1分でわかる新古車!メリット・デメリットと超カンタンな探し方をプロが解説

中古車購入

1分でわかる新古車!メリット・デメリットと超カンタンな探し方をプロが解説

投稿日:2017年11月22日 更新日:

「中古車を買うなら新古車がいいよ!」

車好きの友人からアドバイスを受けたり、ネットの情報で「新古車」という言葉を見かけたあなた。

こんな疑問を持っていないでしょうか。

  • 新古車って新車、中古車どっちなの?
  • 新古車はどのくらいの値段で買えるの?

一言でいうと、新古車は未使用車とも呼ばれ、「新車登録はしてあるものの、乗り手がいないまま中古車として販売されている車」のことです。

  • 中古車扱いのため、新車より安い価格で購入できる
  • 誰も乗っていないため、中古・古い車が苦手な方でも安心

という特徴があり、ほぼメリットしかない中古車と言っても良いものです。

以下の写真を見てみてください。

筆者の母が購入したイグニスの新古車

筆者は中古車販売の仕事をして12年になりますが、半年前に母から

  • 「新しい車に乗り換えたい」
  • 「予算は200万円以下で買いたい」

という相談がありました。

車種は「スズキ・イグニス」という希望があったので、筆者が勧めたのがこの「イグニスの新古車」です。

新車より50万円安く購入できたイグニス新古車

同グレードの新車購入価格が200万円近くしたところ、諸費用込みで156万円で購入できました。

乗り始めてから半年になりますが、もともと新車相当だった車ですから、外観や内装にもキズひとつありません。

新車相当のため外観や内装にもキズひとつない

筆者自身、車を乗り換える際は新古車を第一候補にしています。

しかし、新古車はそのメリットの多さからすぐ売れてしまうことも珍しくありません。

新古車はデメリット云々より「限られた台数の中、どこで探すのが一番効率的か」を知っておくのが最重要です。

今回、中古車販売のプロの目線から

  • 新古車とは何か
  • 新古車の流通する仕組み
  • 誰でもできる!新古車の探し方と購入方法

を誰でも分かるように徹底解説します。

1分でわかる「新古車」とは!流通の仕組みとあわせて解説

1分でわかる新古車とは!意味と流通経路を図解
まず、新古車って何?という方に、新古車の意味と流通する仕組みをお話ししましょう。

新古車は、その名前の通り「新車だけど中古車扱いになっている車」のことです。

新車登録がされた車は「中古車扱い」になります。たとえ誰も乗っていない新車同然の車でも例外ではありません。

新古車が流通する仕組み

新古車が流通する仕組みを図にしてみたのがこちらです。

新古車が流通する仕組み

新古車はその由来から、政治登録車とも呼ばれます。

政治と何の関係があるの?と思うかもしれませんが、新古車とはディーラーが「販売目標を達成するための政治的対策」の結果、流通する車だからです。

まずディーラーには、メーカーから販売目標台数が課されます。

そしてその販売台数に応じてメーカーから報奨金が支払われます。

この報奨金はかなり大きな金額なので、ディーラーも販売目標に到達するように営業努力をします。

しかしそれでも販売台数が足りず「あと○台で目標達成する」という場合、ディーラー自身が自社で新車登録をして、販売実績にカウントするわけです。

その結果、新車登録がされたものの、乗り手がいない「新古車」が市場に流通します。

業界での正式名称は「未使用車」

業界での正式な名前は「未使用車」ですが、まだまだ新古車という名前が根強いですね。

筆者のお店に来られるお客さんも、ほとんどが「新古車」という言い方をします。

先出し!新古車のメリット・注意点

さて、そんな新古車には下記のようなメリット・注意点があります。

この後の章で詳しく説明しますが、まずこの図の内容を頭に入れておいてください。

新古車のメリット・デメリット

これだけ見てもらっても、新古車というものがおおよそ分かるはずです。

【裏技】知る人ぞ知る、新古車や中古車を賢く手に入れる方法!

