故障車は必ず0円以上で買取可能!故障車でも売れる3つの理由

更新日:

  • 故障した車を手放したくて、その方法に悩んでいる人
  • 動かない故障車を持っていて、なんとか買い取ってもらえる方法を探している人
  • 故障車であってもできるだけ高く売る方法を知りたい人

車は1台につき約3万個の部品が使われていると言われています。

全てが正常に作動しているから毎日快適に使えているのですが、どれかが壊れればそれは故障となり不具合が起きます。

あなたは今、そんな故障車を手放す方法に悩んでいませんか?

  • 故障車って売れるの?
  • 故障車はどこで買い取ってもらえるのか知りたい
  • 車は故障しているけどできるだけ高く買取してもらいたい

この記事はその疑問の全てにお答えする内容になっています。

結論を先にお話すると、故障車は買取可能です。

しかしその方法を知らないと、思わぬ安値で買い叩かれてしまう可能性があるのです。

そこで本記事では、故障車を高く売る方法についてわかりやすく解説しています。

なぜ故障車が買取可能かという理由も説明しているので、この記事さえ読めば「故障車を廃車にすることがどれだけ損するか」が分かります。

どんな状態の故障車でも高価買取してくれる業者も紹介しているので、最終的には壊れた車を最も高く売るベストな方法が身につくでしょう。

故障車を車買取してもらうことはできる

故障車と言っても、その状態は1台1台異なるはずです。

例えばちょっと調子が悪い車も故障車ですし、壊れて動かなくなってしまった車は当然故障車です。

小さな故障から大きな故障まで症状はさまざまですが、結論から言うと「故障車の車買取は可能です。

諦めて廃車にすると処分料を取られることになってしまうので、この章でどうして故障車が買取可能なのかを知っておきましょう。

故障車が買い取りできる理由は以下の2つが挙げられます。

  • 修理して中古車として再販可能な車だから
  • 売れる部品は売って鉄くずとしてスクラップにできるから

それでは、これがどういうことかをこれから詳しく説明していきましょう。

修理して中古車として再販可能な車だから

多くの故障車が当てはまるのはこのパターンです。

小さな故障であっても、所有者は修理できなくて諦めることがあります。

しかし中古車販売店は自社で工場を持っているため、少しくらいの故障ならカンタンに直すことができるのです。

例えばバッテリーが上がってエンジンがかからない車であれば、普通の車とほとんど変わらない値段で買い取ってくれるケースがほとんどです。

他にも電球が切れていたり装備品の一部が動かないといったケースも同様。

工場で同じ車の中古部品を用意して付け替えたりできるので、こうした軽微な故障はあまり査定額に影響がありません。

カーナビが故障している場合も同じで、新しいカーナビを搭載して再販することが多いのです。

もちろん、故障していない車に比べると査定価格は少し安くなってしまいますが、数万円の差額で収まります。

自分で直してから査定を受けても、修理代に見合うだけのプラス査定にはなりません。

そのため軽微な故障はそのまま査定してもらうことをオススメします。

まどか疑問表情
まどか
故障とはちょっと違うかもしれないんですが、ボディの大きなキズや凹みはどうなりますか?
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
それも気になるよね!これからカンタンに説明するよ!

ボディに大きなキズや凹みがあるケースも買取可能

例えばぶつけてしまったり、軽い事故でボディが大きく凹んだりキズがついてしまうことも珍しくありません。

思った以上にひどい状態だったとしても、実は買取可能です。

そのまま再販することは難しいため、当然査定額は普通の車に比べると下がってしまいます。

しかし処分料を取られるような事態にはならないので安心してください。

ボディの修復というのは、実際はそんなに大掛かりな修理ではありません。

最近の車はボディパネルの一部をそのまま取り替え可能だったり、外装部品が安価で手に入ることがほとんど。

そのためあまり修理の手間がかからないのです。

どれくらい減額されるかはキズや凹みの状態で変わりますが、こうした車も諦めずに買取店で査定を受けることをオススメします。

まどか驚き表情
まどか
買い取った車は自社で修理しちゃうんですね!
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
故障車は工場を併設している買取店で売るのがオススメだよ。

