7万キロでも全然走れる!走行距離からお得&安全な中古車を選ぶ完全マニュアル

7万キロでも全然走れる!走行距離からお得&安全な中古車を選ぶ完全マニュアル

こんな悩みをスッキリ解消

  • 7万キロ超の中古車って大丈夫?
  • 7万キロを超えた中古車の価格相場を知りたい
  • 7万キロを超えた中古車は、ぶっちゃけお買い得なのか知りたい

中古車は走行距離が長く、年式が古いほど安くなる傾向にあります。

この記事を見てくれているあなたは何となくでも「ベストなのは7万キロ前後では?」「7万キロ走った中古車ってどうなんだろう?」と思っていませんか? 

結論からいうと、7万キロを超えた中古車でも「オイル交換をはじめとした定期メンテナンスさえされていれば安心できる」のが真実です。

ただし、定期メンテナンスをされておらず、ただ車検だけ通してきた車両は危険。ちょうど故障が出始める時期になります。

定期的なメンテナンスがされていれば7万キロ走行の中古車はお得

危険な兆候を回避できれば、7万キロ走行の中古車はかなりオイシイです!

そこで今回は、7万キロを目安に中古車選びをするときに、注意すべきポイントや年式と走行距離の選び方について説明していきましょう。

この記事を最後まで見ていただければ、お得さと安全性を両立させたベストな中古車探しができるようになりますよ。 

滝俊晴

【執筆・監修】リユース営業士

滝俊晴

古物商を取得し、自ら中古車売買を経験。リユース系メディアの編集長時代には、買取業者への取材を積極的に行う。独立後は自身の経験と知識を活かし、価値のあるコンテンツ制作に注力している。また、前職時にカービューやユーカーパックの取材経験がある。

資格古物商、リユース営業士

当サイトの情報更新ポリシー

当サイトは、紹介している一部サービスが読者様に使用された時に支払われる報酬によって運営が成り立っています。頂いた報酬は、調査やコンテンツ制作に使用し、正しい・最新の情報をお届けできるように努めています。読者様に合わせたベストな選択を提案しておりますが、もし異なる意見がございましたら、問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。詳細は「運営ポリシー」をご確認ください。

走行距離のホンネ:ぶっちゃけ、10万キロ程度までなら問題なし!

この記事では「7万キロ」の中古車についてお話ししていきますが、まず走行距離のキホンをお伝えしますね。

正直なところ、ここ最近の車・特に国産の車に関しては「10万キロまではちょっとしたメンテナンスだけで問題ない」といえるんです。

というのも車の寿命は20~30万キロともいわれており、実際に定期メンテナンスを欠かさないタクシーなどは、平気で20万キロ超の走行距離となっても、まだまだ現役で走行し続けることができるからです。

ただし冒頭でもお伝えした通り、それは「オイル交換をはじめとした定期メンテナンスをしている」という場合に限ります。

定期メンテナンスを怠っている&走行距離が10万キロに近づいている車両に関しては、「安くても絶対に手を出してはダメ!」と覚えておきましょう。

まどか表情笑顔
まどか
なるほど、定期メンテナンスは車にとって命なんですね!
人間にとっての健康診断・人間ドックだからね!だから定期メンテナンスが実施されていない車は、突然ガタが来てしまう可能性が高いんだよ!
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長

定期的なメンテナンスは健康診断・人間ドックのようなもの

走行距離で値段はこれだけ変わってくる!

「7万キロも走った車なら中古車価格は安くなるはず!」と思う人は多いはず。それは当たっていますが、具体的にどのくらい安くなるのでしょうか。

走行年数(年式)と距離の関係は、一般に1年で1万キロ走行するのが目安と言われています。ここでは1年1万キロと仮定して、走行距離ごとの価格変動について見ていきましょう。

年式 走行距離(目安) 価格相場のボリュームゾーン
2010 10万キロ 30~50万円
2011 9万キロ 40~90万円
2012 8万キロ 50~100万円
2013 7万キロ 70~110万円
2014 6万キロ 90~120万円
2015 5万キロ 110~140万円
2016 4万キロ 120~150万円
2017 3万キロ 140~170万円
※モデルチェンジ車両は200万円以上
2018 2万キロ 200~230万円
2019 1万キロ 210~240万円
2020 0万キロ 220~270万円

