車買取の売買契約書は7つのポイントが重要!安心できる業者の探し方

投稿日:

  • 車買取における売買契約書の内容を知りたい人
  • 売買契約書でチェックするべき項目を知りたい人
  • 安心して車を高く売る方法を知りたい人

これから車買取店を利用するにあたって、心配ごとが多い人も珍しくありません。

車買取の際には必ず売買契約書を交わす必要があるため、法律に詳しくなければ確認ミスが起きてしまうこともあるでしょう。

そこであなたは、こんなことを思っていませんか?

  • 売買契約書はどんなことが書いてあるんだろう?
  • 売買契約書のどこを確認すればトラブルが防止できる?
  • こうした心配がなく安心して売買契約ができる車買取業者はどこ?

この記事は、そんな疑問を全て解決していきます。

トラブル防止のために、売買契約書の中でも確認しておきたい7つの項目を紹介しています。

この記事を読むだけで、車買取の際に必ずチェックしなければいけない点が全て分かります。

そして安心して車買取業者を利用したい人のために、信頼できる買取業者の探し方も紹介しています。

最終的には、「この記事で紹介されている方法を使えば真剣に売買契約書を確認する必要はないのか」と思える内容になっています。

【裏技】愛車の最高額をチェック&下取りよりも数十万高く売れる!

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

そこでオススメが「車一括査定」というサービスです。

このサービスを使えば、ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中。

もし買い替えを考えているのであれば、より多くの頭金が手に入ることに。

  • 売るかどうか迷っている人にオススメ!ネットで概算の最高額が分かる →  https://ucarpac.com/
  • とにかく愛車を高く売りたい!車一括査定で優良業者がたくさん参加 →  http://www.carsensor.net/

【裏技】知る人ぞ知る、新古車や中古車を賢く手に入れる方法!

もっとも手軽に「レアな新古車を手に入れる方法」は何だと思いますか?

それは「中古車販売店に希望の新古車や中古車を探してもらう」こと。そして提案の専用サービスが「 クルマコネクト 」「 なびくる+ 」です。

クルマコネクト 」「 なびくる+ 」は、中古車情報サイトには掲載されていない未公開車両を提案してもらえます!

この2サイトはともに、中古車買取・販売で有名な「ガリバー」が提案してくれるサービス。

クルマコネクト 」はチャットで相談、「 なびくる+ 」は電話で相談ができます。

コツは下記のような感じで伝えることです。

  • 新車とほぼ同等の軽自動車がほしい、プリウスがほしい
  • ディーラー試乗車落ちで5,000km以内の中古車がほしい
  • タントで100万以内、新車同等品を提案してほしい
  • 通勤にオススメの車を教えてほしい

ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、時々提案してもらうのがいいですよ!

【チャット】で無料相談 →  https://221616.com/connect/

【電話】で無料相談 →  https://a-navikuru.com/

車売買契約書で必ず確認するべき7つの項目

車は資産とみなされるため、売る際には必ず契約書を作成する必要があります。

ディーラー下取り、買取店での売却問わず、売買契約書に署名捺印して正式な記録を残します。

となると、法的な手続きになるので書類の確認が必須。

専門的な知識がなくて不安な人のために、本章では車売買契約書で必ず確認しておきたい7つの項目を紹介します。

車売買契約書で確認すべき7項目
  1. 車両引き渡し日
  2. 登録名義変更日
  3. 自動車売買の合計金額
  4. 瑕疵担保期間
  5. 事故の責任
  6. 契約の解除
  7. 特約事項
まどか困惑表情
まどか
うわぁ、難しそうですね…。
パンダ店長通常表情
パンダ店長
しっかり内容を理解すればそんなことはないよ!そのためにもこれから各項目を詳しく説明するよ!

