車のリース購入はデメリットが大きい!利用すべきかの判断基準を公開

こんな悩みをスッキリ解消

  • CMを見てカーリースが気になっている人
  • 車のリース購入の仕組みを知りたい人
  • 現金やローンで買うのとどっちがお得か知りたい人

最近テレビCMなどで、「毎月定額で新車に乗れる」というフレーズを聞いたことはありませんか?

これはまさにリース購入のことを指しており、事実ではありますが間違ってもいます。

この記事は、これからリースで車を買おうと思っている人が読むことで、カーリースの仕組みやメリットデメリットが全て分かるようになっています。

最後まで読むことで、毎月定額に含まれる費用のこと、自分が支払わなければいけない費用のことが理解できます。

最終的には「マイカーリースは自分にとってピッタリかどうか」がハッキリ分かるようになるでしょう。

【執筆・監修】リユース営業士

滝俊晴

古物商を取得し、自ら中古車売買を経験。リユース系メディアの編集長時代には、買取業者への取材を積極的に行う。独立後は自身の経験と知識を活かし、価値のあるコンテンツ制作に注力している。また、前職時にカービューやユーカーパックの取材経験がある。

資格古物商、リユース営業士

当サイトは、紹介している一部サービスが読者様に使用された時に支払われる報酬によって運営が成り立っています。頂いた報酬は、調査やコンテンツ制作に使用し、正しい・最新の情報をお届けできるように努めています。読者様に合わせたベストな選択を提案しておりますが、もし異なる意見がございましたら、問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。詳細は「運営ポリシー」をご確認ください。

車購入のリースの仕組み

毎月定額で新車に乗れるというCMを見て魅力に感じたとしても、リース購入はその程度の認識しかありません。

そこで本章では、リース購入について詳しく解説をしていきます。

先に結論を話すと、リース購入は「レンタカー」に近いものと覚えておこう!
パンダ店長

リース購入は車を借りる契約になる

リースはカンタンに説明すると、リース会社から長期に渡って車を借りている状態になります。

先にリース会社があなたの希望にピッタリの新車をメーカーから購入し、あなたにレンタル料を支払ってもらうことで貸し出すのです。

そのためあなたは毎月一定額の負担だけで新車に乗ることができるのです。

まどか
じゃあその車は自分のではなくて、リース会社の所有物ということなんですか?
そういうことだね。自分は所有者ではなく「使用者」なんだ。
パンダ店長

法律上の所有者は「リース会社」となる

リース会社がメーカーから車を購入するため、法律上の所有者はリース会社となります。

あなたはそれをリース代を支払うことで使用する権利を得られるため、法律上「使用者」となるのです。

車検証にも所有者と使用者が記載されており、あなたの情報は「使用者」の欄に記載されています。

つまり、その車に関する最終的な権利は所有者であるリース会社にあるのです。

まどか
じゃあリース代金を支払い続けていても永遠に自分のものになることはないんですか!?
そうなんだ。リース代金の支払いをやめるということはその車を返却することになるんだ。
パンダ店長