ここまでは、まだ動く故障車の買取について解説しました。

それでは「動かない故障車」はどうなのか解説していきましょう。

売れる部品は売って鉄くずとしてスクラップにできるから

故障して動かない車であっても、買取してもらうことは可能です。

例えば長年自宅に放置していて動かない故障車や、事故で一部が損傷して動かない車であっても買い取ってもらえます。

なぜなら、動かない故障車は「部品の価値」「鉄の価値」の2つが残っているからです。

車が動かなかったとしても、動く部品や使えるパーツはかなりの数があります。

そうした部品を再販して利益を出すことができるため、動かなくても買取可能なのです。

そして車のボディは鉄でできているのもポイントです。

鉄は再利用できるため高値で取引されています。

車の解体を行っている業者に売れば、鉄の重さに応じた価格で買い取ってくれるため、こうした業者を探して売るのがオススメです。

まどかショック表情
まどか
そんな状態の車でも買取可能なんですか!?
パンダ店長通常表情
パンダ店長
車は故障していても意外と価値があるんだ!

修理して再販できる車は、主に海外で販売されるケースが多いと言われています。

修復歴がある車は日本国内では人気がなく、低価格で取引されています。

しかし日本の修理技術は優れているため、海外は修復歴をあまり気にしない傾向があります。

そもそも日本車は性能も高く海外で人気があるので、故障車は修理をした後に海外に輸出されます。

そして鉄くずとしてスクラップされる車は、多くが数万円で買い取ってもらえます。

鉄自体の価値として2〜3万円程度となり、そこから自動車税の残りや自賠責保険の返金をしてもらえます。

こうしたものを全て足すと数万円〜10万円程度となるのです。


ここまで故障車の買取について説明してきましたが、あなたは「故障車を廃車にしたらもったいない」ということに気づいたことでしょう。

それと同時に、「どこで買い取ってもらったらいいのか」という疑問も抱いたかと思います。

そこで次章では、故障車を買い取りしてくれる業者の探し方について詳しく説明していきます。

どうやって故障車買取の業者を探せばいいのか

故障車は買い取ってもらえることが分かっても、その業者はどうやって探せばいいのか気になりますよね。

実際に走れる軽微な故障車であれば街の買取店に持っていくことができますが、自走が難しい故障車の場合はそうはいきません。

そこで登場するのが「廃車や事故車を専門にしている車買取業者」です。

このような専門業者であれば故障車の買取に慣れているため、面倒な手続きを代行してくれたり不明点なども気軽に質問できます。

この章では、車査定のプロである筆者がオススメする故障車の買取業者を紹介します。

筆者のオススメは「カーネクスト」

カーネクストは故障車や廃車の買取に特化した専門業者です。

全国に似たような業者は多数存在していますが、筆者は中でも「 カーネクスト 」をオススメしています。

それにはこれから紹介する、以下の3つの理由があるからです。

まずはその理由を箇条書きで紹介しましょう。

  • どんな車も0円以上の買取保証がある
  • 引き取りにかかるレッカー代が無料
  • 全国どこでも故障車を買取してくれる

ここではこの3つの理由について、詳しく説明していきます。

理由1.どんな車も0円以上の買取保証がある

カーネクストはどんな状態の車であっても必ず0円以上で買取をしてくれます。

これはつまり、「処分料が取られない」ということ。

もちろん、少しでも価値があれば数万円の買取価格が付きます。

カーネクストは世界中に車を販売するための販路を持っています。

そのため故障車や大きなキズや凹みがある車は自社で直して海外に輸出します。

カーネクストは豊富なノウハウを持っているため、故障のレベルに合わせてどの程度の修復で再販可能であるかがすぐに分かります。

そのためカンタンな修理で再販できる車は高価買取、修理が難しい場合でも0円買取を実現しているのです。

他にも、買い取った車をばらしてパーツや部品だけ再販するルートも持っているのが特徴。

動かない故障車であっても部品に価値があると認められれば高価買取が可能なのです。

もし自分で故障車を廃車にしようとすると、手続きだけで1〜2万円程度の費用が発生します。

0円買取ならこれらの費用を負担することがないので、その分プラスになったと考えることができます。

まどか表情笑顔
まどか
どんなケースでもお金を取られないのは安心ですね!

