車売却

車買取でキズ・へこみはいくら減額される?詳しい査定基準と回避方法を紹介

投稿日:2017年10月24日 更新日:

  • 車を売りたいと思っているが、その車にキズやへこみがある人
  • 車買取の際にキズやへこみがあるとどれくらい減額されるのか知りたい人
  • キズやへこみがある車でも高く売る方法を知りたい人

車はキレイな方が高く売れることは常識です。

しかしどんなに大切に乗っていても多少のキズやへこみは必ずあることでしょう。

そこであなたはこんな疑問を抱いていませんか?

  • キズやへこみがあるとどれくらい減額されてしまうのだろうか?
  • キズがある車だけど高く売る方法を知りたい
  • なんとかして減額を避ける方法を知りたい

この記事ではこうした疑問に答えるため、キズやへこみがある車の査定基準を詳しく説明しています。

どれくらいのキズなら減額されるのか、いくら減額されるのかをわかりやすく紹介しています。

そのためこの記事を読むだけで、自分の車がどれくらいの減額になるのかの予測ができます。

その上で、キズやへこみがある車でも高く売る方法を紹介しているので、最終的には減額される金額以上に車を高く売れる方法が身につくでしょう。

へこみがあるとどれくらい査定額に影響するのか

車は乗っていればキズやへこみは当然できてしまいます。

しかし車を手放す時、キレイな状態の方が高額査定となるのも事実です。

そこで、キズやへこみは査定額にどれほどの影響を与えるのか、この章ではカンタンに説明していきます。

結論から先にお伝えすると、小さなキズやへこみは査定額に影響しません。

例えば大手買取業者のガリバーは公式サイトでも、多少のキズやへこみは当たり前のことだと紹介しています。

ほとんどの買取業者が同様の認識を持っているため、小さなキズやへこみは気にする必要はないでしょう。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
具体的には1〜2cmほどのキズやへこみは査定に影響しないよ!

しかし、中には軽微なキズやへこみでも減額と言ってくる買取業者があります。

こうした業者には注意しましょう。

難癖を付けることで安く買い叩こうとする業者は、そもそも優良業者とは言えません。

査定の際に小さなキズやへこみについて1つ1つ指摘してくるようであれば、その業者は怪しいと判断して引き上げることをオススメ
まとか通常表情
まどか
小さなキズやへこみだったら、指摘されても堂々としていればいいんですね。
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
査定の際に付け込まれないためには、キズやへこみの査定基準を知っておく必要があるね!

小さなキズやへこみ程度であれば減額されませんが、当然大きなものになれば減額されます。

しかし、大きい小さいは個人の主観によるものなので、あなたは明確な基準を知りたいと思ったことでしょう。

そこで次章では、車査定の際にキズやへこみはどのように評価されるのか、その基準について詳しく説明していきます。

査定額に影響するキズやへこみの基準

車の査定にはしっかりとした基準があり、各買取業者は基準を元に査定を行っています。

査定の基準を作っている有名なところには「一般財団法人 日本自動車査定協会」という団体があり、ホームページ上で査定基準を公開しています。

まどか困惑表情
まどか
うわ〜、長くて読めない…

この基準はとても細かく決められており、全てを理解するのは非常に大変です。

そこで本記事では、内容をカンタンにわかりやすく解説していきます。

まずは覚えておきたい査定基準について紹介していきます。

車の査定基準

まず大前提として、車の査定は「車種・年式・走行距離」がベースとなります。

そこに今回の記事で紹介する「キズやへこみ」を考慮して査定額を算出します。

そのルールとなるのは以下の3ポイントです。

  1. キズやへこみは大きさに合わせて10点単位の加点と減点を行う
  2. 1点は約1,000円として査定額に反映する
  3. 最後に年数や車種による考慮を行う

よりわかりやすくするために、カンタンに査定の流れを説明します。

まずはボディ全体を確認して、キズの大きさやへこみの数を確認していきます。

次に査定基準に照らし合わせて1点単位で加点や減点を行います。

最後にその車が使われてきた環境や、新車登録から経過した年数によってある程度のキズやへこみの数を考慮します。

そして算出された点数を、1点1,000円として査定に組み込みます。

こうして査定額が出る仕組みになっています。

キズやへこみの基準がどうなっているかについて、もう少し詳しく説明していきましょう。

キズやへこみの査定基準

車の査定の際に、キズやへこみは以下の5つに分類されます。

キズ、へこみの大きさ 減点
1cm未満 0点
1cm以上?カードサイズ未満 10点
カードサイズ以上A4サイズ未満 15?30点
A4以上パネル面積の半分未満 20?80点
パネル面積の半分以上 65?150点

キズやへこみの大きさはは5つに分けられ、それぞれ0〜150点の範囲内で減点を行います。

これらの減点ポイントが1つもない車に関しては、特別に20〜40点の加点が行われるという特徴があります。

これが通称「プラス査定」と呼ばれるものです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
パネル面積の半分以上のキズやへこみは、部品交換となるから大きな減額になるんだ。