もっとも手軽に「レアな新古車を手に入れる方法」は何だと思いますか?

それは「中古車販売店に希望の新古車や中古車を探してもらう」こと。そして提案の専用サービスが「 なびくる+ 」です。

なびくる+は、中古車情報サイトには掲載されていない未公開車両を提案してもらえます!

コツは下記のような感じで伝えることです。

  • 新車とほぼ同等の軽自動車がほしい、プリウスがほしい
  • ディーラー試乗車落ちで5,000km以内の中古車がほしい
  • タントで150万以内、新車同等品を提案してほしい

毎日在庫が500台入荷されているので、時々提案してもらうのがいいですよ!

今すぐチェック →  https://a-navikuru.com/

では、市場に流通している新古車には、どんな車が多いのでしょうか。

筆者が実際に調査したデータを載せておきます。

【最新情報】ボディタイプ別の新古車流通台数

新古車として流通する台数は、ボディタイプによって傾向が異なります。

2017年11月時点で、カーセンサーで全国の新古車台数を調査した結果が以下です。

  • 軽自動車:9605台
  • ミニバン:777台
  • SUV:1670台
  • ハイブリッド:2820台
  • コンパクトカー:8529台

軽自動車がもっとも多く、次いでコンパクトカー・SUVと続きます。

ハイブリッドはミニバンやSUVのハイブリッドを含みますので、ボディタイプとしては上記の傾向がいえます。

軽自動車の新古車が多い理由は、2つあります。

  • 軽自動車の新車が売れずに余っている
  • 軽自動車は新車登録の手続きがカンタンだから

特に軽自動車は、他の乗用車と比べて

  • 車庫証明が不要
  • 税金(自動車取得税・重量税)が安い

という事情があるのです。

新車登録時の取得税や重量税はディーラーが負担するため、こういったコストが低いことが新車登録のハードルを下げているといえますね。

新古車のメリットと注意点を解説!

新古車のメリットと注意点を解説!
ではいよいよ、今回のメインでもある「新古車のメリットと注意点」を解説していきます。

正直言って、新古車にはデメリットというレベルのものはありません。

そのため、注意点として説明します。

まずは、新古車のメリットからお話ししていきましょう。

  • メリット(1)新車同然の車が安く買える
  • メリット(2)すでにオプション・装備が付いている
  • メリット(3)購入時の各種自動車税が不要
  • メリット(4)すでに現車があるため納車が早い

メリット(1)新車同然の車が安く買える

新古車の最大のメリットはなんといっても「新車同然の車が安く購入できる」ことです。

筆者の感覚では、新古車は「新車購入価格の80~90%」で手に入れることができます。

実際に、人気車種を対象に「新車価格と新古車価格」の差を調査してみました。

2017年11月時点での「カーセンサー」での新古車価格と、同モデル同グレードの新車価格を比較しています。

対象車種

  • ミニバン:トヨタ・ヴォクシー
  • ミニバン:トヨタ・ヴェルファイア
  • 軽自動車:ホンダ・N-BOX

トヨタ・ヴォクシーの事例

車種情報(この条件に合わせて比較)

  • グレード:2.0 ZS/後期モデル(7人乗り・2WD)
  • 両側パワースライドドア ・純正ナビ装着

純正ナビは、選択可能な中でもっとも安価なものをチョイスしました。

以降、新車見積の算出では新古車と同様の装備を設定しています。

トヨタ・ヴォクシーの事例

  • 新車購入価格(オプション装着+諸費用込み)327万円
  • 新古車総額(諸費用込み)279万円

トヨタ・ヴェルファイアの事例

車種情報(この条件に合わせて比較)
グレード:Z A エディション(7人乗り・2WD・特別仕様車)

トヨタ・ヴェルファイアの事例

  • 新車購入価格(オプション装着+諸費用込み)420万円
  • 新古車価格(諸費用込み)379万円

ホンダ・N-BOXの事例

車種情報(この条件に合わせて比較)

