車査定の裏側を暴露!かかる時間とよくある営業トークを一挙公開

こんな悩みをスッキリ解消

  • 車売却を検討していて査定にかかる時間を知りたい人
  • 査定の流れを事前に知っておきたい人
  • 車を高く売る方法について知りたい人

車はディーラーより買取店に売った方が高く売れるのは常識です。

しかし査定には時間がかかり、担当者と交渉をする必要があります。

ここでは、車査定にかかる時間と手順をわかりやすく紹介しているので、この記事を読めば車査定当日の流れが全てわかります。

【執筆・監修】リユース営業士

滝俊晴

古物商を取得し、自ら中古車売買を経験。リユース系メディアの編集長時代には、買取業者への取材を積極的に行う。独立後は自身の経験と知識を活かし、価値のあるコンテンツ制作に注力している。また、前職時にカービューやユーカーパックの取材経験がある。

資格古物商、リユース営業士

当サイトは、紹介している一部サービスが読者様に使用された時に支払われる報酬によって運営が成り立っています。頂いた報酬は、調査やコンテンツ制作に使用し、正しい・最新の情報をお届けできるように努めています。読者様に合わせたベストな選択を提案しておりますが、もし異なる意見がございましたら、問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。詳細は「運営ポリシー」をご確認ください。

車を実際に査定してもらう時間はどれくらいなのか

車査定をしてもらう時、どのくらいの時間がかかるのか気になる人は多いはず。

結論を先にお話すると、車査定にかかる時間は30分〜1時間程度です。

しかし、売買契約まで結ぶとなると最大で半日程度かかることも珍しくありません。

そこでこの章では、車査定の流れと売却までに必要な時間をわかりやすく解説していきます。

売買契約を結ぶまでの流れは、以下の5ステップです。

車査定から売却までの5ステップ

  1. 査定を申し込むまたは買取店に持ち込む
  2. 実車を見せて車査定をしてもらう
  3. なるべく高くなるよう価格を交渉する
  4. 売買契約を結ぶ
  5. 車両を引き渡す

これから、上記の5ステップを所要時間とともにカンタンに説明していきます。

ステップ1.出張査定依頼または買取店に持ち込む【3〜5分】

まずは買取業者に対して査定の依頼をすることからスタートします。

査定はインターネットで申し込みが可能で、多くの買取業者は出張査定をしてくれます。

車を買取業者に直接持ち込めば、近隣にある買取店に直接車に乗って来店します。

直接来店だと混雑状況によっては待たされるから、ネットから査定依頼するのがオススメだよ。
パンダ店長
車出張買取の対応業者と査定の流れ・気を付けるべき2つの注意点

こんな悩みをスッキリ解消 どの車買取店が出張査定に対応しているの? 出張査定は無料で使えるか気になる 出張査定の際に注意 ...

続きを見る

ステップ2.実写を見せて車査定をしてもらう【30分】

車査定が始まったら、そこからかかる時間は短くて15分、長くて30分程度です。

修復歴がある車などは1時間程度かかることがあります。

車査定で確認されるのは、以下の5項目です。

車査定で確認される5項目

  1. 外装の状態(5〜10分程度)
  2. 内装の状態(5〜10分程度)
  3. 足回りの状態(5分程度)
  4. エンジンルームの状態(5分程度)
  5. その他項目のチェック(10分程度)

それぞれ、具体的にどんなところをチェックするのかをカンタンに説明します。

外装の状態(5〜10分程度)

外装は傷や凹みがないかを重点的にチェックします。

まずは目視で確認し、気になる箇所があればそこを細かくチェックします。

洗車キズなどは査定には響かず、キャッシュカード以上のサイズの傷や硬貨のサイズ以上の凹みだけを確認します。

車買取でキズ・へこみはいくら減額される?詳しい査定基準と回避方法を紹介

こんな悩みをスッキリ解消 キズやへこみがあるとどれくらい減額されてしまうのだろうか? キズがある車だけど高く売る方法を知 ...

