車売却

車買取で高く売れる時期は2つ!時期を気にせず高く売る方法を解説

投稿日:2018年7月13日 更新日:

  • 車を高く売れる時期を知りたい人
  • 車買取で重要となるポイントを知りたい人
  • とにかく高く車を売る方法を知りたい人

車を売る際に多くの人が思うのが、「少しでも高く売りたい」ということ。

そのためには車が高く売れる時期があれば知りたいと思うのは当然です。

あなたは今、こんな疑問を抱いていませんか?

  • 車買取で一番高くなる時期はいつ?
  • 時期以外に買取額が変わるポイントを知りたい
  • 車を最も高く売ることができる方法は何?

この記事は、そんな疑問に全てお答えする内容になっています。

車が高く売れる時期はもちろん、それ以外にも車の買取額を決める重要な6つのポイントについて解説しています。

そのためこの記事を読むだけで、「どうすれば一番いい条件で車を売れば高くなるのか」というのがわかります。

そして最終的には、「車を高く売るためには時期よりも気にしなければいけないことがあるのか」と思うようになるでしょう。

車買取が高くなる時期は「1月・7月」

車の買取価格が高くなる時期は、結論からお伝えすると「1月〜2月」、「7月〜8月」です。

一般的には決算月とされている「3月・9月」が車が高く売れる時期と言われていますが、これは間違っているのです。

なぜなら、3月と9月は「車が最も売れる時期」だから。

中古車販売においては、この時期より前に在庫を用意しておく必要があるのです。

つまり、3月と9月に売る車を用意する期間として、「1月〜2月」、「7月〜9月」が一番車買取が高くなるのです。

3月や9月に車を売ると、整備や点検などを行って店頭に中古車として並ぶのは4月や10月になってしまいます。

こうしたことから、車買取が高くなる時期は少しずれているというのを覚えておきましょう。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
車には「高く売れる時期」もあるけど「高く売れるポイント」もあるんだ。

車を高く売れる時期ばかり気にしていると、「車を高く売れるポイント」を見逃してしまいがちです。

そこで次章では、車買取額に影響する6つのポイントについて詳しく説明していきましょう。

車買取額に影響するものは6つ

車買取について、プロの目線でお話すると時期よりもこれから紹介する6つのポイントの方が大事と言えます。

中古車は人気がある車ほど高価買取となるのは常識です。

その「人気がある中古車」というのは以下の6つのポイントで決まります。

車買取額に影響する6つのポイント
  1. 車種
  2. 年式
  3. 走行距離
  4. 車検の残り時期
  5. 内外装の綺麗さ
  6. 車を売る方法

このポイントがどういうことを指すのか、またどれくらい査定額に影響があるのかをわかりやすい表にしてまとめたものがこちらです。

車買取額に影響する項目 内容 影響度
車種 人気の車種かどうか ★★★★★
年式 初度登録年月はいつか ★★★★★
走行距離 どれだけの距離走行しているか ★★★★★
車検の残り時期 次の車検までどれくらいあるか ★★★☆☆
内外装の綺麗さ ボディーや内装がキレイかどうか ★★☆☆☆
車を売る方法 どの方法で車を売るか ★★★★★
まどか驚き表情
まどか
どれも大きな影響を及ぼすものばかりですね…!
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
そうなんだ。中でも「車種・年式・走行距離」は買取額に大きな影響を与えるよ。

今紹介した6つのポイントの中でも、「車種・年式・走行距離」に関しては条件次第で買取額に大きな影響を及ぼします。

本章では、車買取の時期よりも大事とされるこの3つのポイントについて詳しく説明していきます。

【査定額への影響:大】車種

査定額への影響が最も大きいものが、売りたい車の車種です。

カンタンなことですが、人気車種かどうかが重要なポイントになります。

買取業者は、買い取った車を整備して再び国内で販売します。

そのため多くの人が欲しいと思う車ほど高価買取をしているのです。

2018年の時点で、高価買取が期待できる車種は、以下の5種類です。

高価買取が期待できる車種5つ
  1. 軽自動車
  2. コンパクトカー
  3. ハイブリッドカー
  4. ミニバン
  5. SUV

これらの車種は新車としても人気ですが、中古車販売でも非常に大きな人気を保っています。

低燃費な軽自動車やコンパクトカー、ハイブリッドカーは常に人気があり、大人数が乗車できるミニバンも安定して人気があります。

最近では、多目的車としてSUVと呼ばれるジャンルの車が非常に人気で高価買取が期待できます。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
人気の車種なら他の条件が多少悪くても高く売ることができるよ。

