代車をぶつけたら自腹で弁償!回避方法や損せず対処する方法を解説

更新日:

  • 代車をぶつけたらどうなるのか知りたい人
  • 代車をぶつけた後の対処法が知りたい人
  • 代車の修理代を支払うのが嫌でいい方法を探している人

車をぶつけることは誰にでもあり、それは自分の車でも代車でも同じです。

もし代車をぶつけたら、修理は誰がすることになるのでしょうか?

  • できれば修理代を払いたくない
  • 代車をぶつけたらどうしたらいい?
  • 代車を借りる前に注意すべきことを知りたい

この記事は、代車をぶつけた人に役立つ情報が満載。

修理代は誰が払うのか、免除されるのはどんなときか、自動車保険は使えるのかという情報をわかりやすく解説。

一般的に、代車をぶつけたら「自腹」で修理することになるため、この記事をしっかり読んで対処法を学んでおきましょう。

滝俊晴

【執筆・監修】リユース営業士

滝俊晴

古物商を取得し、自ら中古車売買を経験。リユース系メディアの編集長時代には、買取業者への取材を積極的に行う。独立後は自身の経験と知識を活かし、価値のあるコンテンツ制作に注力している。また、前職時にカービューやユーカーパックの取材経験がある。

資格リユース営業士、元古物商

代車は無料で借りられる

車を修理に出したり車検を通したり、自分の車をディーラーに預けるシーンはいくつか思い浮かびます。

その時用意してくれるのが代車ですが、基本的に代車は無料で借りることができます。

レンタカーのような手続きは必要なく、借りれる期間も「修理が終わるまで」「車検や整備が終わるまで」とまばらです。

そのかわり、レンタカーのようなキレイな新車が貸し出されることは基本的にありません。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
大体がディーラーが下取りした「とりあえず乗れる車」だよ!

まれに新車が貸し出されることもありますが、それは「買い替え促進」などのサービス的な要因が大きいと言われています。

つまり代車はあくまでディーラーに自分の車を預けている間の「足」になる程度の車と言えるのです。

パンダ店長困惑表情
パンダ店長
無料で借りられる代わりに、代車は多くの場合が無保険状態なんだ。

代車はレンタカーと違い無料で貸し出してくれますが、基本的には任意保険に加入していません。

借りている期間は自分の車の自動車保険を使うことになり、それがレンタカーとの最大の違いと言えるでしょう。

代車の利用は無料?事故やトラブル時の対処法としておくべきこと2つ

車をディーラーに預ける予定で代車について知りたい人 代車で事故やトラブルが起きた時の対応を知りたい人 代車を借りる際の注 ...

続きを見る

まどか疑問表情
まどか
じゃあそれって万が一事故を起こしちゃった時どうなるんですか?
パンダ店長通常表情
パンダ店長
残念ながら自腹の修理になるんだ。詳しくは次章で説明していくよ。

代車をぶつけたら「自腹」で直す

代車は無料で借りられる代わり、任意保険に加入していない状態で渡されます。

つまり万が一事故を起こしてしまった場合、自腹で修理をすることになるのです。

新車をディーラーで買ったとしても、自動車保険は自分で加入します。

それと同じで、ディーラーが用意してくれるはあくまで「代わりの車」ということ。

自動車保険は自分で用意しておく必要があるのです。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
ディーラーでは代車を貸し出す際、その説明を口頭または書類でしているよ!

ディーラーで代車を借りる際は、担当者の説明をよく聞いておきましょう。

「自動車保険に加入していないこと」、「万が一事故を起こした場合は自腹で弁償すること」の2点が必ず説明されます。

丁寧なディーラーだと書類で渡されることもあるので、必ず目を通しておきましょう。

事故を起こしたら自分の自動車保険を使う

気をつけていても避けられないのが交通事故です。

代車を使っている時に事故を起こしたら、まずは自分の自動車保険を使うことになります。

その時注意したいのが「他車運転特約」を付けているかどうか。

他車運転特約とは、自分が他の車を運転していて事故を起こした時でも保険が使えるというもの

これに入っていない場合、加入している自動車保険は契約している車にしか適用されません。

せっかく自動車保険に入っていても全額自腹で弁償することになるため、代車を借りる前に絶対に確認しておくべき事項なのです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
ディーラーで勧められた自動車保険に加入している場合、営業マンが保険の加入状況を調べてくれるよ!