理由2.引き取りにかかるレッカー代が無料

故障車は全てが自走可能とは限りません。

バッテリー上がり程度なら交換してから自走できますが、事故車や大きな故障となれば自走できません。

そういう車を買取ってもらう場合は、多くのケースでレッカー代を請求されてしまいます。

レッカー代は3〜5万円程度が相場なので、買取価格が0円ならレッカー代の分マイナスになってしまいます。

しかしカーネクストはレッカー代が無料というのがポイント。

仮に買取価格が0円の故障車なら、レッカー代が無料なので実質無料で故障車を処分することが可能です。

高額査定が期待できるのは「高年式の故障車」。

たとえ自走不可な故障であっても、カーネクストは自社で直して販売するノウハウを持っています。

高い修理技術を持っているので、高年式の故障車はカーネクストであれば高価買取が期待できます。

自宅に引き取りに来てくれるので、あなたは手間なく故障車を高価買取してもらうことができるのです。

もちろんレッカー代以外にも、手続きにかかる書類の代行も無料で行ってくれます。

まどか表情笑顔
まどか
動かない故障車でも無料で引き取ってくれるってことですね!

理由3.全国どこでも故障車を買取してくれる

ネットで故障車を買い取りしてくれる業者を見つけても、住んでいる地域に対応していないということも少なくありません。

しかしカーネクストは全国どこでも故障車の買取をしてくれます(一部離島等は非対応)。

その理由は、カーネクストは全国にある中古車販売店や輸出業者と提携しているから。

車を運んでくれる陸送業者や解体業者とも提携しているため、全国どこでも同じサービスを受けることが可能です。

上記で紹介した「0円以上の買取保証」「レッカー代無料」のサービスは、当然全国に対応しています。

まどか表情笑顔
まどか
自分で動かせない故障車ほど、全国どこでも引き取りに来てくれるのは助かりますね!

カーネクストはコチラ →  https://carnext.jp/

以上が、筆者が故障車の買取で「 カーネクスト 」をオススメしている3つの理由です。

ひどい故障をしている車であっても0円以上、再販価値がある車なら高価買取と覚えておきましょう。

しかし、中には「そこまで大きな故障車じゃないんだけど…」という人もいることでしょう。

そういう人は普通の買取業者を使うのがオススメです。

その場合は車一括査定が使えるため、思わぬ高額で車が売れる可能性があります。

そこで次章では、故障車を車一括査定で売る方法を紹介していきます。

車一括査定という手もある

カーネクストを使えば故障車でも高く売れることはすでに紹介しました。

でも、故障のレベルは1台ごとに異なるため、「そんなに大きな故障じゃない」と思う人もいるはずです。

そういう人は、普通に買取店に売るのがオススメ。

街の買取店でも工場を併設しているところは多いため、軽微な故障であれば修理して再販することが可能です。

その場合は、さらに車を高く売る方法として「車一括査定」を利用しましょう。

この章では、車一括査定がどんなものか、故障車を売るためにはどうしたらいいのかという点を詳しく説明していきます。

車一括査定とは何か?

車を売る時には、複数の買取店の査定価格を比較するのが最も高く売る方法です。

そのためには自分で何店舗も買取店を回る必要がありますが、その手間をなくしてくれるのが車一括査定です。

車一括査定をカンタンに説明すると、面倒な複数社への査定依頼が一回で済んでしまうインターネットサービスのこと。 自分で買取店1社1社に査定依頼することが不要になるサービス。

車一括査定の利用ステップ

車一括査定の利用ステップ

一括査定で申し込むと、ほとんどの業者が出張査定で自宅に来てくれるため、故障車であっても安心して申し込むことができます。

そして多くの一括査定サイトが、全国にある数十〜数百の買取業者と提携しているのです。

中には故障車の買取を得意としている業者もあるため、車一括査定を使えばそれらの業者を競わせて高額査定を引き出すことも可能。

故障車であっても相見積もりを取って高値で売ることができるのが「車一括査定」なのです。

まとか通常表情
まどか
故障車も車一括査定を使うことができるんですね!
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
できるけど、1つだけ注意点があるよ!