【査定額への影響:大】年式

年式というのは、車検証に記載されている「初度登録年月」のことを指します。

年式が査定に与える影響は大きく、その理由も「単純に新しい方が需要があるから」というカンタンなもの。

できるだけ新車に近い車の方が高く売れるのは当たり前です。

新しい車の方が故障の心配がなく、安心して長く乗れるから中古車として人気があります。

まどか疑問表情
まどか
それは分かるんですが、古い場合は何年くらいが影響出るんですか?

古い車の場合、査定額に影響が出るボーダーラインは「10年」と言われています。

これは初度登録年月から10年を経過している車は極端に買取額が下がるというもの。

かつての日本車は10年程度で故障することが多く、その名残で10年となっているのです。

一般的にも10年が経過した車は敬遠されがちなので、買取額が安くなってしまいます。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
今の車は10年経っていても故障することは少ないけど、イメージの問題が大きく影響しているんだ。

【査定額への影響:中】走行距離

先に紹介した2つほどではありませんが、走行距離も買取額に大きな影響を与えるものの1つです。

これも理由はカンタンで、「走行距離が短い車の方が故障の心配が少ないから」というもの。

走行距離が多い車の方が部品の消耗が激しく、長く乗れない可能性があると心配されるのです。

そのため中古車価格も安くなり、それに伴って買取額も低くなってしまいます。

走行距離は「1年1万キロ」が基準とされており、3年なら3万キロ、5年なら5万キロ程度であれば買取額に大きな影響を与えません。

しかし、それを上回るペースで乗っている車は「過走行車」となり、査定の際にマイナス評価となります。

走行距離のボーダーラインは「10万キロ」と言われており、10万キロを超えた車は大きく買取額が下がります。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
今の日本車は10万キロを超えても故障の心配は少ないけど、これもイメージの問題で影響が出ていることなんだ。

ここまでの説明で、車の買取額はさまざまな要素で変わるということがわかりました。

どれも大きな影響がでるので、高価買取を目指すならなるべく良い状態を保つことが必要です。

しかし、「車種・年式・走行距離」と同じくらい買取額に影響を与えるのが、次章で紹介する「車を売る方法」です。

これだけで買取額が数十万円変わることも珍しくないので、次章で詳しく説明していきましょう。

車を売る方法は主に4つある

車の買取額を決める大きな要素として「車を売る方法」というものがあります。

筆者は何よりも重要なポイントだと思っており、車買取の時期よりも気にするべき問題だと断言します。

車を売る方法には大きく分けて以下4つの方法があります。

車を売る4つの方法
  1. 車下取り
  2. 車買取
  3. 車一括査定
  4. 個人売買

この4つの方法がどういうことで、どれくらい高く売れるのかをわかりやすい表にしたのでまずはご覧ください。

車を売る方法 内容 買取額 おすすめ度
車下取り ディーラーで売る方法 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆
車買取 街の買取店で売る方法 ★★★☆☆ ★☆☆☆☆
車一括査定 車一括査定を使う方法 ★★★★☆ ★★★★★
個人売買 インターネットなどで売る方法 ★★★★★ ☆☆☆☆☆