基本的にはディーラー任せでいいものの、担当者が説明を忘れる場合もあります。

それでも自動車保険の契約は絶対なので、確実に保険に加入しているかどうかの確認を行いましょう。

代車は慣れない車であるため、いつもより事故のリスクが増します。

事故は起こさなくても巻き込まれることもあるので、確認を怠るわけにはいきません。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
とは言え、自腹で弁償しなくてもいい「例外」もあるから次章で詳しく説明していくよ!

代車をぶつけても請求されない3つのケース

基本的に事故を起こしたら自腹で弁償しなければいけない代車ですが、例外となるケースが3つほどあります。

本章ではどんな時に例外になるのかをわかりやすくまとめました。

修理代を請求されない3つのケース
  • ケース1.代車がボロボロでディーラーが気にしない場合
  • ケース2.日頃からディーラーとの付き合いが良好な場合
  • ケース3.自分の過失が0の事故の場合
パンダ店長通常表情
パンダ店長
それぞれどういうことか、わかりやすく説明していくよ!

ケース1.代車がボロボロでディーラーが気にしない場合

貸し出された代車がボロボロで、軽くぶつけてしまった程度であれば修理代を請求されないことがほとんど。

ディーラーも代車は下取り車の中でも価値が低いものを使う傾向があるため、走行に支障がなければそのまま使うことがあるのです。

その上車検のタイミングで廃車にしてしまうことも多く、「廃車予定だから修理代はいらない」と言ってもらえることもあります。

とはいえ、修理代を請求されないのは軽微な傷や凹みだけ。

走行に支障が出るような事故を起こしてしまったら、間違いなく修理代を請求されるので注意しましょう。

まどか表情笑顔
まどか
これには日頃のディーラーとの付き合いも大きく影響してきます。

ケース2.日頃からディーラーとの付き合いが良好な場合

もし、日頃からささいなメンテナンスもディーラーにお願いしているような場合、修理代を請求されない可能性があります。

つまり、日頃からディーラーと良好な関係を築けているかどうかがポイントとなるのです。

ディーラーとしても、お得意様から修理代をもらうわけにはいかないと考えます。

それがキッカケで関係が途切れてしまったり、もう新車を買ってもらえないことを考えると、修理代はディーラーが負担した方が安いと判断されることもあります。

例えば自分の車が買い替え時期だった場合、「新車を買うから見逃して欲しい」と交渉することも可能。

軽微な傷や凹みであれば、ディーラーは修理代を出してもらうより新車を買ってもらった方が利益が大きいのです。

近々新車を買ってくれるお客さんを責めることはしないので、日頃からディーラーとはいい関係を築いておくことをオススメします。

まとか通常表情
まどか
家族ぐるみで同じディーラーを利用しているなどの場合もお得意様となりますね。

ケース3.自分の過失が0の事故の場合

これは特殊なケースですが、巻き込み事故で自分の過失が0だった場合、当然ですが修理代は相手が全額支払うことになります。

しかし過失が0になるケースは稀です。

停車中に後続車両が突っ込んできたなど、誰が見ても相手が悪いという時以外、過失割合が0になることはありません。

もし当て逃げなどされてしまったら、相手が悪かったとしても自分が修理代を全額支払うことになるので注意しましょう。

まどか困惑表情
まどか
当て逃げされてしまった場合は、きちんと警察に届け出て代車を貸してくれているディーラーと協議することをオススメします。

上記3つのケース以外、代車の事故は自分が弁償することになります。

その時に使うのが自動車保険ですが、保険は使うことによって大幅に保険料がアップしてしまいます。

具体的にいくらぐらい保険料が変わるのか、試算の結果を次章で紹介します。

保険で修理すると保険料は大幅アップになる

自動車保険を使って車を直すと、等級が3つもダウンしてしまいます。

その上ペナルティ等級といって、3年間は特別保険料が適用されます。

そのため一度自動車保険を使うとその後3年間は非常に高い保険料を支払う必要があるのです。

実際にどれくらい金額が変わるのか、表にしてまとめました。

現在の等級が20等級のケース

年間保険料事故有17等級事故有18等級事故有19等級事故なし20等級無事故との差額
5万円84,000円81,000円78,000円50,000円93,000円
7万円117,000円114,000円110,000円70,000円131,000円
10万円168,000円162,000円157,000円100,000円187,000円