1.車両引き渡し日

はじめに確認しておきたいのが、車を買取店に手渡す「車両引き渡し日」です。

名義変更とは別で、ディーラーまたは買取店に車を置いて帰らなければいけない日を意味しています。

契約によっては即日引き渡しをしなければいけないケースもあるため、次の車の納車スケジュールとの調整が必要な人は注意しましょう。

2.登録名義変更日

車を引き渡した後に買取店がする作業が名義変更です。

所有権を移す大事な手続きですが、これをいつまでに行ってくれるのかを確認しましょう。

例えば3月末に車を手放した場合、4月1日までに名義変更が行われないと自分で自動車税を支払う必要が出てきます。

他にも、いつまでも名義変更が行われないとその車で起こした違反の責任を負う可能性もあるため注意しましょう。

基本的には7日以内に名義変更が行われる契約が一般的です。

3.自動車売買の合計金額

売買金額の内訳も重要な確認事項の1つです。

車買取には還付を受けられる税金などがあり、それらが含まれる金額なのか別になっている金額なのかをチェックする必要があります。

自動車税とリサイクル料は返ってくるものなので、買取店によってはそれを含めた金額で契約書を作成している場合があります。

その場合、後で税金の還付を受けることはできないので注意しましょう。

329view
車を売却して戻ってくる税金は「自動車税」だけ!重量税が戻ってこない理由

車の売却を検討しているが、つい先日自動車税を払ってしまった人 車を売ったら支払った税金がどうなるのか気になっている人 車 ...

4.瑕疵担保期間

車売買契約が成立した後、修復歴に関わる重大な欠陥が発見され場合は「瑕疵担保責任」というものを問われる場合があります。

修復歴などを意図的に隠して売買契約を結んだ場合は、契約の解除などを言い渡される可能性があるのです。

確認しなければいけないのは「意図せず瑕疵担保責任が発生した時の対応」です。

自分も修復歴を知らないで車売買契約を交わした場合、後で修復歴が発覚した時には返金に応じる必要があるかどうかを契約書で確認しておきましょう。

また、契約成立後、何日間その責任を負う必要があるのかという点も忘れずに確認しましょう。

5.事故の責任

契約が成立した後、車を引き渡した後の事故の責任がどちらにあるのかも契約書で確認しておきましょう。

一般的には、車両引き渡し前の事故の責任はあなたにあります。

車両を引き渡す前に事故を起こして価値が減ってしまった場合、売買契約を無効にされるケースもあります。

しかし、車両を引き渡した後に買取店が事故を起こした場合、あなたは契約解除に応じる必要はありません。

名義変更前だとしても、車両を引き渡した時点で事故の責任も相手側に移るのが基本です。

その点がしっかり明記されているかどうかを必ず確認しましょう。

6.契約の解除

車売買契約が成立した後、何らかの理由で契約を無効にしたいというケースも多々あります。

例えば家族に反対されたなど、理由はいろいろ。

この際に契約を解除できるかどうかを、契約書で確認しておきましょう。

買取店によっては「一切キャンセルに応じない」、「キャンセル料を払えば可能」、「一定期間は無条件でキャンセルに応じる」など、対応が異なる場合があります。

万が一のキャンセルに備えて、キャンセルの可否と費用に関する項目は必ず確認しましょう。

7.特約事項

上記の重要事項を全て確認した後は、最後にある特約事項をチェックするのを忘れてはいけません。

特約事項には、ケースに応じた様々な契約内容が記されています。

一般的な特約事項として、手付金やリサイクル料の還付に関することが書かれているケースがほとんど。

特約事項に関しては、特殊な契約をしたなどのことがなければ軽く目を通しておく程度で良いでしょう。

まどか困惑表情
まどか
結構確認することが多いんですね…ちょっと不安になってきました。
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
そういう場合は、きちんとした契約書が作成される大手買取店を利用するのがオススメだよ!

信頼できる買取業者を探す方法

個人が経営している街の買取店などは、車買取の際の売買契約書の書式も書かれている内容もバラバラなので、全てをしっかりチェックする必要があります。

場合によってはあなたが不利になる内容が書かれていることもあるため、チェックにはじっくり時間をかける必要もあります。

しかし、大手買取業者を利用すれば契約内容の確認は最低限で済みます。

なぜなら「会社自体に信用がある」から。

本章では、信頼できる買取業者の条件と、その探し方を解説します。

JADRIに加入している買取業者ならOK

信頼できる買取業者を見つける、最もカンタンな方法は「JADRI加盟業者」を探すこと。

JADRIに加盟しているということは、安心して利用できる買取業者である証明にもなります。

まずはJADRIがどんな団体なのか、その説明をしていきます。

JADRIとは何か?

