車売却

車売る方法は4つ!それぞれの特徴とメリットデメリットをプロが解説

投稿日:2017年11月18日 更新日:

  • 車を売りたいけどどうしていいのかさっぱりわからない人
  • 今の車をディーラーで下取りに出すか買取店に売るか迷っている人
  • 車一括査定が気になっているけどどういうものなのかよくわからない人
  • 結局どの方法が一番高く車を売れるのか、車査定のプロの意見を知りたい人

車を売るタイミングは人ぞれぞれですが、必ず手放すときが訪れます。

そしてあなたは今、まさにそのタイミングなのではないでしょうか?

そんな時、迷うのが車を売る方法です。あなたは今、こんな疑問を抱いていませんか?

  • ディーラー下取りは安いって聞くけど本当なんだろうか?
  • 他に車を高く売る方法があれば知りたい
  • 自分に向いているのはどんな方法なのか知りたい

誰もが思うことが、「楽したいけど高く売りたい」ということです。

そこでこの記事では、車を売る方法を大きく4つに分けて比較していきます。

どんな人にはどの方法がオススメなのかを紹介しているので、必ずあたなにピッタリの方法が分かります。

そして最終的には、車をカンタンに高く売る方法が身につく内容になっていますので、最後まで読み進めることをオススメします。

車売る方法は大きく分けて4つある

人によって車を手放す理由はさまざま。例えば下記のような理由がパッと思い浮かびます。

  • 新車に乗り換える
  • 今より広い車に買い替える
  • 急に転勤が決まって手放す
  • そもそも車に乗る機会がないから売る

そうした時に、あなたは車を手放す方法について迷うはずです。

CDやゲームと違い、車は気軽に売り買いできるものではありません。

必要な書類や手続きも多く、大半の人は車を売る方法をしっかり理解していないでしょう。

まどか疑問表情
まどか
確かに、急に車を売るって言われてもどうしていいかわからないかも。
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
車を売る方法は、主に4つに分けることができるんだよ。
まどか表情笑顔
まどか
4つだったら私でも理解できるかも!

車を売る方法は、大きく分けて4つに分類することができます。

逆に言えば、この4つの方法以外で車を売ることはできないと考えておいて良いでしょう。

車を売る方法は主に以下の4つです。

  • 車売る方法1.ディーラー下取り
  • 車売る方法2.買取店で査定を受ける
  • 車売る方法3.車一括査定を使う
  • 車売る方法4.個人間売買を利用する

この章では、車を売るための4つの方法の紹介をします。

先に一覧表でお見せします。

4つ目の個人間売買はトラブルも多く、筆者としては業界人でない限りオススメできないため、一覧表から外しています。

項目 ディーラー下取り 中古車買取店 車一括査定
安心感 ★★★★★(5点) ★★★★★(5点) ★★★★★(5点)
手間のかからなさ ★★★★★(5点) ★★★★☆(4点) ★★★☆☆(3点)
買取金額 ★★☆☆☆(2点) ★★★☆☆(3点) ★★★★★(5点)

オススメな人は下記の通り。

  • ディーラー下取り:安心感を求める人
  • 車買取店:下取りよりも面倒だけど、高く売りたい人
  • 車一括査定:とにかく高く売りたい人

それぞれの特徴についてもわかりやすく解説していきます。

ディーラー下取りは手間がかからないが、価格が安くなる

恐らく、多くの人が車を売ると聞いて想像するのがディーラーの下取りでしょう。

買い換える際に当然のように査定を持ちかけられ、そのまま新車と入れ替えをしたという人も少なくないはず。

最大の特徴は「手間がかからないこと」です。

書類の用意や必要な手続きは全てディーラーが行ってくれるため、営業マンの指示に従っていればカンタンに車を売ることができます。

メリットとしては次の車が納車されるまで、今までの車に乗り続けることができるということで。

次の車の納車の際に、今まで乗っていた車のカギをディーラーに渡すだけなので、車の売却というより車の入れ替えに近いイメージです。

下取り価格は新車の購入金額から差し引かれ、残った金額が次の車の購入代金となります。

対するデメリットは、「査定価格が安いこと」。

ディーラーは新車販売を主にしているところなので、中古車の買取ノウハウはあまりありません。

下取りで引き取った車は業者オークションに流すだけなので、相場に基づいた当たり障りのない金額を提示されることがほとんどです。

まどか困惑表情
まどか
ちょっと待って下さい!業者オークションってなんですか?
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
自動車関連の業者だけが利用できる、中古車を売買するオークションのことだよ。
まどか疑問表情
まどか
私達が売った車はそこで販売されるんですか?
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
そうだね。多くの場合で業者オークションに出品されているよ。

