車売却

車の査定額が0円となった車を高く売る2つの方法

投稿日:2017年10月27日 更新日:

  • 車を売ろうとして、査定額0円と言われてしまった人
  • 車下取り・査定で0円にならないための方法を知りたい人
  • 0円で車を売る時に必要な書類を知りたい人

車を売るタイミングは人によって異なります。

中には長く乗り続けて、壊れてから買い換えるという人も少なくないでしょう。

となると、買取店で0円と査定されてしまうことも珍しくありません。

そんな時、あなたはこんなことを考えませんか?

  • 何としても0円以上で売りたい
  • 0円と言われてしまった時の対処法を知りたい
  • 0円で車を売る時も書類は必要なの?

この記事では、そんな疑問の全てにお答えしています。

先に結論をお伝えすると、車買取店で0円と言われても諦めることはありません。

この記事に書いてある方法を実践すれば、ほぼ全ての車が数万円で売ることが可能です。

そのための方法をわかりやすく解説しているので、最終的にはどんな状態の車であっても、少しでも高く売る方法が身につくでしょう。

車の査定額が0円でも諦めない!

年式が古い車や走行距離が多い車など、高く売れないと分かっている車は多々あります。

それでも、車買取店に持っていって「0円」と査定されてしまっても諦めることはないのです。

先に結論をお話すると、本当に0円で手放さなければいけないことはほとんどありません。

まどか疑問表情
まどか
0円と言われても実際はもう少し高く売れるんですか?
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
そうだね、実際には数万円〜5万円程度になるよ!

カンタンに説明すると、車買取店は0円で買い取った車でも整備をして再販するケースがほとんど。

その際、10〜30万円ほどで販売しています。

つまり、実際は数万円程度の査定額であればつけることが可能なのです。

車買取店は利益を出すために、あらゆる理由を付けて車を安く買い取ろうとします。

過走行車や低年式車は、買い叩く材料にはピッタリなのです。

そこで、査定額が0円とならないようにする2つの方法をわかりやすく解説していきます。

車買取で0円が付かないようにする2つの方法
  1. 複数の車買取店に依頼する
  2. ディーラーの車下取りを利用する

これから、この2つの方法の具体的な手順を解説します。

方法1.複数の買取店に依頼する

まずはじめにお伝えすると、この方法が一番車を高く売ることができます。

理由は、車買取で最も高額査定を引き出す方法が、他社と価格競争をさせることだから。

1社だけに査定の依頼をすると、他に競合がいないことからあらゆる理由を盾にされて「0円」となってしまうケースも珍しくありません。

しかし競合他社が値段を付ければ、限られた予算の範囲内ではあるもののそれより高い査定額を提示してきます。

0円査定の車でも10〜30万円で販売することを考えると、数万円〜5万円程度の査定額は期待できます。

複数の買取店に査定してもらい、最後まで残った業者に売ることで0円査定を回避できます。

まどか驚き表情
まどか
0円の車でも本当はもっと高く買い取れるってことなんですね!
パンダ店長困惑表情
パンダ店長
そうだね、それが商売だから仕方ないけど、できれば最高額で売りたいと思うよね。

複数の買取店を競合させるのは意外と大変です。

なぜなら、自分で買取店を探して査定の申し込みをして、何店舗も回って査定を受けなければいけないから。

しかし「車一括査定」を使えばそれがカンタンにできてしまいます。

そこで、車一括査定について詳しく説明しておきましょう。

車一括査定はどんなサービスなのか

車一括査定とは、カンタンに言うと一度の申し込みで複数の買取店に査定の依頼ができるインターネットサービス

これなら自分で複数の買取店を探す必要もなく、面倒な査定依頼も1度で済んでしまいます。

しかも車一括査定から申し込めば、買取店のスタッフが自宅に来て査定をしてくれます。

店舗に出向かなくてもいいというメリットもあるのです。

これだけのメリットがありながら、複数の買取店が競合する「相見積もり」をカンタンに取ることが可能。

つまり、先ほど紹介した「複数の買取店に依頼をする」という車を高く売るコツがカンタンに実践できてしまうのです。

まどか表情笑顔
まどか
0円と査定されることも、車一括査定を使えばなくなりますね!
パンダ店長通常表情
パンダ店長
車一括査定は、その車を欲しがっている業者をカンタンに見つけられるというメリットもあるんだ!

