大学生でも余裕で車を買う方法は?6つのコストを節約する方法を紹介

投稿日:

  • 大学生だけど車が欲しいと思っている人
  • 大学生が車を買うためにはいくらかかるか知りたい人
  • 大学生がお得に車を買う方法を知りたい人

車と言えばぜいたく品で、大学生が買えるものではないと思っていませんか?

しかし、かかるコストを徹底的にカットすれば、大学生でも車を買うことはできてしまうのです。

そうは聞いても、何から始めればいいのか分からないという人が大半です。

  • 車を買うためにはいくらかかる?
  • 大学生はどうしたら安く車を維持できる?
  • 大学生がお得に車を買う方法を知りたい

この記事では、大学生が車を買う手助けとなる情報を扱っています。

一番ネックとなるお金をどうしたらいいのか、安く車を買って維持するための方法を紹介。

この記事を最後まで読めば「大学生でも車は買える」ということがハッキリわかります。

そして最終的には、活用すべきサービスと具体的な節約方法が分かるようになっています。

【裏技】知る人ぞ知る、レアな中古車や新古車を賢く手に入れる方法!

筆者イチオシの中古車購入「裏技」

ぶっちゃけ、もっとも手軽に「レアな中古車・新古車を手に入れる方法」は何だと思いますか?

それは「中古車販売店に希望の新古車や中古車を探してもらう」こと。そして提案の専用サービスが「 クルマコネクト 」「 なびくる+ 」です。

クルマコネクト 」「 なびくる+ 」は、中古車情報サイトには掲載されていない未公開車両を提案してもらえます!

この2サイトはともに、中古車買取・販売で有名な「ガリバー」が提案してくれるサービス。

クルマコネクト 」はチャットで相談、「 なびくる+ 」は電話で相談ができます。

コツは下記のような感じで伝えることです。

  • 新車とほぼ同等の軽自動車がほしい、プリウスがほしい
  • ディーラー試乗車落ちで5,000km以内の中古車がほしい
  • タントで100万以内、新車同等品を提案してほしい
  • 通勤にオススメの車を教えてほしい

ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、時々提案してもらうのがいいですよ!

【チャット】で無料相談 →  https://221616.com/connect/

【電話】で無料相談 →  https://a-navikuru.com/

【裏技】愛車の最高額をチェック&下取りよりも数十万高く売れる

筆者イチオシの中古車購入「裏技」

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

そこでオススメが「車一括査定」というサービスです。

このサービスを使えば、ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中。

もし買い替えを考えているのであれば、より多くの頭金が手に入ることに。

  • 売るかどうか迷っている人にオススメ!ネットで概算の最高額が分かる →  https://ucarpac.com/
  • とにかく愛車を高く売りたい!車一括査定で優良業者がたくさん参加 →  http://www.carsensor.net/

車を買う時にかかるコストは6種類

大学生でも車を買うことはできると言われても、まずはかかるコストを知っておきたいと思う人が大半です。

本章では大学生が車を買うためにかかる6種類のコストを紹介していきます。

かかるお金を知っておくことで、より具体的な車購入のイメージができるようになるでしょう。

大学生が車を買う時にかかる6つのコスト
  1. 購入費用
  2. ガソリン代
  3. 駐車場代
  4. 自動車税
  5. 車検、整備費用
  6. 自動車保険料

それぞれ具体的にどれくらいの金額がかかるか紹介していきます。

1.購入費用

まずはじめにかかるのは車そのものの購入費用です。

購入費用に関しては「自分ならいくらの車が購入可能か」という点で決めたほうが良いでしょう。

車の価格は安ければ数千円、高ければ数億円とかなりの幅があります。

一括払いにしろローンで購入するにしろ、自分がいくらなら払えるのかで決めるのが大事です。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
故障の心配をしないで乗れる車という観点なら、最低でも50万円くらいの車は購入しておきたいね。

