8万キロでも全然問題なし!中古車の走行距離からお得&安全な1台を選ぶカンタンSTEP

投稿日:

8万キロでも全然問題なし!中古車の走行距離からお得&安全な1台を選ぶカンタンSTEP
  • 8万キロを超えた車は安全なのか知りたい人
  • 8万キロ超えの中古車はお得かどうか知りたい人
  • どうしたらお得に安全な中古車が探せるのか知りたい人

新車ではなく中古車を選ぶということは、できるだけお得な買い物をしたいはずですよね。

とはいえ、8万キロを超えた中古車は今後長く乗れるのか心配…。

そんな人も多いのではないでしょうか?

  • 8万キロを超えた中古車って安全なの?
  • 走行距離が増えると中古価格はどうなる?
  • 安心して乗れる8万キロ超えの中古車を探す方法は?

この記事は、そんな要望に全てお応えする内容になっています。

結論を先にお話すると、8万キロを超えた中古車は新車の半額以下で買えるため非常にお得。

この記事の中では、8万キロを超えた中古車でも安全な1台を選ぶポイントや、避けるべき車の条件を紹介しています。

最後まで読むことで、コストパフォーマンスが高い理想の中古車をカンタンに探す方法が身につくでしょう。

【裏技】知る人ぞ知る、レアな中古車や新古車を賢く手に入れる方法!

筆者イチオシの中古車購入「裏技」

ぶっちゃけ、もっとも手軽に「レアな中古車・新古車を手に入れる方法」は何だと思いますか?

それは「中古車販売店に希望の新古車や中古車を探してもらう」こと。そして提案の専用サービスが「 ズバット車販売 」です。

ズバット車販売 」は、中古車情報サイトには掲載されていない未公開車両を「ガリバー」が提案してくれます!

コツは下記のような感じで伝えることです。

  • 新車とほぼ同等の軽自動車がほしい、プリウスがほしい
  • ディーラー試乗車落ちで5,000km以内の中古車がほしい
  • タントで100万以内、新車同等品を提案してほしい
  • 通勤にオススメの車を教えてほしい

ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、時々提案してもらうのがいいですよ!

ズバット車販売の公式サイト

ぶっちゃけ、10万キロ程度までなら問題なし!

ぶっちゃけ、10万キロ程度までなら問題なし!

一般的な感覚として、8万キロ走った中古車というと今後長く乗れる気がしませんよね。

そのため購入をためらってしまいがちですが、10万キロ程度までなら故障の心配はありません。

8万キロ程度ならまだ全然状態のいい車が買えるため、安心して購入できます。

とはいえ、中古車は前のオーナーがどれだけ整備と点検をしてきたかというのが重要なポイント。

この記事では、8万キロを超えた中古車の中でも安全な車をお得に買うための方法を紹介していきます。

走行距離で値段はこれだけ変わってくる!

車の走行距離は、年式と共に増えていくものです。

一般的に年間走行距離というのは0.8〜1万キロであるため、8万キロというのは8〜10年落ちの中古車ということになります。

そこで、8万キロを超えた中古車がどれほどお得なのか、新車価格との比較表を作成しました。

比較車両

  • トヨタ「プリウス」
  • 新車平均価格:300万円
走行距離中古平均価格
1万キロ220万円
2万キロ210万円
3万キロ190万円
4万キロ120万円
5万キロ110万円
6万キロ90万円
7万キロ80万円
8万キロ70万円
9万キロ60万円
10万キロ60万円

※参照:カーセンサー「プリウスの中古車相場表」より

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
8万キロまでくると、新車価格の約43%くらいになるよ!

