車の事故は買い替えるキッカケ?ベストタイミングの判断基準を解説

こんな悩みをスッキリ解消

  • 事故車を修理するか買い替えるか悩んでいる人
  • 事故車はどのタイミングで買い替えるべきか知りたい人
  • 事故車を売るためにはどうしたらいいか知りたい人

車に乗っている限り避けられないのが交通事故。

事故によって車が損傷し、買い替えるべきかどうか悩むこともあるでしょう。

あなたは今、こんな疑問を抱えていませんか?

  • 買い替えと修理はどっちがお得?
  • 事故時の自動車保険の仕組みを知りたい
  • 事故車はどこで売ればいい?

事故を起こして車の処分に悩んだ時、まずは加入している自動車保険の条件の確認が必要です。

この記事では事故車の買い替えで悩んでいる人のために、適切な考え方を紹介しています。

最後まで読むことで、「今の自分は事故車を買い替えるべきかどうか」というのがハッキリ分かります。

【執筆・監修】リユース営業士

滝俊晴

古物商を取得し、自ら中古車売買を経験。リユース系メディアの編集長時代には、買取業者への取材を積極的に行う。独立後は自身の経験と知識を活かし、価値のあるコンテンツ制作に注力している。また、前職時にカービューやユーカーパックの取材経験がある。

資格古物商、リユース営業士

当サイトは、紹介している一部サービスが読者様に使用された時に支払われる報酬によって運営が成り立っています。頂いた報酬は、調査やコンテンツ制作に使用し、正しい・最新の情報をお届けできるように努めています。読者様に合わせたベストな選択を提案しておりますが、もし異なる意見がございましたら、問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。詳細は「運営ポリシー」をご確認ください。

車が事故した時は状況によって買い替えを検討すべき

事故というのは「自分が被害者のケース」「自分が加害者のケース」の2つに分類できます。

自分が加害者というのは自損事故も含まれ、買い替えを検討する前にまずどちらのケースであるかが重要なポイントになります。

これから事故のパターン別に、買い替えを検討すべきかどうかを紹介していくよ!
パンダ店長

まずは買い替えを決意すべきかどうかを判断しやすくするため、その基準を表にしたのでご覧ください。

事故の原因 自動車保険からの支払い
(※車両保険に加入前提)
保険料への影響 車を買い替えか否か
自分 乗り続ける
買い替えを検討
相手   買い替えを検討
  乗り続ける
まどか
支払われる保険金と今後の保険料への影響のバランスを見て買い替えを検討するということですか?
そうだね。これがどういうことかをわかりやすく説明していくよ!
パンダ店長

事故の原因が自分にあるケース

まず大前提として、事故の原因が自分にある場合は自分が契約している自動車保険を使うことになります。

その際、車両保険に入っているかどうかが、買い替えを検討する大きなポイントとなります。

ここでは車両保険に入っているケースと入っていないケース、両方の解説を行います。

車両保険に入っているケース

車両保険に入っている場合、車の修理代は保険から支払われることになります。

フルカバータイプの車両保険に入っている場合なら、自分のミスで起こした自損事故も補償されます。

相手の車は対物保証でカバー、自分の車は車両保険でカバーと覚えておこう。
パンダ店長
まどか
フルカバータイプなら、相手がいない自損事故で壊してしまった自分の車も補償されるということですね。

車両保険にさえ入っていれば安心と思える内容ではありますが、2点ほど注意すべきポイントがあります。

車両保険の注意事項2つ

  1. 補償額は車の時価総額が限度
  2. 車両保険を使うと保険料が上がる
1.補償額は車の時価総額が限度

車両保険に入っていれば、車の修理代は全て補償されると勘違いしがちです。

しかし実際に補償されるのは、「現在のその車の価値」まで。

車両保険には車の評価額というものが設定されており、補償されるのはその評価額までと決まっているのです。

車は年数が経つほど価値が下がるから、車両保険に入っているからといって新車価格が補償されるというわけではないんだ。
パンダ店長

つまり、車両保険に入っていてもその車が古かったりしたら、満足な保険金を受け取れない可能性があります。

そのため車の買い替えは要検討ということになるのです。

2.車両保険を使うと保険料が上がる

また車両保険を使うと「ペナルティ等級」といって、保険を使ってから1年間の保険料が割高になる制度があります。

保険を使う時点で等級が3つ下がりますが、その上ペナルティ等級が1年間に渡り課されるというイメージです。

まどか
じゃあ等級も下がって車の価値も少ないとなれば、もらえる保険金はかなり少なくなりますね。
そうなんだ。だから保険を使って車を買い替えるか修理にするかはよく悩んだほうがいいよ。
パンダ店長

