8万キロでも全然問題なし!中古車の走行距離からお得&安全な1台を選ぶカンタンSTEP

8万キロでも全然問題なし!中古車の走行距離からお得&安全な1台を選ぶカンタンSTEP

こんな悩みをスッキリ解消

  • 8万キロを超えた車は安全なのか知りたい!
  • 8万キロ超えの中古車はお得かどうか知りたい!
  • どうしたらお得に安全な中古車が探せるのか知りたい!

これを読んでいただいているあなたは、中古車の購入を検討されていると思います。

中古車を買う以上は、できるだけ安全・お得な買い物をしたいですよね。

しかし、8万キロを超えた中古車・走行距離の長い中古車は今後長く乗れるのか心配…と思っていないでしょうか。

結論を先にお話すると、8万キロを超えた中古車は新車の半額以下で買えると同時に、ちゃんと選べば安全性も高いため非常にお得なんです。

「とはいうけど、粗悪な車もあるってことでしょ?どう選べばいいの?」と思ったあなた。

この記事では、8万キロを超えた中古車でも安全な1台を選ぶポイントや、避けるべき車の条件を紹介していますので安心してくださいね。

最後まで読むことで、コストパフォーマンスが高い理想の中古車をカンタンに探す方法が身につくでしょう。

ではまいりましょう!

滝俊晴

【執筆・監修】リユース営業士

滝俊晴

古物商を取得し、自ら中古車売買を経験。リユース系メディアの編集長時代には、買取業者への取材を積極的に行う。独立後は自身の経験と知識を活かし、価値のあるコンテンツ制作に注力している。また、前職時にカービューやユーカーパックの取材経験がある。

資格古物商、リユース営業士

当サイトの情報更新ポリシー

当サイトは、紹介している一部サービスが読者様に使用された時に支払われる報酬によって運営が成り立っています。頂いた報酬は、調査やコンテンツ制作に使用し、正しい・最新の情報をお届けできるように努めています。読者様に合わせたベストな選択を提案しておりますが、もし異なる意見がございましたら、問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。詳細は「運営ポリシー」をご確認ください。

走行距離について:ぶっちゃけ、8~10万キロ程度までなら問題なし!

中古車の走行距離に対しての一般的な意見として、8万キロ走った中古車は長く乗れない…という人も多いです。

しかし中古車のプロの意見をお伝えすると、10万キロ程度までならそうそう故障の心配はありません。

8万キロ程度ならまだ全然状態のいい車も安く見つかるでしょう。

試しに、走行距離と値段の関係について実例を検証してみましょう!

走行距離で値段はこれだけ変わってくる!実例を紹介

車の走行距離は、通常年式と共に増えていきます。

一般的に年間走行距離というのは0.8〜1万キロの範囲が多く、8万キロというのは約8〜10年落ちの中古車ということになります。

そこで、8万キロを超えた中古車がどれほどお得なのか、新車価格との比較表を作成しました。

比較車両

  • トヨタ「プリウス」
  • 新車平均価格:300万円
走行距離 中古平均価格
1万キロ 220万円
2万キロ 210万円
3万キロ 190万円
4万キロ 120万円
5万キロ 110万円
6万キロ 90万円
7万キロ 80万円
8万キロ 70万円
9万キロ 60万円
10万キロ 60万円

※参照:カーセンサー「プリウスの中古車相場表」より

8万キロまでくると、新車価格の約43%くらいになることがわかるね!
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長

