自動車ローンの借り換えは返済額が減らせる!選ぶコツと実際の流れ

こんな悩みをスッキリ解消

  • 毎月の自動車ローン返済の負担を軽くしたい人
  • もっと低金利な自動車ローンに借り換えたい人
  • 自動車ローン選びのポイントを知りたい人

車を買う際に、ディーラーで勧められたローンをそのまま契約している人も多いはず。

しかし自動車ローンは見直すことで、毎月の支払額を減らすことが多いです。

自動車ローンは借り換えることができるので、もし現在のローン返済が負担に感じているなら、一度借り換えを検討してみましょう。

この記事では、自動車ローンを借り換えるメリットやその方法、必要な書類などをわかりやすく解説。

記事後半では、オススメの低金利な自動車ローンも紹介しています。

【執筆・監修】リユース営業士

滝俊晴

古物商を取得し、自ら中古車売買を経験。リユース系メディアの編集長時代には、買取業者への取材を積極的に行う。独立後は自身の経験と知識を活かし、価値のあるコンテンツ制作に注力している。また、前職時にカービューやユーカーパックの取材経験がある。

資格古物商、リユース営業士

当サイトは、紹介している一部サービスが読者様に使用された時に支払われる報酬によって運営が成り立っています。頂いた報酬は、調査やコンテンツ制作に使用し、正しい・最新の情報をお届けできるように努めています。読者様に合わせたベストな選択を提案しておりますが、もし異なる意見がございましたら、問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。詳細は「運営ポリシー」をご確認ください。

自動車ローン借り換えのメリットデメリット

30年以上のローンが当たり前の住宅ローンと違い、自動車ローンは長くても7年程度。

そのため金融機関も、住宅ローンほど積極的に借り換えを勧めてきません。

しかし、月々の支払いを1円でも安くしたいなら、自動車ローンであっても借り換えるメリットはあります。

もちろん、その分デメリットもあるので、本章ではメリットとデメリットを解説していきます。

借り換えのメリット2つ

  • メリット1.金利が下がって毎月の支払額が減る
  • メリット2.ローン中でも名義を自分にできる可能性がある

借り換えのデメリット2つ

  • デメリット1.再審査があり手続きが少し面倒
  • デメリット2.数千円の手数料がかかる場合がある
メリットとデメリットを知った上で、自分は借り換えるべきかどうか検討しよう!
パンダ店長

借り換えのメリット2つ

自動車ローンを借り換える最大のメリットは、金利が安くなることで毎月の支払額が減るということ。

逆に、そうではない場合は借り換える必要はないと断言できます。

まずは2つのメリットについて詳しく解説していきます。

まどか
借り換えで支払額がどれだけ減るのかのシミュレーション結果も紹介していきます。

メリット1.金利が下がって毎月の支払額が減る

自動車ローンは大きく分けて4つの種類があり、どこからお金を借りているかによって金利が大きく異なります。

ローンの種類 特徴 メリット デメリット 金利 審査難易度
ディーラーローン ディーラーで借りられるローン 審査が通りやすい。新車購入時にそのまま申し込める 金利が高い 5%前後 ★☆☆☆☆
銀行ローン 銀行が用意している自動車購入専用のローン 低金利で自分の名義にできる 審査が厳しい 2~5% ★★★☆☆
残価クレジット 自動車メーカーが用意している購入方法 月々の負担を少なくすることができる 車をレンタルするイメージ 3%前後 ☆☆☆☆☆
自社ローン 中古車販売店で借りられる独自のローン 審査が通りやすい 店によって条件が異なる 7%前後 ★☆☆☆☆

金利は最も安い銀行の自動車ローンで2%代、最も高い自社ローンでは最大7%前後となっています。

自社ローンについては下記記事で詳しく解説しています。

自社ローンで中古車を買う簡単6ステップ&全国の対応販売店リスト

「中古車を買いたいけど、自動車ローンの審査に通らない…」 「一括払いでは正直厳しい」 そんなあなたにとって、選択肢のひと ...