8万キロを超えているということは、年式もそれなりに経過しています。

中古価格は新車時の半額以下となり、まだまだ乗れる中古車を新車の半額以下で購入できるのは非常にメリットが大きいといえます。

とはいえ、中古車の当たり外れはそれ以外の部分でも大きく変わります。

次章では、同じ8万キロでもお買い得なものとそうではないものの違いを紹介していきます。

同じ8万キロでも年式によって状況と価格は変わる

中古車の条件を「8万キロ」で縛ると様々な状態の車が見つかります。

極端な例を挙げると、1年落ちで8万キロ走っている車は単純に過走行車といえます。

逆に10年落ちの車で走行距離が1万キロという車は、長いこと放置されていた可能性があります。

一番安心なのは、「年式相応の走行距離である」ということ。

本章ではなぜその点が重要なのかを解説していきます。

年式と走行距離、どちらかが偏っているとなぜダメなの?

車は工業製品であるため、定期的に動いていることが長持ちの秘訣です。

長らく使われていない車はオイルが古くなり、部品の動きが鈍くなります。

その状態で高速道路の走行など負荷をかけると、車自体の劣化を早めます。

パンダ店長困惑表情
パンダ店長
年式が古くて走行距離が少ない車は、そうした傾向が多いと言われているよ。

逆に、新車登録から年数が経過していないのに走行距離が多い場合、過酷に使われていたことが予想できます。

走行距離が多くなれば、当然故障のリスクも高まります。

そうした意味でも、「年式相応」の走行距離の車が一番状態がいいと言えるのです。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
1年「8,000〜1万キロ」程度走行していた車がベストだよ!

そこで、これから「8万キロ×低年式」、「8万キロ×高年式」のケースに分けて、どう価格が変わるのかを解説していきます。

8万キロ×低年式のケース

年間1万キロを走行している平均的なケースでは、8万キロを達成するためには8年かかります。

しかし、それ以下の走行距離の車は「8万キロ×低年式」に分類されます。

まとか通常表情
まどか
例えば「15年落ちで8万キロ」という車はこのケースに分類されますね。

こうした車は、長く使われていなかった可能性があるため、今後急激な使用条件の変化に対応できず故障する可能性があります。

そんな車が中古車市場でどう評価されているのか、一例を紹介しましょう。

価格変化の事例1

  • 車種:トヨタ「プリウス」
  • 走行距離:8万キロ
  • グレード:「1.8S」
年式中古車価格
平成26年(5年落ち)104万円
平成25年(6年落ち)91万円
平成24年(7年落ち)85万円
平成23年(8年落ち)69万円
平成22年(9年落ち)64万円
平成21年(10年落ち)39万円

※参照:カーセンサー「プリウスの中古車」より

パンダ店長通常表情
パンダ店長
8年が底値で、9年落ちと価格差がそうないことがわかるね。

価格変化の事例2

  • 車種:ホンダ「フィット」
  • 走行距離:8万キロ
  • グレード:「1.3G」
年式中古車価格
平成26年(5年落ち)95万円
平成25年(6年落ち)70万円
平成24年(7年落ち)50万円
平成23年(8年落ち)40万円
平成22年(9年落ち)40万円
平成21年(10年落ち)30万円

※参照:カーセンサー「フィットの中古車」より

パンダ店長通常表情
パンダ店長
7年落ちでモデルが1つ前になるから、価格が急に下がっているね。

2つの結果から、同じ8万キロでも年式が新しい方が価格が高いことが分かりました。

当然の結果といえますが、どちらも8年落ちが底値ということも判明。

「1年1万キロ」を走った車が一番コストパフォマンスが高いと言えるでしょう。

8万キロ×高年式のケース

8万キロを走るためには一般的には8年がかかりますが、過走行車となれば新しくても8万キロ以上走っているケースも珍しくありません。

そこで、8万キロ以上走っているけど年式が新しい車はどう評価されているのか、中古車の価格を見ていきましょう。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
新しい車だけど走行距離が多いという車は、経年劣化の故障の可能性は低いけど、走行過多による故障の可能性は高くなるよ!