車一括査定は、申込みの際に「車種・年式・走行距離」という売りたい車のカンタンな情報を入力します。

つまり、買取店はどんな車を査定するのか事前に分かっている状態です。

そのため、自社が探している車両であれば他社より高い査定価格を付けることがあるのです。

車は台数も多く、スポーツカーやミニバンなど、ジャンルも数多く存在しています。

買取店によっても得意とする車種は違うため、あまり得意としていないジャンルの車が来てしまえば、0円と査定価格を出すこともあるのです。

しかし、その車を得意としている買取店なら再販ルートも数多く持っているため、他社で0円と言われた車であっても高額査定を提示してくれることがあります。

こうしたメリットも、複数の買取店に査定の申し込みができる車一括査定ならでは。

まどか疑問表情
まどか
すごく便利なサービスってことがわかりました!でも、車一括査定サイトって数が多いですよね…どれを選んだらいいんでしょうか?
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
いい質問だね!これからその疑問に答えていくよ!

ここまでの説明で、車一括査定がどれだけメリットが大きいサービスであるかが分かってもらえたことでしょう。

しかし、便利なサービスゆえに同様のサイトが数多く存在しているのも事実。

そこで、車一括査定を徹底比較した結果をこれから紹介していきます。

車一括査定を比較

主要な車一括査定6つを見ていきたいと思います。

という6つの車一括査定について、下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておきますので、ご覧ください。

まどか困惑表情
まどか
車一括査定は6つもあるんですね。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
6つ?6つどころじゃないよ。僕が知っているだけでも20つ以上はあるよ。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
ただ、そんなに比較しても仕方ないので、主要どころのみを厳選してお伝えするよ。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができたかと思います。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分ですし、それぞれがオススメできるポイントと言うことができます。

ただし共通している点としては「個人情報を入力すること」であり、それによって提携している車買取店はあなたに対してアポ取りをしますから、結果的に「電話勧誘は避けられない」ということができるのです。

そのため利用するのであれば「電話勧誘がかかってくることは想定して、自分に最もマッチした車一括査定を利用すべき」という結論になります。

とはいえこれらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分かりませんよね。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していきましょう。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

車査定のプロである筆者としては、最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けています。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからです。

実際のところ、先程の比較表をご覧になるとほとんどの車一括査定が数十社~数百社程度であるため、カーセンサーの車一括査定と比較すると「見劣りする」というのが実情でしょう。

またカーセンサーの車一括査定は先程もご紹介したように、電話勧誘をある程度抑えることもできますから、あなたにかかる迷惑は最小限ですませることができるのです。

そのためまさに「ベストバランス」ということができるでしょう。

カーセンサーの公式サイト →  http://www.carsensor.net/

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもないため、下記に車査定のプロである筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きしましたのでご覧ください。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていきましょう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は前述したため、どのようなサービスなのかご存知ですよね。

そうです、あの「オークション形式」を採用している車一括査定です。

そんなユーカーパックはやはり電話がかかってこない点が評価することができますし、実は1,000社以上もの車買取業者と提携しているため、結果的にカーセンサーに続いて「お得になりやすい」ということができます。

とはいえカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点があるため、やはり買取価格が少しだけ安くなる傾向にあると覚えておきましょう。

ユーカーパックの公式サイト →  https://ucarpac.com/

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特典があります。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、「利用するだけでお得になる」ということができます。

そのため提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りしますが、「どの道同じような買取業者に査定依頼をするのであれば、ポイントがもらえた方がお得になる」と考えても間違いないと考えておきましょう。

楽天オートの公式サイト →  https://auto.rakuten.co.jp/

4位:ズバット車買取

第4位のオススメ車一括査定は、 ズバット車買取 です。

このサイトは車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえます。

また提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点や、申し込み後に買取相場がすぐ分かる点など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえるのです。

ズバット車買取の公式サイト →  https://www.zba.jp/car-kaitori/

5位:かんたん車査定ガイド

第5位のオススメ車一括査定は、 かんたん車査定ガイド です。

最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携しているという点です。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実です。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が圧倒的に少ないのが弱点なんですが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているということです。

かんたん車査定ガイドの公式サイト →  http://a-satei.com/

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー です。

カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社です。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況です。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない状況です。

カービューの公式サイト →  https://kaitori.carview.co.jp/


以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了しますが、いかがでしたか?

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思います。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「カーセンサー」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができるのです。

そして申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができますから、「本当に満足できるサービスである」ということができます。

そのためぜひ一度お試しになってくださいね。

「こんなにお得になるのか!」とビックリすること間違いなしですよ!

まどか驚き表情
まどか
なるほど、よくわかりました!この中からオススメのサービスを選べば問題ないんですね!
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
そうだね、それだけで車買取で0円と言われることはなくなるよ!