本章ではそれぞれの特徴と「どの方法が一番車を高く売れるか」ということを詳しく紹介していきます。

方法1.車下取り

車下取りとは、新車の購入などで今まで乗っていた車をディーラーで引き取ってもらうことを指します。

メリットとしては手続きを代行してもらえることによるカンタンさなのですが、買取額は紹介する4つの方法の中で最も低くなります。

なぜなら、ディーラーは新車を販売するところで車を買取るところではないから。

中古車販売のノウハウを持たないディーラーは「車種・年式・走行距離」から算出される機械的な相場価格で買い取っているだけなのです。

新車が値引きできない時などは、まれに下取り価格を上げることがありますが、それは高価買取とは言えません。

したがって、筆者は車下取りをあまりオススメしていません。

方法2.車買取

車買取とは、ガリバーやビッグモーターといった買取専門店に車を持ち込んで買い取ってもらう方法。

中古車販売も手がけている買取業者は、いわば中古車のプロ。

査定も的確で高価買取については定評があります。

ディーラーに比べると買取額が高いことは事実ですが、筆者は直接買取店に持ち込む方法をあまりオススメしません。

理由は、同じ買取店に売るとしてもこれから紹介する「車一括査定」の方が高く売れるから。

方法3.車一括査定

車一括査定をカンタンに説明すると、面倒な複数社への査定依頼が一回で済んでしまうインターネットサービスのこと。 自分で買取店1社1社に査定依頼することが不要になるサービス。

自分で買取店1社1社に依頼

【車一括査定を使わないとき】自分で買取店1社1社を探す必要あり

一括査定を利用した時

【車一括査定を利用したとき】あなたの車に最適な買取業者がマッチング

筆者が一番オススメしている方法なので、詳しくは後述します。

方法4.個人売買

個人売買は、インターネットなどの仲介サイトを通じて個人に車を売る方法です。

間に業者を挟まないため、今紹介した方法の中で一番車を高く売ることができます。

一見大きなメリットですが、筆者は個人売買は強くオススメしません。

理由は「トラブルが多い」から。

車の売買には数多くの手続きが必要で、大きな金額の受け渡しが発生します。

個人間だと書類の手続きを全て自分でやらなければいけない上に、金銭でのトラブルが多発します。

車の引き渡し後のクレーム問題なども含め、リスクが大きいためオススメしていないのです。

ここまで、車を売る4つの方法を紹介しました。

結論としては「車一括査定」の利用が最もオススメです。

これから、車一括査定がどういうもので、なぜオススメなのかを詳しく説明していきます。

筆者のオススメは「車一括査定」

車一括査定をカンタンに説明すると、面倒な複数社への査定依頼が一回で済んでしまうインターネットサービスのこと。 自分で買取店1社1社に査定依頼することが不要になるサービス。

自分で買取店1社1社に依頼

【車一括査定を使わないとき】自分で買取店1社1社を探す必要あり

一括査定を利用した時

【車一括査定を利用したとき】あなたの車に最適な買取業者がマッチング

1度の申し込みで複数の買取店に査定の依頼ができるので、便利というメリットがあります。

しかし、それ以上に大きなメリットが、「複数の買取店が競争することで買取額が上がる」ということ。

買取店に直接車を持ち込む方法だと、1社しか査定をしないため足元を見られた買取額が提示されがちです。

しかし車一括査定を使えば複数の買取店があなたの1台を査定するため、価格競争が発生します。

そのため普通に買取店に持ち込むよりも車が高く売れるのです。

まどか疑問表情
まどか
でも、車一括査定って同じようなサイトがいっぱいでどれを使えばいいのかわかりません。
パンダ店長通常表情
パンダ店長
そこで、これから車一括査定サイトを徹底比較していくよ!