車両保険に入っている場合、事故を起こしたらいくらの保険金が支払われるか教えてもらうことができます。

等級ダウンとペナルティ等級によっていくら保険料が高くなるのかも教えてくれるので、受け取る保険金とどちらが多いか比較してから買い替えるかどうか検討しましょう。

車両保険に入っていないケース

車両保険に入っていない場合、自損事故であれば全額自己負担で車を修理することになります。

自己負担なので保険を使うことはなく、等級ダウンもペナルティ等級も関係ありません。

そのため修理代の見積もりを取り、数十万円以上かかるようなら買い替えを検討しても良いでしょう。

事故の原因が相手にあるケース

事故の原因が相手にあるケースは、自分の自動車保険の心配をする必要はありません。

過失割合にもよりますが、基本的には相手の自動車保険から修理代が支払われることになります。

まどか
過失割合とは、自動車事故全体の割合を10として、被害者と加害者、どちらにどれだけの負担をさせるのか決めることです。
走行中の車同士の事故は必ずお互いが責任を負うことになるんだ。
パンダ店長

相手の保険から修理代が支払われる場合、必ず保険金の額を確認しましょう。

相手の保険会社もあなたの車の評価額を算出し、その金額をベースに支払額を決定します。

古い車の場合は多くの保険金が支払われることはないため、買い替えは要検討となります。

多額の保険金が支払われた場合のみ、買い替えを検討しても良いでしょう。

事故で車を買い替える場合、支払われる保険金の大小が重要なんだ!
パンダ店長

これが事故が起きた場合の車の処理方法です。

自分に原因がある場合は、事故の処理をした後に上がる保険料を計算してもらいましょう。

相手に原因がある場合は、車の評価額を基にいくらの保険金が支払われるのかを確認します。

トータルの額を見て、買い替えるかどうかを検討することが大事です。

次章では、もし車を買い替えるとなったらどのタイミングがベストなのかを紹介します。

事故時の買い替えタイミングは「示談後」が最適

車がないと困る人にとって、事故で車を失うのは大きな痛手です。

今すぐにでも次の車が欲しくて買い替えてしまうことがあるかもしれませんが、できれば示談が成立するまで待ちましょう。

理由としては、保険金が支払われるのは示談後だからなんだ。
パンダ店長

相手に原因がある事故に関しては、必ず相手の保険会社と支払額の調整をすることになります。

身体の治療費などはすぐに支払ってもらうことが可能ですが、車に関する保険金の支払いは全ての手続きが終わったあと。

示談書にお互いがサインをするまでは保険金が支払われないのです。

まどか
もらえる保険金の額が決まらないと買い替えもできませんね。

前章でもお伝えした通り、保険金の支払額に応じて買い替えは検討すべきです。

つまり支払われる保険金の額が確定し、示談後に車を買い替えるのがオススメ。

すぐに車が必要な場合は代車を用意してもらえるので、保険会社に相談をしましょう。

ここまでが、事故で車を買い替えるかどうかについて、知っておきたい情報です。

次章では、車の状況を見て「廃車」という選択をする人に向けた情報をお伝えします。

車の状況によっては「廃車」という選択肢もあり

事故の程度によって車の損傷状態は様々ですが、あまりに損傷がひどい場合は廃車を選択するのもひとつの手です。

まどか
保険会社からも全損扱いとされてしまったら、廃車にして買い替えるしかないですもんね。でも費用が…。
そういう時こそ、廃車を専門に買い取っている業者に査定依頼をするのがオススメだよ!
パンダ店長