最終的に乗っていた車は「返却」する

リースは購入の際に契約年数が決められ、その期間が終了したら車を返却することになります。

契約によってはそのまま買い取ることも可能ですが、基本的には返却して次の車に乗り換えます。

ライフスタイルが変わって車が要らなくなったら、そのまま返却して契約は終了。

最終的な方法は所有者であるリース会社とあなたの話し合いによって決まります。

まどか
本当にレンタカーみたいなものなんですね。でもレンタカーとの違いはなんですか?
一番の違いは「わ」ナンバーじゃないことだよ。
パンダ店長

リースはレンタカーと違い「わ」ナンバーではない

リースはレンタカーと違って、車種やオプションを好きなように選択することが可能。

あなたのワガママを全て聞き入れてくれるのです。

あらかじめ用意された車種を借りるレンタカーとは違い、好きな色やグレード、オプションパーツの装着も可能。

もちろん希望ナンバーも取得でき、「わ」ナンバーにはなりません。

まどか
うーん、なんとなくわかったようなわからないような…。
リース購入についてもっと詳しく知れるために、これからメリットとデメリットを紹介するよ!
パンダ店長

リース購入の仕組みがカンタンにわかったところで、メリットとデメリットを紹介します。

両方知っておくことで、リース購入が自分にとってピッタリなのかそうでないのかが分かります。

リース購2つのメリット

リースで車を購入するというのは、普通のローン購入と違うことが前章で分かりました。

ローン購入はあなたが借りたお金でメーカーから車を買う方法ですが、リースはリース会社がメーカーから車を購入します。

そのため以下2つのメリットが生まれるのです。

リースで車を購入する2つのメリット

  • メリット1.維持費が全てリース代金に含まれる
  • メリット2.定額の支払いで常に新車に乗れる

リース購入だと自分は使用者に過ぎず、車の維持管理にかかる最終的な責任はリース会社が負うことになります。

そのメリットをこれから紹介していきます。

メリット1.維持費が全てリース代金に含まれる

車を維持していくためには、毎年の自動車税の支払いや整備点検などがあります。

その上2年に1度必ず車検を受ける必要もあり、それなりの費用がかかります。

しかしリース購入の場合、こうした費用は全てリース代金に含まれるのです。

そのため面倒な維持費の計算をする必要がないのです。

必要なのは自動車保険の保険料とガソリン代くらいだね!
パンダ店長

普通車の自動車税は、どんなに安くても年間29,500円はかかります。

こうした費用はもちろん、法定点検や車検の費用の心配がいらないというのは大きなメリットと言えるでしょう。

メリット2.定額の支払いで常に新車に乗れる

リースはレンタカーのようなものとお伝えしました。

とはいえ短期で借りるレンタカーとは違い、リース契約は年単位となります。

そしてその契約年数が終われば、再びリース会社に新車を購入してもらうことができるのです。

つまり一定額さえ払っていれば、定期的に新車に乗り換えることが可能。

まどか
今まで乗っていた車は返却して、また新車に乗れるのは嬉しいですね。

リースは車こうしたメリットがあるため、ローンより手軽に車を購入することができます。

諦めていたワンランク上の車を手に入れることも可能であり、費用を抑えていい車に乗りたい人にはオススメです。

しかし逆にデメリットもあるため、次章で紹介していきます。

リース購入2つのデメリット

リース購入のメリットは分かりましたが、デメリットも知りたいところ。

本章では、リースで車を購入する2つのデメリットを紹介していきます。

リースで車を購入する2つのデメリット

  • デメリット1.車の維持に関して様々な制約がある
  • デメリット2.支払う額が普通に買うより高くなる
リースの車購入は借り物にすぎず、金銭面や維持の面で様々なデメリットがあるから説明していくよ。
パンダ店長