その上、売るはずの車を次の車の納車まで乗っていていいというのは、大きなメリットとなります。

車の価値は日数がたつほど、走行距離が伸びるほど下落。

そのためディーラー下取りは、査定価格を安めにしているのです。

次の車の納車が数ヶ月先であれば、下取り車の査定価格は数ヶ月後の下落を見越した金額になっているということです。

ただでさえディーラー下取りは安い中、こうした事情もあって査定価格はかなり安くなってしまいます。

まどか困惑表情
まどか
カンタンなのはいいけど、査定価格が安いのは困るなぁ。

それでは、テレビCMなどで見かける高価買取を謳っている業者に持ち込んだらどうなるのでしょうか?

買取店は下取りよりも高く売れる可能性大

あなたはガリバーやビッグモーターなど「高価買取」を謳っている買取業者のテレビCMを見たことはありませんか?

全国に支店があるため、車を持ち込むだけで査定を受けることができます。

これが2つ目の方法「買取店の査定を受ける」というものです。

最大の特徴は、店舗に車を持ち込むために車を売るまでの時間が圧倒的に短いこと。

車を売ろうと決めてガリバーなどの買取店に持ち込んだら、その場で商談が成立して車を置いて帰ったという話も珍しくありません。

どうしてこんなに早い買い取りが可能かと言うと、ガリバーなどの中古車買取店は中古車の売買をメインに行っているので、ノウハウが豊富だからです。

自社で販売網を持っているため、常に最新の相場が分かっています。

査定のポイントもしっかり把握しているため、すぐに適正価格を算出できるのです。

しかしデメリットとしては、最新の査定価格が提示されるため、すぐに(遅くても1ヶ月以内に)車を手放さないと査定価格が変わってしまうということ。

人気の新車に乗り換えの人は、納車が2-3ヶ月後というこがあると思いますが、遅くても1ヶ月以内には手放してほしいと買取店に言われます。

もちろん、買取店によっては調整してくれるところもあります。

また、買取店(もしくはディーラー)に、次の車の納車まで代車を出してもらうなどで対応する場合もあります。

また高価買取とは言いつつ、相場を理解していない相手には足元を見た金額を提示することもあります。

ですので、交渉時に下取り査定をしてもらった人は、下取り額をそのまま伝えるのではなく、下取り額+10~20%ぐらいを目安に伝えるといいでしょう。

(例)下取り査定額:100万 → 買取店に伝える希望買取額:110~120万
まどか表情笑顔
まどか
すぐに車を高価買取してくれるのは便利ですね!
まどか疑問表情
まどか
だけど、何と比べて高価買取なのかがわからないと困るよね。

買取店の査定はスピーディーな分、他の店舗の査定価格を確認できないまま手放すというケースもあります。

それだと提示された査定価格が適正かどうかがわかりません。

そこで次に紹介する方法を利用するという手もあります。

車一括査定はとにかく高く売りたい人向け

車一括査定を使っても、最終的に車を売る先はガリバーなどの中古車買取店です。

しかし普通に店舗に車を持ち込んで査定を受けるより断然車を高く売ることができるのです。

車一括査定の最大の特徴は、車を高く売れるということ。

車一括査定は専用のサイトから査定を申し込みます。

そうすることで車一括査定サイトと提携している数十社の中古車買取業者に、一斉に査定の依頼をしてくれます。

その後はそれぞれの業者とやり取りをして、申し込んだ分の業者の査定を受けます。

その結果を見て、査定価格を比較して売る業者を選ぶことができるのです。

店舗に持ち込んで査定を受けるわけではないので、複数の業者の査定価格を知った上で判断できるため安心。

何度か査定を受けなければいけない分、車を売却するまでの時間は長くなってしまいます。

また査定価格は常に変動するため、すぐに車を手放す必要があります。

中古車買取店に売却するのと同様、ディーラーに代車を用意してもらうなどの交渉を行う必要があります。

まどか表情笑顔
まどか
せっかく車売るなら高いほうがいいし、一番いい方法かもしれないですね!
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
そうだね、だけどメリットもあればデメリットもあるからそれを知っておかないとね。