車一括査定を使って故障車を売る場合、1つだけ注意すべき点があります。

それは「提携買取業者数が多い一括査定を選ぶこと」です。

故障車を買い取ってくれる業者は、普通の車を買い取ってくれる業者よりどうしても少なくなってしまいます。

そのため提携買取業者数が少ない車一括査定を使うと、故障車を買い取ってくれる業者に巡り会える確率が少なくなってしまうのです。

それだと故障車は買い取れないと言われてしまう可能性があるので、車一括査定サイトを選ぶ際は「提携買取業者数」を重視しましょう。

とは言っても、提携買取業者数が多い車一括査定を探すのは非常に面倒なので、車査定のプロである筆者が最もオススメできる車一括査定を紹介します。

故障車の買取で筆者のオススメは「カーセンサー」

数ある車一括査定の中でも、故障車を売るなら「 カーセンサー 」をオススメします。

その理由は、「圧倒的な提携買取業者数の多さ」です。

多くの車一括査定が50〜200社程度の提携数なのに対し、カーセンサーは業界最多の1,000社以上の提携数を誇ります。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

そのため全国どこでもあらゆる買取業者を見つけることが可能。

一括査定に登録している買取業者の多くが普通の車を買い取っている業者です。

しかし中には故障車や廃車を買い取っている業者もあり、カーセンサーならそうした業者に巡り会える確率が圧倒的に高くなるのです。

実際、カーセンサーは申し込みの画面に事故歴の有無を入力する欄があります。

カーセンサーの入力画面

カーセンサーの入力画面

ここで「事故歴あり」を選択し、修復済みか未修復かを選択します。

その上で申し込めば故障車の買取に強い業者が選択できます。

提携買取業者数が多いカーセンサーだからこそ、こうした細かい入力が可能になっているのです。

カーセンサーのサイト自体はリクルートが運営しているため、提携している買取業者の質や個人情報の取り扱いについても安心できます。

こうした理由から、筆者はカーセンサーの利用をオススメしています。

まとか通常表情
まどか
選べる業者が多いから選択肢が広がるってことですね!
パンダ店長通常表情
パンダ店長
そうだね。故障車は特に提携買取業者数が重要なんだよ。

カーセンサーはコチラ →  http://www.carsensor.net/

<h2>まとめ</h2>

いかがでしょうか?この記事では、故障車の車買取について詳しく説明してきました。

内容も長くなったので、最後に重要なポイントを5つ箇条書きで確認していきましょう。

  1. 故障車の買い取りは「可能」
  2. 故障車は修理の後、海外輸出や部品取り車として再販される
  3. 動かない故障車も「部品」「鉄」の2つの価値があるため買取可能
  4. 大きな故障車は「 カーネクスト 」で売るのがオススメ
  5. 小さな故障車は車一括査定の「 カーセンサー 」を使って売るのがオススメ

故障車の車買取は、故障のレベルで売り方を変えると覚えておきましょう。

バッテリー上がりなどの小さな故障であれば、車一括査定を使って出張査定を依頼しましょう。

カンタンな修理で治る故障車であれば大きな減額なく買い取ってもらえます。

もし、自走ができないほどの大きな故障車であれば「カーネクスト」を利用しましょう。

どんな故障車でも0円以上で買取保証をしてくれている上、引取にかかるレッカー代も無料です。

故障しているから価値がないと判断すると、廃車費用として3〜5万円取られてしまいます。

どんな故障車であっても無価値ではないので、まずは買取で手放す方法を探すことをオススメします。

おすすめ記事

13,722view
中古車の値引き最高額を引き出す!4つの簡単テクニックをプロが解説【会話事例あり】

中古車というのは 「新車までは手が出せない」 「少しでもお得に車を買いたい」 という方にはとても賢い選択です。 しかし、 ...

12,464view
車一括査定のランキングとおすすめサービス

車一括査定サイトはいくつもあるため、どれを利用すべきなのかランキングを知っておきたい 車一括査定サービスごとのランキング ...

24,444view
プロが教える「中古車の走行距離」ベストな距離の選び方を徹底解説

中古車購入をしようと言う時、まず検討材料に入ってくるのは車種やボディタイプだと思います。 しかし、ついつい気になるのが「 ...

10,154view

車の売却先を探していて、どこがオススメなのか知りたい人 車買取専門店のランキングは本当に信用できるのかという疑問を持って ...

-車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2018 All Rights Reserved.