査定員はキズやへこみを発見したらまずはサイズを測ります。

1cm未満のキズやへこみであれば減点を行わず、1cm以上のものからランク分けをしていきます。

パネル面積というのは車をパーツ別に分けた部分のことを指し、わかりやすいものでは「ボンネット」「運転席ドア」「助手席ドア」「トランク」などです。

これらのパーツの半分以上にキズやへこみが認められる場合は、そのパーツ全体を「要交換」という評価にされてしまい、大きな減点となります。

中でも「ルーフ」と呼ばれる屋根部分は修正が難しいため大きな減点となります。

パンダ店長困惑表情
パンダ店長
ルーフのへこみは[145×1,000=145,000]14万5千円の減額になるんだ。

最後に年式や車種による考慮を行う

これらの基準で減額する値段が決まったら、最後に車種や年式を考慮する作業を行います。

新車から3年以内の車は「1」、4年の車は「0.9」、5年の車は「0.8」、6年以上経過した車は「0.7」がかけられます。

つまり、先ほど紹介した14万5千円の減額となるはずだった車は、新車登録から5年が経過した場合は0.9をかけた金額が減額されます。

そのため最終的な減額は13万円ほどになります。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
その他にも、軽自動車やセダン、SUVでも基準が変わるんだよ!

これがキズやへこみの査定基準です。

一般財団法人 日本自動車査定協会のホームページで公開されている、100ページ近い資料にはこれらの内容が詳しく書かれています。

しかし、車査定のプロである筆者から見ても、これだけ覚えておけば問題ないと言えます。

なぜなら問題は次章で紹介する「キズやへこみを直したほうが良いのか」という点の方が重要だから。

その点を詳しく紹介していきます。

キズやへこみは直した方がいい?

前章では、キズやへこみの状態に合わせて10点から150点の減点があることを説明しました。

あなたはきっと「減額されるなら先に直してから査定に出したほうが良いのではないか」と考えたでしょう。

しかし結論からいうと、直さずにそのまま売った方がいいのです。

その理由をカンタンに説明していきましょう。

キズやへこみは直さず売った方がいい理由

先ほども説明しましたが、査定時の減点は10〜150点です。

1点が1,000円で計算されるため、金額に換算すると「1〜15万円」の減額となります。

例えばバック駐車でトランク部分をへこませてしまった場合、査定の際の減点は「20点」です。

2万円の減額となってしまいますが、これを修理に出したら確実に2万円以上かかります。

そのため、修理代の方が高くつく結果になってしまうのです。

仮に5万円をかけて修理しても、減額がなくなるだけでプラス査定にはなりません。

まとか通常表情
まどか
5万円かけて減額なしにするか、2万円の減額で売ってしまうかということですね。
パンダ店長通常表情
パンダ店長
絶対にそのまま売った方が得するってことがわかったね。

このことからわかるように、キズやへこみは直さずに売った方が得します。

しかし減額は嫌だと思う人が大半でしょう。

そこで、減額をカバーできる方法をこれから紹介していきます。

複数の買取業者を競わせることで車が高く売れる

もし売ろうと思っている車にキズやへこみがあるとしたら、減額を避ける方法より車を高く売る方法を考えた方が良いでしょう。

車は複数の買取業者に査定に出せば、必ず査定額がアップします。

3社ほど競わせれば数十万円変わることもあるので、仮に数万円減額されてしまったとしてもトータルで得していることになります。

まどかショック表情
まどか
発想の転換!でも複数の買取業者に査定申し込みするのは面倒…。
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
そんな時は車一括査定を使うといいよ!

車一括査定がオススメ

車一括査定とは、一度の申し込みで複数の買取業者に査定の依頼をしてくれる便利なサービス

複数の業者を競わせることで相見積もり状態になり、結果として車を高く売ることができます。

利用は無料で、カンタンな情報入力だけで申し込みが完了します。

誰でも2〜3分で申し込みが終わり、それだけで車が高く売れるので筆者は利用をオススメしています。

しかし同様のサイトが数多く存在しており、どれを使っていいのかわからないという問題があります。

そこで次章では、数ある車一括査定の中から最もオススメのサイトはどれかについて詳しく説明していきます。

オススメの車一括査定はどこか

主要な車一括査定6つを見ていきたいと思います。

という6つの車一括査定について、下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておきますので、ご覧ください。

まどか困惑表情
まどか
車一括査定は6つもあるんですね。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
6つ?6つどころじゃないよ。僕が知っているだけでも20つ以上はあるよ。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
ただ、そんなに比較しても仕方ないので、主要どころのみを厳選してお伝えするよ。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができたかと思います。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分ですし、それぞれがオススメできるポイントと言うことができます。

