車下取りはキャンセル可能?大手ディーラー7社に調査した結果を公開

更新日:

  • ディーラー下取りを契約してしまったがキャンセルしたい人
  • 下取りと買取ならどちらが高いか知りたい人
  • 一番高く車を売る方法を知りたい人

車を買い換える時、新車を契約したディーラーで下取りを依頼する人が大半です。

しかし、後になって買取店に売ればよかったと後悔する人も多いはず。

あなたは今、こんな疑問を抱えていませんか?

  • ディーラー下取りってやっぱりキャンセルできる?
  • 下取りと買取、どっちを利用した方がいい?
  • どの方法を使えば車が一番高く売れる?

この記事は、そんな疑問に全てお答えしています。

筆者が実際に大手自動車メーカーのディーラー7社にヒアリング調査を実施し、下取りがキャンセル可能かどうかを紹介しています。

この記事を最後まで読めば、各社がキャンセルを受け付けてくれるかどうかがわかります。

下取りを利用しなくても車を高く売る方法も紹介しているので、最終的には「ディーラー下取りを使わなければキャンセルで悩む必要もない」と思えるようになるでしょう。

新車契約後に下取りをキャンセルすることは可能?

新車を契約する際に下取りの契約もしてしまったけどキャンセルしたいという人は結構多いのが実情。

「親族に欲しがっている人がいた」「買取店の方が高く売れることがわかった」などの理由が大半です。

でもそんな時、ディーラー下取りをキャンセルすることは可能なのでしょうか?

本章では、国内主要メーカー7社のディーラーに実際にヒアリングを行い、その結果を紹介しています。

主要ディーラーキャンセル可否備考
トヨタ可能車両引渡し前が条件
日産可能ケースによる
ホンダ可能ただし確認は必要
マツダ可能契約直後なら
ダイハツ可能車両引渡し前が条件
スズキ可能車両引渡し前が条件
スバル可能車両引渡し前が条件
まどか表情笑顔
まどか
結論を先にお話すると「可能」と答えるディーラーがほとんどでした。
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
でも、販売会社や契約内容によってはできないこともあるから、あくまで参考として紹介していくよ。

トヨタの場合は「可能」

国内最大手のメーカーであるトヨタですが、新車契約後のキャンセルは「基本的に可能という回答。

ただし車両引き渡し前であることが条件で、契約直後ならキャンセルできるということでした。

車両引き渡し後だと、ディーラーは再販のための手続きに入ります。

場合によっては次の引き取り手が決まっていることがあるので、キャンセルは応じられないということです。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
キャンセルしたい場合は、とにかく一刻も早く相談して欲しいということだったよ。

日産の場合は「ケースによる」

日産の回答は「ケースによる」というもの。

あくまで契約を交わした後の話なので、ケースごとに対応をしているとのことでした。

例えば新車購入代金から下取り価格を引いて販売している場合、下取りをキャンセルする代わりにその分の現金を用意すれば可能というケースもあるようです。

どちらにしろ、キャンセルは早めに相談して欲しいとのことでした。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
相談は早めにというのはトヨタと同じ回答だね。

ホンダの場合は「可能」

ホンダのディーラーにヒアリングした結果は「可能」という回答でした。

しかし同時に「キャンセルにならない対応が取れるか協議させて欲しい」ということでした。

というのは、例えば下取り価格より買取店の査定価格の方が高かったなどのケースでは、下取り査定をやり直して同じ価格に調整できるか検討したいため。

キャンセルにならないのが一番いいとのことだったので、できる限り別の方法を模索したいというスタンスでした。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
どうしてもキャンセルしたい場合は可能ということだったよ。

マツダの場合は「契約直後なら可能」

マツダの気になる回答は「契約直後ならキャンセル可能ということ。

まだディーラーに車を引き渡す前であれば、再販の準備をしていないケースが大半なのでキャンセルができるということでした。

ただしできればキャンセルは避けたいと考えているため、早めに相談して欲しいとディーラーマンは話していました。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
早めの相談は全社で共通していることだね。

ダイハツの場合は「可能」

ダイハツもトヨタ同様「可能という回答でした。

車両引き渡し前に相談すれば、基本的にはキャンセルに応じているそうです。

しかし他社の方が下取り価格が高かったなどの理由であれば、下取り査定をやり直すなどの対応ができるので相談して欲しいということでした。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
他社のほうが高かったからキャンセルしたいというのはよくあることだそうだよ。

スズキの場合は「可能」

ズズキの回答は「基本的に可能というもの。

これも各社共通でしたが、車両の引き渡し前であれば対応ができるというものでした。

契約後に買取店の査定の方が高かったからそちらで売りたいというお客さんはある程度いるようで、そのケースも柔軟に対応していきたいとのこと。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
ケースによっては、契約時に買取店の利用をディーラーマンの方から勧めることもあるそうだよ。

スバルの場合は「基本的に可能」

スバルも各社と同じ回答で、「キャンセルは基本的に可能というもの。

できれば早めに相談して欲しいとのことだったので、これも各社と同じスタンスであることがわかります。

車両引き渡し前ならすんなりキャンセルできるようなので、早めの相談をオススメします。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
ケースによっては契約書の再作成をすることもあるそうだよ。

