3月の車査定は危険!高く売れるベストタイミングはもっと前にあった

更新日:

  • 車査定にベストなタイミングを知りたい人
  • 3月は車が高く売れるというウワサの真相を知りたい人
  • 最も高く車を売る方法を知りたい人

車を売るなら3月がいいというのは誰もが一度は耳にした言葉でしょう。

これは事実でもありますが、間違ってもいます。

なぜなら、3月は車が最も売れる時期だから。

つまり、車が高く売れるタイミングはもっと早いのです。

3月にこだわりすぎると自動車税の納税義務が生じる場合もあり、必ずしも最高価格で売れるとは限りません。

そんな話を聞いたあなたは、こんな疑問を抱くのではないでしょうか?

  • 自動車税を支払うってどういうこと?
  • 3月じゃなければいつが車を手放すベストタイミング?
  • 3月になってしまって焦っているけどどうしたらいい?

この記事では、そんな疑問を全て解決する内容になっています。

車を手放すタイミングを誤ると自動車税を支払わなければいけないという仕組みの解説や、最も車を高く売れるベストシーズンを紹介しています。

そのためこの記事を読むだけで、無理して3月まで車査定を待たなくても良いということが分かるようになっています。

逆に今3月を迎えてしまって、「どうしたら最高価格で車が売れるのか」と焦っている人が読むことで、自動車税の支払いを回避しつつ車を高く売る方法が身につくようになっています。

3月は車が高く売れるが自動車税のことを考えると面倒

4月から始まる新生活に備えて車が欲しいという人が多いため、3月は車買取額も上昇傾向と言われています。

詳しくは後述しますが、これは事実です。

となると、やはり車が高く売れる3月に車査定を受けたいところ。

しかしそこで問題になってくるのが「自動車税」です。

自動車税はその年の4月1日時点の所有者に対して請求されるものなので、手放すタイミングがずれると納税の義務が発生してしまう

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
自動車税が具体的にいくらぐらいなのかを表にして紹介しておくよ!
車の区分総排気量税額
自家用乗用車(普通車)1L以下29,500円
1~1.5L以下34,500円
1.5~2.0L以下39,500円
2.0~2.5L以下45,000円
2.5~3.0L以下51,000円
3.0~3.5L以下58,000円
3.5~4.0L以下66,500円
4.0~4.5L以下76,500円
4.5~6.0L以下88,000円
6.0L以上111,000円
自家用乗用軽自動車660cc10,800円
まどか驚き表情
まどか
わかってはいるものの、自動車税ってやっぱり高いですよね…。

本章では、どうして3月に車を手放すと自動車税を支払う可能性が出てきてしまうのかを解説していきます。

名義変更のタイミングがずれると自動車税が請求される

冒頭でもカンタンに説明しましたが、自動車税の納税義務があるのは「その年の4月1日時点の所有者」です。

つまり、4月1日の時点で車検証に記載されている所有者の元に納付書が届く仕組みになっています。

通常、車を売却した後に買取店に名義が移るまでは一週間ほどかかります。

もし3月下旬に車を売ったら、タイミングが合わないと名義変更が4月1日以降になってしまう可能性があるのです。

まどか困惑表情
まどか
あ、そうすると所有権が自分のままになって自動車税を支払わなきゃいけないんですね。
パンダ店長通常表情
パンダ店長
そういうことになるんだ。後で返還請求はできるけど、一旦自動車税を納付しなければいけないことになるんだ。

特に3月は買取店にとっても繁忙期となるため、確実に1週間で名義変更が行われるとは限りません。

名義変更のタイミングが数日ずれるだけで数万円の納税義務が発生するので、筆者は3月の下旬に車査定を受けることをオススメしていません。

自動車税は排気量によって納税額が異なりますが、最低でも1万円以上支払う必要があるので非常に大きな出費と言えるでしょう。

車を売却した時に前払いしている税金(自動車税・自動車重量税)は還付(返金)されるの?

車を売ったら先払いした税金は戻ってくるのだろうか? 自動車税のことを考えたら、車を売るベストな時期はいつ? もし車を売っ ...

