査結果からわかる概要

あおり運転する人は相手を選んであおっているかもしれません。

ただし、決して他人ごとではなく、いつ自分の身に降りかかってもおかしくない身近な出来事です。

あおり運転をした側は軽い気持ちで深くも考えずやったこと。いじめと同じです。

あおり運転を受けた人は、恐怖感を植え付けられトラウマとなります。

あおり運転に対して、厳正な処分がされているとはいえまだまだ認知度は低く、甘いと感じます。

悪質なあおり運転は、もっと厳罰化も考えていくべきで免許停止程度ではなく、免許取り消しまで考えて欲しいというのが筆者の個人的な意見。

警察が取り締まりを強化しても、あおり運転は一向に減っておりません。

アンケートでもドライブレコーダーの助成金という声がありましたが、自分の身を自分で守るためにも国の力を貸して欲しいものですね。

ただ、自分の身を守るのは、最終的には自分しかありません

あおり運転による厳罰化の強化に期待しつつ、もしも被害にあった時の為に「あおり運転にあったときの対処法」は考えておきましょう。

ただ、こんなことを考えなくても良い日常を送りたいものですね。

パンダ店長のキャンペーン

-アンケート調査

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.