ヒアリングを終えた筆者の総評

ここまで国内の大手自動車メーカーのディーラーにヒアリングを行いましたが、基本的にはキャンセル可能という回答が大半でした。

主要ディーラーキャンセル可否備考
トヨタ可能車両引渡し前が条件
日産可能ケースによる
ホンダ可能ただし確認は必要
マツダ可能契約直後なら
ダイハツ可能車両引渡し前が条件
スズキ可能車両引渡し前が条件
スバル可能車両引渡し前が条件

しかし車両引き渡し前に限定していることも多く、各社「なるべく早めに相談して欲しい」という発言をしていました。

「買取店の方が高かったからそっちで売りたい」と言われた経験はどのディーラーマンもあるようで、キャンセルの相談も少なくないというのが現状のようです。

結論としては、下取りのキャンセルはできるものの早めの相談が必要ということ。

ディーラーによって対応は違うこともあるため、契約内容はよく確認しておきましょう。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
買取店の方が高く売れるという相談が多いのはどうしてか、次章で説明していくよ。

下取りよりも買取の方が高く売れるのは「本当」

各社のディーラーにヒアリング調査を行った結果「買取店の方が高かった」と言ってキャンセルを申し出る人が非常に多いということが分かりました。

これは「事実」なので、実際に買取と下取りがどれくらいの差があるのかを本章では紹介していきます。

下取りと買取のシミュレーション結果一覧表

ディーラーの下取りと買取にどれくらい違いがあるのか、同じ条件の車5台でシミュレーションを行いました。

その結果を一覧表にしたのでまずはご覧ください。

車種年式走行距離下取り価格買取価格
トヨタ
「プリウス」
S マイコーデ
2014年式40,000キロ84.1万円93.3万円
トヨタ
「アルファード」
G 7人乗り
2015年式30,000キロ287.7万円312.1万円
ホンダ
「N-BOX」
SSパッケージ
2014年式50,000キロ61.1万円71.1万円
日産
「セレナ」
ハイウェイスター
2011年式80,000キロ51.1万円58.2万円
日産
「エクストレイル」20Xtt
2016年式20,000キロ146.3万円160.9万円

※出典:ナビクル「下取り・買取相場」より

一覧表から見る筆者の総評

各社の人気車種の下取り価格と買取価格を見ると、どのケースでも買取の方が高くなっていることがわかります。

10万円以上の差が生まれていることも珍しくなく、いかに買取の方が高いかが分かる結果となりました。

ディーラーは新車の販売をメインにしているため、中古車の買取はあまり得意ではありません。

対する買取店は中古車の買取と販売をメインにしているため、積極的に高価買取が可能。

こうした差が、下取りと買取の価格差を生んでいるのです。

まとか通常表情
まどか
じゃあそもそもディーラーに下取りを依頼しないで最初から買取店に持っていった方がいいですね。
パンダ店長通常表情
パンダ店長
そうだね。でもそのまま買取店に持っていっても高く売れない可能性があるよ。

車を買取してもらうなら車一括査定がオススメ

買取店の方が車を高く買い取ってくれることは前章の説明でわかりました。

しかし買取店も商売なので、なるべく安く買い取ろうとするのも事実。

そこで筆者は、複数の買取店を競わせる「相見積もり」をオススメしています。

買取店が競い合うことで査定価格が上がっていくため、面倒な価格交渉が必要ありません。

本章では、複数の買取業者への査定依頼がカンタンにできる車一括査定について詳しく説明していきます。

車一括査定とは

車一括査定をカンタンに説明すると、複数の買取業者への査定依頼が一回で済んでしまうインターネットサービスのこと。

車一括査定の利用ステップ

自分で買取業者を1社1社探す必要がなく、査定額を比較できるため、高く売れるメリットがある。

車一括査定を使えば、一度の申し込みで最大10社まで査定の依頼ができます。

買取店からかかってくる電話に対応して査定日を決めたら、その日に自宅まで査定員が来てくれます。

各社の査定員が最大価格を提示してくれるので、あなたは最後にその価格を比較するだけ。

そうすれば面倒な価格交渉をしなくても最大価格で車を売ることができるのです。

これだけメリットがあるサービスを無料で提供しているのが車一括査定なのです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
と言っても、車一括査定は同じようなサービスがたくさんあるんだ。どれがオススメか、これから紹介していくよ。

車一括査定を徹底比較

2019年10月現在の主要な車一括査定は下記5サイトあります。

これらの車一括査定は、運営会社が大手で運営元が信頼できるところを厳選しています。

まどか困惑表情
まどか
車一括査定は5サイトもあるんですね。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
5サイトどころじゃないよ。僕が知っているだけでも20サイト以上はあるよ。

まどか疑問表情
まどか
これはどうやって選べばいいんですか?

