激安車の落とし穴って?15万キロの中古車を購入する時の本当の注意点を解説

更新日:

激安車の落とし穴って?15万キロの中古車を購入する時の本当の注意点を解説
  • 15万キロを超えた中古車が安全性や耐用年数的に大丈夫なのか知りたい人
  • 15万キロを超えた中古車のメリットやデメリットが知りたい人
  • 15万キロを超えた中古車の価格相場から、本当にお得なのか知りたい人

車は大きな買い物になりますから「少しでも安く購入したい」と思いますよね。

そこで気になるのが「10万キロどころか15万キロを超えた中古車ならもっと安いんでは?」ということではないでしょうか。

しかしこんな悩みをよく耳にします。

  • 15万キロも走っている中古車はそもそも寿命が来ていて、乗り続けることができないのではないか
  • 15万キロ超えの中古車は安全性に問題があるのではないか
  • 15万キロを超えた中古車は本当にお得なのか

実際、激安の中古車が欲しいと思っていても、上記の悩みが解決できなければ安心して購入することはできませんよね。

そこで今回は、筆者がプロとして「安全な」15万キロ超え中古車購入について解説していきましょう。

ちなみに筆者の父は15万キロ越えどころか20万キロを超えても同じ車に乗り続けていましたし、同じような人は国内外にゴロゴロいます。

そのため「チェックポイントさえ守っておけば大丈夫」と思っておいてください。

そういったポイントもこの記事でしっかり身につきますよ。ではまいりましょう!

【裏技】知る人ぞ知る、レアな中古車や新古車を賢く手に入れる方法!

筆者イチオシの中古車購入「裏技」

ぶっちゃけ、もっとも手軽に「レアな中古車・新古車を手に入れる方法」は何だと思いますか?

それは「中古車販売店に希望の新古車や中古車を探してもらう」こと。そして提案の専用サービスが「 ズバット車販売 」です。

ズバット車販売 」は、中古車情報サイトには掲載されていない未公開車両を「ガリバー」が提案してくれます!

コツは下記のような感じで伝えることです。

  • 新車とほぼ同等の軽自動車がほしい、プリウスがほしい
  • ディーラー試乗車落ちで5,000km以内の中古車がほしい
  • タントで100万以内、新車同等品を提案してほしい
  • 通勤にオススメの車を教えてほしい

ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、時々提案してもらうのがいいですよ!

ズバット車販売の公式サイト

ぶっちゃけ、15万キロ程度までなら問題なし

ぶっちゃけ、15万キロ程度までなら問題なし

まずそもそも論ですが、正直なところ車の寿命は15万キロ程度ではありません。

というのも車という工業製品は走行性能や安全性を高めるために精密な製造がされており、結果的に「非常に精度の高い製品」となっているからです。

そのため15万キロ程度で寿命が来ることはほとんどなく、どの車も30万キロ程度までは「普通に走行できる」ということができます。

ちなみに企業の営業車やタクシーなどは一般的な乗用車が使われていますが、そのほとんどは20万キロを超えても使われ続けていますし、30万キロを超えても使われるケースもあります。

そのため15万キロの中古車は「まだまだ折り返し地点」という程度に考えても大丈夫なのです。

次章にて、15万キロオーバーの中古車ではどんな車種が狙えるのか見ていきましょう。

15万キロ超えだとこんな中古車が手に入る

例えば、15万キロを超えてくるとこんな中古車も手の届く価格まで下がっています。

15万キロ超えだとこんな中古車が手に入る

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
15万キロは正しく選べば「安全性は維持したまま、憧れの車を手に入れる」チャンスなんだよ!

15万キロを超えた時に「交換すべき部品」はある

ただし、15万キロを超えた車では、交換すべき部品があります。

逆に言うとこれらの部品が交換されていれば、まだまだ走れる車と言えるわけですね。

主なものは下記の比較表の通りです。

交換すべき部品の種類相場(円)
エンジンオイル5,000~10,000
バッテリー5,000~30,000
ブレーキパッド10,000~20,000
タイヤ20,000~100,000
デフオイル3,000~5,000
タイミングベルト20,000~50,000
スパークプラグ4,000~5,000

これらはすべて車の寿命に大きく関係しており、安全性にも寄与しています。

そのため高級車や人気車種などを安く購入できる15万キロという走行距離ですが、必ず購入時には上記交換・確認を実施しておきましょう。

また購入時には交換だけではなく、必ず合わせて車両状態の詳細な点検をしてもらうことがオススメです。

金額としては1万円程度で点検をしてくれるケースが多いため、絶対に欠かしてはいけません。

交換・整備の状況は記録簿でチェックしよう

交換・整備の状況は記録簿でチェックしよう

上記した作業は実施すべきなのですが、「直近で交換済み」という場合は改めて交換してしまうと損ですよね。

その場合、実は交換や整備の履歴を「整備記録簿」というもので確認することができます。

整備記録簿は整備工場にて発行される書類で、ほとんどのケースで車検証入れの中に保管されていますから、必ず一度チェックをしましょう。

記録簿の見方は下記の関連記事に詳細な見方を紹介していますので、ぜひご覧になってください。

記録簿
中古車を購入するとき記録簿は必須?チェックすべき項目は?