中古価格は新車時の半額以下となり、まだまだ乗れる中古車を新車の半額以下で購入できるのは非常にメリットが大きいといえるでしょう。

とはいえ、8万キロの中古車=当たりではないことはお伝えした通り。

次章では、同じ8万キロでもお買い得なものとそうではないものの違いを紹介していきます。

同じ8万キロでも年式によって状況と価格は変わる

中古車の条件を「8万キロ」で縛ると様々な状態の車が見つかります。

極端な例を挙げると、1年落ちで8万キロ走っている車は単純に過走行車といえます。

逆に10年落ちの車で走行距離が1万キロという車は、長いこと放置されていた可能性があります。

つまり、走行距離・年式のバランスが極端な車は避けた方が良いんですね。

一番安心なのは、「年式相応の走行距離である」ということ。

年式と走行距離、どちらかが偏っているとダメな理由

車は工業製品であるため、定期的に動かしていることが長持ちの秘訣です。

長らく使われていない車はオイルが古くなり、部品の動きが鈍くなるんです。

その状態で高速道路の走行など負荷をかけると、車自体の劣化を早めます。

年式が古くて走行距離が少ない車は、そうした傾向が多いと言われているんだ。
パンダ店長困惑表情
パンダ店長

逆に、新車登録から年数が経過していないのに走行距離が多い場合、ハードに使われていたことが予想できます。

使用期間に対して走行距離が多くなれば、当然故障のリスクも高まります。

そうした意味でも、「年式相応」の走行距離の車が一番状態がいいのです。

再度目安を伝えると1年「8,000〜1万キロ」程度走行していた車がベストだよ!
パンダ店長通常表情
パンダ店長

次は「8万キロ×低年式」、「8万キロ×高年式」のケースに分けて、どう価格が変わるのかの事例を見ていきましょう。

「いや、安全な中古車選びのポイントを知りたいんだ!」という人は「8万キロ超えでも安全な中古車の共通点」までスキップしてください。

8万キロ×低年式のケース

年間1万キロを走行している平均的なケースでは、8万キロを達成するためには単純計算で8年かかります。

しかし、それを大きく下回る年間走行距離の車は「8万キロ×低年式」に分類されます。

まとか通常表情
まどか
例えば「15年落ちで8万キロ」という車はこのケースに分類されますね。

こうした車は、長く使われていなかった可能性があるため、今後急激な使用条件の変化に対応できず故障する可能性があります。

そんな車が中古車市場でどう評価されているのか、一例を紹介しましょう。

価格変化の事例1

  • 車種:トヨタ「プリウス」
  • 走行距離:8万キロ
  • グレード:「1.8S」
年式 中古車価格
平成26年(5年落ち) 104万円
平成25年(6年落ち) 91万円
平成24年(7年落ち) 85万円
平成23年(8年落ち) 69万円
平成22年(9年落ち) 64万円
平成21年(10年落ち) 39万円

※参照:カーセンサー「プリウスの中古車」より

8年が底値で、9年落ちと価格差がそうないことがわかるね。
パンダ店長通常表情
パンダ店長

価格変化の事例2

  • 車種:ホンダ「フィット」
  • 走行距離:8万キロ
  • グレード:「1.3G」
年式 中古車価格
平成26年(5年落ち) 95万円
平成25年(6年落ち) 70万円
平成24年(7年落ち) 50万円
平成23年(8年落ち) 40万円
平成22年(9年落ち) 40万円
平成21年(10年落ち) 30万円

※参照:カーセンサー「フィットの中古車」より

7年落ちでモデルが1つ前になるから、価格が急に下がっているね。
パンダ店長通常表情
パンダ店長

2つの結果から、同じ8万キロでも年式が新しい方が価格が高いことが分かりました。

当然の結果といえますが、どちらも8年落ちが底値ということも判明。やはり「1年1万キロ」を走った車が一番コストパフォマンスが高いと言えるでしょう。

8万キロ×高年式のケース

8万キロを走るためには一般的には8年がかかりますが、過走行車となれば新しくても8万キロ以上走っているケースも珍しくありません。

そこで、8万キロ以上走っているけど年式が新しい車はどう評価されているのか、中古車の価格を見ていきましょう。

新しい車だけど走行距離が多いという車は、経年劣化の故障の可能性は低いけど、走行過多による故障の可能性は高くなるよ!
パンダ店長通常表情
パンダ店長

価格変化の事例1

  • 車種:トヨタ「プリウス」
  • 走行距離:8万キロ
  • グレード:「1.8A」
年式 中古車価格 1年1万キロの中古車の価格
平成31年(新車) - 248万円
平成30年(1年落ち) - 220万円
平成29年(2年落ち) 200万円 215万円
平成28年(3年落ち) 156万円 185万円
平成27年(4年落ち) 153万円 160万円
平成26年(5年落ち) 129万円 139万円