車一括査定は正しく使えば、この4つの方法の中では間違いなく最も高く車を売ることができます。

その代わりに起きるデメリットに関しては後述しますが、申し込み後の電話がスゴイこと。

最後に、個人売買で車を売る方法について紹介します。

個人間売買は業界人でない限りオススメできない

これは少しまれな例ですが、個人間で車を売買することも可能です。

書類を用意して必要な手続きを踏めば、所有権を個人から個人に移すことができます。

中古車売買に企業が介入すると、その会社の利益となる中間マージンが必ず発生します。

必ずしも利益だけとは限らず、整備費用やオークション出品費用など、中間マージンは十数万円かかると言われています。

その分査定価格は安くなり、販売価格は高くなるという仕組みです。

個人間売買ならそういうものが一切ないため、車を売る人は査定価格以上で売れ、車を買う人は市場価格以下で車を手に入れることができます。

一見メリットが多いように見えますが、個人間売買は当然全ての手続きを自分で行う必要があります。

それ以外にもさまざまなデメリットがあるため、筆者としては個人間売買をオススメしません。

その理由を以下で詳しく解説しましょう。

個人間売買はオススメしない理由

車の個人間売買は手続きが大変な分、トラブルも多くなりがちです。

さらに車となると高額なので、金銭トラブルは珍しくありません。

最も多いのが支払いに関するトラブル。

実際にトラブルにあった人たちが、Yahoo!知恵袋などでその内容を詳しく紹介しています。

個人売買で車を売りましたが相手が期日を過ぎても支払いいたしません。その上連絡も途切れてます。こちらは車、書類一式渡してます。

※出典:Yahoo!知恵袋

友人と車の個人売買をしましたが、商品を渡したのにお金を払ってくれません。

また、口座入金したと何度も嘘(詐欺)をついています。お金を取り立てるにはどうすれば良いでしょうか。

※出典:Yahoo!知恵袋

このように、実際に多くの支払いトラブルが発生しています。

あらかじめ決めた金額が満額支払われないうちに車を譲ってしまうと、その後連絡が取れないなどの事態が発生することがあります。

それ以外にも譲った相手が名義変更をしてくれないなどの受け渡しトラブルも数多くあります。

そうするといつまでも自分の名義になったままで、自動車税の支払い義務なども発生します。

個人間売買はあくまでお互いの信頼関係が基となっているので、非常にトラブルが多いのです。

こうした点から、筆者は個人間売買をオススメしません。

まどかショック表情
まどか
騙されて事故車を買わされたっていうトラブルも多いみたい。
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
トラブルを防ぐために、買取業者は契約書を作っているんだよ。

個人間売買でのトラブルは非常に多く、裁判となる例も少なくありません。

こうした手間やリスクを考えると、中古車買取業者に売る(車一括査定含む)のが一番いい方法と言えるでしょう。


これが、車を売るための4つの方法です。

あなたはきっと、なんとなく車を売るイメージができたかと思います。

しかし文章だけではわかりにくいので、最初にお見せした一覧を再度お見せします。

個人間売買を除外した「ディーラー下取り・中古車買取店・車一括査定」の評価は以下の表の通りです。

項目 ディーラー下取り 中古車買取店 車一括査定
安心感 ★★★★★(5点) ★★★★★(5点) ★★★★★(5点)
手間のかからなさ ★★★★★(5点) ★★★★☆(4点) ★★★☆☆(3点)
買取金額 ★★☆☆☆(2点) ★★★☆☆(3点) ★★★★★(5点)