年式、走行距離、価格など、インターネットや中古車情報誌などにはさまざまな項目が書いてあり、あなたは中古車を購入する際、ど ...

続きを見る

まどか表情笑顔
まどか
これだけのポイントを抑えておけば、私でも安全に安く中古車の購入ができそうです!

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
そう、この基本さえ守っておけば8割ぐらいOKだよ!残りの2割は次章に説明していくね!

15万キロ超えの車で「合格車両」を見つけよう!7つのチェック項目

15万キロ超えの車で「合格点を出す」ための7つのチェック項目

15万キロを超えた車で「この車なら間違いなく大丈夫だろう」と判断しても良い、チェック項目を設けましたので下記をご覧ください。

安全な激安車購入まであと一歩です!

  • 車両全体のキレイさ
  • 車の「下場」
  • ボンネット内部
  • ドアなどのパネル類
  • 内装
  • 記録簿
  • 試乗

それぞれ詳細な内容は以下に説明していきます。

チェック項目(1)車両全体のキレイさ

チェック項目(1)車両全体のキレイさ

全体をぐるっと回り、車全体のキレイさをチェックしてください。

あなたが許容できる範囲であれば大丈夫なのですが、基本的にサビが出ていたり、汚れがひどい車の場合には「かなり雑に使われてきた」ということができます。

その場合には車自体も無理な使われ方がされている可能性もあるため、基本的には避けた方が良いでしょう。

もちろん販売店がキレイにしているケースもありますが、その場合はチェックOKだと判断してください。

というのも内外装ともにキレイにしているということは、メンテナンスなどもきちんとされている可能性が極めて高いからです。

チェック項目(2)車の「下場」

車は下から見ると「ガード」などが取り付けられていますが、すきまや見える部分で構わないのでスマホのLEDライトなどで照らしながら、下からのぞいてみてください。

そうすると骨格や足回りなどがチラッと見えるのですが、これらがサビてしまっている場合には骨格などの重要部分が弱っている可能性が高いので、購入は控えましょう。

逆に下場がキレイに塗装されている、そもそもサビなどが見当たらない場合には耐久性に大きく影響を与えていませんので安心してください。

チェック項目(3)ボンネット内部

チェック項目(3)ボンネット内部

次はボンネットを開けて、内部を確認してみましょう。

あなた自身でエンジンやボンネット内部の詳細を見るのは難しいかと思いますので、チェックするポイントはただひとつ。

それは「オイルの漏れや滲みがないか」です。

というのも車にとってオイルは潤滑・冷却などの効果があるのですが、漏れてしまうと「ブレーキが効かない」「エンジンが正常に作動しない」など、安全性に問題が発生する可能性が高くなるからです。

オイル漏れや滲みがある場合には、黄色~黒のような色味のべっとりとした液体が付着しますし、にじみがある場合は「ホース類に目に見えて分かる程度」にじわっとしています。

そのためこちらもスマホのLEDライトなどを活用して、ザっとチェックすることをオススメします。

チェック項目(4)ドアなどのパネル類

ドアやボンネットなど、車は骨格の上からパネルが貼られて箱形を形成しています。

しかし骨格にゆがみが生じている場合には、上のパネル部が上手く装着できません。

その場合

  • パネル類の隙間が均等ではない、ゆがんでいる
  • ドアが開けずらい

などの問題が生じます。

そしてこれは利便性の問題ではなく、安全性の問題なのです。

一体どういうことなのか説明しましょう。

「パネルのズレ=骨格のゆがみ=修復歴あり」と考えられるのですが、修復歴ありの車はそもそも「乗員を守るために頑丈に作られた骨格が損傷している」といえるため、安全性が著しく欠けているのです。

そのため寿命はまだまだだったとしても、安全に走行し続けられる補償が極めて低くなるのです。

そのためパネル類のチェックでおかしな点が見つかった場合には、危険な車だと判断して購入はやめておきましょう。

チェック項目(5)内装

内装は車に乗る上で、特別安全性に寄与することはあまりありません。

そのため「あなたが我慢できる範囲」であれば、購入しても大丈夫です。

しかし筆者としては「ギリギリ我慢できるレベルでの購入は控えるべき」というのが本音です。

なぜなら購入後すぐに内装がダメになってしまい、交換する際の費用が非常に高額になるからです。

例えば内装で気にする人の多いシートについて考えてみましょう。

シートによれやへたり、破れなどがある場合には「シートカバー」というものを購入し、取り付けるのが一般的です。

しかしその場合、シートカバーで数万円、取り付け工賃で5~6万円取られることが普通なのです。

そのためシートがダメになっただけで、一気に10万円コースになることも珍しくなく、結果的に「後から多くの費用が必要になる」と言えます。

だからこそ、ギリギリ我慢できるレベルではなく、「妥協しない範囲に収まっているか」を考えて、内装のチェックをしましょう。

チェック項目(6)記録簿

先ほども少し触れましたが、メンテナンスなどをしてもらうと整備工場から整備記録簿というものが発行されます。

これにはメンテナンスの詳細として、実施作業や交換部品などが記載されていますから、必ずチェックしてください。

そして先ほどの交換部品がすべて変わっていることを確認してください。

また自分でチェックするのが面倒くさい場合には、販売店の担当者に聞くと詳細に見方を教えてくれますし、記録簿に基づいて一緒に「個々の部品が○○に変わっています」など、現車を見ながら教えてくれます。