価格変化の事例1

  • 車種:トヨタ「プリウス」
  • 走行距離:8万キロ
  • グレード:「1.8A」
年式中古車価格1年1万キロの中古車の価格
平成31年(新車)-248万円
平成30年(1年落ち)-220万円
平成29年(2年落ち)200万円215万円
平成28年(3年落ち)156万円185万円
平成27年(4年落ち)153万円160万円
平成26年(5年落ち)129万円139万円

※参照:カーセンサー「プリウスの中古車」より

パンダ店長通常表情
パンダ店長
過走行車ということもあり、平均的な走行距離の車に比べると比較的価格が安くなっていることがわかるね。

価格変化の事例2

  • 車種:ホンダ「フィット」
  • 走行距離:8万キロ
  • グレード:「1.3G」
年式中古車価格1年1万キロの中古車の価格
平成31年(新車)-142万円
平成30年(1年落ち)-130万円
平成29年(2年落ち)-113万円
平成28年(3年落ち)83万円103万円
平成27年(4年落ち)77万円99万円
平成26年(5年落ち)69万円95万円

※参照:カーセンサー「フィットの中古車」より

パンダ店長通常表情
パンダ店長
あまり年式の新しい車だと、そもそも8万キロ走っている中古車が出てこないケースがあるんだ。

このように、同じ8万キロ超えの中古車でも年式や状況によって価格は変わります。

長い目で見て故障の心配がなく、なおかつ安く買えるのは「1年1万キロ走行している」中古車でしょう。

次章では、8万キロを超えていても安全な中古車の共通点を紹介します。

8万キロ超えでも安全な中古車の共通点

8万キロ超えでも安全な中古車の共通点

ここまでお話しした通り、8万キロ走行している車といえば、購入後に全くトラブルの心配がないとはいい切れません。

そこで本章では、少しでも安全な車が選べる、2つのポイントを紹介します。

8万キロ超えの中古車でも安全といえる2つの共通点

  1. ディーラーが販売している中古車
  2. 点検記録簿が付いている中古車

1.ディーラーが販売している中古車

8万キロを超えた中古車でも、ディーラーが販売している車なら安心できます。

それもディーラーと同一メーカーの中古車ならなお安心です。

例えばトヨタディーラーで売っているプリウスの中古車なら、販売前にディーラーならではのノウハウで点検や整備がされています。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
ディーラーのお客さんが乗り換えで下取りに出した可能性もあるから、そういう車ならより安心だよ!

2.点検記録簿が付いている中古車

点検記録簿というのは、定期点検や車検の際にどこを整備したのか記録してある紙です。

半年〜1年ごとに1枚発行されるのですが、これが全て揃っている車はしっかり整備されてきた車といえます。

車検証と一緒に保管されていることが多いので、点検記録簿はしっかり確認しておきましょう。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
8年落ちの車なら、8〜16枚あれば安心だね!

この2つのポイントが、安全な中古車を見分ける方法です。

次章では、危険な8万キロ超えの中古車の特徴を紹介します。

現車確認で気を抜かない!危険な8万キロ超え中古車の兆候

現車確認で気を抜かない!危険な8万キロ超え中古車の兆候

安全な車もあれば、逆に危険な車もあるのが中古車の特徴。

そこで本章では、危険な8万キロ超えの中古車にありがちな2つのポイントを紹介します。

危険な8万キロ超えの中古車の兆候2つ

  1. エンジンオイルがきちんと交換されていない車
  2. 見えない部分が激しく傷んでいる車

1.エンジンオイルがきちんと交換されていない車

エンジンオイルは5,000〜1万キロで定期交換するもの。

その定期交換を怠っていた車は、今後エンジンが焼き付いてしまう可能性があります。

確認する方法は、先に紹介した点検記録簿で交換記録を見ること。

それ以外には、運転席の周辺にオイル交換履歴を記録したステッカーが貼ってあることが多いので、それを確認しましょう。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
もちろん、エンジンオイルが漏れていないことも要確認だよ!