車一括査定は、仕組み自体は大きく変わりませんが、少しずつ特徴が異なります。

筆者が車一括査定を選ぶ基準は下記3つとしてます。

  1. 参加(提携)業者数
  2. 大手が参加しているのか
  3. 何か特典があるのか

その3つで見た時の各車一括査定は下記の通り。

車一括査定参加業者数大手参加特典
カーセンサー1,000社以上 
楽天カーサービス100社以上楽天ポイント
かんたん車査定ガイド40社以上 
ズバット車買取200社以上 
カービュー200社以上 

それぞれの車一括査定の評価を一言でまとめると下記のようになります。

一発でわかる!車一括査定のオススメ順と評価まとめ
  1. カーセンサー )参加業者数は圧倒的に多く、一番高く売れる可能性が高い
  2. 楽天カーサービス )楽天ポイントがもらえるため、ダブルでお得
  3. かんたん車査定ガイド )JADRIで認可された安心の買取業者のみに厳選
  4. ズバット車買取 )バランスは取られているが、大きな特徴がない
  5. カービュー )バランスは取られているが、大きな特徴がない

まどか疑問表情
まどか
単純に参加業者数順にならないのは何でですか?

パンダ店長通常表情
パンダ店長
参加業者で見ると、カーセンサーを申し込めばいいからだよ。

つまり、次にオススメなのは、カーセンサーにはない特徴があるところという考え方だよ。

車一括査定の一番の目的「高く売りたい」を一番叶えられるのが「 カーセンサー 」ということです。

次はどうせ申し込むなら楽天ポイントがもらえる「 楽天カーサービス 」。

JADRIという厳しい審査に通過した買取業者のみで安心の「 かんたん車査定ガイド 」となります。

ただし、申し込む前に1点注意点があります。

それは「買取業者からの電話がすごい掛かってくる」ということ。

電話勧誘がかかってくることは想定して、自分に最もマッチした車一括査定を利用すべき

以上を考慮の上、各車一括査定の特徴をもう少し詳しく説明していきます。

◆一番買取業者を比較できる「カーセンサー」

筆者として最もオススメの車一括査定は「 カーセンサー 」。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからです。

実際のところ、他の車一括査定が数十社~数百社程度であるため、カーセンサーの車一括査定と比較するとどうしても見劣ります。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

◆楽天ポイントがもらえてさらにお得「楽天カーサービス」

楽天カーサービス の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特典があります。どうせ申し込むなら少しでも得したいところ。

得られるポイントは

  • 申し込みをして楽天5ポイント
  • 申し込み後に売却をしたら楽天1,500ポイント

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りしますが、「どうせ買取業者に依頼をするのであれば、ポイントがもらえた方がお得になる」と考えてもOK。

また、申し込み直後に買取相場が分かるので、交渉にも使えます。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

◆JADR加入業者のみで安心「かんたん車査定ガイド」

かんたん車査定ガイド 」の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携しているという点。

最近は滅多にありませんが、少し品が悪い買取業者が存在することも事実です。

「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点なんですが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選していると言えます。

高く売るなら提携業者数1位「 カーセンサー 」ですが、買取業者を厳選しているという点で安心感は抜群です。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

車一括査定がピンと来ない方に朗報

車一括査定を利用すると高く売れるのは事実。ただ、どうしても複数の買取業者との交渉は面倒という方もいると思います。

そんな時は「 カープライス 」「 グー買取 」がオススメ。

  • カープライス :オークション形式を採用している車一括査定。査定はカープライスが行い、その情報を元に買取業者がネットで入札する仕組みです。つまり、あなたは買取業者とは一切交渉をしません。また、楽天グループのため、楽天ポイントがもらえるのが嬉しいポイント。ただし、大手買取業者が参加していないのがネックです。
  • グー買取 :中古車と言えば「グー」で有名。買取業者を選択するタイプのため、自分で取捨選択できる方にはオススメと言えます。あなたの車を得意としている地域密着の買取業者が多数参加しているため、他の車一括査定と合わせて申し込むのもオススメです。

※本当に高く売りたい方は、「 カーセンサー 」「 楽天カーサービス 」と合わせて、「 カープライス 」「 グー買取 」を申し込むこともできます。


以上、筆者がオススメする車一括査定。

申し込みにかかる時間も2分程度でカンタンに申し込みができます。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

また、買取業者との交渉がどうしても嫌であれば、「 カープライス 」「 グー買取 」を使いましょう。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

まとめ

いかがでしたか?この記事では、車下取りのキャンセルについて紹介してきました。

最後に大事なポイントを確認しておきましょう。

  • 車下取りのキャンセルは「基本的に可能」
  • キャンセル理由は「買取店の査定の方が高かったから」が大半
  • 買取店の査定価格の方がディーラー下取りより高いのは事実
  • 複数の買取店を競わせることで車を高く売ることができる
  • 買取店への査定依頼がカンタンにできるのが「車一括査定」

車下取りのキャンセルは基本的に可能ですが、ディーラーマンの心象が良くないのは事実。

余計な手間をかけないように、あらかじめ買取店で査定をしてもらいましょう。

大半のケースで買取店の方がディーラー下取りより高く売れるので、そもそも下取りを利用する必要がなくなります。

複数の買取店を競わせることで車を高く売ることができるので、車一括査定を使って賢く車を売りましょう。

パンダ店長のキャンペーン

-車下取り, 車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.