  • グレード:GL ターボ ホンダセンシング(4人乗り・2WD)
  • 純正ナビつき

ホンダ・N-BOXの事例

  • 新車購入価格(オプション装着+諸費用込み)200万円
  • 新古車価格(諸費用込み)169万円

これらの事例を見てもらうと、 新古車は新車価格の80%から90%で手に入ることがご理解いただけると思います。

新古車が「新車の80~90%」まで安くできる理由

ディーラーが新古車を新車価格の80~90%に値付けできるのは理由があります。

実は、自動車メーカーからディーラーに新車が卸される金額は、新車本体価格の75~80%とされています。

例:100万円の新車本体価格なら、75~80万円ほどの卸し価格になる

つまり、新古車を新車価格の80~90%で販売しても、利益が確保できることが多いのです。

最近の傾向として、人気車種の新車ではほとんど値引きしなくなっています。

新車を値引きするくらいなら、新車登録してしまって新古車で売る、というディーラーも多いです。

【裏技】愛車の最高額をチェック&下取りよりも数十万高く売れる!

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

そこでオススメが「車一括査定」というサービスです。

このサービスを使えば、ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中。

もし買い替えを考えているのであれば、より多くの頭金が手に入ることに。

  • 売るかどうか迷っている人にオススメ!ネットで概算の最高額が分かる →  https://ucarpac.com/
  • とにかく愛車を高く売りたい!車一括査定で優良業者がたくさん参加 →  http://www.carsensor.net/

メリット(2)すでにオプション・装備が付いている

また新古車は新車登録の時点で、すぐに乗れるようにある程度の装備が付けられています。

車のオプションには

  • メーカーオプション(メーカーで注文できる装備やオプション)
  • ディーラーオプション(ディーラーで注文できるオプション)

の2種類があり、新古車ではメーカーオプションまで決定しています。

メーカーオプション・ディーラーオプションの違い
※引用:http://slf.honda.co.jp/PC/sx/

最近では、メーカーオプションとして以下のような装備が付いていることが多いです。

  • セーフティパッケージ
  • ETC
  • パワースライドドア
  • サイドエアバッグ
  • カーナビ(ない場合もあり)
  • LEDライト

個人的な感覚では、ナビまでついているかは五分五分といったところです。

メリット(3)購入時の各種自動車税が不要

新古車は、自賠責保険に加え「自動車重量税・自動車税などの各種自動車税」も購入時に支払わずに済みます。

ディーラーが新車登録する際に

  • 自賠責保険
  • 自動車重量税
  • 自動車税

を支払っているからです。

自動車取得税は支払う必要がありますが、上記の免税だけでもプラス5万円ほどお得になります。

メリット(4)すでに現車があるため納車が早い

新車で購入しようとする際、人気の車種であれば数か月の納車待ちも起こりえます。

しかし、新古車は既に新車登録も済ませてあり、現車があるためずっと早く納車できます。

数年前にスズキ・ハスラーが大人気だった頃、新車の納車が3か月~待ちだったことがありました。

スズキ・ハスラー
※引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

その時も、新古車を狙って購入し、すぐに納車して乗り始めたお客さんがいたことを覚えています。

  • メリット(1)新車同然の車が安く買える
  • メリット(2)すでにオプション・装備が付いている
  • メリット(3)購入時の各種自動車税が不要
  • メリット(4)すでに現車があるため納車が早い