続きを見る

冒頭でも説明した通り、自動車税は決して安くありません。

確かに3月は車が高く売れますが、納税義務が発生する前に車査定を受けるのがベスト。

そこで次章では、筆者がオススメするベストなタイミングを紹介します。

筆者のオススメは「1月〜3月上旬」に売却

自動車税の納税リスクを回避しつつ車を高く売りたいとなれば、筆者は「1月〜3月上旬」をオススメしています。

理由はカンタンで、その時期になると車が多く売れるから。

本章では、どうしてその時期は車が売れるのかという理由を解説し、1月〜3月上旬に車を売却するメリットを紹介します。

春前は車が売れる時期

多くの人が新生活を迎える4月、それに向けて車が必要となる人は少なくありません。

進学や就職で車を使う人が、それまでに購入をするからです。

その証拠に、新車登録台数は1月〜3月が1年の中で最も多く、販売が好調であることが分かります。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
ここで過去2年分の新車登録台数を紹介するよ!
2016年
新車登録台数
2017年
新車登録台数
1月237,661258,085
2月275,165312,035
3月404,813460,654
4月212,713224,220
5月223,713237,512
6月287,770315,744
7月281,753278,517
8月223,275233,810
9月317,048318,175
10月242,869231,563
11月273,042258,164
12月264,938262,345
月別の新車販売台数

月別の新車販売台数

※出典:一般財団法人日本自動車販売協会連合会「新車・月別販売台数(登録車)」より

まどかショック表情
まどか
すごい!3月だけ飛び抜けて車が売れていますね!

このデータを見れば分かる通り、1月〜3月にかけて新車の登録台数は上がり続けています。

4月になると販売台数は大きく落ち込むため、需要期は1月〜3月ということがよく分かります。

これは新車の登録台数ですが、同じことが中古車にも当てはまります。

つまり、この時期は車がよく売れるということになるのです。

需要期前に車を売ることがポイント

ここまでの説明で、3月に新車・中古車がよく売れることが分かりました。

中古車販売店は3月に向けて在庫を多く確保しようとします。

この需要に備え、買取店は1月から3月にかけて積極的に高価買取を行っているのです。

こうした背景から、筆者は車査定を受けるならこの時期がベストと断言します。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
車は買い取り後すぐに販売できるわけじゃないから早めに行動するのが大事だよ!

一般的に中古車は、買い取りをした後に整備や内外装のクリーニングを行います。

そのため最低でも1週間は店頭に並べることができません。

需要期は買い取り台数も増えるので、通常よりも多くの中古車を整備する必要があります。

こうした背景を考慮して、計画を前倒して車査定を受けるのが良いでしょう。

先ほど紹介したデータを見ると、4月は1年の中でも最も販売台数が落ち込むシーズンです。

車査定のタイミングが遅れて3月下旬以降になると高価買取は期待できないでしょう。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
査定額が下がるのはもちろん、自動車税の納税義務も発生してしまうよ。

冒頭でも紹介した通り、3月下旬に車査定を受けて手放すと、名義変更が4月1日以降にずれ込んでしまう可能性があります。

そうなると自動車税を納税する義務が生じるため、3月上旬までに手放した場合と比べると大きく損をしてしまいます。

こうしたリスクを安全に回避するためにも、1月〜3月上旬に車売却をするのが良いでしょう。

まとか通常表情
まどか
じゃあ時間がない人はすぐにでも買取店に行って車査定を受けた方がいいですね!
パンダ店長通常表情
パンダ店長
時間がないからといって1社だけに査定をしてもらうのは危険だよ!