※参照:カーセンサー「プリウスの中古車」より

過走行車ということもあり、平均的な走行距離の車に比べると比較的価格が安くなっていることがわかるね。
パンダ店長通常表情
パンダ店長

価格変化の事例2

  • 車種:ホンダ「フィット」
  • 走行距離:8万キロ
  • グレード:「1.3G」
年式 中古車価格 1年1万キロの中古車の価格
平成31年(新車) - 142万円
平成30年(1年落ち) - 130万円
平成29年(2年落ち) - 113万円
平成28年(3年落ち) 83万円 103万円
平成27年(4年落ち) 77万円 99万円
平成26年(5年落ち) 69万円 95万円

※参照:カーセンサー「フィットの中古車」より

あまり年式の新しい車だと、そもそも8万キロ走っている中古車が出てこないケースがあるんだ。
パンダ店長通常表情
パンダ店長

このように、同じ8万キロ超えの中古車でも年式や状況によって価格は変わります。

長い目で見て故障の心配がなく、なおかつ安く買えるのは「1年1万キロ走行している」中古車だと再度強調しておきますね。

次章ではいよいよ、8万キロを超えていても安全な中古車の共通点を紹介します。

8万キロ超えでも安全な中古車の共通点を紹介!

8万キロ超えでも安全な中古車の共通点

ここまでお話しした通り、8万キロ走行している車といえば、購入後に全くトラブルの心配がないとはいい切れません。

そこで本章では、少しでも安全な車が選べる、2つのポイントを紹介します。

8万キロ超えの中古車でも安全といえる2つの共通点

  1. ディーラーが販売している中古車
  2. 点検記録簿が付いている中古車

1.ディーラーが販売している中古車

8万キロを超えた中古車でも、ディーラーが販売している車なら安心できます。

それもディーラーと同一メーカーの中古車ならなお安心です。

例えばトヨタディーラーで売っているプリウスの中古車なら、販売前にディーラーならではのノウハウで点検や整備がされています。

ディーラーのお客さんが乗り換えで下取りに出した可能性もあるから、そういう車ならより安心だよ!
パンダ店長通常表情
パンダ店長

2.点検記録簿が付いている中古車

点検記録簿というのは、定期点検や車検の際にどこを整備したのか記録してある書類のこと。

半年〜1年ごとに1枚発行されるのですが、これが全て揃っている車はしっかり整備されてきた車といえます。

車検証と一緒に保管されていることが多いので、点検記録簿はしっかり確認しておきましょう。

8年落ちの車なら、8〜16枚あれば安心だね!
パンダ店長通常表情
パンダ店長

この2つのポイントが、安全な中古車を見分ける方法です。

次章では、危険な8万キロ超えの中古車の特徴を紹介します。

現車確認で気を抜かない!危険な8万キロ超え中古車の兆候

現車確認で気を抜かない!危険な8万キロ超え中古車の兆候

安全な車もあれば、逆に危険な車もあるのが中古車の特徴。

そこで本章では、危険な8万キロ超えの中古車にありがちな2つのポイントを紹介しますね。

これを回避することが安全な中古車探しのコツと言ってもいいんです。

危険な8万キロ超えの中古車の兆候2つ

  1. エンジンオイルがきちんと交換されていない車
  2. 見えない部分が激しく傷んでいる車

1.エンジンオイルがきちんと交換されていない車

エンジンオイルは5,000〜1万キロで定期交換するもの。

その定期交換を怠っていた車は、今後エンジンが焼き付いてしまう可能性があります。

確認する方法は、先に紹介した点検記録簿で交換記録を見ること。

それ以外には、運転席の周辺にオイル交換履歴を記録したステッカーが貼ってあることが多いので、それを確認しましょう。

もちろん、エンジンオイルが漏れていないことも要確認だよ!
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長