車一括査定を徹底比較

主要な車一括査定6つを見ていきたいと思います。

という6つの車一括査定について、下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておきますので、ご覧ください。

まどか困惑表情
まどか
車一括査定は6つもあるんですね。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
6つ?6つどころじゃないよ。僕が知っているだけでも20つ以上はあるよ。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
ただ、そんなに比較しても仕方ないので、主要どころのみを厳選してお伝えするよ。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表から下記特徴をまとめます。

一発でわかる!車一括査定の特徴一覧表

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分。

ただし、どの車一括査定も共通している点としては「個人情報を入力すること」。

つまり各買取業者からの「電話勧誘は避けられない」ということです。

電話勧誘がかかってくることは想定して、自分に最もマッチした車一括査定を利用すべき

ただし、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分かりませんよね。

そこで車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していきましょう。

1位:車一括査定のオススメは「カーセンサー」

筆者として最もオススメの車一括査定は「 カーセンサー 」。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからです。

実際のところ、先程の比較表をご覧になるとほとんどの車一括査定が数十社~数百社程度であるため、カーセンサーの車一括査定と比較するとどうしても見劣ります。

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもないため、それに続くオススメランキングをカンタンに紹介します。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は「オークション形式」を採用している車一括査定。

ユーカーパックはやはり電話がかかってこない点が評価することができますし、実は2,000社以上もの車買取業者と提携しています。

数字だけで見ると、一番オススメしているカーセンサー(1,000社提携)よりユーカ―パック(2,000社提携)の方が多いように感じます。

ただし、ユーカ―パックの提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点があるあります。

大手買取業者が提携していない分、買取価格が少しだけ不安が残るのが正直なところです。

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特典があります。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、「利用するだけでお得になる」ということができます。

そのため提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りしますが、「同じような買取業者に査定依頼をするのであれば、ポイントがもらえた方がお得になる」と考えてもOK。

ただし、高く売ることが目的なのを考えるとやはり「 カーセンサー 」がいいでしょう。

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 」は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえます。

また提携業者数もそれなりに多く、申込フォームが簡易的になっていたり、申し込み後に買取相場がすぐ分かる点など、あなたのことを考慮した点は評価できます。

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド 」の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携しているという点。

最近は滅多にありませんが、少し品が悪い買取業者が存在することも事実です。

「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が圧倒的に少ないのが弱点なんですが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているということです。

6位:カービュー

カービュー 」は車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社。

残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況です。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない状況です。


以上、筆者がオススメする車一括査定です。

ご覧になると「車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで金銭的にも精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思います。

そして再度結論を述べますが、筆者としてオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」です。

申し込みにかかる時間も2分程度でカンタンに申し込みを完了させることができます。

ぜひ一度お試しになってみることをオススメします。

「こんなにお得になるのか!」とビックリすること間違いなしですよ!

まとめ

いかがでしたか?この記事では、車買取の時期について詳しく紹介してきました。

最後に重要なポイントだけ箇条書きで確認しておきましょう。

  • 車買取で高く売れる時期は「1月、7月」
  • 車買取額に影響するポイントは6つ
  • 中でも「車種・年式・走行距離」は大きく影響する
  • 車買取の時期よりも車を売る方法を気にするべき
  • 4つの車を売る方法の中で一番オススメは「車一括査定」

車買取で高く売れる時期は、車が売れる時期の少し前です。

売るための在庫を集めるために、確かにその時期は車買取店も高価買取をしています。

しかしそれ以上に、車を売る方法を気にした方が車を高く売ることが可能です。

車を売る方法は主に4つありますが、筆者はトラブルの心配もなく高く売れる「車一括査定」の利用をオススメしています。

おすすめ記事

10,022view
中古車の値引き最高額を引き出す!4つの簡単テクニックをプロが解説【会話事例あり】

中古車というのは 「新車までは手が出せない」 「少しでもお得に車を買いたい」 という方にはとても賢い選択です。 しかし、 ...

8,352view
車一括査定のランキングとおすすめサービス

車一括査定サイトはいくつもあるため、どれを利用すべきなのかランキングを知っておきたい 車一括査定サービスごとのランキング ...

18,331view
プロが教える「中古車の走行距離」ベストな距離の選び方を徹底解説

中古車購入をしようと言う時、まず検討材料に入ってくるのは車種やボディタイプだと思います。 しかし、ついつい気になるのが「 ...

4,461view

車の売却先を探していて、どこがオススメなのか知りたい人 車買取専門店のランキングは本当に信用できるのかという疑問を持って ...

-車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2018 All Rights Reserved.