車買取での談合の実態!大手買取業者が内情を暴露した結果を公開

こんな悩みをスッキリ解消

  • これから出張査定を使って車を売ろうと思っている人
  • 車買取に談合があるのか気になっている人
  • 談合を防止して車を高く売る方法を知りたい人

非常に残念な話ですが、交渉事に談合はつきもの。これは車買取の時も一緒です。

実際にTwitterでも一部、談合のクチコミがされています。

査定額を交渉する場において、実際に談合が行われているのかどうか、気になる人も多いでしょう。

この記事では、実際に談合を行っていた大手買取業者の知人にその手口をヒアリングした結果を公開。

買取業者各社がどんな談合をしていたのか全て分かるようになっています。

【執筆・監修】リユース営業士

滝俊晴

古物商を取得し、自ら中古車売買を経験。リユース系メディアの編集長時代には、買取業者への取材を積極的に行う。独立後は自身の経験と知識を活かし、価値のあるコンテンツ制作に注力している。また、前職時にカービューやユーカーパックの取材経験がある。

資格古物商、リユース営業士

当サイトは、紹介している一部サービスが読者様に使用された時に支払われる報酬によって運営が成り立っています。頂いた報酬は、調査やコンテンツ制作に使用し、正しい・最新の情報をお届けできるように努めています。読者様に合わせたベストな選択を提案しておりますが、もし異なる意見がございましたら、問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。詳細は「運営ポリシー」をご確認ください。

