車の購入はローンでするべき!賢い購入方法をプロの目線で徹底解説

こんな悩みをスッキリ解消

  • 車をローンで購入しようと考えている人
  • 車の購入方法で悩んでいる人
  • どの方法が一番車をお得に購入できるか知りたい人

車を購入するというのは、数年に一度のイベントです。

非常に金額も高価になるため、支払い方法を間違えれば数十万円も損をしてしまいます。

そこであなたは今、車の購入方法で悩んでいませんか?

  • 車は一括と分割どっちで買うべき?
  • マイカーローンにはどんな種類があるの?
  • ローンの審査に通るか心配

この記事は、車をローンで購入する際に知っておきたい情報を全て紹介しています。

金利の違いでいくら損をするのかも紹介しているので、この記事を読めばマイカーローンの選び方のコツが分かります。

審査の厳しさも紹介しているので、最終的には「自分もローンで車が買えそう」と思えるようになっているでしょう。

【執筆・監修】リユース営業士

滝俊晴

古物商を取得し、自ら中古車売買を経験。リユース系メディアの編集長時代には、買取業者への取材を積極的に行う。独立後は自身の経験と知識を活かし、価値のあるコンテンツ制作に注力している。また、前職時にカービューやユーカーパックの取材経験がある。

資格古物商、リユース営業士

当サイトは、紹介している一部サービスが読者様に使用された時に支払われる報酬によって運営が成り立っています。頂いた報酬は、調査やコンテンツ制作に使用し、正しい・最新の情報をお届けできるように努めています。読者様に合わせたベストな選択を提案しておりますが、もし異なる意見がございましたら、問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。詳細は「運営ポリシー」をご確認ください。

車をローンで購入した時のメリットデメリット

車をローンで購入するというのは、あまり珍しいことではありません。

高額商品なのでローンで購入する人も多く、ディーラーもローンを前提に商談してくる場合もあります。

とはいえ、ローンを利用するかどうかは自分でしっかり考えたいもの。

そこで本章では、ローンで車を購入した時のメリットとデメリットを紹介していきます。

分割払いで車を購入するメリット

  1. 自動車ローンは低金利なのでお得
  2. 手持ち資金が減らない

分割払いで車を購入するデメリット

  1. 支払いが終わるまで自分の車にならない
  2. 低金利とはいえ多少の利息は支払う必要がある
まどか
どうやらローンは「金利」が重要なポイントになりそうですね。
その通り!これからメリットデメリットを詳しく説明していくよ。
パンダ店長

ローンで車を購入する2つのメリット

ローンいうのは銀行などの金融機関からお金を借りて車を買う方法。

最大のメリットは、手持ちの現金を減らさずに車を購入することができるということです。

現金一括で車を買うと、数百万円の現金を一度に支払うことになります。

そうすると貯金が全てなくなってしまう場合もあり、今後万が一の時に対応できなくなってしまいます。

まどか
車が故障した時はもちろんですが、それ以外にも急に現金が必要になることって案外多いから不安ですね。
そうだね。今の時代、貯金がないっていうのは少し怖いよね。
パンダ店長

ローンであれば毎月決められた金額を細々と支払っていくもの。

大量の現金を支払わなければいけないのは完済時だけ。

それも完済まで定額払いにしていれば、その必要もありません。

つまり、車はすぐに手に入れられる上、多額の支払いは猶予されるのです。

それなら余った現金を手元に残すことができるので、万が一の時も安心。

これがローンの最大のメリットです。

ローンは金利によってはお得になる

自動車ローンのもう一つのメリットが、「低金利でお金を借りることができる」というもの。

一般的なカードローンでお金を借りると、15%前後の金利が発生します。

しかしマイカーローンなら、金利が3〜5%台で済んでしまうのです。

どれくらい支払う利息に差があるのかをカンタンに紹介しましょう。

ローンの種類 金利 返済回数 月の返済額 返済総額 利息額
マイカーローン 2.85% 60回 53,706円 3,222,360円 222,360円
カードローン 17.8% 60回 75,854円 4,551,224円 1,551,224円