さて、そんなメリットが多い新古車にも注意点があります。

  • 注意点(1)台数が限られる・すぐに売り切れてしまう
  • 注意点(2)グレードや装備を自由に選べない

の2つです。

注意点(1)台数が限られる・すぐに売り切れてしまう

これだけメリットが大きい新古車なので、人気車種はすぐに売り切れてしまいます。

また、新古車はあくまで新車販売の過程で生まれる車両なので、そこまで大量の台数があるわけではありません。

たとえば、上でもご紹介したホンダのN-BOXの新古車を全国で探してみたところ、50台ほどしかないことが分かりました。

そのため、良い新古車が見つかったらそれが買い時!というタイミングになります。

現車確認に遠くまで行かなければならない可能性がある

もし、あなたの近所のお店で運よく希望の新古車が見つかったら、かなりラッキーです。

場合によっては、現車確認に遠出をしなければならないかもしれません。

筆者が冒頭のイグニスの新古車を見に行った時は、車で2時間程度の距離を走りました。

しかしその結果、50万近くお得になったので「その時間を惜しまなくて本当に良かった」と思っています。

希望の新古車が見つからなくてもあきらめてはいけない!

もし、あなたが希望している新古車がディーラーや販売店で見つからなくても、あきらめるにはまだ早いです。

中古車の探し方には、中古車検索サイトの他に「中古車販売店に希望の車を探してもらう」という方法があるのです。

車査定で有名なガリバーは、中古車の提案サービスを行っています。これは

  • 中古車検索サイトに載っていないレアな中古車を探している方
  • 市場に出回っていない新古車を探している方
  • 車種の希望も特にないので、最適な中古車を提案してほしい方

に適したサービスです。さらに、下の画面を見てください。

なびくるプラスの中古車提案申し込み画面

これはガリバーと提携している なびくる+ の画面ですが、色付きで囲んだ部分に「中古車の希望」を書くことができます。

たとえば、以下のような希望を書き込めばよいのです。

  • トヨタ・プリウスの新古車で200万円以下のものが欲しい
  • ホンダ・フリードの新古車でメーカーオプションが豊富なものが欲しい
  • 赤色のマツダ・CX-5の新古車が欲しい

裏技的な方法ですが、こうする事で、ガリバーが豊富な在庫の中から希望の新古車を提案してくれるのでオススメです。

今すぐ新古車の提案をしてもらう

https://a-navikuru.com/

注意点(2)グレードや装備を自由に選べない

新車であればグレードや装備を自由に選ぶことができますが、新古車は既にグレードやベースの装備が決まっています。

「自分の希望通りにオプションを選べないと嫌だ!」という方は、新古車は抵抗を感じるかもしれません。

ただ、ディーラーオプションまではほぼ付いていないので、購入時に自由に選べます。

  • カーナビ(ついていない場合)
  • オーディオ(ついていない場合)
  • フロアマット
  • ラゲッジスペースマット
  • サイドバイザー

などがあるので、自分の好きなものを選択するのも良いですね。

  • 新古車の注意点(1)台数が限られる・すぐに売り切れてしまう
  • 新古車の注意点(2)グレードや装備を自由に選べない

初心者でもカンタン!新古車の探し方を図解!

人気車種の新古車は、すぐに売れてしまうことはお伝えした通りです。

そのためどうやって新古車を効率的に探すかということが重要になります。

馴染みの販売店があったとして、ふらっと行っても希望の新古車が置いてある可能性はかなり少ないでしょう。

前もって事前にリサーチし、当たりをつけておくことが大切です。

最後に、初心者でも簡単に実践できる新古車の探し方を解説しておきましょう。

オススメの方法は、上記で書いた「中古車販売店に新古車を探してもらう」ことです。

これは「新古車といってもどの車種がいいんだろう…?」という段階で迷っている方でも、オススメの新古車を提案してもらえます。

今すぐ新古車の提案をしてもらう

https://a-navikuru.com/

もうひとつオススメの方法は、やはり「中古車検索サイト」で探すことでしょう。

前提「新古車はディーラーでしか販売されない?」の誤解

少し補足しておくと、ディーラーが新車登録する新古車であっても

  • ディーラー系列の販売店(中古車ディーラー)
  • 普通の中古車販売店

どちらでも手に入ります。中古車ディーラーでないと購入できないわけではありません。

ディーラーが新車登録後、新古車を売る先は

  • 自社の中古車部門(中古車ディーラー)
  • オートオークション(中古車販売店はここから仕入れる)