2.ガソリン代

車を購入したらかかるのがガソリン代、ガソリンがなければ車は走らないので当然かかってくる費用と言えます。

ガソリン代が月にどれほどかかるかという計算は、「燃料の種類」、「毎月の走行距離」、「購入する車の燃費」の3つから割り出すことが可能です。

燃料の種類

燃料は車のエンジンに応じて変える必要があります。

ディーゼル車なら「軽油」、ガソリン車なら「レギュラー・ハイオク」のどちらかを選択することになります。

ハイオクはレギュラーガソリンより純度の高い油で、高性能エンジンを搭載するスポーツカーが使う燃料です。

軽油は110円前後、レギュラーガソリンは140円前後、ハイオクは150円前後で計算すると良いでしょう。

毎月の走行距離

毎月どれくらい走行するかというのは、自分が車を何に使いたいかで決まります。

例えば通学に使う場合、「家から大学までの距離」、「月に何日大学に通うか」の2つで距離が決まります。

それ以外にもバイトに行くなら、「バイト先までの距離」、「月に何回バイトに入るか」という2つから走行距離を試算できます。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
遊びに使う場合はどこに何回ほど行きたいかを考えるといいね。

購入する車の燃費

購入する車の燃費はカタログを見れば記載されています。

軽自動車であれば1リッターあたり20キロ前後、コンパクトカーであれば18キロ前後、ハイブリッドカーであれば30キロ前後を想定して計算しましょう。

3.駐車場代

駐車場代は地域によって異なります。

地方であれば数千円で借りられますが、都心部になると1万円程度はかかります。

東京都内であれば2〜3万円かかることも珍しくないため、まずは不動産検索サイト「SUUMO」「HOME'S」を使って近隣の駐車場代を調べることをオススメします。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
住んでいるアパートに駐車場が付いている場合は管理会社に問い合わせるといいね。

4.自動車税

自動車税は購入する車の排気量に応じて毎年課税されるものです。

自動車税は毎年5月に納税する必要があり、金額は以下の表の通りです。

車の区分 総排気量 税額
自家用乗用車(普通車) 1L以下 29,500円
1?1.5L以下 34,500円
1.5?2.0L以下 39,500円
2.0?2.5L以下 45,000円
2.5?3.0L以下 51,000円
3.0?3.5L以下 58,000円
3.5?4.0L以下 66,500円
4.0?4.5L以下 76,500円
4.5?6.0L以下 88,000円
6.0L以上 111,000円
自家用乗用軽自動車 660cc 10,800円

軽自動車が一番安く、普通車になると毎年最低でも約3万円が必要となります。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
13年落ちの中古車を買うと自動車税がさらに増えるから注意が必要だよ!

5.車検、整備費用

車検は2年に一度必ず受けるものです。(※新車購入時は3年目に車検)

基本の点検費用であれば1〜2万円で事足りますが、自賠責保険や重量税の支払いが5万円以上かかります。

トータルすると、軽自動車なら7万円前後、普通車なら10万円前後がかかります。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
そこで車の不具合が見つかると更に修理費用で車検代が高くなってしまうよ。

6.自動車保険料

車に乗るなら必ず入っておきたいのが民間の自動車保険です。

強制保険と言われている自賠責保険ではカバーできる金額が少なく、万が一事故を起こしたら就職活動や今後の人生に大きな影響を及ぼします。

自動車保険はネットで加入できるものを活用すれば費用は抑えられます。

中でも自動車保険一括見積もり「 保険スクエアbang! 」を使うと、複数の自動車保険会社からハガキの見積もりが届くので大変便利です。

ちなみに、大学生は免許取得から期間が短いこともあり、保険料は高め。

友達に運転させない契約にするなど、特約を活用して上手に費用を抑えましょう。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
車両保険に入らなければもっと保険料を節約することもできるね。