車買取の談合はありえるのか大手買取業者の知人にヒアリング

談合を辞書で調べると「不公正な話し合い」と出てきます。

車買取における談合とは、「複数の買取店が事前に査定額を打ち合わせて、意図的に安く買い取る」というもの。

高く売りたいと考える売主からしてみたら不利益を被るだけの話です。

まどか
談合って…、車買取店はそんなひどいことをしているんですか!?
残念ながらそういうことは実際にされているのが実情なんだ…。
パンダ店長

複数の買取店が談合をしていると被害を被るのは売主です。

談合は実際にありえる

車買取といえば、一昔前は街の買取店に出向いて査定をしてもらうのが主流でした。

しかし最近では各社が出張査定に対応しているということもあり、自宅に査定員を呼ぶという人が増えたのです。

さらには、複数の買取店を同時刻に呼ぶ「相見積もり」をする人が増えました。

相見積もりがカンタンにできるようになったキッカケの一つが「車一括査定の登場」と言われています。

車一括査定ができてから査定員のバッティングが増えた

車一括査定は複数の買取店に査定の依頼ができる便利なサービス。

車一括査定とは、複数の買取業者への査定依頼が一度に行えるWEBサービス(サイト)のこと。

自分で買取業者を1社1社探す必要がなく、査定額を比較できるため、高く売れるメリットがある。

専用のサイトから一度申し込むだけで、複数の買取業者に同時に査定依頼ができてしまうのです。

複数の買取店が同じ車を査定すれば、当然価格競争が発生して車が高く売れます。

まどか
家電量販店の値引き合戦みたいなものですね。

車一括査定は、無料で使えて車が高く売れるということで利用者は急増しています。

そして各社バラバラで査定に来てもらうのも面倒なので、同日同時刻に出張査定に来てもらう人も増えています。

これは立派な活用方法で悪いことではありません。

でも、安く買い取りたい車買取店からしてみたら、ライバルがその場にいるから嫌だよね。
パンダ店長

同じ時刻に同じ場所に査定員が呼ばれることが何度も重なると、次第に査定員同士は顔見知りになっていきます。

実際に出張査定員に聞いてもらうと分かりますが、よくバッティングするという話は耳にします。

例えば、下記は実際に同日同時刻に呼んだ時に風景ですが、左側の男2人の方が仲良く話しているのが分かると思います。

毎回全力で買取価格を競っていては利益が少なくなってしまうので、自然と「今回はA社に譲る」「今回はB社に譲る」という談合が行われることが出てきたのです。

談合の具体的なやり取りを知人にヒアリングした結果

そこで筆者は、車買取の際にどんな談合が行われていたのかをビッグモーターで働く知人にヒアリングしました。

今回はその結果を紹介します。

わざと査定額を安く伝える

談合の中で最も多いのが「各社が価格競争に応じるフリをする」といったもの。

例えば4社が査定に来て、100万円で買い取りたい車があったとしたら、各社がわざと安い価格から競争をスタートするのです。

半額の50万円から競争をするフリをすれば、お客さんはどんどん査定額が上がっていると錯覚。

結果当初の予定通り100万円で買い取りが成立しても、お客さんは値段が倍になったと喜ぶのです。

その車、本当は120万円で売れてもおかしくない車だったと話していたよ。
パンダ店長

知人の話では、「80万円になったらA社が降りる」「90万円になったらB社が降りる」「95万円になったらC車が降りる」という談合をしていたとのこと。

事前に今回は譲って欲しいと話す

談合は各社がバランスよく車買取をできないと意味がありません。

そのため「前回他社に譲ったんだから今回はうちが買い取らせてほしい」と事前に相談することもあるということ。

確かに筆者が自宅に査定員を呼んだ時、各社の査定員は顔見知りのようで親しげに話をしていたという場面がありました。

こうしたことからも、事前に「今回の査定はこういうシナリオで」という談合はされているようです。

査定員は車買取を安く成立させれば、その分給料が増えるんだ!だから談合をして意図的に安く買い取ろうとするんだね。
パンダ店長

知人へのヒアリングにより、車買取時に談合があるのは事実ということがわかりました。

それでは実際にどうしたら談合を防いで相見積もりを成功させられるのか、その方法を次章で紹介していきます。

談合を避けたいのであれば同時刻に呼ばない

談合を避ける一番の対策が「査定員を同時刻に呼ばないこと。

どの買取業者が査定をするか分からない状態であれば、査定員も談合することはできないからです。

談合が行われるのは、あなたと1社の査定員が交渉をしている間。

その間に残りの数社で「今回はいくらでいこう」という談合がされるのです。

そのため1社ずつ自宅に呼び、毎回1人だけと交渉をするのがオススメします。

同日に複数の買取店を呼ぶ時は、「1社最低2時間」を取るようにしよう。そうすれば査定員がかぶることがなくなるよ!
パンダ店長

査定時の3つの注意点

複数の買取店に査定依頼をして、査定の当日になった時、注意したい点が3つあります。

査定時の3つの注意点

  1. 希望額は伝えず交渉する
  2. セールストークは全て断る
  3. 相見積もりであることは伝える

それぞれカンタンに説明していきましょう。

注意点1.希望額は伝えず交渉する

査定員は必ずと言っていいほど、査定時に「いくらで売れたらいいと思っていますか?」と聞いてきます。

この時に絶対に具体的な金額は答えないようにしましょう。

査定員は車を見た時点で「いくらまでなら出してもいい」というのがわかります。

しかし先にお客さんに金額を言わせることで、最初に想定した金額を下回っていればその分得をするのです。

まどか
100万円の価値がある車なのに「80万円」って答えちゃうと絶対それ以上の金額にならないってことですね。

注意点2.セールストークは全て断る

査定の際に数多く聞かれるセールストークに「今この場で決めてくれればプラスで数万円上乗せできる」というもの。

これらは全て断ってしまいましょう。

相見積もりの活用法は、「全ての買取業者の査定額を聞く」こと。

プラス数万円に惑わされてその場で契約をしてしまったら、後で来る買取業者の方が高く買ってくれたかもしれないという事態が発生します。

事実ヒアリングの中で知人が、この手のセールストークはよく使うと言っていたので、間違いなく引っかかってしまっては損をするでしょう。

ハッキリ断ることで、「この人はセールストークが通じない」と査定員にわからせることが大事なんだ。
パンダ店長

注意点3.相見積もりであることは伝える

談合を防止する策の1つとして、「全ての買取店を同時刻に呼ばない」というものはすでに紹介しました。

しかし1社だけと交渉する姿勢を見せると、査定員は足元を見て高額査定を提示してくれません。

そのため「どこの買取店に査定依頼をしているかは言わず」、相見積もりを取っていることだけを伝えましょう。

他にもライバルがいることで、査定員も限界価格を提示せざるを得ない状況になります。

ただし、どこの買取店に査定依頼をしているか話してしまうと、個人的に連絡を取られて談合される可能性があるよ!
パンダ店長

談合を防ぐためにも、「査定依頼をしている買取業者名」「他社の提示した査定額」は絶対に伏せましょう。

しつこく聞かれた場合、「それと御社の査定に何が関係あるんですか?」と伝えると効果的です。

他社の事情は査定に関係ないので、ハッキリ伝えることで査定員も諦めるしかなくなるのです。

これらが車査定時の注意点です。

大事なのは「他社の査定員と顔を合わせられないようにする」こと。

1社ずつ交渉する手間はかかりますが、談合を防ぐことで最高価格を引き出しやすくなります。

これらの注意点を踏まえて、複数業者に依頼する場合にどこの車一括査定がオススメか紹介するよ!
パンダ店長

車一括査定のオススメはカーセンサー

車一括査定は色々なサイトがありますが、中でもオススメは「 カーセンサー 」です。

車一括査定の仕組み自体は、どのサイトも変わりません。

一方で、依頼できる買取業者は車一括査定サイト毎に少しずつ異なるのです。

カーセンサーは下記のように参加している買取業者数が圧倒的。

  • カーセンサー:1,000社以上
  • ズバット車買取:200社以上
  • カービュー買取:200社以上
  • 楽天カーサービス:100社以上
  • ナビクル車査定:40社以上

大手~町の中古車屋さんまで、幅広く依頼できるのが「 カーセンサー 」なのです。

つまりそれだけあなたの車を高く買い取ってくれる買取業者が見つかる可能性が高いということです。

また、買取業者の連絡の希望日時を伝えたり、メール希望を出せるのもカーセンサーのみ。

任意項目

SPのカーセンサー申し込み画面1

連絡希望時間帯

SPのカーセンサー申し込み画面2

上記はスマホの画面だけど、パソコンでも同じように申し込みできるよ!
パンダ店長

買取業者の中には、メール連絡の要望を書いても、無視して電話連絡をしてくることもあります。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

車一括査定のオススメについては下記記事でさらに詳しく解説しています

まとめ

  • 車買取時の談合は「ある」
  • 談合の内容は不当に安い査定額を提示して買い叩くというもの
  • 談合を防ぐためには各社の査定員を同時刻に呼ばないこと
  • 車一括査定を使ってもどこの買取店に依頼したのか話さない
  • 査定員のセールストークを断ることで自分に優位な交渉ができる

気になるワードでチェック

パンダ店長のキャンペーン

\内容はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

石川 貴裕

名古屋のIT企業にて、車一括査定のサービス責任者を経験。その間に車買取会社やJPUCの会議などに参加。新卒時代に車一括査定を利用して30万円高く売れたことを経験。情報格差で損をしている人が多く疑問を感じたため、当サイトを立ち上げ。現在は、古物商許可を取得、中古車売買を行っている。(愛知県公安委員会 第541182000600号)

-車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , All Rights Reserved.