チェック項目(7)試乗

チェック項目(7)試乗

最後は絶対に試乗をしてください。

というのも試乗をすることで

  • 異音がないか
  • ブレーキは想定内で効いているか
  • 車の挙動は正常か
  • まっすぐ走行することができるか

など、車が正常に動いているかどうかを確認することができるからです。

車検が残っている車は公道で、残っていない車は展示場内でゆっくり走行するだけでも構いませんので、必ず確認してください。

また試乗をすると上記の異常に気付くだけではなく、

  • 意外と運転しづらい
  • サイドミラーから後ろが見にくい
  • 最小回転しても予想より大回り

など、自分に合うかどうかも分かりますので、ぜひ試乗依頼をしてみましょう。

まどか表情笑顔
まどか
これで15万キロオーバーの中古車を購入するとき、100%安心できそうです!

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
だから次は15万キロ超えの中古車価格について、解説していくよ!

同じ15万キロでも年式によって状況と価格は変わる

一般論として、車は1年間で1万キロ走行すると言われています。

しかし大抵の場合、1万キロピッタリ走行するわけではありません。

そのため15万キロの中古車の中には

  • 15万キロ×低年式(1年に1万キロも走行していない)
  • 15万キロ×高年式(1年に1万キロ以上走行している)

という2種類が存在することになります。

そう、年式と走行距離のバランスに偏りが出てしまうのです。

しかし偏りが出たとしても、基本的に車の安全性や耐久性に問題があるわけではありません。

なぜなら車の寿命はエンジンの稼働時間=走行距離に依存しているからです。

もちろん走行距離と比較して年式の新しい車は「無理させられた」と言えますし、古い車では「使われなさ過ぎて古いオイルで動いている」と言えますから、少し不安になりますよね。

しかし「バランスが悪い」として考えるべきなのは、15万キロの場合「数値に1.5倍以上の差が出る」というケースだけで構いません。

つまり25年落ちで15万キロ走行している、といった場合です。

そのため20年前後古い車までは、余裕で大丈夫と思って良いでしょう。

ただし価格自体は下記に説明していくように、偏りが出ますのでご覧ください。

15万キロ×低年式のケース

15万キロ×低年式のトヨタヴォクシーを探したところ、下記のような車両を見つけることができました。

15万キロ×低年式のトヨタヴォクシー

出典元: goo-net(グーネット) の「ヴォクシー(トヨタ)の中古車」より

条件は下記の通りです。

  • 2002年式(16年落ち)
  • 17.6万キロ

15万キロ以上で、さらに低年式であるとここまで価格が下がるのです。

そのため「走行距離にかかわらず、古ければ古いほど安くなる」ということができますね。

15万キロ×高年式のケース

一方、高年式のケースも同様に探しましたので下記をご覧ください。

15万キロ×高年式のトヨタヴォクシー

出典元: goo-net(グーネット) の「ヴォクシー(トヨタ)の中古車」より

条件は下記の通りです。

  • 2011年式(7年落ち)
  • 15.8万キロ

この金額を見て分かるのは、走行距離が同じでも「年式の新しい方が高い」ということです。

その理由は単純で、誰もが「できる限り新しいモデルを欲しいと思っているから」です。

モデルこそ違うものの同一車種ですから、性能的に大きな違いがあるわけではありません。

しかしここまで価格差が出るため、筆者としては

  • 絶対に激安で購入したい人…15万キロ×低年式の車両がおすすめ
  • 少しぐらいキレイで新しいもの通常より安く購入したい人…15万キロ×高年式の車両がおすすめ

ということになります。

ぜひ覚えておいてください!

重要なポイントまとめ

どうでしたか?ぜひ、あなたの中古車購入に役立ててください! 最後にポイントと共に、おすすめの中古車購入方法を振り返っておきますね。

なかなか市場に出回らない質がいい中古車をお手軽に見つけたい人は…中古車提案サービス「ズバット車販売」を使うのがおすすめ!

  • 15万キロ越えの中古車でも、そもそも「寿命の折り返し地点」であるため、まだまだ乗り続けることが可能
  • 15万キロ越えの中古車は「交換部品」が交換されているものを購入するor購入時に交換してもらうのが絶対条件
  • またチェック項目にて、必ず車の状態や履歴について現車確認すると安心できる
  • 同じ15万キロ越えの中古車でも、低年式のものの方が安く、高年式のものの方が高くなる

ぜひ安全かつお得な中古車購入に役立ててくださいね!

パンダ店長のキャンペーン

-中古車購入

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.