現在の等級が15等級のケース

年間保険料事故有12等級事故有13等級事故有14等級事故なし15等級無事故との差額
5万円74,000円72,000円70,000円50,000円97,000円
7万円104,000円101,000円99,000円70,000円138,000円
10万円149,000円145,000円141,000円100,000円197,000円

この試算結果から分かるように、自動車保険を使うと10万円以上の差が生まれてしまうのです。

もし代車をぶつけて自動車保険を使おうかどうか迷ったら、まずは加入している保険会社に「保険を使った場合にいくら保険料が上がるのか」確認しましょう。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
上がる保険料より修理代が安ければ自腹、逆なら保険を使うと覚えておこう。

自動車保険は、加入する会社や条件によって大きく値段が変わってきます。

付帯するサービスも違うため、知らない間にもっといい保険が登場していて損をしていることも少なくありません。

そこで筆者は、定期的に自動車保険を見直すことをオススメしています。

まどか困惑表情
まどか
でも自動車保険って条件とかも難しいし、見直すって言ってもめんどくさそう。
パンダ店長通常表情
パンダ店長
そんな時こそ、カンタンに複数の自動車保険が比較できる一括見積を利用するべきなんだ!

自動車保険一括見積もりとは

自動車保険一括見積もりとは、事故の時の対応力に定評がある大手保険会社を中心に、最大20社に保険料の見積もりを依頼できるサイトのこと

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
保険に加入したい車の情報、今の保険証券を基にした補償内容、連絡先を一度入力するだけでいいんだ!
まとか通常表情
まどか
それなら各社が同じ補償内容で保険料を提示してくれるから、比較がしやすいってことですね!

自動車保険の一括見積もりは申込み方法もカンタンで、誰でも2〜5分程度で完了します。

たったそれだけで、各社が今より安い保険料を提示してくれるのです。

その後は、ロードサービスなどを比較して自分にピッタリな自動車保険を見つけるだけでいいのです。

オススメの自動車保険一括見積もり

自動車保険の一括見積もりについて理解できたところで、どのサイトを利用すればいいのかという疑問が浮かびます。

そこでここでは、オススメの一括見積もりサイトを3つ紹介します。

オススメ1.保険スクエアbang!

保険スクエアbang! 」は最大19社に見積もり依頼ができるサイト。

1998年から約20年に渡り運営していることからも、多くの人に信頼されていることがわかります。

運営会社は株式会社ウェブクルー。

オススメ2.保険の窓口インズウェブ

SBIホールディングスが運営する自動車保険一括見積もりサイトが「 インスウェブ 」です。

最大20社に見積もり依頼ができ、利用者は900万人を突破する大手見積もりサイト。

最短5分で申込みが完了するサイトの使いやすさが特徴です。

オススメ3.価格.com自動車保険

価格比較でお馴染みの価格コムも自動車保険一括見積もりサイトを運営しています。

それが「 価格.com自動車保険 」なのですが、最大18社に見積もり依頼が可能。

しつこい電話営業がなく、気軽に保険料を比較することができます。

まとめ

この記事では、代車をぶつけた場合の対処法を紹介。

最後に重要なポイントを確認しておきましょう。

  • 代車は無料で借りれるが、自動車保険は未加入
  • 代車で事故を起こしたら自腹で修理する必要がある
  • ディーラーとの関係や代車の状態によっては修理代が免除される場合もある
  • 代車の修理は自分の自動車保険で行う
  • 自動車保険を使って代車の修理をすると10万円以上保険料が高くなる

代車はディーラーの所有物です。

いつも以上に安全運転をする必要がありますが、それでもぶつけたという時もあるでしょう。

その時は「自腹で修理する」、「修理しなくて良い」の2つをディーラーと協議し、自腹で修理となったら「自動車保険を使う/使わない」の2択となります。

ディーラーなら的確な対応をしてくれるので、代車をぶつけたらまずはディーラーに相談しましょう。

パンダ店長のキャンペーン

-クルマの知識

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.