例えば300万円を5年で返済する場合、金利17.8%のカードローンを利用すると利息だけで150万円以上かかります。

返済総額は450万円を超え、どれだけ多額の利息を支払うことになるのかが一目瞭然。

しかしマイカーローンなら利息は3%前後。

2.85%のマイカーローンを利用すれば返済総額は322万円で済みます。

月の返済額も2万円近く減ることになり、マイカーローンがいかに低金利なのかが分かります。

まどか
さすがにこれは素人の私でもひと目で違いがわかります。
この超低金利のマイカーローンは実在していて、詳しくは後ほど紹介しているよ!
パンダ店長

このように、マイカーローンは非常にお得であることが分かります。

とはいえデメリットも当然あるので詳しく紹介します。

ローンで車を購入する2つのデメリット

先ほどの説明で、マイカーローンは金利が重要であることが分かりました。

この金利が高いと損をしてしまうというのが最大のデメリットと言えます。

マイカーローンにも種類があり、選ぶローンを間違えると金利が7%近くまで上がってしまいます。

マイカーローン選びを間違えると損をする可能性があると覚えておこう!
パンダ店長

そしてローンで車を購入する場合、完済まで所有権はローン会社にあります。

つまり正確には自分の車と言うことはできず、ローン返済中に車を売りたい場合などに制限を受けるのです。

例えばローンの途中で車を売りたいとなった時、まずはローンを完済する必要があります。

下取り額がローンの残債より高い場合は問題ありませんが、その逆となれば問題です。

下取り額がローンの残債に満たない場合は、その差額をローン会社に支払う必要があるのです。

そうしないと所有者であるローン会社は車を手放すことを認めてくれません。

こうした制限があることがデメリットの1つと言えるでしょう。

全額をローンにせず、一部頭金を入れておけばこの問題は起きないね!
パンダ店長

これがローンで車を購入した時のメリットとデメリットです。

デメリットの項目でカンタンに説明しましたが、マイカーローンにはいくつか種類があります。

ローン選びで失敗しないために、次章で3つのマイカーローンについてカンタンに説明します。

マイカーローンにも3つの種類がある

ローン選びで重要なポイントは「金利」であるということは前章でお伝えしました。

マイカーローンには大きく分けて3つの種類があり、それぞれ金利が異なります。

そこで本章では、3つのマイカーローンをカンタンに説明していきます。

3つのマイカーローンの特徴は以下の表の通りだよ!
パンダ店長
ローンの種類 一般的な金利 支払回数 特徴
ディーラーローン 5%前後 最長84回 ディーラーで申込み可能
審査は甘め
銀行ローン 3%前後 最長120回 低金利だが審査が厳しい
残価クレジット(残クレ) 4%前後 最長60回 車両代金の一部だけ支払うことが可能

この3つのマイカーローンの特徴をそれぞれ説明します。

審査が甘いディーラーローン

ディーラーローンというのは、自動車メーカーが自社の新車の販売促進のために行っているローンのこと。

ディーラーで申し込むことができ、新車の商談と平行して手続きができるというメリットがあります。

車を売りたいという思惑から審査もあまり厳しくなく、即日審査通過というのも珍しくありません。

金利は5%前後に設定されていますが、販売にテコ入れをしたい一部車種では1%台の超低金利キャンペーンを行うこともあります。

最もお金を借りやすいローンがディーラーローンなんだ!
パンダ店長

審査が厳しい銀行ローン

銀行のマイカーローンは3%前後の低金利が売りですが、その分審査が厳しいという特徴があります。

申込みも自分で行う必要があり、審査まで1週間程度の日数がかかります。

収入証明の提出が必要であったり、勤務先への在籍確認がある場合も珍しくありません。

メリットは選べる支払回数が多く、最長で10年のローンを組むことも可能。

銀行で借りられればいいんだけど、全員が審査に通るわけじゃないのがデメリットと言えるよ。
パンダ店長

支払い額が減らせる残価クレジット(残クレ)

残価クレジットをカンタンに説明すると、車両代金の一部を分割払いにできるというもの。

5年後の下取り価格を決め、メーカーは5年後に必ずその金額で買い取ることを約束。

メーカーの指定通りに丁寧に乗り続ければ、5年後に約束された金額で車を手放すことができるのです。

そのためその下取り価格分はローンに含めず、一部代金だけを分割払いにすることができるのです。

金利は3〜4%台に設定されていることが多く、毎月の支払い額を減らしたい人にオススメのローンです。

最終的に車を返却しなければいけないから、リースのようなイメージと覚えておこう!
パンダ店長

残クレは下記記事で詳しく解説しています。

残クレのいい話だけを聞いて騙されるな!仕組みと5つのデメリット

こんな悩みをスッキリ解消 残クレと通常の自動車ローン、車の購入方法で迷っている人 残クレの仕組みがわからず、知りたい人 ...

続きを見る

マイカーローンにはこのような特徴があり、自分にピッタリの支払い方法を選ぶことができます。

それぞれのローンの特徴を見極め、自分にはどれが一番合っているのかじっくり考えましょう。

次章では、結局一括とローンならどっちがお得であるかを紹介します。

一括とローン、どっちがお得?