この表を見れば分かる通り、どの売却方法でも安心感は5点満点で問題ありません。

ディーラーが安心できるのは当然で、中古車買取店もガリバーやビッグモーター、アップルといった大手企業なら安心です。

それらの中古車買取店に査定の依頼をする、車一括査定も安心感は問題ありません。

車一括査定サイトは独自の基準で中古車買取業者を判定しており、評判が悪い企業は提携しないなどの努力を行っています。

そして手間のかからなさもディーラーがダントツで満点です。

次の車の納車準備と同時並行で全ての手続きを行ってくれるため、ビックリするほどカンタンに車を売ることができます。

中古車買取店も書類の用意などはしっかりしてくれるので、手間はかかりません。

車一括査定は複数の業者とやり取りしなければいけない分、2つに比べて手間がかかります。

その代わり買取金額はダントツで車一括査定が高くなります。

中古車買取店は足元を見た査定をすることが多いのと、ディーラーは中古車売買をメインとしていないことから、それぞれ評価は多少低くなります。


ここまで、車を売るための4つの方法について紹介してきました。

それぞれの特徴が分かったのと同時に、自分はどの方法で車を売ったらいいのか分からなくなってしまったことでしょう。

そこで次章では、それぞれの車を売る方法がどんな人に向いているのかをご紹介します。

【売却方法別】どんな人が向いているのかを解説

車を売る方法は分かっても、結局どれを利用すればいいのかわからないと意味がないですよね。

自分が何を重視しているかで、車を売る方法は変わります。

そこでこの章では、前章で紹介した「ディーラー下取り・買取店・車一括査定」それぞれがどんな人に向いているのかを紹介していきます。

端的に言うと、それぞれの方法はこんなタイプの人にオススメできます。

  • ディーラー下取りが向いている人:とにかく手間をかけたくない人
  • 買取店の査定が向いている人:下取りよりは手間が増えるけど、高く売りたい人
  • 車一括査定が向いている人:とにかく高く車を売りたい人

これだけでは分かりにくいので、もう少し詳しくそれぞれを解説していきましょう。

ディーラー下取りが向いている人は「とにかく手間をかけたくない人」

ディーラー下取りの傾向は以下の3点です。

  1. ディーラーが面倒な手続きを行ってくれる
  2. 次の車が納車されるまで今の車に乗り続けることができる
  3. 買取価格は最も安い

この3つから、ディーラー下取りは「とにかく手間をかけたくない人」に向いていると結論づけることができます。

ディーラー下取りは、新車を購入するディーラーにそのまま今まで乗っていた車を引き取ってもらう方法。

下取り価格はそのまま新車の購入価格から差し引かれるため、お金の移動も最小限で済みます。

下取りに出した車は次の車の納車まで乗り続けることができるので、代車を用意してもらう必要もありません。

次の車の納車の際に、今までの車でディーラーに行き車両を入れ替えるだけの手軽さがポイントです。

面倒事が一切ないので、車を売るの方法がよくわからない人にはオススメです。

しかし、手軽さの反面買取価格は紹介する方法の中で最も安くなります。

まとか通常表情
まどか
手軽でカンタンだけど安い…一長一短ですね。
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
この記事を読んでいる人にはあまり向かない方法かもね。

車はカンタンに売れる方法ほど、買取価格は安くなるという特徴があります。

それは手続きを代行してもらう分だけコストが発生するため仕方ないと言えます。

それでは、高価買取を謳っている町の買取店はどんな人に向いているのでしょうか?

買取店の査定が向いている人は「すぐに手放したい人」

買取店の査定は以下の3つの特徴があります。

  1. 自分で店舗に出向き査定を受ける
  2. 中古車売買をメイン事業としている分査定価格は高い
  3. すぐに契約を迫られるケースがある

この3つの特徴から、買取店の査定は「すぐに車を手放したい人」に向いていると結論づけることができます。

買取店は中古車の売買をメインの事業として行っているため、とにかく手続きがスピーディーです。

常に不足している在庫を補うため、査定価格の算出も素早いのが特徴です。

そのため場合によっては、1日で車を手放すことができます。

転勤や急な引っ越しなど、すぐに車を手放したい人にはオススメできる方法と言えるでしょう。

しかし、相場を知らないまま店に足を運ぶとその場の勢いで契約を迫られることがあります。

ディーラー下取りより査定価格は高いものの、相場を知らないことを理由に足元を見た価格が提示されることがあります。

前章でも説明したとおり、下取り査定をしてもらった人は、+10~20%上乗せした金額を車買取店に伝えましょう。

まとか通常表情
まどか
営業マンが強引だと、女の子が一人で行ったらちょっと怖いかも…。
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
自分でお店に足を運ぶと、断りづらい雰囲気になっちゃうよね。