デメリット1.車の維持に関して様々な制約がある

リース購入は結局のところレンタカーと同じで、維持に関して様々な制約があるのです。

その中でも大きいのが「走行距離」の制限。

契約時に毎月何キロほど乗るのかを設定し、その範囲内で使う必要があります。

オーバーしても構いませんが、数年後に返却する際に走行距離の超過分に対して一定の費用を支払う必要があります。

まどか
超過料金は一般的に1キロあたり5円程度と言われています。

他にも純正に戻せないカスタムを禁じらているため、オプションパーツの装着などに制限がかかります。

あくまで借りている車ということを忘れてはいけないのです。

事故で全損した場合は車両を弁償しなければいけないから、車両保険に入るというのも忘れないようにね!
パンダ店長

デメリット2.支払う額が普通に買うより高くなる

現金で車を購入する場合、メーカーに車両代金を支払うだけで済みます。

しかしリース会社を挟むことによって、リース会社に支払う手数料のようなものがかかるのです。

手数料は金利という形で上乗せされ、毎月利息を支払うことになります。

金利はローンより高めに設定されていることが多く、長期間リース契約をすることで多額の費用が発生していることがあるのです。

全ての費用をまとめてパッケージ価格にしているリースなので、一見金利などが分かりにくいのもデメリットと言えるでしょう。

そういう意味でも、特別な理由がない限りリースでの購入はオススメしないんだ。
パンダ店長

リースはメリットが大きいように見えますが、長く車を乗る人にとってはデメリットの方が大きいと言えます。

結局リースが向いているのは「個人事業主」、「法人」など、経費で車を購入する人たちです。

そこで次章では、リース購入はどんな人に向いているのか結論をお伝えします。

【結論】個人事業主や法人なら大きなメリットがある

ここまで様々な視点で見てきたリース購入ですが、結論から言うと個人事業主や法人に向いている購入方法です。

特別な事情がない限り、個人にはオススメできない購入方法なのです。

本章ではその理由についてお話していきます。

経費で車を購入する時に便利なのがリース購入

個人事業主や法人の多くが、車を経費で購入します。

しかしそのためには帳簿を付ける必要があり、車関連の支出は細かく申告する必要があるのです。

その上減価償却といういうものがあり、車を経費にできるのは購入から6年以内と決まっています。

まどか
うーん、よくわかんないけど、とにかく面倒ということですか?
その認識でいいと思うよ!
パンダ店長

個人事業主や法人は車に関する出費を細かく申告しなければいけません。

しかしリース購入は先にお伝えしたように、全ての費用を合わせた上で、毎月支払う額が一定。

つまり毎月のリース代金のみを経費に計上すればいいのです。

そのため多少金利が高かったとしても、かかる手間を考えたらリースで購入した方がいいのです。

その上社用車で使う車であれば無用な改造などはせず、レジャーに使うわけでもないので走行距離も抑えられます。

まどか
あっ!リースのメリットがそのまま生きてる!
よく気がついたね。個人と違ってリースのメリットを活かせているんだ。
パンダ店長

ここまでの説明で分かる通り、個人事業主や法人はリースのメリットを最大限活用することができます。

そのためリースでの車購入が向いており、オススメできるのです。

それでは本当に個人でリース購入はしない方が良いのでしょうか?

実は特別な条件を満たせば個人でもリース購入がオススメできるケースがあるので、カンタンに紹介します。

金利によっては超お得な場合もある

リース購入は個人にはオススメしないと紹介しましたが、リース会社がまれに超低金利のキャンペーンを実施している時があります。

その時に限り、個人でもリース購入がオススメできるのです。

筆者が実際に知っている例を挙げると、0.01%キャンペーンを行っていたケースがありました。

まどか
0.01%ならローンより圧倒的に低金利だし、いいかもしれませんね!

自動車ローンはどんなに安くても2〜3%台です。

その金利に比べたら0.01%というのは圧倒的に金利が低いと言え、この場合はリース購入を検討してもいいでしょう。

他にも単身赴任の期間だけ車を使いたいなど、長期のレンタカー代わりで使いたい時もリース購入はオススメできます。

まとめ

  • リース購入はレンタカーのようなイメージ
  • リースは維持費やメンテナンス費用を支払う必要がない
  • 定額で車に乗れる代わりに制約が多い
  • リース購入は経費で車を購入する個人事業主や法人向け
  • 超低金利キャンペーンの時だけ個人で利用するのもあり

気になるワードでチェック

パンダ店長のキャンペーン

\内容はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

石川 貴裕

名古屋のIT企業にて、車一括査定のサービス責任者を経験。その間に車買取会社やJPUCの会議などに参加。新卒時代に車一括査定を利用して30万円高く売れたことを経験。情報格差で損をしている人が多く疑問を感じたため、当サイトを立ち上げ。現在は、古物商許可を取得、中古車売買を行っている。(愛知県公安委員会 第541182000600号)

-新車購入

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , All Rights Reserved.