これが車を買うにあたってかかるコストです。

こうして見ると車には数多くの税金や費用がかかることがわかります。

「やっぱり車は諦めるしか…」と思う人もいるかと思いますが、まずはシミュレーションをしてみることが大切。

そこで次章では、大学生が車を買う時、どうシミュレーションするべきかを紹介していきます。

大学生で車を買う時にいくらかかるのかシミュレーションしてみた

前章で紹介した6つのコストから、大学生が車を買うためにかかるお金はいくらなのかをシミュレーションします。

今回は、以下の条件で試算をしました。

車購入のシミュレーション条件
  • 車購入価格は150万円(新車の軽自動車)
  • 通学に使用、大学までの距離は片道15キロ
  • 月に12回アルバイトの通勤に使用(片道10キロ)
  • 月間走行距離は約1,000キロ
パンダ店長通常表情
パンダ店長
その結果を表にしたよ!
かかるコスト 1回の金額 月単位の金額 月のコスト合計
車購入費用 1,500,000円(5年ローン) 26,587円 52,069円
ガソリン代 7,000円
駐車場代 8,000円
自動車税 10,800円(年一度) 900円
車検・整備費用 70,000円(二年に一度) 2,916円
自動車保険料 80,000円 6,666円

※自動車購入費用は「三菱UFJ銀行ネットDEマイカーローン」150万円を年利2.450%で60回払いで試算
※ガソリン代は月間1,000キロを20km/L、レギュラー140円で試算
※自動車保険は「ソニー損保」20歳以上、年間走行距離11,000キロ以下、本人限定、車両保険なしで試算

一般的な地方在住の大学生を想定したシミュレーションでは、車を維持するのにかかる月々のコストは約52,000円という結果になりました。
まどか驚き表情
まどか
大学生に月の負担5万円はかなり痛くないですか?
パンダ店長困惑表情
パンダ店長
そうだね。このままでは車を買うことは難しいから、どうしたらコストを下げることができるのか紹介していくよ!

コストを安くすれば大学生でも余裕で車購入できる

大学生にとって「毎月5万円」というのは決して安いものではありません。

払えなくはないものの、それだけ払ったら車を遊びに使うことは不可能。

そこで本章では、安く車を手に入れて維持する方法を紹介していきます。

大学生でもできるコストを安く購入して維持費を安くする方法5選
  1. 安心な車をなるべく安く手に入れる方法
  2. ガソリン代を安くする方法
  3. 車検、整備費用を安くする方法
  4. 自動車保険を安くする方法
  5. 下取があるなら車一括査定を活用

それぞれ見ていきましょう。

①安心な車をなるべく安く手に入れる方法

車を安く買うなら中古車一択になります。

ただ、中古車の購入で不安なこと・・・それは「安心感」です。

これから長く乗る車なので、壊れない車にしたい。

そこで筆者は、クルマコネクト 」「 なびくる+ 」の両サービスの利用をオススメします。

この2つのサービスの特徴をこれから紹介していきます。

プロが車探しをしてくれる2つのサービス

クルマコネクトとなびくる+は、どちらも理想の中古車をプロが探し出してくれるというサービスです。

まずは両者の特徴をカンタンに説明しましょう。

クルマコネクトとは
クルマコネクトのTOPページ

クルマコネクトのTOPページ

※画像出典:ガリバー「 クルマコネクト 」より

クルマコネクトは中古車買取業者の最大手であるガリバーが運営する、中古車検索サービス。

AIの「チャクト」が欲しい車の条件を質問してくれるので、それらに回答するだけで希望の車を見つけることができます。

チャクトとの会話以外にもガリバーのスタッフもチャットに参加してくれるため、欲しい車の難しい質問なども受け付けてもらえます。

まどか驚き表情
まどか
チャットで会話するだけで理想の中古車を探してくれるなんて便利なサービスですね。

クルマコネクトはこちら →  https://221616.com/connect/

なびくる+とは
なびくる+のTOPページ

なびくる+のTOPページ

※画像出典:「 なびくる+ 」より

なびくる+は株式会社エイチームライフスタイルが運営する中古車検索サービスです。

欲しい車のメーカーや大体の年式などを入力するだけで、大手買取店のガリバーが理想の1台を探してくれます。

申込み後すぐにガリバーから電話がかかってくるので、スタッフと相談しながらより具体的な条件を決めます。

その後は最寄りのガリバー店舗で車種の提案を受けるという流れ。

それだけで自分の理想に近い中古車に出会えます。

まとか通常表情
まどか
なびくる+も中古車検索はガリバーが行ってくれるんですね!