2.見えない部分が激しく傷んでいる車

車のボディや内装は掃除をすればかなりキレイになります。

しかし下回りを覗き込んだ時にサビが多い車両や、ボンネットを開けた時に溶接部分が傷んでいる車は要注意。

長いこと手入れを怠っていたか修復をした可能性があります。

こうした車は今後長く乗る間に異音やガタツキに悩まされることになるため、注意が必要です。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
修復歴があるかどうかも確認するのを忘れちゃいけないね!

知る人ぞ知る裏技!8万キロ以上で安全な中古車を購入する方法

ここまでの説明を聞いて、8万キロを超えた中古車で安全なものを探すのは難しい…と感じた人も少なくないでしょう。

確かな知識を持っている人でも「確実に安全」といい切れる中古車を探すのは難しく、知識がなければ難しいことは明白です。

まどか困惑表情
まどか
それって、8万キロ超えの中古車はお得だけど、安全な1台を買うのは難しいってことなんですか?
パンダ店長通常表情
パンダ店長
そうだね…。だからこそ「プロ」に車探しをお願いしてしまえばいいんだ!

新車同然の車が見つかるオススメな方法

車を安く買うなら中古車一択になります。

ただ、中古車の購入で不安なこと・・・それは「安心感」です。

これから長く乗る車なので、壊れない車にしたい。

そこで筆者は、クルマコネクト 」「 ズバット車販売 」の両サービスの利用をオススメします。

この2つのサービスの特徴をこれから紹介していきます。

プロが車探しをしてくれる2つのサービス

クルマコネクトとズバット車販売というオススメサービスでは、どちらも理想の中古車をプロが探し出してくれます。

まずは両者の特徴をカンタンに説明しましょう。

クルマコネクトとは

クルマコネクトのTOPページ

クルマコネクトのTOPページ

※画像出典:ガリバー「 クルマコネクト 」より

クルマコネクトは中古車買取業者の最大手であるガリバーが運営する、中古車検索サービス。

AIの「チャクト」が欲しい車の条件を質問してくれるので、それらに回答するだけで希望の車を見つけることができます。

チャクトとの会話以外にもガリバーのスタッフもチャットに参加してくれるため、欲しい車の難しい質問なども受け付けてもらえます。

まどか驚き表情
まどか
チャットで会話するだけで理想の中古車を探してくれるなんて便利なサービスですね。

ズバット車販売とは

※画像出典:「 ズバット車販売 」より

ズバット車販売は株式会社ウェブクルーが運営する中古車検索サービスです。

欲しい車のメーカーや大体の年式などを入力するだけで、大手買取店のガリバーが理想の1台を探してくれます。

申込み後すぐにガリバーから電話がかかってくるので、スタッフと相談しながらより具体的な条件を決めます。

その後は最寄りのガリバー店舗で車種の提案を受けるという流れ。

それだけで自分の理想に近い中古車に出会えます。

まとか通常表情
まどか
ズバット車販売も中古車検索はガリバーが行ってくれるんですね!

重要なポイントまとめ

いかがでしたか?この記事では、8万キロ超えの中古車について詳しく説明してきました。

最後に重要なポイントを箇条書きで確認していきましょう。

  • 中古車は10万キロまでなら何の問題もない
  • 走行距離8万キロは中古車の底値であることが多くお得
  • 「1年1万キロ」で年式相応の走行距離の車が安心
  • ディーラーの中古車なら8万キロ超えていても安心
  • 安全な中古車を探したいならプロに任せるのが一番いい

これだけ覚えておけば、中古車探しで失敗することはありません。

8万キロを超えた中古車は、正しく選べば安全かつ新車価格の半額以下になり、非常にお買い得な車といえます。

距離的にもまだまだ乗れるため、長く乗れるお得な1台を探す時には、8万キロを超えた車から探してみるのもいいでしょう。

パンダ店長のキャンペーン

-中古車購入

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.