中古車買取業者は常に在庫となる車を探しています。

そのため業者間の競争も激しく、一度来店したお客さんをカンタンに手放したくはありません。

そのため、あの手この手で営業トークをして、その場で契約を迫ることがあるのです。

競争心が強いことは良いことですが、せっかくなら業者間を競わせたいですよね。

それができるのが、次に紹介する車一括査定です。

車一括査定が向いている人は「とにかく高く売りたい人」

車一括査定の特徴は以下の3つです。

  1. 車一括査定サイトは複数の買取業者に同時に査定を依頼できる
  2. 買取業者が自宅に来て査定をしてくれる
  3. 業者間を競わせるため複数の買取業者とやり取りが必要

この3つの特徴から、車一括査定は「とにかく高く車を売りたい人」に向いていると結論づけることができます。

車一括査定は専用のサイトを使って、複数の買取業者に査定の依頼をするものです。

先ほど、買取業者は常に在庫が足りていないため業者間の競争が激しいとお話しました。

車一括査定はそんな業者間の競争心をうまく利用して、高値を引き出すことができるサービスです。

買取業者は自宅に査定に来てくれるため、強引なセールスにあうことがありません。

数社の査定を受けられるため、どこが一番高い査定価格を提示してくれたのかが分かるというメリットもあります。

こうした理由で、車を高く売ることができます。

しかし、複数の買取業者の査定を受けるということは、それだけやり取りや交渉事が増えます。

買取店に査定を依頼するより、車を手放すまでの日数も長くなるというデメリットもあります。

とにかく車が高く売れればいいという人には、最もオススメできる方法です。

まとか通常表情
まどか
高く売れるならそれが一番いいですよね!でも、手間がかかるのは気になる…。
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
それに関してはこの後詳しく説明していくよ!

車を最も高く売れる方法は、車一括査定を使うことです。

この記事を読んでいる人なら、ほとんどが「せっかくだから車を高く売りたい」と考えているはずです。

そこで、車一括査定についてもう少し詳しく説明していきます。

迷ったら!オススメは車一括査定

ここまで、車を売る方法について詳しく解説していきました。

その中でも筆者のオススメは「車一括査定」。

なぜなら、ディーラー下取りと比べて数十万円も高く売れるからです。

数万円ならまだしも、数十万円も査定価格が変わるなら手間も惜しまないという人も少なくないでしょう。

それに、車を売るまでにかかる日数も買取店と比べても数日しか変わりません。

車を手放すタイミングが決まっていれば、少し早めに行動するだけで得するのです。

そうした理由から、筆者は車一括査定を最もオススメしています。

しかし、車一括査定の紹介でも少し触れたように、いくつか注意点があるのでそれを紹介していきます。

知っているか知っていないかで手間が大きく変わるので、必ず目を通しておきましょう。

車一括査定はオススメだけど注意点は知っておくべき

前章では、車一括査定を最もオススメと紹介しました。

これに関しては事実で、無料で使える車を高く売ることができるサービスだからです。

車を売る人の多くが、できることなら少しでも高く売りたいと考えているはずです。

その願いを叶えてくれるのが車一括査定です。

しかし、当然ですがデメリットと注意点があります。

そこで目立った4つのデメリットとその対処法をカンタンに紹介していきます。

車一括査定のデメリットは以下の4つです。

  • デメリット1.申込後に電話がしつこくかかってくる
  • デメリット2.スケジュールの調整をする必要がある
  • デメリット3.地域によっては買取業者を複数選択できない場合がある
  • デメリット4.申し込みに少しだけ時間がかかる