続きを見る

新車購入時にディーラーで申し込める手軽さが売りのディーラーローンは、便利な半面金利が5%前後と若干高め。

こうした高めの金利で借りているローンを、銀行などの低金利自動車ローンに借り換えるだけで支払額が安くなるのです。

金利は借りているお金にかかる利息を決めるものだから、低い方が当然借金総額は減るよね!
パンダ店長

ディーラーローンと銀行ローンの金利の差はおおよそ2%前後。

そこで100〜400万円をそれぞれのローンで借りたら、どれだけ支払額が変わるのかをシミュレーションしました。

借りる額 金利3%の毎月の返済額 返済総額 金利5%の毎月の返済額 返済総額 毎月の差額
100万円 17,968円 1,078,080円 18,871円 1,132,260円 903円
200万円 35,937円 2,156,220円 37,742円 2,264,520円 1,805円
300万円 53,906円 3,234,360円 56,613円 3,396,780円 2,707円
400万円 71,874円 4,312,440円 75,484円 4,529,040円 3,610円
まどか
400万円を借り換えると、毎月3,610円も支払額が減るってことですか!?
そういうことだね。
パンダ店長

当然ですが、借り換える金額は大きい方が金利による差額が大きくなります。

例えば、100万円を金利5%のローンから3%のローンに借り換えたら、返済総額は54,180円も変わります。

ローンを借り換えるだけで5万円以上も得をすると考えれば、メリットは十分あると言えるでしょう。

ちなみに、400万円を借り換えると約21万円も得をする計算になります。

これが、自動車ローンを借り換える最大のメリットです。

もちろん、他にもメリットがあるから紹介していくよ!
パンダ店長

残クレについては下記記事で詳しく解説しています。

残クレのいい話だけを聞いて騙されるな!仕組みと5つのデメリット

こんな悩みをスッキリ解消 残クレと通常の自動車ローン、車の購入方法で迷っている人 残クレの仕組みがわからず、知りたい人 ...

続きを見る

メリット2.ローン中でも名義を自分にできる可能性がある

ディーラーローンや残クレなどは、ローン支払い中は所有権が自分になりません。

ディーラーまたはローン会社の名義になるため、ローン完済後は「所有権解除」という手続きが必要になります。

まどか
カンタンに言うと、ローン会社から自分に名義変更するということですね。

所有権がローン会社になっていても大きなデメリットはありませんが、「自分の車」という感覚が薄れてしまう人もいます。

銀行の自動車ローンに借り換えることで、この名義を自分に変更できることがあるのです。

銀行の自動車ローンは、「車を買うお金をあなたに貸している」状態。つまり名義は重要ではないのです。

名義が自分になっていれば、譲渡や売却時にローン会社の許可を取る必要がありません。

ローン残債がある車の売却方法は下記記事で詳しく解説しています。

この通りにすれば迷わない!ローン残債がある車を売るときの簡単4ステップ

こんな悩みをスッキリ解消 ローン残債で車を売却できるのか不安な人 ローン残債状態で乗り換えをしたい人 なるべく高く売却し ...

続きを見る

こうしたメリットが得られるのも、借り換えるメリットと言えるでしょう。

車検証の名義が自分になっていれば、ローンで買った車であることが人にもバレないんだ!
パンダ店長

こうした2つのメリットがある一方、同じ数だけデメリットもあるので紹介していきます。

借り換えのデメリット2つ

借り換えるデメリットは2つ、どちらも大きな負担になるとは言えません。

しかし若干の面倒くささがあるので、それについて詳しく説明していきます。

デメリット1.再審査があり手続きが少し面倒

自動車ローンの借り換えということは、手続きとしては「新たに借りたお金で現在借りている自動車ローンを一括返済する」という流れになります。

そのため、新たにお金を借りる金融機関で再び審査が発生します。

詳しくは後述しますが、書類を用意する必要もあるので少し面倒と言えます。

また審査の結果お金が借りられない場合もあるので、その時は手続きが面倒だったのに借り換えができないという事態も発生していまいます。

車を買った時に比べて転職で収入が下がったなどの理由があると、審査に落ちる可能性があるよ。
パンダ店長

自動車ローンの審査については下記記事で詳しく解説しています。

自動車ローンの審査に通る4つのポイント!申し込み手順と基準を公開

こんな悩みをスッキリ解消 これから自動車ローンを契約しようと思っている人 自動車ローンの審査基準を知っておきたい人 ロー ...