なびくる+はコチラ →  https://a-navikuru.com/

どちらも車両検索はガリバーが行う

クルマコネクトもなびくる+も、中古車を探してくれるのはガリバーです。

両者の違いは「チャットで相談するか電話で相談するか」という点のみ。

どちらか都合が良い方で中古車探しをすることができるのです。

ガリバーが扱う中古車の中には、在庫車として出てこない非公開車両やディーラーの試乗車上がりの車など、一般には買えないお得な車が混ざっています。

こうした中から、新車同然の車を安く買える可能性があるのです。

まどか驚き表情
まどか
普通に検索しているだけでは出会えない車があるってことですね!
パンダ店長通常表情
パンダ店長
そういうことだね。ガリバーが自社の在庫の中から探してくれるからオトクな1台が見つかるんだ!

どちらのサービスも相談は無料。

チャットも電話もガリバーの専属スタッフが行うためワガママな希望を伝えても問題ありません。

例えば、下記のような伝えるのもOK。

  • プリウスの新古車は200万以内でほしい
  • 通勤にオススメで燃費20km/Lの車を100万以内でほしい
  • スライドドア付きで50万以内の車がほしい
  • 走行距離1万キロ以内、2年落のアクアを80万以内でほしい

プロが車探しをしてくれるとなれば安心感も桁違いなので、安心して安く車購入をしたい人は問い合わせることをオススメします。

②ガソリン代を安くする方法

ガソリン代を安くするためには「低燃費運転を心がける」「ポイントが付くガソリンスタンドを探す」の2つが有効です。

急発進や急加速を控えることで燃費を向上させることは当然ですが、ポイントでキャッシュバックが受けられるガソリンスタンドを探すことも大事です。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
例えばエネオスならTポイントが付くんだ!

③車検、整備費用を安くする方法

車検や整備はディーラーではなく、街の修理工場に依頼しましょう。

ディーラーは新品パーツを使って全てメーカー指定通りの作業を行うため費用がかかります。

その点修理工場であれば必要に応じて中古パーツを使って修理をしてくれたり、融通がききます。

車検や整備の際はディーラーと修理工場の値段を比べてから決めるのがオススメです。

④自動車保険を安くする方法

自動車保険は最近テレビCMなどで見かける「ネット通販型」と呼ばれるもので契約しましょう。

インターネットから申し込むことで数万円安くなるキャンペーンを行っている上、保険証券をスマホ表示に切り替えることでさらに安くなります。

こうしたネット通販型の自動車保険を比較できる一括見積もりサイトなどもあるので、活用しながら最安値の保険を見つけましょう。

一括見積もりサイトは前述した「 保険スクエアbang! 」がオススメです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
親から等級を引き継いだり車両保険を付けないなどの節約法もあるよ!

⑤下取があるなら車一括査定を活用

買うことばかりに力を入れがちですが、実は今乗っている車があるなら少しでも高く売ることを考えましょう。

本サイトでもよく紹介している車一括査定を使うことで数十万以上高く売れることも。

車一括査定とは

車一括査定をカンタンに説明すると、面倒な複数社への査定依頼が一回で済んでしまうインターネットサービスのこと。 自分で買取店1社1社に査定依頼することが不要になるサービス。

車一括査定の利用ステップ

車一括査定の利用ステップ

車の査定額を上げるためには、複数の買取業者を競わせることが最も有効です。

面倒な交渉をしなくても、業者間が査定価格を競って少しずつ値段を上げていきます。

オークションのような状態になるので、あなたはあまり交渉をしなくても査定額が上がっていくのです。

まどか疑問表情
まどか
便利だけど、似たようなサイトが多くて迷いますね。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
そこで、車一括査定サイトを徹底比較していくよ!

