代理で車売るには所有者の同意が必須!必要書類と取得方法を全て紹介

投稿日:

委任状のサンプル
  • 他人名義の車を売る際に必要な書類や手続き内容を知りたい
  • 訳あって他人名義の車を代理で売らなければいけない人
  • 代理で車を売る最もカンタンな方法を探している人

車は所有権がある財産であるため、代理で第三者が売るのは非常に大変です。

必要な書類も多くなり、個人で対応するのは限界があります。

とはいえこうしたケースはよくあるため、ディーラーや買取店は対応に慣れています。

代理で車を売るなら業者に任せてしまうのがカンタンですが、この記事では個人で代理売却をする方法を紹介。

どんな書類が必要なのか、どんな手続きが必要なのかをわかりやすく紹介しています。

最後まで読むことで、他人名義の車を代理で売る方法が身に付きます。

まずは読んでみて、「自分ですべきか買取店に任せるか」を判断するのがオススメです。

【裏技】愛車の最高額をチェック&下取りよりも数十万高く売れる

筆者イチオシの中古車購入「裏技」

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

そこでオススメが「車一括査定」というサービスです。

このサービスを使えば、ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中。

楽天オート公式サイト 【概算価格も一緒に分かる・依頼だけで楽天ポイントがもらえる】

カーセンサー公式サイト 【とにかく高く売りたい人は最大手のココ】

他人名義の車を代理で売却するときの必要な手続き

先に結論をお話すると、代理で車を売るのは「基本的には不可能」です。

なぜなら車は法的に「財産」と認められており、それを代理人が売ることはできないのです。

しかし、所有者が許可していて書類を用意してくれる場合に限り、代理で車を売ることが可能。

手続きを進めるためには、車の所有者があなたに「代理で車を売ることを許可した」という証明が必要です。

そこで本章では、車の所有者が用意すべき書類と、代理で車を売る人が用意すべき書類を分けて紹介していきます。

まどか表情笑顔
まどか
車を売るためには、以下の書類を用意する必要があります。
必要な書類(もの)普通自動車軽自動車用意する人
実印 車所有者
認印 車所有者
印鑑証明書 車所有者
自動車検査証(車検証)車所有者
自動車税納税証明車所有者
自賠責保険証車所有者
リサイクル券車所有者
譲渡証明書 車所有者
委任状車所有者
代理人
振込先のメモ車所有者
身分証代理人

基本的な「車を売るために必要な書類」は、全て車の所有者が用意する必要があります。

代理人が用意しなければいけないのは「委任状」「身分証」の2つだけ。

次章では、代理で車を売る必要があるパターンとその時必要な書類を紹介します。

代理で売るのが想定される2つのパターン

車は購入時に法的な所有者を決定する必要があります。

事情によっては車に乗る人と違う人が所有者になっていることも珍しくなく、その場合は代理で車を売るという手続きになってしまいます。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
家族で使っている車や、名義人が親という場合もあるから、代理で車を売るというシーンは結構多いんだ!

中でも多いとされているのが、以下2つのパターンです。

  • パターン1.親や妻・夫、兄弟が所有の車を売る
  • パターン2.友人や恋人、親戚が所有の車を売る

違いは「血縁関係があるかどうか」という点です。

そこで本章では、上記2つのケースで車を売る場合、どんな書類が必要なのかを紹介していきます。

1.親や妻・夫、兄弟など血縁関係がある人が所有の車を売る

「親の車を譲り受けて名義変更をしていない」、「免許返納をした親の車を売る」など、血縁関係がある人の車を売る機会は意外と多いもの。

その時は、以下の書類を用意しましょう。

  • 親の実印または認印
  • 印鑑証明書(普通自動車の場合)
  • 車検証
  • 自動車税納税証明
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 譲渡証明書(親の実印)
  • 委任状(親の実印)
  • 代理人の身分証明書
  • 代理人の印鑑
パンダ店長通常表情
パンダ店長
これは親に限らず、血縁関係がある人の車を売る際には必要になるものなんだ!