車を購入する際、結局一括とローンはどちらがお得なのか気になります。

先に結論をお話すると、お得感だけを追求するなら現金が一番です。

本章ではその理由を紹介していきます。

お得感で言えば現金だけどオススメはしない

先ほど紹介した、「300万円を2.85%の金利で5年借りた」場合、支払総額は322万円になります。

低金利なのでお得といえばお得ですが、現金一括払いなら支払う必要のある額は「300万円」。

つまり、どれだけ低金利なローンがお得であると言っても、現金一括払いより22万円高くなってしまうのです。

まどか
それだけ考えると、「金利0%」の現金一括払いが一番お得ですね。

しかし現金一括払いをするなら、車購入時に300万円を一気に支払う可能性があります。

例えば貯金が1,000万円あれば、300万円を支払っても大きな痛手とはなりません。

しかし300万円を支払った結果、貯金がなくなってしまうようなら考えものです。

現金がないということは生活費がないことを意味するからね。
パンダ店長

生活において、現金が必要なのは車購入時に限った話ではありません。

車購入に全ての現金を使ってしまえば、当然急な出費に対応できなくなってしまいます。

そのお金をカードローンで借りようとすると、金利は15%前後まで跳ね上がります。

それなら3%前後で借りれるマイカーローンを活用する方がお得と言えるでしょう。

結論としては、お金に余裕があるなら一括払いでもいいかもしれないってことだね!
パンダ店長

もちろん、筆者のオススメはマイカーローンを利用すること。

一括にすべきかローンにすべきかについては下記記事でさらに詳しく解説しています。

車購入は「分割」でするべき!一括ではなくローンにする理由

こんな悩みをスッキリ解消 車を一括か分割どちらで購入するか迷っている人 自動車ローンにはどんな種類があるのか知りたい人 ...

続きを見る

しかし現実的に考えて、マイカーローンには審査がつきものです。

そこで次章では、審査について解説していきます。

ローンの場合、審査は通りやすいのか

ローンで車を購入するなら、当然審査は気になります。

しかしマイカーローンの場合、よほどのことがない限り審査に落ちる心配はないのです。

本章では、マイカーローンの審査があまり厳しくない理由を紹介します。

マイカーローンの審査が厳しくない理由

マイカーローンは読んで字のごとく、車の購入に限って利用できるローンです。

車は非常に価値のあるものなので、万が一ローンの支払いが滞ったら売ればお金になります。

こうした理由から、マイカーローンは審査が厳しくないのです。

万が一ローンが支払えなくなった時、金融機関は車を回収して売ってお金にするんだ。
パンダ店長

その上ディーラーローンは販売促進のキャンペーンも兼ねているため、多くの人を審査に落としていたら車が売れなくなってしまいます。

そのためある程度審査を甘くして、数多くの車を売れるように努力しているのです。

こうした理由から、ディーラーローンはあまり審査に落ちることがないと言われているのです。

もちろん銀行も上記の理由があるため、他社のローンで未納などがない限りあまり心配することはないでしょう。

まどか
まずは銀行ローンに申し込んで、万が一落ちてしまったらディーラーローンに申し込むのがいいですね!

車をお得に買うためには、まずは低金利のマイカーローンから申し込むのが鉄則。

そこで次章では、低金利でお金を借りることができる2つのマイカーローンを紹介していきます。

オススメのマイカーローン

低金利の自動車ローンは数多くありますが、筆者は中でも以下2つのローンをオススメします。

ここではその2つの自動車ローンのカンタンな説明をしていきます。

筆者オススメの自動車ローン2つ

  1. 三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン
  2. 損保ジャパン日本興亜「ジャパンダ・ネットマイカーローン
2つの自動車ローンをカンタンに比較したよ!
パンダ店長
ローンの名称 提供元 限度額 借り入れ期間 金利
ネットDEマイカーローン 三菱UFJ銀行 最大1,000万円 最長10年 年2.975%
ジャパンダ・ネットマイカーローン 損保ジャパン日本興亜 最大1,000万円 最長10年 年1.90~2.85%

2つの自動車ローンは「限度額・借り入れ期間・金利」がほとんど同じ。

一般的な自動車ローンの金利が5%前後であることを考えると、非常に低金利であることが分かります。

三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」は前年度年収が200万円以上で利用でき、損保ジャパン日本興亜の「ジャパンダ・ネットマイカーローン」は前年度年収280万円以上で利用できます。

大きな違いは年収の差で、280万円に満たない人は三菱UFJ銀行がオススメ。

ネットDEマイカーローンはインターネットを使えば繰り上げ手数料が無料になることもポイントです。

まどか
余裕がある時に繰り上げ返済をすれば、利息を節約することが可能ですね。

これが、筆者がオススメする2つの自動車ローンです。

【裏技】愛車の最高額をチェック&下取りよりも数十万高く売れる

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

そこでオススメが「車一括査定」というサービスです。車一括査定を使うと、複数社の査定額を比較

ディーラー下取りや買取店1社よりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中です。

楽天カーサービス公式サイト 【概算価格も一緒に分かる・依頼だけで楽天ポイントがもらえる】

カーセンサー公式サイト 【とにかく高く売りたい人は最大手のココ】

まとめ

  • ローンで車を購入すれば手持ち資金が減らない
  • ローン選びは金利が違うと命取りになりかねないので超重要
  • 基本的には低金利のマイカーローンを活用して車を購入するべき
  • まずは銀行ローンに申込み、審査に落ちたらディーラーで申し込む
  • マイカーローンは車を担保にするから審査は厳しくない

気になるワードでチェック

パンダ店長のキャンペーン

\内容はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

石川 貴裕

名古屋のIT企業にて、車一括査定のサービス責任者を経験。その間に車買取会社やJPUCの会議などに参加。新卒時代に車一括査定を利用して30万円高く売れたことを経験。情報格差で損をしている人が多く疑問を感じたため、当サイトを立ち上げ。現在は、古物商許可を取得、中古車売買を行っている。(愛知県公安委員会 第541182000600号)

-中古車購入, 新車購入, 自動車ローン

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , All Rights Reserved.