【2019年1月現在】車一括査定のオススメランキング

主要な車一括査定6つを見ていきたいと思います。

という6つの車一括査定について、下記にそれぞれの車一括査定を比較した一覧表を載せておきますので、ご覧ください。

まどか困惑表情
まどか
車一括査定は6つもあるんですね。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
6つ?6つどころじゃないよ。僕が知っているだけでも20つ以上はあるよ。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
ただ、そんなに比較しても仕方ないので、主要どころのみを厳選してお伝えするよ。

車一括査定の比較表

車一括査定の比較表

それぞれの比較一覧表から下記特徴をまとめます。

一発でわかる!車一括査定の特徴一覧表

実際にこれらの特徴はすべて各車一括査定の「強み」といえる部分。

ただし、どの車一括査定も共通している点としては「個人情報を入力すること」。

つまり各買取業者からの「電話勧誘は避けられない」ということです。

電話勧誘がかかってくることは想定して、自分に最もマッチした車一括査定を利用すべき

ただし、これらの特徴をご覧になるだけでは、本当にオススメの車一括査定がどれなのか分かりませんよね。

そこで車査定のプロとして最もオススメできる車一括査定について、ご紹介していきましょう。

1位:車一括査定のオススメは「カーセンサー」

筆者として最もオススメの車一括査定は「 カーセンサー 」。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからです。

実際のところ、先程の比較表をご覧になるとほとんどの車一括査定が数十社~数百社程度であるため、カーセンサーの車一括査定と比較するとどうしても見劣ります。

車買取・車査定ならカーセンサー|中古車簡単一括査定

車買取・車査定の情報が満載なので、車を売るならカーセンサーがおすすめ!中古車の情報を全国各地から検索可能で、売却するため ...

続きを見る

とはいえその他の車一括査定がオススメできないわけでもないため、それに続くオススメランキングをカンタンに紹介します。

2位:ユーカーパック

ユーカーパック は「オークション形式」を採用している車一括査定。

ユーカーパックはやはり電話がかかってこない点が評価することができますし、実は2,000社以上もの車買取業者と提携しています。

数字だけで見ると、一番オススメしているカーセンサー(1,000社提携)よりユーカ―パック(2,000社提携)の方が多いように感じます。

ただし、ユーカ―パックの提携している業者の多くが「大手買取業者ではない」という欠点があるあります。

大手買取業者が提携していない分、買取価格が少しだけ不安が残るのが正直なところです。

車の買取価格がぐんぐん上がる | ユーカーパック「車査定・中古車買取ならユーカーパック」公式

ユーカーパックなら車の買取価格がぐんぐん上がる!ユーカーパックの中古車査定「Ucar査定」は1回査定を受けるだけで、たく ...

続きを見る

3位:楽天オート

楽天オート の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特典があります。

そして得られるポイントは

  • 申し込みをして5ポイント
  • 申し込み後に制約をしたら1,500ポイント

であり、「利用するだけでお得になる」ということができます。

そのため提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りしますが、「同じような買取業者に査定依頼をするのであれば、ポイントがもらえた方がお得になる」と考えてもOK。

ただし、高く売ることが目的なのを考えるとやはり「 カーセンサー 」がいいでしょう。

楽天オート 楽天中古車買取査定市場|愛車の下取り、満足していますか?

愛車の下取り、満足していますか?楽天オート 楽天中古車買取査定市場で無料一括査定依頼!査定額を比較して最高額で売却しよう ...