続きを見る

内装の状態(5〜10分程度)

内装も目視による確認がメインです。

シートの汚れやほつれなどをチェックし、目立つものがあれば減点をしていきます。

タバコを吸っていた車は臭いやヤニが付いていないかチェックされ、ペットを乗せていた車は臭いやシミがないかをチェックします。

カンタンなクリーニングで落ちる汚れであればマイナス査定にはなりません。

足回りの状態(5分程度)

足回りで主にチェックされるのはサビです。

雪道を多く走行していた車は、除雪剤の影響で車の下回りが錆びている可能性があります。

この場合はマイナス査定となるので、まずは目視で足回りや下回りをチェックしていきます。

この確認は5分程度で終わります。

エンジンルームの状態(5分程度)

エンジンルームで主に確認するのはオイル漏れです。

主要な部品からオイルが漏れていないかどうかをチェックします。

エンジンをかけて空ぶかしして、音に異常がないかどうかも確認します。

最後に、ボンネットを取り外した形跡がないかどうかを確認して終了です。

ボンネットを取り外した形跡がある場合、修復歴が疑われるので確認時間が長くなります。

その他項目のチェック(10分程度)

これらの確認が終了したら、最後は書類が揃っているかどうかなどの確認を行います。

車検証や自賠責保険証、リサイクル券があればそのまま確認は終了します。

これが車査定の基本的な流れだよ。何もなければそのまま査定は終了して、次の手続きに移るよ。
パンダ店長

車査定の基準については下記記事でさらに詳しく解説しています

車査定8つのチェックポイント・基準と今すぐできる買取額アップの方法

こんな悩みをスッキリ解消 車査定の基準を知って高価買取のために役立てたい人 車査定を受ける前にしておいた方がいいことを知 ...

続きを見る

ステップ3.なるべく高くなるよう価格を交渉する【5~20分程度】

車査定で一番神経を使うのが、価格交渉です。

査定した担当者は、その結果を元にパソコンを使って相場を調べます。

専門業者が取引しているオークションサイトにアクセスして、似た条件の車が直近でいくらで落札されているのかを調査。

その結果を基に、自社の利益を計算していくらの査定額にするのかを決めます。

担当者はなるべく安めの金額を提示してくるので、交渉で少しでも高くしていきます。

交渉のコツは次章で紹介するよ!
パンダ店長

ステップ4.売買契約を結ぶ【5分】

査定価格が納得できるレベルになったら、いよいよ売買契約書にサインをします。

買取業者が必要な書類を全て用意してくれるので、あなたはそこにサインをするだけです。

住所と氏名程度の情報で構わないので、その場で記入することができます。

しかし、売買契約を結ぶと基本的にその後のキャンセルができません。

「代車は用意されるのか」「万が一のキャンセルで費用は発生するか」「後でトラブルが起きた時どうなるか」など、気になることは売買契約書にサインをする前に聞いておきましょう。

車買取の売買契約書で確認すべき7チェックポイントと安心買取業者の探し方

こんな悩みをスッキリ解消 車買取における売買契約書の内容を知りたい人 売買契約書でチェックするべき項目を知りたい人 安心 ...

続きを見る

ステップ5.車両を引き渡す【5分】

全ての契約がうまくいけば、その場で車を引き渡すケースも珍しくありません。

契約上次の車の納車まで乗り続けていいなどの場合を除き、契約から数日〜1週間で引き渡すのが普通です。

車両の引き渡しが完了したら、3日~1週間程度で買取金が振り込まれます。

これが車査定の流れと所要時間です。

あなたが気になったのは、「値段を交渉する」ということでしょう。

そこで、希望金額に近づけるための交渉術を次章で詳しく解説していきます。

車査定の時に必要な交渉術と注意すべきこと

前章で紹介した通り、査定した担当者はなるべく安めの査定金額を提示してきます。

そこであなたがしなければいけないのが、希望金額に近づけるための交渉。

そこでこの章では、担当者がよく使う交渉術を明らかにし、それに対する的確な返答を紹介していきます。

まずは、気をつけるべき営業トークを3つ紹介します。

気をつけるべき営業トーク3選

  1. 今すぐ決めてくれればこの金額で買い取ります
  2. 他社ではいくらと言われましたか?
  3. 希望金額はありますか?