続きを見る

デメリット2.数千円の手数料がかかる場合がある

自動車ローンを借り換えるとなれば、現在借りているローン会社に一括返済をすることになります。

この際、一括返済の手数料が発生する可能性があるのです。

とはいえ、一括返済の手数料は高くても5,000円程度。

先程紹介したように、金利が下がれば数万円以上の得となります。

その点を踏まえると、あまり大きなデメリットとは言えないでしょう。

でも、ほぼ完済しかけてる自動車ローンを借り換えるとなるともったいないね。
パンダ店長

これが自動車ローンのメリットデメリットです。

金利が下がることによる返済額の減少が最も大きなメリットなので、自分がいくらの自動車ローンを借り換えるのかが大きく関係してきます。

次章では、自動車ローンの借り換え先を選ぶポイントを紹介します。

自動車ローン借り換え先を選ぶ時のポイント

借り換えのメリットは前述した通り、月の返済額の減少です。

つまり、自動車ローンの借り換え先を選ぶには「どれだけ低金利なのか」を最も重視します。

本章では、その他にもある「借り換え先を選ぶ時のポイント」を紹介します。

自動車ローン借り換え先を選ぶ5つのポイント

  • ポイント1.金利の低さ
  • ポイント2.来店の要不要
  • ポイント3.返済日
  • ポイント4.繰り上げ返済可能かどうか
  • ポイント5.口座開設の可否
どれも小さなことだけど、重要だからしっかり確認しようね!
パンダ店長

ポイント1.金利の低さ

金利の低さは最も重要なポイント。今借りている自動車ローンより低金利なものであることは絶対条件と言えるでしょう。

金利は低い方が支払額も減るので、まずは金利の条件から自動車ローンを選びましょう。

低金利でオススメの自動車ローンは次章で紹介しているよ!
パンダ店長

ポイント2.来店の要不要

自動車ローンは来店不要で契約できるものが数多く用意されています。

来店が必要な自動車ローンだと、平日に会社を休んで金融機関に行く手間が増えてしまいます。

なるべくなら、ネットだけで完結する自動車ローンを選びましょう。

次章で紹介している自動車ローンは、どちらもネット契約が可能だよ!
パンダ店長

ポイント3.返済日

自動車ローンの返済日は、なるべく給料日直後に設定しましょう。

自動車ローンによっては返済日が選べない可能性もあるので、返済日が何日になっているのかを確認することをオススメします。

ポイント4.繰り上げ返済可能かどうか

低金利な自動車ローンと言えども、繰り上げ返済は積極的に活用したいもの。繰り上げ返済をすると、その分借金の元本が減り利息が節約できます。

しかし、繰り上げ返済は手数料がかかる金融機関もあるので、その点も合わせて確認しましょう。

三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」はインターネットから繰り上げ返済する場合は手数料が無料なんだ!
パンダ店長

ポイント5.口座開設の可否

銀行の自動車ローンで多いのが、口座開設が必須という条件。

自分で引き落とし先の口座が選べないと、普段使わない口座から自動車ローンが引き落とされることになります。

そうすると思わぬ引き落としミスが発生するので、口座開設が必須かどうかを確認しましょう。

理想は、普段使っている給与振込口座から引き落とし可能な自動車ローンだね!
パンダ店長
まどか
もうどの自動車ローンを選べばいいかわからなくなってきました…。
そうだよね、そこで、これから上記のポイントを満たしているオススメの自動車ローンを紹介するよ!
パンダ店長

オススメの自動車ローンを紹介

最近はネットで申し込みができる低金利自動車ローンが増えてきています。

来店せずにお金を借りることができるため、まずは仮審査をしてみるだけでもいいでしょう。

筆者は三菱UFJ銀行「 ネットDEマイカーローン 」が低金利なのでオススメしています。

特徴は下記の表の通りだよ!
パンダ店長
商品名 提供会社 限度額 金利 借入期間 web申し込み
ネットDEマイカーローン 三菱UFJ銀行 最高1,000万円 年2.975% 最大10年 可能

ネットDEマイカーローン 」は、金利が3%を下回る低金利。

大手銀行が提供しているだけあり、安心感も問題ありません。

借入期間も最大10年まであるので、ディーラーローンより長期の借入が可能。

限度額も申し分ないので、まずは仮審査の申し込みをしてみることをオススメします。

それで万が一審査に落ちてしまった時、はじめてディーラーローンの利用を検討しよう!
パンダ店長

自動車ローン借り換えの流れ4ステップと必要書類・期間

自動車ローンを借り換えるメリット、選ぶコツ、オススメの自動車ローンの全てが分かれば、あとは実際に借り換えるだけです。

そこで本章では、自動車ローンを借り換える4つのステップを紹介していきます。

まどか
必要な書類と借り換えにかかる期間も紹介するので、あわせて確認していきましょう。

自動車ローン借り換えの4ステップ

  • ステップ1.申し込み(1時間)
  • ステップ2.仮審査・本審査(3〜5日)
  • ステップ3.融資実行(1日)
  • ステップ4.借り換え先への返済開始
期間は全て合わせて1週間〜10日くらいだよ!
パンダ店長