この章では、この4つのデメリットがどういうことかという解説と、それを解決するための対処法を紹介していきます。

申込後に電話がしつこくかかってくることとその対処法

車一括査定は申し込みをすると直後から大量に電話がかかってきます。

一番の理由としては、複数の買取業者に査定を依頼しているからということ。

しかし、それにしても多すぎると感じるほど電話がかかってくるのが実情です。

実際に下記が申し込んだ時に着信履歴です。

車一括査定後の電話1

車一括査定後の電話1

車一括査定後の電話2

車一括査定後の電話2

これは「先に査定日を取り付けた業者ほど車を買い取れる確率が上がるから」です。

とにかく他社より先にアポイントを取りたい業者が必死になって何度も電話をかけてきます。

これに関しては、ある程度は仕方ないと諦めるしか方法がありません。

しかし対処法もあるので安心してください。

それは、「かかってきた電話で査定日を決めてしまう」ということです。

買取業者はアポイントを取ればその後電話をかけてくることがありません。

例えば5社に査定を依頼したとしたら、各社最低でも1度は電話をかけてきます。

この電話に出ないと5社が何度も電話をかけてくるのでしつこいと感じます。

そこで1回目の電話で日程を決めてしまえば、かかってくる電話を5回で済ませることが可能です。

このスケジュール調整が面倒というのが2つ目のデメリットなので、もう少し詳しく解説しましょう。

スケジュールの調整をする必要があることとその対処法

複数の買取業者に査定を依頼するということは、その分何度も査定を受ける必要があるということです。

各社が電話をかけてきて、なるべく早めに査定をさせてくださいとお願いをしてきます。

そこであなたはスケジュールを調整する必要が出てきます。

これが2つ目のデメリットです。

この対処法は、「先に候補日をいくつか出しておく」ということ。

車一括査定の申し込みをする前に自分の都合の良い日を確認しておき、電話が来たらその日程で査定を依頼するのです。

電話がかかってきてからスケジュールを調整するのは非常に面倒なので、先に決めておくことがポイントです。

車買取店の担当者は、なんとしてでも車を買い取りたいので、ほとんどの場合で予定を合わせてくれます。

万が一のことを考えて候補日は2つほど用意しておけば完璧でしょう。

地域によっては買取業者を複数選択できない場合があることとその対処法

車一括査定は、サイト側があらかじめ全国にある車買取店と提携をしています。

その中から査定依頼先を選んで申し込むという仕組みになっています。

そのため地域によっては提携している車買取店が少なくて、複数の買取業者に依頼ができないというケースがあります。

これが3つ目のデメリットです。地方都市や都心部であれば心配はありませんが、問題なのが山間部や離れ小島に住む人です。

車一括査定を使っても、その地域に車買取店がなければ意味がありません。

どういうことかわかりやすく説明するため、地域によってどれくらいの差があるのか、「かんたん車査定ガイド」で東京と沖縄で申し込んだ画面をお見せします。

これが東京でプリウスの査定を申し込んだ時の画面です。

かんたん車査定ガイドで東京で申し込んだ画面

かんたん車査定ガイドで東京で申し込んだ画面

査定依頼先として「ガリバー・カーリンク・ビッグモーター」の3社が選択できます。

ここで、条件は全く同じで、地域だけ沖縄にした画面をお見せしましょう。

かんたん車査定ガイドで沖縄で申し込んだ画面

かんたん車査定ガイドで沖縄で申し込んだ画面

このように、査定依頼先は「ガリバー」の1社になってしまいました。

車一括査定サイトによっては、こうしたケースも発生してしまうのです。

この場合の対処法は、「提携業者数が多い車一括査定サイトを使うこと」です。

と言われても分からないと思いますので、後ほどオススメの一括査定を紹介しますので、その時に説明しますね。

提携業者数が多ければ、それだけ選択肢が広がります。

もちろん、それでも買取店が見つからない場合もありますが、複数の買取業者に依頼できる可能性は大幅にアップします。

申し込みに少しだけ時間がかかることとその対処法

4つ目のデメリットは、申し込みに少しだけ時間がかかるということです。

どのサイトも数分で申し込みが完了できるように、わかりやすい内容になっています。

それでも「住所、氏名、電話番号」は必須入力項目になっているので、多少の時間がかかります。

また車一括査定サイトによっては、「現在乗っている車の車種や年式、走行距離」を入力する必要があります。

そうなるとわからない人が多くなってしまうでしょう。

この場合の対処法は、あらかじめ手元に車検証を用意しておくことです。

ただし、それも面倒だと思いますので、大体でOK。

というのも、実際は買取店が出張査定をして、車を査定する時にチェックするから。

走行距離に関してはメーターの写真を撮っておくなどの対策を行いましょう。

質問に対する答えを全て用意しておくことがポイントです。

17view
これで怖くない!車一括査定で必ず知っておきたい4つのデメリットと対処法