もしすでに3月上旬を過ぎ、車を高く売れるタイミングを逃しそうであっても、近くの買取店に急いで車査定を申し込むのは危険です。

必ず車査定は複数依頼して、査定額を競わせることが大事です。

3月下旬でも焦ってはいけない理由

3月下旬であっても、車査定は複数社に依頼しましょう。

1社だけに絞って車査定を受けると、査定額が満額に届かない可能性があるのです。

買取店は何月であろうとできるだけ車を安く買い取ろうとします。

そのため複数社で査定額を競わせる必要があるのです。

複数社が査定をすることで業者間に価格競争が生まれ、結果としてオークションのような状態になります。

これを「相見積もり」と呼び、車査定の大事なポイントと言われています。

まどか困惑表情
まどか
でも3月下旬じゃそんなに何社にも車査定をしてもらう暇なんてないんじゃ…。

すでに何度かお伝えしている通り、3月下旬に車査定を受けるならスピード重視です。

1日でも早く車査定を受けて手放す準備をしないと損をする可能性があります。

とはいえ複数社に査定をしてもらわないといけない場合のベストな方法は「全ての買取店を同時に呼ぶ」こと。

買取店はどこでも無料で出張査定を行っています。

指定した日時に自宅まで来て査定をしてくれることですが、この出張査定を複数社に依頼すればいいのです。

そして同日の同時刻に自宅に来てもらい、複数社に同時査定をしてもらいます。

そうすれば時間のない3月下旬でも車を高く売ることが可能なのです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
でも、いちいち各社に申込みをする時間すら惜しいと思うよね。

複数社に査定依頼をするのは非常に手間がかかります。

それが時間が限られている3月となればなおさらです。

そんな時に活用したいのが、車一括査定。

車一括査定を使えば面倒な査定依頼の手間が一度で済みます。

その上各社が出張査定をしてくれるので、急いで車を手放したい人にはピッタリ。

そこで次章では、カンタンに利用できる車一括査定について詳しく説明していきます。

さらに高く売るには一括査定がオススメ

車一括査定をカンタンに説明すると、複数の買取業者への査定依頼が一回で済んでしまうインターネットサービスのこと。

車一括査定の利用ステップ

自分で買取業者を1社1社探す必要がなく、査定額を比較できるため、高く売れるメリットがある。

車の査定額を上げるためには、複数の買取業者を競わせることが最も有効です。

面倒な交渉をしなくても、業者間が査定価格を競って少しずつ値段を上げていきます。

オークションのような状態になるので、あなたはあまり交渉をしなくても査定額が上がっていくのです。

まどか疑問表情
まどか
便利だけど、似たようなサイトが多くて迷いますね。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
そこで、車一括査定サイトを徹底比較していくよ!

車一括査定を徹底比較

2019年10月現在の主要な車一括査定は下記5サイトあります。

これらの車一括査定は、運営会社が大手で運営元が信頼できるところを厳選しています。

まどか困惑表情
まどか
車一括査定は5サイトもあるんですね。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
5サイトどころじゃないよ。僕が知っているだけでも20サイト以上はあるよ。

まどか疑問表情
まどか
これはどうやって選べばいいんですか?

車一括査定は、仕組み自体は大きく変わりませんが、少しずつ特徴が異なります。

筆者が車一括査定を選ぶ基準は下記3つとしてます。

  1. 参加(提携)業者数
  2. 大手が参加しているのか
  3. 何か特典があるのか

その3つで見た時の各車一括査定は下記の通り。

車一括査定参加業者数大手参加特典
カーセンサー1,000社以上 
楽天カーサービス100社以上楽天ポイント
かんたん車査定ガイド40社以上 
ズバット車買取200社以上 
カービュー200社以上 

それぞれの車一括査定の評価を一言でまとめると下記のようになります。

一発でわかる!車一括査定のオススメ順と評価まとめ
  1. カーセンサー )参加業者数は圧倒的に多く、一番高く売れる可能性が高い
  2. 楽天カーサービス )楽天ポイントがもらえるため、ダブルでお得
  3. かんたん車査定ガイド )JADRIで認可された安心の買取業者のみに厳選
  4. ズバット車買取 )バランスは取られているが、大きな特徴がない
  5. カービュー )バランスは取られているが、大きな特徴がない

まどか疑問表情
まどか
単純に参加業者数順にならないのは何でですか?