ほぼ全ての車で、一括査定を使えば0円査定は回避できます。

しかし、ごくまれにこの方法を使っても0円と言われてしまうことがあります。

そんな時は、ディーラーの下取りを利用しましょう。その手順をこれから紹介してきます。

方法2.ディーラーの下取りを利用する

一括査定で複数の買取店で査定をしてもらっても、0円という結果が変わらないことがあります。

これはその車自体の価値は本当になく、手数料を払って廃車にするという選択をするしかないと考えられます。

しかし、もしあなたが次の車の購入に伴って今の車を手放そうと考えているなら、車を購入するディーラーで下取りしてもらうという方法も使えます。

ディーラー下取りは、ケースによっては車一括査定より高く売れる場合があるのです。

そのケースについて詳しく説明していきます。

次の車の値引きの代わりに下取り価格を高くすることがある

ディーラーの下取り価格が車一括査定を上回るのは、次の車の値引き代わりに下取り価格を上乗せするというケースです。

逆に、それ以外では全てのケースで車一括査定の方が高く売れます。

ディーラーで車を購入する際、大体の場合で車両本体価格やオプションパーツから値引きがあります。

しかしあまりに高い値引き額を通そうとすると、メーカーに指導を受けることがあります。

こうした時、ディーラーは下取り価格を上乗せすることで値引きの代わりにするのです。

まどか疑問表情
まどか
なんでそんなめんどくさいことするんですか?
パンダ店長通常表情
パンダ店長
新車を値引いて販売すると、メーカーのブランドや車種の価値自体に影響が出るからなんだ。

ディーラーは過剰に値引き販売することを嫌います。

値引きばかりしているとメーカーのブランド力が落ち、その車の市場価格が下がってしまうから。

しかし、車両本体価格を値引かず下取り価格を上乗せすれば、メーカーのブランドには傷を付けることがありません。

こうしたことから、ディーラーでは査定0円の車であっても高価買取することがあるのです。


以上が、査定で0円と言われてしまった時の対処法です。

結論としては、本当に0円で手放さなければいけないことはほとんどないということです。

つまり、車買取店で0円と言われてしまっても諦める必要はありません。

まずは方法1.の複数の買取店で査定額を取ってみることをオススメします。一番、値段が付く可能性が高いですからね。

安心できたところで、次章では車を手放す際の売買契約書について詳しく説明していきます。

車買取で0円で売る場合も売買契約書は必要なのか

どれだけ車買取店を回っても、ディーラーがどれだけ下取りを頑張っても、査定が0円となってしまうことがあります。

それは、処分料がかかる車を特別に無料で引き取るケース。

買い取った後も再販は無理と判断され、廃車にするしかない車となれば処分に数万円の費用が発生します。

しかし、ディーラーもそれでは新車が売れなくなるため、「特別に今回は処分料を負担します」と提案してくることがあります。

これが、0円で売るしかないケースです。

まどか疑問表情
まどか
じゃあ「譲渡」になるから売買契約書は必要ないんですか?
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
0円でも「売却」だから売買契約書は必要だよ!

車買取で0円となってしまった場合でも、契約上は「売却」となります。

そのため売買契約書の作成は必須で、普通に車を売却するのと同じ書類が必要。

そこで、どんな書類が必要になるかについてこの章では詳しく解説します。

まずは、車を手放す際に必要になる書類の一覧を紹介します。

必要な書類(もの) 普通自動車 軽自動車
実印  
認印  
印鑑証明書  
自動車検査証(車検証)
自動車税納税証明
自賠責保険証
リサイクル券
譲渡証明書  
委任状
振込先のメモ

これが必要な書類です。普通車と軽自動車で必要なものが違うことがわかります。

共通して必要なものは以下の6つです。

  1. 印鑑(実印・認印)
  2. 自動車検査証(車検証)
  3. 自動車税納税証明
  4. 自賠責保険証
  5. リサイクル券
  6. 委任状(譲渡証明書)

それぞれ、どうやって準備したらいいのかについて紹介していきます。

印鑑(実印・認印)

印鑑は0円で車を売却する際でも必ず使います。

普通車の場合は実印を、軽自動車の場合は認印を用意しましょう。

実印は必ず市区町村に届け出を済ませているものが必要になります。

まだ届け出を済ませていない場合は、実印となる印鑑を用意して市区町村の役所に出向きましょう。

印鑑登録は役所の「市民課」で受け付けており、身分証と手数料の数百円が必要です。

登録にかかる時間は15分程度なので、時間がある時に印鑑登録を済ませておきましょう。

軽自動車の場合は認印だけでいいので、百均などで用意することができます。

自動車検査証(車検証)

自動車検査証とは車検証のことで、その車の名義や使用人の情報が記載されている大事な書類です。

普段使うことはないため、大体の場合は車の助手席側にあるダッシュボードに保管されています。

車検証入れと呼ばれる専用のケースに入っていることが多く、ダッシュボードにない場合はシート裏の小物入れに収納されていることが多いです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
なくした場合の再発行は時間がかかる書類だから、日頃から定期的に確認しておこう!