基本的には、車を売るために必要な書類に、代理人の身分証明書と印鑑が必要になります。

実印は「譲渡証明書」、「委任状」に押印が必要で、予め所有者に記入と押印をしてもらっていれば実印そのものは持ち出さなくても済みます。

印鑑証明書は車の所有者にお願いし、事前に市役所または区役所で取得しておいてもらいましょう。

まどか表情笑顔
まどか
軽自動車を売る場合は認印で手続きができるので、印鑑証明書が必要ありません。

委任状は親から代理人に対するものを作成する

ここで注意が必要なのが、普通の車売却であれば委任状は「車所有者が買取店に対して手続きを委任する」という内容のものを作成します。

しかし代理人が車を売る場合は「車所有者が代理人に対して車買取の手続きを委任する」というものが必要です。

委任状は国土交通省のホームページでダウンロードでき、以下の要領で作成をしましょう。

委任状のサンプル

委任状のサンプル

受任者の欄には、当日車を売る代理人の住所と氏名を記入。委任する手続き内容には「下記車両の売却」と記載しましょう。

車検証に記載されている車台番号を記入したら、最後に車所有者の住所氏名を記入します。

最後に実印を押印することを忘れないようにしましょう。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
委任状は買取店でもらうこともできるけど、事前に国土交通省のホームページでダウンロードして作成しておくと便利だよ!

この委任状があれば、車所有者が代理人に「車の売却を許可した」証拠になります。

あとは受任者と買取店に来た人が同一人物であることを確認するため、代理人の身分証明書と印鑑が必要です。

2.友人や恋人、親戚など血縁関係がない人が所有の車を売る

次に多いのが、友人や恋人親戚など、血縁関係がない人の車を売るパターン。

基本的には上記と同じ書類・手続きで売ることができますが、血縁関係がない人の車を売る場合「明確な理由」を求められます。

買取店に他人名義の車を持ち込むと、間違いなく以下の質問をされます。

マサキ表情
マサキ(車買取店A)
どうしてご本人またはご家族ではなく、あなたが代理なのですか?

家族名義の車を売るのは、先に説明した通りよくあること。

しかし友人や親戚の車を代理で売るのは非常に珍しいケースと言えます。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
そういう時は、一度自分の名前に名義変更してから売るとスムーズなんだ!

友人や親戚がどうしてもあなたに代理でお願いしたいという場合、一度あなたの名義に変更してしまうという方法があります。

名義変更は運輸支局で行い、以下の書類が必要となります。

必要書類用意する人取得方法費用
印鑑証明書名義人
自分(計2通)
役所400円(2通必要)
委任状自分ネットまたは運輸支局無料
譲渡証明書自分ネットまたは運輸支局無料
車検証自分すでに持っている物0円
運転免許証自分すでに持っている物0円

これらの書類を用意して、運輸支局へ出向き名義変更を行います。

その際に名義変更に使う委任状が必要なので、国土交通省のホームページからダウンロードし、以下の書式に従って記入をしましょう。

委任状のサンプル

委任状のサンプル

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
名義変更の場合、手続内容は「移転登録」になるんだ!

その後は書類上は自分の車になるため、通常の車を売るために必要な書類を持って車を売却すれば問題ありません。

車を売るのに必要なものと入手方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

6,087view
車売却時の必要書類は9つ!保管場所と再発行方法をまとめて解説

車売却に必要な書類って何? 必要書類の発行方法を知りたい 書類を紛失してしまったけどどうしたらいいの? 車の購入には、数 ...

続きを見る

パンダ店長通常表情
パンダ店長
名義変更後に車を売る場合、売却金はあなたの口座に振り込まれることになるから、お金の受け渡しでトラブルにならないように注意しようね!

他人名義の車を売るためには、「委任状を用意する」「一度名義変更をする」の2つの方法があります。

しかし、もし車の所有者が何らかの理由で書類を用意できない場合はどうなるのか、次章から4つのケースの対処法を紹介します。

所有者が海外にいる場合はどうなる?

ここまでの説明は、全て車の所有者が日本国内に住んでいることが前提でした。

しかし車の所有者が海外に住んでいる場合はどうなるのでしょうか?

パンダ店長通常表情
パンダ店長
車の所有者が在留先の日本大使館に出向き、「署名証書」という書類を取得する必要があるよ!