ただし共通している点としては「個人情報を入力すること」であり、それによって提携している車買取店はあなたに対してアポ取りをしますから、結果的に「電話勧誘は避けられない」ということができるのです。

そのため利用するのであれば「電話勧誘がかかってくることは想定して、自分に最もマッチした車一括査定を利用すべき」という結論になります。

とはいえこれらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分かりませんよね。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していきましょう。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

車査定のプロである筆者としては、最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けています。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからです。

実際のところ、先程の比較表をご覧になるとほとんどの車一括査定が数十社~数百社程度であるため、カーセンサーの車一括査定と比較すると「見劣りする」というのが実情でしょう。

またカーセンサーの車一括査定は先程もご紹介したように、電話勧誘をある程度抑えることもできますから、あなたにかかる迷惑は最小限ですませることができるのです。

そのためまさに「ベストバランス」ということができるでしょう。

カーセンサーの公式サイト →  http://www.carsensor.net/

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもないため、下記に車査定のプロである筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きしましたのでご覧ください。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていきましょう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は前述したため、どのようなサービスなのかご存知ですよね。

そうです、あの「オークション形式」を採用している車一括査定です。

そんなユーカーパックはやはり電話がかかってこない点が評価することができますし、実は1,000社以上もの車買取業者と提携しているため、結果的にカーセンサーに続いて「お得になりやすい」ということができます。

とはいえカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点があるため、やはり買取価格が少しだけ安くなる傾向にあると覚えておきましょう。

ユーカーパックの公式サイト →  https://ucarpac.com/

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特典があります。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、「利用するだけでお得になる」ということができます。

そのため提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りしますが、「どの道同じような買取業者に査定依頼をするのであれば、ポイントがもらえた方がお得になる」と考えても間違いないと考えておきましょう。

楽天オートの公式サイト →  https://auto.rakuten.co.jp/

4位:ズバット車買取

第4位のオススメ車一括査定は、 ズバット車買取 です。

このサイトは車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえます。

また提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点や、申し込み後に買取相場がすぐ分かる点など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえるのです。

ズバット車買取の公式サイト →  https://www.zba.jp/car-kaitori/

5位:かんたん車査定ガイド

第5位のオススメ車一括査定は、 かんたん車査定ガイド です。

最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携しているという点です。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実です。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が圧倒的に少ないのが弱点なんですが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているということです。

かんたん車査定ガイドの公式サイト →  http://a-satei.com/

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー です。

カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社です。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況です。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない状況です。

カービューの公式サイト →  https://kaitori.carview.co.jp/


以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了しますが、いかがでしたか?

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思います。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「カーセンサー」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができるのです。

そして申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができますから、「本当に満足できるサービスである」ということができます。

そのためぜひ一度お試しになってくださいね。

「こんなにお得になるのか!」とビックリすること間違いなしですよ!

まとめ

いかがでしたか?この記事では、車査定におけるキズやへこみの影響について説明してきました。

最後に大事なポイントを5つ、箇条書きで確認しておきましょう。

  • 1〜2cm程度のキズは査定の際に減額されることはない
  • キズやへこみは5つにランク分けされ、ランクに応じて減点される
  • 減点は1点単位で行い、1点1,000円として査定価格から減額される
  • キズやへこみは修理せずに売った方が得をする
  • 減額を避ける方法を探すより、車一括査定を使って高く売る方がオトク

車にキズやへこみはつきものです。

査定の際に細かく指摘してくる業者は怪しいので利用しないようにしましょう。

大きなキズやへこみは減額されてしまいますが、どれも修理してから査定に出す必要はありません。

修理代の方が高くなってしまうので、そのまま減額を受け入れる方が良いでしょう。

減額のことばかり考えるのではなく、車を高く売る方法を考えたほうが結果として得するので、筆者は車一括査定を使って車を少しでも高く売ることをオススメします。

おすすめ記事

4,996view
1分でわかる新古車!メリット・デメリットと超カンタンな探し方をプロが解説

「中古車を買うなら新古車がいいよ!」 車好きの友人からアドバイスを受けたり、ネットの情報で「新古車」という言葉を見かけた ...

14,481view
【最新版】安くてかっこいい車の決定版!厳選10車種とお得に購入するテクニック

街を歩いていて、思わず目を惹くかっこいい車。 しかしカタログやHPをチェックしてみると、あまりの高さにガッカリする事も珍 ...

2,455view

車一括査定サイトはいくつもあるため、どれを利用すべきなのかランキングを知っておきたい 車一括査定サービスごとのランキング ...

34,853view
【写真つき】3分で分かる手洗い洗車!車マニアが実践している「洗車手順」完全版

「自宅での手洗い洗車」というのは、車好きだけのたしなみと思っていないでしょうか? 筆者の周りを見ていると 手洗い洗車に苦 ...

-車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2018 All Rights Reserved.