自動車税納税証明

0円で車買取をしてもらう場合でも、その年の自動車税は完納していなければいけません。

まだ自動車税を納めていない場合、先に自動車税を納めてから売る必要があります。

自動車税を納めた時にもらえる紙が「自動車税納税証明」と呼ばれるもの。

これは自動車税を納めてあることを証明する必要があるので、売却の際は必須。

もし紛失してしまった場合、都道府県税事務所で再発行が可能です。

費用もかからないため、買取店が代行してくれるケースがほとんど。

自賠責保険証

売りたい車に車検が付いている場合、必ず自賠責保険の保険料も支払っていることになります。

自賠責保険は別名強制保険とも呼ばれ、車検の際に必ず保険料を支払います。

そのため、車検証と一緒に自賠責保険証というものが付いてきます。

大半のケースで、車検証入れに入っているので、車検証をチェックする際に自賠責保険証もきちんとあることを確認しておきましょう。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
紛失してしまった場合は、保険会社に依頼して再発行の手続きをする必要があるよ!

リサイクル券

リサイクル券は車購入時に支払っている費用で、その車を廃車にする際に必要になります。

0円で買取してもらう場合、廃車ではないのでリサイクル券が必要となります。

リサイクル券も車検証などと一緒に保管されているケースが大半。

なくしてしまった場合は買取店で対応してもらうことができます。

必要な書類ではありますが、なくしてもあまり問題がない書類とも言えます。

委任状(譲渡証明書)

車の売買は法的な手続きとなるので、買取店に手続きを代行してもらうために委任状が必要となります。

委任状とはカンタンに説明すると、「売買に関わる手続きを買取店に任せます」というもの。

これは普通車や軽自動車問わず、車の売買の際は絶対に必要です。

普通車の場合は合わせて「譲渡証明書」というものが必要になります。

これはカンタンに説明すると、「車の権利を買取店に譲渡します」というもの。

査定額が0円であっても名義変更が必要になるため、法的には資産の権利を相手に移すことになります。

委任状も譲渡証明書も買取店が用意してくれるので、必要事項を記入するだけ。

普通車を売る場合は実印を押印し、軽自動車の場合は認印を押印します。

まとか通常表情
まどか
0円なら車を渡すだけでいいと思ったけど、違うんですね。
パンダ店長通常表情
パンダ店長
買取価格0円というのは、例えれば「査定額5万円−処分料5万円=0円」ということだからね。
4view
車売却時の必要書類は9つ!保管場所と再発行方法をまとめて解説

車の売却を検討していて、必要な書類を知りたい人 車売却に必要な書類を紛失して再発行の方法を知りたい人 車を高く売る方法を ...

続きを見る

まとめ

いかがでしたか?この記事では、車買取で0円となってしまった場合の情報をわかりやすく説明してきました。

最後に、重要なポイントを箇条書きで説明します。

  • 買取で0円と言われても諦める必要はない
  • 車一括査定を使えば数万〜5万円で売れる可能性がある
  • それでも0円の場合はディーラーの下取りを使う
  • 0円で車買取をする場合でも書類は必要

この記事に書いてあることを実践すれば、ほぼ全ての車が数万円で売ることが可能になります。

ほとんどの車は10〜30万円で再販されるため、車一括査定を使って複数の買取店を競わせれば高く売れます。

それでも0円となってしまった場合は、ディーラーの下取りを利用しましょう。

買い替えに伴う下取りなら、値引きの代わりに数万円で車を売ることができます。

そして、いくらで車を売る場合でも書類は必要になるため、この記事を読んで必要な書類を用意しておきましょう。

おすすめ記事

6,585view
1分でわかる新古車!メリット・デメリットと超カンタンな探し方をプロが解説

「中古車を買うなら新古車がいいよ!」 車好きの友人からアドバイスを受けたり、ネットの情報で「新古車」という言葉を見かけた ...

22,025view
【最新版】安くてかっこいい車の決定版!厳選10車種とお得に購入するテクニック

街を歩いていて、思わず目を惹くかっこいい車。 しかしカタログやHPをチェックしてみると、あまりの高さにガッカリする事も珍 ...

3,591view

車一括査定サイトはいくつもあるため、どれを利用すべきなのかランキングを知っておきたい 車一括査定サービスごとのランキング ...

49,496view
【写真つき】3分で分かる手洗い洗車!車マニアが実践している「洗車手順」完全版

「自宅での手洗い洗車」というのは、車好きだけのたしなみと思っていないでしょうか? 筆者の周りを見ていると 手洗い洗車に苦 ...

-車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2018 All Rights Reserved.