続きを見る

4位:ズバット車買取

ズバット車買取 」は車一括査定の中でも10年を超える運営実績があり、東証一部上場企業が運営しているため「信頼感」は抜群といえます。

また提携業者数もそれなりに多く、申込フォームが簡易的になっていたり、申し込み後に買取相場がすぐ分かる点など、あなたのことを考慮した点は評価できます。

無料一括査定で愛車の最高額がわかる!【ズバット 車買取】

中古車の買取査定サイトの決定版!!今すぐネットで愛車の買取価格をチェック「ズバット車買取」。簡単な車情報の入力だけ ...

続きを見る

5位:かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド 」の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携しているという点。

最近は滅多にありませんが、少し品が悪い買取業者が存在することも事実です。

「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が圧倒的に少ないのが弱点なんですが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選しているということです。

中古車(車)の買取&査定がネットで45秒!!かんたん車査定ガイド

中古車の買取査定サイトの決定版!!今すぐネットで愛車の買取価格をチェック「かんたん車査定ガイド」。簡単な車情報の入力だけ ...

続きを見る

6位:カービュー

カービュー 」は車一括査定というサービスを一番最初に始めた会社。

残念ながらカービューは車好きが集まったコミュニケーションサイト「みんカラ」に力を入れいるため、車一括査定の後発組に負けているという状況です。

また、サービス内容も他社に比べて、ここが強いというのが正直ない状況です。

車買取・中古車査定|高く売るなら買取カービューで価格比較

みんカラ(carview)の中古車買取一括査定。中古車買取店の査定額を一括で比較、中古車の高額査定がわかります。車の売却 ...

続きを見る


以上、筆者がオススメする車一括査定です。

ご覧になると「車一括査定にはそれぞれ特徴があり、ポイントを抑えておくことで金銭的にも精神的にもお得になることができる」ということが分かったかと思います。

そして再度結論を述べますが、筆者としてオススメな車一括査定は「 カーセンサー 」です。

車買取・車査定ならカーセンサー|中古車簡単一括査定

車買取・車査定の情報が満載なので、車を売るならカーセンサーがおすすめ!中古車の情報を全国各地から検索可能で、売却するため ...

続きを見る

申し込みにかかる時間も2分程度でカンタンに申し込みを完了させることができます。

ぜひ一度お試しになってみることをオススメします。

「こんなにお得になるのか!」とビックリすること間違いなしですよ!

まとめ

いかがでしたか?この記事では、大学生が車を買うために必要な情報をまとめてきました。

最後に重要なポイントをいくつか紹介しておきます。

  • 大学生が車を買うためには6つのコストがかかる
  • シミュレーションによると毎月のコストは約5万円
  • 車購入費用や自動車保険を節約することでコストは下げられる
  • 車は新古車を買うなどして購入コストを下げる
  • 下取り車がある場合は車一括査定を使ってお得に買い換える

シミュレーションの結果、大学生でも車を買うことはできるというのがわかりました。

しかしコストは最低限にしなければ車を使って生活することができないので、あらゆるサービスを活用してなるべく安く車を維持しましょう。

税金や自動車税は安くすることができないので、車購入費用や保険料を節約することをオススメします。

おすすめ記事

659view
安い中古車=粗悪は本当?最高コスパの1台を見つけ出す簡単テクニックと見分け方

安い中古車を探したい 安い中古車の探し方を知りたい 安く出回っているオススメの中古車を知りたい コスパの良い中古車を知り ...

1,170view

車を売りたいが、その車が古くて売却方法に困っている人 動かないボロボロの車を買取してもらいたい人 古い車であってもできる ...

174view
【チェック表つき】中古車購入・売却の必要書類と手配方法の完全マニュアル!

・中古車の購入時、どんな書類が必要なのか知っておきたい人 ・中古車購入の必要書類の手配方法を先に知りたい人 ・必要書類を ...

1,663view
ガリバーTOPページ

ガリバーのテレビCMを見てどんな買取業者か気になっている人 車を売ろうと考えていて、ガリバーを使おうと思っている人 どう ...

-中古車購入, 新車購入

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.