廃車専門の買取業者「ハイシャル」がオススメ

事故で廃車にすると決めた時、その事故車を少しでも高く買い取ってもらえば買い替える際の足しになります。

しかし廃車を決意するほどの事故車となれば、自走することはできないでしょう。

そんな時こそ、廃車を専門に買い取っている業者に依頼するのがオススメ。

筆者は中でも「 ハイシャル 」という業者をオススメしています。

ハイシャルがオススメな理由は以下の3つ。

ハイシャルがオススメな3つの理由

  • 理由1.どんな車も0円以上の買取保証
  • 理由2.廃車にかかる手数料が無料
  • 理由3.無理な営業は一切なし

ハイシャルではどんな車でも0円以上の買取価格を保証しています。

ハイシャル0円以上の買取保証

つまり価格がつかないような車でも、処分に費用が発生しません。

逆に少しでも価値がある車ならきちんと高額査定をしてくれるので、自分が損をすることは一切ないのです。

ハイシャルの買取実績を見ると、ボロボロの車もちろん、事故車でも2万円で買い取っているよ!
パンダ店長

ハイシャルの買取実績

まどか
うわ~すごい!2つ目の写真なんてエアバック出てますね…これで2万ですかっ!
修理して海外に輸出して販売するか、スクラップして鉄にして売却するんだろうね!
パンダ店長
まどか
最低でも無料で廃車、高く売れそうなら現金を手に入れることが可能って素晴らしい!

つまり、ハイシャルを使えば、ノーリスクで廃車を手放すことができるのです。

その上、廃車のレッカー移動代や書類手続きの費用も一切かかりません。

損することなく、うまくいけば高価買取してもらえる可能性が高いのがハイシャルなのです。

しかもハイシャルは無理な営業が一切ありません。(※2019年10月26日に申し込み済み)

申し込みしてしばらくすると、ハイシャルから電話があると電話で買取相場を伝えてもらえます。

また、登録した番号にSMSが届き、いつでも買取相場を確認することができます。

ハイシャルからSMSが届いた

ハイシャルのページに行くと買取相場が見れる

もし、廃車にする気になったら電話くださいとのことで全然強引な営業はありませんでした。

廃車買取のハイシャル | 廃車買取のハイシャル

中古車販売店などで廃車すると費用が発生するワケ 中古車販売店などで廃車を依頼すると 名義変更手数料1万円...

続きを見る

※査定結果を見てから廃車を検討することも可能です。

廃車にするほどではないけど、事故車を高く買い取ってもらいたいという場合は車一括査定もオススメだよ!
パンダ店長

廃車にするほどではない事故車なら車一括査定がオススメ

「まだ普通に走れるし、スクラップ、もしくは廃車にするほどの車ではない気がする!」

そんな時は車一括査定の利用がオススメ。

車一括査定なら、古いボロボロの車でも十分買い取ってもらえる可能性はあります。

車一括査定のオススメはカーセンサー

車一括査定は色々なサイトがありますが、中でもオススメは「 カーセンサー 」です。

車一括査定の仕組み自体は、どのサイトも変わりません。

一方で、依頼できる買取業者は車一括査定サイト毎に少しずつ異なるのです。

カーセンサーは下記のように参加している買取業者数が圧倒的。

  • カーセンサー:1,000社以上
  • ズバット車買取:200社以上
  • カービュー買取:200社以上
  • 楽天カーサービス:100社以上
  • ナビクル車査定:40社以上

大手~町の中古車屋さんまで、幅広く依頼できるのが「 カーセンサー 」なのです。

つまりそれだけあなたの車を高く買い取ってくれる買取業者が見つかる可能性が高いということです。

また、買取業者の連絡の希望日時を伝えたり、メール希望を出せるのもカーセンサーのみ。

任意項目

SPのカーセンサー申し込み画面1

連絡希望時間帯

SPのカーセンサー申し込み画面2

上記はスマホの画面だけど、パソコンでも同じように申し込みできるよ!
パンダ店長

買取業者の中には、メール連絡の要望を書いても、無視して電話連絡をしてくることもあります。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

車一括査定のオススメについては下記記事でさらに詳しく解説しています

まとめ

  • 事故車は状況によって買い替えを検討するべき
  • 自分が加害者か被害者かによって使う保険が異なる
  • 修理代と買い替えた場合の費用など、トータルで安い方を選択するべき
  • 事故車は廃車専門業者で売るのがオススメ
  • 廃車にするほどではない事故車は車一括査定で売る

気になるワードでチェック

パンダ店長のキャンペーン

\内容はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

石川 貴裕

名古屋のIT企業にて、車一括査定のサービス責任者を経験。その間に車買取会社やJPUCの会議などに参加。新卒時代に車一括査定を利用して30万円高く売れたことを経験。情報格差で損をしている人が多く疑問を感じたため、当サイトを立ち上げ。現在は、古物商許可を取得、中古車売買を行っている。(愛知県公安委員会 第541182000600号)

-中古車購入, 廃車, 新車購入, 車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , All Rights Reserved.