これら3つに対する的確な返答と、車査定額を上げる交渉術をこれから紹介します。

トーク1.「今すぐ決めてくれればこの金額で買い取ります」への対処法

一番定番な営業トークが「今すぐ決めてくれればこの金額で買い取ります」というもの。

担当者がこの言葉を発している時、実はまだ全然限界価格ではない可能性が高いです。

他の買取店に行っても同じ価格はすぐに出せるため、ここで担当者の話を鵜呑みにしたら損をします。

買取価格を上げる交渉術

この時有効なのが、「まだその金額では決められない」とハッキリ言うこと。

まだ決められないとハッキリ言う

担当者の言いなりにならない姿勢を見せつけることで、中途半端な価格では納得してもらえないと相手にわからせることができるのです。

こう話すと、大体次に紹介する営業トークが出てくるよ!
パンダ店長

トーク2.「他社ではいくらと言われましたか?」への対処法

「その金額では決められない」と伝えると、決まって「他社ではいくらと言われましたか?」と聞かれます。

これも有名な営業トークで、他社の査定額を聞き出してそれより数万円だけ上乗せしようという戦略です。

買取価格を上げる交渉術

このように聞かれたら「他社がいくらではなく、いくらが限界なのか教えてください」と伝えることです。

他社がいくらではなく、いくらが限界なのか教えてください

他社の査定額はその買取店にとって全く関係ありません。

その買取店がいくらで買い取れるかという話なので、惑わされずにハッキリと断りましょう。

あくまで具体的な金額を言わないというのは鉄則だよ!
パンダ店長

トーク3.「希望金額はありますか?」への対処法

先程紹介した営業トークと合わせて「希望金額はありますか?」と聞いてくる担当者も数多くいます。

その時に金額を答えてしまうと、絶対にその金額以上の査定額が提示されることはありません。

買取価格を上げる交渉術

希望金額を聞かれたら、「1円でも高く」とだけ答えましょう。

「1円でも高く」と答える

しつこく金額を聞いてくる担当者には「買った値段で売りたい」と無理な要求をぶつけましょう。

具体的な金額を話すと、それ以上の査定額は出ません。

そのため、金額をぼかしてしまうという手段が有効です。

担当者に「この人は絶対に金額を言わない」と思わせることが重要だよ!

下記記事ではさらに踏み込んで交渉術を紹介しているよ!

パンダ店長
【真似するだけ】車の高価買取を引き出す5つの交渉術!事前にやっておくことも全公開

こんな悩みをスッキリ解消 これから車買取の交渉をする予定で、交渉術を知りたい人 車を高く売るためにはどんなツールやテクニ ...

続きを見る

以上が、車査定で必要な交渉術です。

交渉は大変ですが、しっかりしないと最高価格で車を売ることができません。

しかし、あなたが交渉を有利に運ぶ方法があります。

車を高く売るなら車一括査定がオススメ

もし、先述した交渉が面倒だと感じるなら「車一括査定」の利用をオススメします。

車一括査定とは

車一括査定とは、複数の買取業者への査定依頼が一度に行えるWEBサービス(サイト)のこと。

自分で買取業者を1社1社探す必要がなく、査定額を比較できるため、高く売れるメリットがある。

車の査定額を上げるためには、複数の買取業者を競わせることが最も有効です。

車一括査定を使うことで、最初から交渉を有利に運ぶことができます。

理由は、業者にとってみると、買取したいため、必然的に足元をみた査定がしにくくなるから。

下記、Twitterなどを見ても、業者間の査定額の差はかなりあるのです。

まどか
便利だけど、似たようなサイトが多くて迷いますね。

車一括査定のオススメはカーセンサー

車一括査定は色々なサイトがありますが、中でもオススメは「 カーセンサー 」です。

車一括査定の仕組み自体は、どのサイトも変わりません。

一方で、依頼できる買取業者は車一括査定サイト毎に少しずつ異なるのです。

カーセンサーは下記のように参加している買取業者数が圧倒的。

  • カーセンサー:1,000社以上
  • ズバット車買取:200社以上
  • カービュー買取:200社以上
  • 楽天カーサービス:100社以上
  • ナビクル車査定:40社以上

大手~町の中古車屋さんまで、幅広く依頼できるのが「 カーセンサー 」なのです。

つまりそれだけあなたの車を高く買い取ってくれる買取業者が見つかる可能性が高いということです。

また、買取業者の連絡の希望日時を伝えたり、メール希望を出せるのもカーセンサーのみ。

任意項目

SPのカーセンサー申し込み画面1

連絡希望時間帯

SPのカーセンサー申し込み画面2

上記はスマホの画面だけど、パソコンでも同じように申し込みできるよ!
パンダ店長

買取業者の中には、メール連絡の要望を書いても、無視して電話連絡をしてくることもあります。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

車一括査定のオススメについては下記記事でさらに詳しく解説しています

まとめ

  • 車査定にかかる時間は30分〜1時間程度
  • 査定価格の交渉を始めると半日ほどかかる場合もある
  • 担当者の営業トークに惑わされずに交渉する必要がある
  • 交渉がめんどくさい場合は複数の買取業者を競わせる
  • それがカンタンにできるのが車一括査定

気になるワードでチェック

パンダ店長のキャンペーン

\内容はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

石川 貴裕

名古屋のIT企業にて、車一括査定のサービス責任者を経験。その間に車買取会社やJPUCの会議などに参加。新卒時代に車一括査定を利用して30万円高く売れたことを経験。情報格差で損をしている人が多く疑問を感じたため、当サイトを立ち上げ。現在は、古物商許可を取得、中古車売買を行っている。(愛知県公安委員会 第541182000600号)

-車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , All Rights Reserved.