パンダ店長通常表情
パンダ店長
参加業者で見ると、カーセンサーを申し込めばいいからだよ。

つまり、次にオススメなのは、カーセンサーにはない特徴があるところという考え方だよ。

車一括査定の一番の目的「高く売りたい」を一番叶えられるのが「 カーセンサー 」ということです。

次はどうせ申し込むなら楽天ポイントがもらえる「 楽天カーサービス 」。

JADRIという厳しい審査に通過した買取業者のみで安心の「 かんたん車査定ガイド 」となります。

ただし、申し込む前に1点注意点があります。

それは「買取業者からの電話がすごい掛かってくる」ということ。

電話勧誘がかかってくることは想定して、自分に最もマッチした車一括査定を利用すべき

以上を考慮の上、各車一括査定の特徴をもう少し詳しく説明していきます。

◆一番買取業者を比較できる「カーセンサー」

筆者として最もオススメの車一括査定は「 カーセンサー 」。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからです。

実際のところ、他の車一括査定が数十社~数百社程度であるため、カーセンサーの車一括査定と比較するとどうしても見劣ります。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

◆楽天ポイントがもらえてさらにお得「楽天カーサービス」

楽天カーサービス の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特典があります。どうせ申し込むなら少しでも得したいところ。

得られるポイントは

  • 申し込みをして楽天5ポイント
  • 申し込み後に売却をしたら楽天1,500ポイント

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りしますが、「どうせ買取業者に依頼をするのであれば、ポイントがもらえた方がお得になる」と考えてもOK。

また、申し込み直後に買取相場が分かるので、交渉にも使えます。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

◆JADR加入業者のみで安心「かんたん車査定ガイド」

かんたん車査定ガイド 」の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携しているという点。

最近は滅多にありませんが、少し品が悪い買取業者が存在することも事実です。

「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点なんですが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選していると言えます。

高く売るなら提携業者数1位「 カーセンサー 」ですが、買取業者を厳選しているという点で安心感は抜群です。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

車一括査定がピンと来ない方に朗報

車一括査定を利用すると高く売れるのは事実。ただ、どうしても複数の買取業者との交渉は面倒という方もいると思います。

そんな時は「 カープライス 」「 グー買取 」がオススメ。

  • カープライス :オークション形式を採用している車一括査定。査定はカープライスが行い、その情報を元に買取業者がネットで入札する仕組みです。つまり、あなたは買取業者とは一切交渉をしません。また、楽天グループのため、楽天ポイントがもらえるのが嬉しいポイント。ただし、大手買取業者が参加していないのがネックです。
  • グー買取 :中古車と言えば「グー」で有名。買取業者を選択するタイプのため、自分で取捨選択できる方にはオススメと言えます。あなたの車を得意としている地域密着の買取業者が多数参加しているため、他の車一括査定と合わせて申し込むのもオススメです。

※本当に高く売りたい方は、「 カーセンサー 」「 楽天カーサービス 」と合わせて、「 カープライス 」「 グー買取 」を申し込むこともできます。


以上、筆者がオススメする車一括査定。

申し込みにかかる時間も2分程度でカンタンに申し込みができます。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

また、買取業者との交渉がどうしても嫌であれば、「 カープライス 」「 グー買取 」を使いましょう。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

まとめ

いかがでしたか?この記事では、車査定を受けるベストなタイミングについて詳しく解説してきました。

最後に大事なポイントを5つ、箇条書きで確認しておきましょう。

  • 3月下旬に車を売却すると自動車税の納税義務が生じる場合がある
  • 3月中に名義変更が確実に行われる「3月上旬」までに売るのがベスト
  • 1月〜3月は車が売れるため高く売れる可能性が高い
  • どんなに焦っていても複数社の車査定は必須
  • カンタンに複数社への車査定依頼ができるのは「車一括査定」

この5つのポイントさえ覚えておけば、この記事の内容は全て理解できていると言えるでしょう。

車は3月が最も売れる時期と言われています。

3月は各社が在庫を確保したいと考えるため、非常に高価買取が期待できます。

しかし3月下旬に売却をすると名義変更が4月1日以降になってしまう可能性があるので、最悪の場合自動車税を納めなければいけません。

その上3月下旬は需要期のピークも過ぎているため、車を高く売れる可能性も低くなってしまいます。

中古車販売店は3月中に売る車を確保したいので、1月からであれば高価買取が期待できます。

そのため確実に車を高く売りたければ、1月から車査定を受けるのが良いでしょう。

複数社に車査定をしてもらい、最も高値を提示してくれた買取店に売るのが賢い方法です。

3月下旬になって焦っている場合でもそれは変わらず、最低でも3社以上の車査定は受けたいところ。

そこで本記事で紹介した車一括査定を活用して、最高値で車を売却しましょう。

パンダ店長のキャンペーン

-車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.