2.見えない部分が激しく傷んでいる車

車のボディや内装は掃除をすればかなりキレイになります。

しかし下回りを覗き込んだ時にサビが多い車両や、ボンネットを開けた時に溶接部分が傷んでいる車は要注意。

長いこと手入れを怠っていたか修復をした可能性があります。

こうした車は今後長く乗る間に異音やガタツキに悩まされることになるため、注意が必要です。

修復歴があるかどうかも確認するのを忘れちゃいけないね!
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長

知る人ぞ知る裏技!8万キロ以上で安全な中古車を購入する方法

さて、ここまでの説明を聞いて、8万キロを超えた中古車で安全な1台を探すのは難しそう…と感じた人も少なくないでしょう。

確かに知識を持っている人でも「確実に安全」といい切れる中古車を探すのは難しいものです。

まどか困惑表情
まどか
8万キロ超えの中古車はお得だけど、素人では安全な1台を買うのは難しいってことなんですか?
そうだね…。だからこそ「プロ」に車探しをお願いしてしまえばいいんだ!
パンダ店長通常表情
パンダ店長

8万キロ以上でも安全な中古車が見つかるオススメな方法

「コスパがいい走行距離の車でも、自力で探したせいで損をするのは避けたい!」

そんな人に筆者は、ズバット車販売 」のサービスをオススメします。

プロが車探しをしてくれるズバット車販売

ズバット車販売は株式会社ウェブクルーが運営する中古車提案サービス。

欲しい車のメーカーや大体の年式などを入力するだけで、大手買取店のガリバーが理想の1台を探してくれます。

コツは下記のような感じで伝えることです。

  • 新車とほぼ同等の軽自動車がほしい、プリウスがほしい
  • ディーラー試乗車落ちで5,000km以内の中古車がほしい
  • タントで100万以内、新車同等品を提案してほしい
  • 通勤にオススメの車を教えてほしい

その後は最寄りのガリバー店舗で車種の提案を受けるという流れ。

それだけで自分の理想に近い中古車に出会えます。

まとか通常表情
まどか
ズバット車販売も中古車検索はガリバーが行ってくれるんですね!

非公開車両からの中古車探し【ズバット 車販売】

毎日約500台入荷の大量在庫の中から、ご希望の車をお探しします!ほしい車の情報を入力したら、あとは連絡がくるのを待つだけ。中古車の探し方...

続きを見る

※ほしい車両が無かったら購入する必要はありません。

【裏技】愛車の最高額をチェック&下取りよりも数十万高く売れる

筆者イチオシの愛車を高く売る「裏技」

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

そこでオススメが「車一括査定」というサービスです。車一括査定を使うと、複数社の査定額を比較

ディーラー下取りや買取店1社よりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中です。

楽天カーサービス公式サイト 【概算価格も一緒に分かる・依頼だけで楽天ポイントがもらえる】

カーセンサー公式サイト 【とにかく高く売りたい人は最大手のココ】

重要なポイントまとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!最後に、8万キロの中古車について要点をまとめておきますね。

  • 中古車は10万キロまでなら何の問題もない
  • 走行距離8万キロは中古車の底値であることが多くお得
  • 「1年1万キロ」で年式相応の走行距離の車が安心
  • ディーラーの中古車なら8万キロ超えていても安心
  • 安全な中古車を探したいならプロに任せるのが一番いい

気になるワードでチェック

パンダ店長のキャンペーン

パンダ店長のキャンペーン

\内容はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

石川 貴裕

名古屋のIT企業にて、車一括査定のサービス責任者を経験。その間に車買取会社やJPUCの会議などに参加。新卒時代に車一括査定を利用して30万円高く売れたことを経験。情報格差で損をしている人が多く疑問を感じたため、当サイトを立ち上げ。現在は、古物商許可を取得、中古車売買を行っている。(愛知県公安委員会 第541182000600号)

-中古車購入

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , All Rights Reserved.