車に乗っている限り避けることのできない「車の買い替え」や「車買取」。 あなたが今乗っている車にもエンジンや外装の寿命があ ...

続きを見る

以上が、車一括査定のデメリット4つとその対処法です。

申込後に電話がかかってくることを知っておけば、事前に候補日を用意したりという対策ができます。

そうすれば、最大のデメリットである「電話の多さ」を無くすことができます。

電話で走行距離などを聞かれる場合もあるので、車検証やメーターの写真も事前に用意しておきましょう。

まどか表情笑顔
まどか
買取業者の動きを知っておくことが大事なんですね!
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
そういうことだね。手続きがスムーズに進めば、車を売るまでの期間を短縮することもできるよ。

車一括査定のオススメを徹底検証

主要な車一括査定6つを見ていきたいと思います。

という6つの車一括査定について、下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておきますので、ご覧ください。

まどか困惑表情
まどか
車一括査定は6つもあるんですね。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
6つ?6つどころじゃないよ。僕が知っているだけでも20つ以上はあるよ。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
ただ、そんなに比較しても仕方ないので、主要どころのみを厳選してお伝えするよ。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表をご覧になると、例えば

  • カーセンサーの提携業者数は圧倒的に多い
  • 楽天オートは楽天ポイントがもらえる
  • ズバット車買取は申し込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイドはJADRIで認可された買取業者のみに厳選
  • カービューは車一括査定を最初に始めた運営サイトで歴史が長い
  • ユーカーパックは買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる

という特徴に気付くことができたかと思います。

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分ですし、それぞれがオススメできるポイントと言うことができます。

ただし共通している点としては「個人情報を入力すること」であり、それによって提携している車買取店はあなたに対してアポ取りをしますから、結果的に「電話勧誘は避けられない」ということができるのです。

そのため利用するのであれば「電話勧誘がかかってくることは想定して、自分に最もマッチした車一括査定を利用すべき」という結論になります。

とはいえこれらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分かりませんよね。

そこで筆者が車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していきましょう。

車一括査定のオススメは「カーセンサー」

車査定のプロである筆者としては、最もオススメの車一括査定はタイトルの通り「 カーセンサー 」と結論付けています。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからです。

実際のところ、先程の比較表をご覧になるとほとんどの車一括査定が数十社~数百社程度であるため、カーセンサーの車一括査定と比較すると「見劣りする」というのが実情でしょう。

またカーセンサーの車一括査定は先程もご紹介したように、電話勧誘をある程度抑えることもできますから、あなたにかかる迷惑は最小限ですませることができるのです。

そのためまさに「ベストバランス」ということができるでしょう。

カーセンサーの公式サイト →  http://www.carsensor.net/

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもないため、下記に車査定のプロである筆者が カーセンサー を1位として、それに続くオススメランキングをカンタンに箇条書きしましたのでご覧ください。

それぞれを分けて、簡単に理由の説明をしていきましょう。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は前述したため、どのようなサービスなのかご存知ですよね。

そうです、あの「オークション形式」を採用している車一括査定です。

そんなユーカーパックはやはり電話がかかってこない点が評価することができますし、実は1,000社以上もの車買取業者と提携しているため、結果的にカーセンサーに続いて「お得になりやすい」ということができます。

とはいえカーセンサーと比較すると、提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点があるため、やはり買取価格が少しだけ安くなる傾向にあると覚えておきましょう。