ステップ1.申し込み

前章でオススメした自動車ローンは、申し込みは基本的にネットで行います。

その際に以下の必要事項を入力し、借り換えの旨を記載して申し込みをしましょう。

申し込みに必要な情報

  • 氏名
  • 住所
  • 職業、年収
  • 借り入れ希望額
  • 自動車ローン以外の借金額

主に入力が必要な項目は上記の5つ。この時点で書類は必要なく、必要なのは「現在の自動車ローンの残りの額」です。

現在借りているローン会社に電話をして、残り額を聞けば教えてもらえるので申し込み前に準備しておきましょう。

自動車ローン以外にも、カードローンなどを使っていれば、その合計額も計算しておく必要があります。

借入額は概算でもいいけど、借り換える際にそれより大幅に金額が増えるようだと審査がやり直しになるんだ。
パンダ店長

ステップ2.仮審査・本審査

必要事項を入力して申し込みをしたら、仮審査が3日程度、本審査が2日程度かかります。

大手企業に努めていたり、公務員である場合は即日審査完了となるケースもあります。

しかし、多くの人が数日かかるので、少し余裕を持って借り換えの申し込みをしましょう。

金融機関によって異なりますが、仮審査または本審査の前に以下の書類の提出を求められます。

  1. 本人確認書類
  2. 現在のローン契約がわかるもの
  3. 車検証のコピー
  4. 年収を確認できる書類
まどか
現在のローン契約がわかるものは、「契約書、ローン返済予定表」がありますが、ない場合は引き落としが確認できる通帳のコピーでも問題ありません。

年収を確認できる書類は、借入額が200万円を超える時に必要となります。

年末にもらえる、「源泉徴収票」があれば問題ありません。

これらの書類が用意できない場合、金融機関に相談したら別の書類で対応してもらえることがあるよ。
パンダ店長

書類の提出が完了し、申込み時に記入した情報と相違がなければ審査はスムーズに完了します。

仮審査に通過していれば、本審査の通過は難しくありません。

内容に不備があったり、審査の結果融資ができないと判断されるとお金を借りることができません。

ステップ3.融資実行

無事に審査が完了すると、現在借りているローン会社に一括返済する申込みをします。

ローン会社に電話をし、「一括返済をしたい」と話すと、振込先と正式な返済額を教えてくれます。

借り換え先の金融機関にそれを伝えることで、正式な融資金額と毎月の返済額が決定します。

その後、借り換え先の金融機関があなたの代わりに一括返済をしてくれるので、借り換えが完了となります。

借り換えが完了したら、今までの借入先に「所有権解除の書類が欲しい」と連絡しよう!
パンダ店長

ステップ4.借り換え先への返済開始

借り換えが完了したら、借り換え先の金融機関への返済が始まります。

今まで通り、毎月指定日に引き落としになりますが、返済日が変更になっている場合は引き落としのミスがないように注意しましょう。

所有権解除の書類をもらったら、3ヶ月以内に運輸支局にいって所有権解除の手続きをしよう!
パンダ店長

まとめ

  • 自動車ローンは借り換えによって毎月の支払額が減るのがメリット
  • デメリットはもう一度審査があること、手続きが若干面倒くさいこと
  • 自動車ローンの借り換え先を選ぶポイントは5つ、最も重要なのは「金利」
  • 借り換えのステップは4つ、申し込みの前に書類を用意することでスムーズに手続き可能

気になるワードでチェック

パンダ店長のキャンペーン

\内容はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

石川 貴裕

名古屋のIT企業にて、車一括査定のサービス責任者を経験。その間に車買取会社やJPUCの会議などに参加。新卒時代に車一括査定を利用して30万円高く売れたことを経験。情報格差で損をしている人が多く疑問を感じたため、当サイトを立ち上げ。現在は、古物商許可を取得、中古車売買を行っている。(愛知県公安委員会 第541182000600号)

-新車購入, 自動車ローン

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , All Rights Reserved.