JADRI(ジャドリ)とは、日本自動車流通研究所のことで、中古車の円滑な流通を目指して設立された団体です。

トラブルが多い中古車買取業界の健全化を目指しているため、JADRI加盟には厳しい条件が課されています。

最低でも過去5年間はトラブルを起こしていない法人のみが加入できる団体なので、JADRIに加盟しているということはトラブルが起きる心配がない買取業者ということになります。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
さらに、JADRIが開示を求めたら買取業者は車売買契約書の開示を行わなければいけないから、怪しい書類は作成できないんだ!

こうした厳しいルールがJADRIには設定されているため、JADRI加盟企業となら安心して車売買契約を交わすことができます。

しかし、どこの買取業者がJADRIに加盟しているか探すのは面倒なので、それがカンタンにできる方法を紹介します。

JADRI加入の会と業者に複数依頼できる「かんたん車査定ガイド」

JADRIに加盟している買取業者を探すとなると、自分で一社ずつ問い合わせをしなければいけないので非常に面倒です。

しかしこれから紹介する「かんたん車査定ガイド」を利用すれば、その必要がありません。

なぜならかんたん車査定ガイドは、参加する条件として「JADRIに加盟していること」という項目があるのです。

つまり、かんたん車査定ガイドならJADRI加盟企業だけに車査定を依頼することができるのです。

まずは、かんたん車査定ガイドについて説明していきます。

かんたん車査定ガイドとは何か?

かんたん車査定ガイド 」を端的に紹介すると、「車一括査定」のサービスです。

車一括査定とは、一度の申し込みで複数の買取業者に査定依頼ができる便利なサービス。

車一括査定をカンタンに説明すると、面倒な複数社への査定依頼が一回で済んでしまうインターネットサービスのこと。 自分で買取店1社1社に査定依頼することが不要になるサービス。

車一括査定の利用ステップ

車一括査定の利用ステップ

何社もの買取業者があなたの車を査定するので、最高価格で車を売ることができます。

かんたん車査定ガイドの最大の特徴は「JADRI加盟企業のみが参加している」という点。

どの買取業者に車を売ることになっても安心して利用できるのです。

車売買契約書を隅々まで確認する手間が省けるので、最低限の手間で最高価格で車が売れるサービスと言えます。

まとめ

いかがでしたか?この記事では、車買取における売買契約書について紹介してきました。

最後に大事なポイントをおさらいしましょう。

  • 車買取の売買契約書で確認する項目は7つ
  • トラブル防止のために売買契約書は隅々までチェックする
  • そもそもJADRIに加盟している買取業者なら安心して利用できる
  • JADRI加盟企業だけに査定依頼できるのが「かんたん車査定ガイド」
  • かんたん車査定ガイドは車が高く売れる「車一括査定」の1つ

これだけ覚えておけば、車買取の際に売買契約書の内容を心配する必要がなくなります。

JADRI加盟企業であればトラブルの心配がなく、大手買取店に限定されるので売買契約書の内容も心配いりません。

かんたん車査定ガイドを使えば安心して利用できる大手買取店だけがあなたの車を査定してくれます。

最終的には、最高価格で大手買取業者に車買取をしてもらうことが可能になるでしょう。

おすすめ記事

13,693view
中古車の値引き最高額を引き出す!4つの簡単テクニックをプロが解説【会話事例あり】

中古車というのは 「新車までは手が出せない」 「少しでもお得に車を買いたい」 という方にはとても賢い選択です。 しかし、 ...

12,446view
車一括査定のランキングとおすすめサービス

車一括査定サイトはいくつもあるため、どれを利用すべきなのかランキングを知っておきたい 車一括査定サービスごとのランキング ...

24,406view
プロが教える「中古車の走行距離」ベストな距離の選び方を徹底解説

中古車購入をしようと言う時、まず検討材料に入ってくるのは車種やボディタイプだと思います。 しかし、ついつい気になるのが「 ...

10,119view

車の売却先を探していて、どこがオススメなのか知りたい人 車買取専門店のランキングは本当に信用できるのかという疑問を持って ...

-車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2018 All Rights Reserved.