車売るときは納税証明書が必要?クレジットカードで納めた場合はどうする?

投稿日:

納税証明書のサンプル
  • 買取店に「納税証明書が必要」と言われて困っている人
  • 納税証明書が何かわからず、どこで入手できるのか知りたい人
  • 納税証明書を紛失してしまい再発行の方法を調べている人

車を売ることが決まると、買取店から色々な書類を用意するように指示されます。

その一つに「納税証明書」というものがあるのですが、普通に過ごしていると受け取ったことを忘れがちな書類です。

「そもそもどんな書類かわからない」という人が大半なので、この記事では納税証明書の詳細やなくした場合の再発行の方法を解説。

最後まで読むことで、「どんな書類でどうやって入手するのか」がハッキリわかります。

実物の写真も公開しているので、見ることで「こんな書類家にあったかも!」と思い出すかもしれません。

【裏技】愛車の最高額をチェック&下取りよりも数十万高く売れる

筆者イチオシの中古車購入「裏技」

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

そこでオススメが「車一括査定」というサービスです。

このサービスを使えば、ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中。

楽天オート公式サイト 【概算価格も一緒に分かる・依頼だけで楽天ポイントがもらえる】

カーセンサー公式サイト 【とにかく高く売りたい人は最大手のココ】

そもそも納税証明書とはどういうものなのか?

納税証明書をカンタンに説明すると「自動車税を納めた証明書」。

毎年5月に自動車税を納めることが義務付けられていますが、それを証明する書類が納税証明書なのです。

まどか疑問表情
まどか
でも自動車税って納付書を持ってコンビニで払うだけで、証明書とか送られてこないような…?
パンダ店長通常表情
パンダ店長
実は、その納付書がそのまま納税証明書になるんだ!
納税証明書のサンプル

納税証明書のサンプル

これは筆者が実際に納めた自動車税の納付書の写真。

1枚の紙が2つに分かれており、赤枠の部分に「自動車税納税証明」と書かれているのがわかります。

右下の赤枠にあるように、受領印が押されているものが納税証明書として使えます。

クレジットカードで納めた場合はどうする?

まどか困惑表情
まどか
でも、クレジットカードで自動車税を納めた場合はどうなるんですか?
パンダ店長通常表情
パンダ店長
自分で都道府県税事務所に納税証明書を請求することになるんだ!

昔はクレジットカードで自動車税を納めると、はがきサイズの納税証明書が郵送されてきました。

しかし今では運輸支局側でデータが電子化され、納税の履歴が確認できるようになり納税証明書の郵送サービスが終了してしまったのです。

したがって、車を売る際に納税証明書の提出を求められたら、まずは「クレジットカードで納めた」と話しましょう。

買取店によっては、そのまま納税証明書なしで手続きを進めてくれる場合があります。

パンダ店長困惑表情
パンダ店長
それでも「どうしても必要」と言われたら、次章で紹介する方法で納税証明書を請求しよう。

急に車を売ることになった場合は仕方ありませんが、もし車を売ることがあらかじめ決まっているようなら、その年の自動車税は現金で納めることをオススメします。

アナログな方法ではありますが、現金払いであれば確実に納税証明書が手に入るので、車を売る時の手続きがスムーズに行えます。

1,620view
実際の自動車税納付書の画像
【自動車税ガイド】税額一覧表と納付書が届かなかったときの対処法

自動車税の税額や納付タイミングを知っておきたい人 車の購入を検討していて車にかかる税金を知りたい人 エコカー減税や改正さ ...

続きを見る

どうして納税証明書は車売る時に必要?

納税証明書は自動車税を納めた時にもらえる証明書ですが、厳密には車を売る際にはなくても構いません。

しかし買取店やディーラーのほとんどは、納税証明書の提出を求めてきます。

これはなぜかというと、「確実に自動車税を納めている証拠が欲しい」から。

自動車税が未納のまま車売買が進むと、前オーナーの自動車税未納によって、新しいオーナーが車検を受けられない可能性があるのです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
極論を言うと、納税証明書がなくても車を売ることは可能なんだ!

納税証明書がないと困るのは、車検を受ける時だけ。車検時には納税証明書を提出しないと、車検を受けることができないのです。

そのため、もし前オーナーが自動車税を納めていない状態で名義変更が完了し、新しいオーナーになってからすぐに車検を迎えると「納税証明書がない=車検を受けられない」ということになるのです。

まどかショック表情
まどか
そんなの悪いのは前オーナーじゃないですか!なんでこっちが被害に遭わなきゃいけないんですか!?
パンダ店長通常表情
パンダ店長
車検の際には未納の自動車税がないこと、というのが決まりだから仕方ないんだ。

自動車税はその年の4月1日時点のオーナーが納税義務者となります。

来年の3月末までの税金を先払いするため、その期間中に車検を迎えると「前オーナー」の納税証明書が必須となります。

そのため前のオーナーが自動車税を納めていないと、必要な書類が用意できないということになるのです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
こうしたトラブルを防ぐため、買取店は自動車税が未納の車は買い取らないんだ!

買取店としては、売買が完了した車のトラブルは避けたいと考えます。

もし自動車税が未納の車を買い取って販売したら、こうしたトラブルになることは予想できます。

こうならないためにも、納税証明書を提出してもらい「未納の自動車税はない」と確証を得るのです。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
つまり大事なのは納税証明書ではなく、未納の自動車税がないことを証明することなんだ!