海外にある日本大使館では、印鑑証明書の代わりとなる「署名証書」という書類が発行できます。

日本国籍を持っていてパスポートを提出すれば、手数料1,700円(現地通貨で支払い)で発行可能です。

ただし、その書類には署名と拇印が必要になるため、代理での発行は不可能。車の所有者が日本大使館に出向く必要があるのです。

署名証書には形式が2つありますが、車を売るためには「形式1」のものを発行しましょう。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
署名証書が発行されたら日本に郵送してもらい、代理人がその書類を持って車を売ることになるんだ!

海外に住んでいる人が署名証書と一緒に用意しなければいけないのが、「住民票の除票」です。

これは代理人が市役所の市民課で取得できるものですが、車の所有者が日本の住民票を抜いて海外に転居したことを証明するもの。

代理で住民票の除票を発行するためには署名証書が必要なので、まずは所有者が日本大使館に出向く必要があります。

まどか表情笑顔
まどか
軽自動車を売る場合はどちらの書類も必要ないので、前章で紹介した書類だけを持って買取店に行きましょう。

所有者が認知症などの場合はどうなる?

高齢で免許証を返納して車を売る人の場合、本人が認知症になっている可能性もあります。

認知症の患者が委任状を作成しても法的な効力はなく、家族が勝手に車を売ることはできません。

その場合は成年後見人を立てる必要があり、まずは家庭裁判所で申し立てを行う必要があります。

パンダ店長困惑表情
パンダ店長
成年後見人を立てるための書類はすごく多いんだ…。
成年後見人の申し立てに必要な書類一覧
  • 後見・保佐・補助開始申立セット
  • 提出書類確認シート
  • 後見・保佐・補助開始申立書
  • 代理行為目録
  • 同意行為目録
  • 申立事情説明書
  • 親族関係図
  • 財産目録
  • 収支状況報告書
  • 後見人等候補者事情説明書
  • 同意書
  • 本人情報シート
  • 診断書・診断書付票
  • 成年後見制度における診断書作成の手引き

これらは個人で作成できるものではなく、医師や福祉関係者の協力も必須です。

まずは市役所または区役所に出向き「成年後見人を立てたい」と相談しましょう。

そこで手続きの詳細や書類をもらうことができます。

成年後見人を立てればその人が車を売ることが可能になるので、買取店に成年後見人である証明をすれば問題ありません。

ただし成年後見人を立てるためには数ヶ月程度かかるため、非常に手間と時間がかかると覚えておきましょう。

まどか困惑表情
まどか
軽い認知症の間に、本人の意思で車を売るのが一番いいですね。

所有者がすでに亡くなっている場合はどうするのか

もし所有者が亡くなってしまっている場合、普通車と軽自動車で手続きの内容が異なるので分けて説明します。

普通車を売る場合

普通車は法律上では財産という扱いなので遺産相続が必要になり、以下の書類を用意します。

  1. 戸籍謄本
  2. 遺産分割協議書
  3. 相続人の印鑑証明書、委任状、譲渡証明書
  4. 車検証など通常車を売るのに必要な書類

まずは車の所有者が死亡したことを証明するため、戸籍謄本を取得します。

市役所の市民課で取得可能で、戸籍から所有者が抜けた状態(除籍)されていることをこの書類で証明します。

その上で、遺産分割協議書というものを用意します。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
これは遺産相続をする権利を持つ人全員が、車の相続権を1人に渡したことを証明するものなんだ。

車は分割相続ができず、必ず1人が相続します。しかし遺産には相続権というものがあり、親族全員にその権利があります。

そのため相続人全員が、「車の相続は代表者に任せる」という書類が必要になり、それが遺産分割協議書というものなのです。

これは価値が100万円以下の車なら必要ないため、まずは買取店に査定してもらってから用意するかどうかを決めましょう。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
その後は、遺産の相続人が自分の印鑑証明書と車を売るために必要な書類を持っていくだけでOKなんだ。