ユーカーパックの公式サイト →  https://ucarpac.com/

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特典があります。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、「利用するだけでお得になる」ということができます。

そのため提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りしますが、「どの道同じような買取業者に査定依頼をするのであれば、ポイントがもらえた方がお得になる」と考えても間違いないと考えておきましょう。

楽天オートの公式サイト →  https://auto.rakuten.co.jp/

4位:ズバット車買取

第4位のオススメ車一括査定は、 ズバット車買取 です。

このサイトは車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえます。

また提携業者数もそれなりに多く、比較的容易に複数社の競合をさせることができる点や、申し込み後に買取相場がすぐ分かる点など、それほど目立つポイントではありませんが「しっかり堅実にお得になることができる」といえるのです。

ズバット車買取の公式サイト →  https://www.zba.jp/car-kaitori/

5位:かんたん車査定ガイド

第5位のオススメ車一括査定は、 かんたん車査定ガイド です。

最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携しているという点です。

最近は滅多にありませんが、それでも車は金額が大きいぶん、少し品が悪い買取業者が存在することも事実です。

つまり「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が圧倒的に少ないのが弱点なんですが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているということです。

かんたん車査定ガイドの公式サイト →  http://a-satei.com/

6位:カービュー

残念ながら筆者として最下位が カービュー です。

カービューは車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社です。

ただし、残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況です。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない状況です。

カービューの公式サイト →  https://kaitori.carview.co.jp/


以上、筆者がオススメする車一括査定に関しての解説を終了しますが、いかがでしたか?

ご覧になると「いくつもある車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで確実に金銭的にも、精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思います。

そして再度結論を述べますが、筆者としては最もオススメな車一括査定は「カーセンサー」であり、確実に最もお得な車買取業者を探すことで「数十万円以上も高く車買取してもらえる」ということができるのです。

そして申し込みにかかる時間も2分程度と、本当に短時間で簡単に申し込みを完了させることができますから、「本当に満足できるサービスである」ということができます。

そのためぜひ一度お試しになってくださいね。

「こんなにお得になるのか!」とビックリすること間違いなしですよ!

まとめ

以上が、車を売るための方法に関する詳しい解説でした。

内容が長くなったので、ここで重要なポイントを5つにまとめました。

  1. 車を売る方法は4つあるが、個人間売買はオススメしない
  2. 手間がかからないのはディーラー、早く売れるのは買取店の査定
  3. 最も車を高く売ることができるのは車一括査定
  4. ディーラー下取りと車一括査定の差額は数十万円
  5. 車一括査定はデメリットもあるがその全てに対処法がある

これだけ覚えておけば、この記事の内容は全て頭に入っていると考えて良いでしょう。

車を売る方法はさまざまですが、「高く売る」というのが一番重要なのはいうまでもありません。

ほんの少しの手間をかけるだけで数十万円の差額になるので、その額を稼ぐ仕事と思えばあまり苦になりません。

その分、次の車を安く買えたり、メリットの方が大きいからです。

この記事に書いてある対処法をうまく活用し、ストレスなく車を高く売りましょう。

おすすめ記事

2,253view
1分でわかる新古車!メリット・デメリットと超カンタンな探し方をプロが解説

「中古車を買うなら新古車がいいよ!」 車好きの友人からアドバイスを受けたり、ネットの情報で「新古車」という言葉を見かけた ...

6,300view
【最新版】安くてかっこいい車の決定版!厳選10車種とお得に購入するテクニック

街を歩いていて、思わず目を惹くかっこいい車。 しかしカタログやHPをチェックしてみると、あまりの高さにガッカリする事も珍 ...

801view

車一括査定サイトはいくつもあるため、どれを利用すべきなのかランキングを知っておきたい 車一括査定サービスごとのランキング ...

18,756view
【写真つき】3分で分かる手洗い洗車!車マニアが実践している「洗車手順」完全版

「自宅での手洗い洗車」というのは、車好きだけのたしなみと思っていないでしょうか? 筆者の周りを見ていると 手洗い洗車に苦 ...

-車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2018 All Rights Reserved.