の2種類があるからです。

しかし、メーカーによっては「新車登録から一定期間はオークションに出してはダメ」という決まりがあり、その場合は中古車ディーラーでの販売がメインになります。

およその割合としては中古車ディーラー:中古車販売店が6:4くらいだと考えています。

探し方のオススメは「中古車検索サイト」

再度お伝えしますが、希望の新古車が近所で都合よく見つかる可能性は少ないです。

いつどこで希望の車両が見つかるか分からないため、労力を使わずにチェックできる「中古車検索サイト」を活用しましょう。

中古車検索サイト大手には

がありますが、カカクコムはGoo-netの中古車在庫と提携しており、ほぼ同じです。

またカーセンサーとGoo-netはそれぞれ40万台超の中古車在庫がありますが、10万台ほどを除いて重複していることが分かっています。

つまり、これら3つのサイトを同時に見るのは重複も多く効率が悪いのです。

筆者のオススメは、検索方法が分かりやすいカーセンサーでまず検索し、希望の新古車がなければGoo-netに検索を広げていく事です。

この通りにすればOK!カーセンサーでの新古車の探し方

では、カーセンサーでの新古車の探し方を実践しましょう。

カーセンサーでの新古車の探し方1

カーセンサー のTOPページにアクセスします。条件設定がしやすいPCで検索するのがオススメですよ。

「メーカー・車名を選択する」をクリックします。今回はホンダ・ステップワゴンで実践します。

カーセンサーでの新古車の探し方2

メーカー選択画面に移るので「ホンダ」を選んでください。

カーセンサーでの新古車の探し方3

ホンダの車種一覧が表示されるので「ステップワゴン」を選びます。

カーセンサーでの新古車の探し方4

地域を選択します。ちなみに新古車を探す場合、始めから自分の住まいがある都道府県だけを選ぶと該当車両がないかもしれません。

カーセンサーでの新古車の探し方5

ホンダ・ステップワゴンの指定エリアの中古車が検索されました。「もっと詳細な条件を追加する」を選択してください。

カーセンサーでの新古車の探し方6

ここで「登録(届出)済未使用車」を選択します。

カーセンサーでの新古車の探し方7

ホンダ・ステップワゴンの新古車が表示されました。これがカーセンサーでの新古車検索の最短コースです。

今回のポイント振り返り

新古車が流通する仕組み
新古車のメリット・デメリット

  • 新古車のメリット(1)新車同然の車が安く買える
  • 新古車のメリット(2)すでにオプション・装備が付いている
  • 新古車のメリット(3)購入時の各種自動車税が不要
  • 新古車のメリット(4)すでに現車があるため納車が早い
  • 新古車の注意点(1)台数が限られる・すぐに売り切れてしまう
  • 新古車の注意点(2)グレードや装備を自由に選べない

おすすめ記事

6,592view
1分でわかる新古車!メリット・デメリットと超カンタンな探し方をプロが解説

「中古車を買うなら新古車がいいよ!」 車好きの友人からアドバイスを受けたり、ネットの情報で「新古車」という言葉を見かけた ...

22,052view
【最新版】安くてかっこいい車の決定版!厳選10車種とお得に購入するテクニック

街を歩いていて、思わず目を惹くかっこいい車。 しかしカタログやHPをチェックしてみると、あまりの高さにガッカリする事も珍 ...

3,595view

車一括査定サイトはいくつもあるため、どれを利用すべきなのかランキングを知っておきたい 車一括査定サービスごとのランキング ...

49,536view
【写真つき】3分で分かる手洗い洗車!車マニアが実践している「洗車手順」完全版

「自宅での手洗い洗車」というのは、車好きだけのたしなみと思っていないでしょうか? 筆者の周りを見ていると 手洗い洗車に苦 ...

-中古車購入

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2018 All Rights Reserved.