クレジットカードで自動車税を納めた場合や、そもそも納税証明書を紛失してしまった場合でも、納税したことを証明できれば問題ありません。

一度、買取店に納税済であることを伝え、それでも納税証明書が必要と言われたら、以下の方法で再発行をしましょう。

納税証明書を再発行する方法

自動車税を納めてさえいれば、納税証明書の再発行は非常にカンタンです。

各都道府県にある県税事務所に出向き、以下3点の書類を提出します。

納税証明書の再発行に必要な書類3点
  1. 車検証
  2. 印鑑
  3. 運転免許証

県税事務所は運輸支局内に設置されていることが多く、総合窓口で「納税証明書の再発行をしたい」と話せば、対応する窓口を案内してもらえます。

そこで上記3点を提出し、手数料の400円を支払います。それだけで納税証明書を再発行してもらえるので、その書類を買取店に提出すれば手続きは完了。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
軽自動車の場合は、市役所または区役所で再発行が可能だよ!

軽自動車の納税証明書の再発行は、市役所または区役所の「納税課」で可能。

必要な書類は同じで、手数料も同じ400円です。県税事務所も市役所も平日の日中しか受け付けていないため、再発行の際の最大のデメリットはそこにあると言えます。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
けど、親切な買取店は代わりに入手してくれるんだ!

買取店側で再発行をしてくれる可能性もある

納税証明書の発行は、車検証のコピーと印鑑があれば基本的には誰でも再発行が可能。

そのため親切な買取店であれば、再発行を代理で行ってくれることもあるのです。

もし納税証明書の提出をしつこく言われるようであれば、代理で再発行を依頼してしまうのも一つの手と言えます。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
なくても車は売れるから、どうしてもと言うなら買取店に用意してもらうという考えもできるね!

ここまでの説明で、自動車税の納税証明書は再発行可能です。

しかし車を売る場合には他にも必要な書類が複数あるので、次章でその他書類について詳しく紹介します。

納税証明書以外に必要な書類一覧

車を売る場合、必要な書類は納税証明書だけではありません。

その他にも複数の書類が必要なので、それぞれの書類をカンタンに紹介します。

まどか表情笑顔
まどか
車を売るのに必要な書類は普通自動車と軽自動車で異なります。
必要な書類(もの)普通自動車軽自動車
実印×
認印×
印鑑証明書×
自動車検査証(車検証)
自動車税納税証明
自賠責保険証
リサイクル券
譲渡証明書×
委任状
振込先のメモ

必要な書類は上記の表の通りで、先ほど紹介した納税証明書も含まれています。

実印と印鑑証明書は普通自動車を売る時にだけ必要で、軽自動車を売る際は認印だけで構いません。

これは普通自動車は法律上、財産という扱いになっているため。

軽自動車は気軽に売買ができるので、必要な書類が少なくて済むのです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
譲渡証明書も軽自動車を売る場合は必要ないんだ!

譲渡証明書とは、車の名義変更に使うためのもの。

基本的には買取店で用意してくれるので、指示された項目を記入するだけで済みます。

自分で用意しなければいけないものは、実印と印鑑証明書くらいでしょう。

まどか表情笑顔
まどか
車を売るのに必要な書類と用意する方法は、以下の記事で詳しく紹介しています。
6,087view
車売却時の必要書類は9つ!保管場所と再発行方法をまとめて解説

車売却に必要な書類って何? 必要書類の発行方法を知りたい 書類を紛失してしまったけどどうしたらいいの? 車の購入には、数 ...

続きを見る

まとめ

この記事では、車を売る際に必要な書類の一つ「納税証明書」について詳しく説明しました。

最後に重要なポイントを確認しておきましょう。

  • 納税証明書とは「自動車税を納めた証拠」となる書類
  • コンビニや金融機関で自動車税を納めればその場でもらうことができる
  • 納税証明書はなくても車は売れるが、基本的には提出が必要
  • 納税証明書の再発行はカンタンで、県税事務所または市役所で可能
  • 車を売るためには納税証明書以外にも必要な書類が複数ある

車を売るためには複数の書類が必要ですが、納税証明書もそのうちの一つです。

厳密にはなくても車を売ることが可能ですが、自動車税が未納のまま車を売ると後々トラブルとなります。

トラブルを防ぐために買取店では納税証明書の提出を必須にしており、なくした場合やクレジットカードで自動車税を納めた場合は再発行をしましょう。

親切な買取店は再発行を代行してくれることがあるので、まずは買取店に相談してみましょう。

よく読まれている記事

おすすめ記事

5,884view
安い中古車=粗悪は本当?最高コスパの1台を見つけ出す簡単テクニックと見分け方

安い中古車を探したい 安い中古車の探し方を知りたい 安く出回っているオススメの中古車を知りたい コスパの良い中古車を知り ...

52,724view
【2019年最新】車一括査定のランキング決定版!オススメはどこ?

すぐに車一括査定のランキングが見たい方はコチラ 車一括査定はどれがオススメなのか知りたい 納得できる車一括査定ランキング ...

921view
【チェック表つき】中古車購入・売却の必要書類と手配方法の完全マニュアル!

・中古車の購入時、どんな書類が必要なのか知っておきたい人 ・中古車購入の必要書類の手配方法を先に知りたい人 ・必要書類を ...

61,266view
車買取専門店ランキング

車買取専門店ってどこがオススメ? ネットでよく見かけるランキングってホントに正しいの? 車買取専門店ランキングの活用方法 ...

-車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.