軽自動車を売る場合

軽自動車を売る場合、亡くなった所有者の認印だけあれば車を売ることが可能。

死亡したことを証明する必要はなく、前章までで説明した「車売却に必要な書類」を持っていくだけでいいのです。

まどか表情笑顔
まどか
ここでもう一度、車を売るために必要な書類を確認しておきましょう。
必要な書類(もの)普通自動車軽自動車用意する人
実印 車所有者
認印 車所有者
印鑑証明書 車所有者
自動車検査証(車検証)車所有者
自動車税納税証明車所有者
自賠責保険証車所有者
リサイクル券車所有者
譲渡証明書 車所有者
委任状車所有者
代理人
振込先のメモ車所有者
身分証代理人

買取店は、所有者が亡くなった車の買取に慣れています。

必要な書類の指示もしてくれるので、まずは「所有者が亡くなった車を売りたい」と相談することをオススメします。

ローン会社名義の場合はどうするのか

名義がローン会社の場合、まずは所有権解除という名義変更手続きを行う必要があります。

所有権解除を行ってから車を売る場合、以下の書類が必要となります。

必要書類用意する人取得方法費用
印鑑証明書ローン会社
自分(計2通)
ローンの完済

ローン残債分
委任状ローン会社ローンの完済

ローン残債分
譲渡証明書ローン会社ローンの完済

ローン残債分
車検証自分すでに持っている物0円
運転免許証自分すでに持っている物0円

まずはローンを完済し、「ローン会社の印鑑証明書」「委任状」「譲渡証明書」を受け取ります。

それを持って運輸支局に出向き、まずは自分の名義に変更します。

この際は普通の名義変更と違い、車庫証明の再取得は必要ありません。

手続きが完了したら無事に自分の名前に名義変更されるので、あとは買取店に売却するだけで完了です。

しかし、買取店によってはローン中の車を売却するサポートをしてくれるケースが大半なので、まずはローン完済前に買取店に相談することをオススメします。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
ローン中の車を売るためには以下の記事が参考になるよ!
9,027view
ローンが残っていても売れるの?
ローンの残債がある車をスムーズに売却するための完全ガイド

新車、中古車を問わず、車はマイホームの次に高い買い物と言われ、ごく一部の方を除いて、車の購入には各種のローンを利用されて ...

続きを見る

まとめ

この記事では、代理の人が車を売る方法について詳しく説明してきました。

この記事のポイントは以下の5つです。

  • 代理で車を売るためには必要な書類が多くなり、軽自動車と普通車で用意するものが変わる
  • 親の車を代理で売るためには手続きも少なく比較的カンタン
  • 友人や親戚の車は血縁関係がないため、一度自分に名義変更してから売るのがオススメ
  • 所有者が海外在住、認知症、死亡している場合は必要な手続きがかなり増える
  • 買取店であればこうしたケースの対応は慣れているため、任せてしまうのがオススメ

車は財産であるため、第三者がカンタンに売ったりできないのが現状です。

代理で車を売るハッキリした理由はもちろん、車の所有者が売却に同意した証拠が必要になります。

個人で用意するためには手間もかかるため、こうしたケースの対応に慣れている買取店に任せてしまうのがオススメ。

必要な書類の取得方法なども丁寧に教えてくれます。

よく読まれている記事

おすすめ記事

5,883view
安い中古車=粗悪は本当?最高コスパの1台を見つけ出す簡単テクニックと見分け方

安い中古車を探したい 安い中古車の探し方を知りたい 安く出回っているオススメの中古車を知りたい コスパの良い中古車を知り ...

52,721view
【2019年最新】車一括査定のランキング決定版!オススメはどこ?

すぐに車一括査定のランキングが見たい方はコチラ 車一括査定はどれがオススメなのか知りたい 納得できる車一括査定ランキング ...

921view
【チェック表つき】中古車購入・売却の必要書類と手配方法の完全マニュアル!

・中古車の購入時、どんな書類が必要なのか知っておきたい人 ・中古車購入の必要書類の手配方法を先に知りたい人 ・必要書類を ...

61,262view
車買取専門店ランキング

車買取専門店ってどこがオススメ? ネットでよく見かけるランキングってホントに正しいの? 車買取専門店ランキングの活用方法 ...

-車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.