上記はトヨタ・プリウスの年式&走行距離に対する価格変動を、簡単にまとめたものです。

7万キロ走行、(1年1万キロとして)7年落ち程度の車両は「新車価格の半額以下で購入可能」となるわけですね。

当然車種やモデルチェンジの有無によっても価格は大きく変動しますが、筆者の目安では「7万キロ(7年落ち)で、新車価格の50%前後になる」と思っています。

まとか通常表情
まどか
中古車の価格が走行距離に関係していることがよく分かりますね。

同じ7万キロでも年式によって状況と価格は変わる

ひとつ注意すべきなのは、上の相場感は「1年1万キロ走行」という一般的な目安に当てはめたもの。

現実には1年で1万キロ以上走行する場合や、逆に低走行のケースもあります。

つまりどの車両でも7年落ち7万キロ前後に収まるわけではなく、走行距離×年式のバランスがどちらかに偏ってしまうのです。

※バランスが偏っていたとしても、後述する「7万キロ越えの中古車でも安全な中古車の共通点」さえ満たしておけば大丈夫なんです。

そのため走行距離×年式のバランス別に価格変化を紹介していきましょう。

7万キロ×高年式のケース

7万キロ×高年式のケース

最初は、7万キロ×高年式(6年落ち以下)のケース。

7万キロで6年落ち以下の車両の場合、一般的な基準では「過走行車両」となります。年数に対して過剰に走っている車ということ。

しかし正直な話、7万キロ程度の過走行車は「メーカーの耐久試験と比較すれば、全然過酷ではない」レベルです。

そのため走りすぎで危険というより、むしろ「正常な状態の車が、新しいのに安く買えてお得」ぐらいに思っておけばOK

ただし定期点検と、定期的なオイル交換がされていることが大前提。走行距離や年式よりも「メンテナンスの有無をチェックすべき」と考えましょう。

価格変化の事例(1)トヨタプリウス

トヨタプリウスの7万キロの中古車の価格変動を見ていきましょう。 プリウス 価格変化の事例(1)トヨタプリウス

年式 2018 2017 2016 2015 2014 2013
プリウス価格相場(万円) 220 190 170 140 120

2018年ではまだまだ新しい時期なので、7万キロの個体を見つけることはできませんでした。

またプリウスは2015年から新モデルとなっているのですが、前モデルの人気が高いため、緩やかに価格変動していたことが分かります。

価格変化の事例(2)ホンダフィット

ホンダフィットの7万キロの中古車の価格変動を見ていきましょう。 フィット 価格変化の事例(2)ホンダフィット

年式 2018 2017 2016 2015 2014 2013
フィット価格相場(万円) 100 90 85 75 75

フィットはそもそも車両価格が安いため、価格変動自体も「安い位置で緩やか」ということができます。

またプリウス同様に、高年式ではまだまだ7万キロ走行の個体が出ておらず、2017年のものでも少ないのが特徴です。

そのため実際に狙っていくのは、3年落ち~となるでしょう。

次は7万キロ×低年式のケースについて紹介していきます。

7万キロ×低年式のケース

7万キロ×低年式のケース

7万キロで低年式の場合、これは先ほどとは異なり「低走行車両」ということになります。年数に対してあまり走ってないということ。

この場合は単純に「使用頻度は少ないが程よく車は動かされている」という状態ですから、非常に状態が良い&ピカピカの車両が手に入る可能性が高いです。

もちろんこのケースでも定期的なメンテナンスとして、最低限オイル交換はしていなければ危険です。それでも優良車種が多く見つかるケースであることは間違いないでしょう。

価格変化の事例(1)トヨタプリウス

今回も同様に、プリウスの価格変動について見ていきましょう。 プリウス 低年式価格変化の事例(1)トヨタプリウス

年式 2012 2011 2010 2009 2008 2007
プリウス価格相場(万円) 120 100 90 90 50 40

ご覧の通り、やはりしっかりと価格相場は下がっていることが分かりますね。

しかし注意してほしいのが2009年→2008年の移り変わり。

ここでモデルチェンジが行われているのですが、人気が二分されてしまったため、急激に価格が安くなっています。

どの車種でも同様なのですが、2世代前のモデルチェンジ時には価格が急落することになります。

そのため7万キロ×低年式の優良かつ安い中古車を探す場合には、2世代前のモデルを狙っていくとお得な買い物ができると考えましょう。

価格変化の事例(2)ホンダフィット

こちらも同様にホンダフィットの7万キロ中古車の価格変動を見ていきました。 フィット 低年式価格変化の事例(2)ホンダフィット

年式 2012 2011 2010 2009 2008 2007
フィット価格相場(万円) 60 60 50 40 35 25

フィットは価格が安いため、緩やかに価格が下落していることが分かります。

ですがフィットに関してはこれまでのケースと異なり「価格が読みづらい」というのが本音。

理由として、フィットは人気グレードのRSなどでは、安い個体と比較して倍以上の価格差となるケースも珍しくないからです。

このケースでは「基本的には順当に価格が下がるものの、グレードによって金額が大幅に変化してしまう可能性もある」と覚えておきましょう。

まどか表情笑顔
まどか
できるだけ新しいのが欲しければ7万キロ×高年式、安く買いたいなら7万キロ×低年式ですね!
その考え方で間違いないよ!ただ、どちらのケースでも「安全な車両の共通点」は同じ。次章で説明していくね!
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長

7万キロ超えでも安全な中古車の共通点

7万キロでも安全な中古車の共通点は、端的に言って下記を満たしているかどうか。

7万キロを超えても安全な中古車の共通点

  • 定期点検、車検をきちんと受けている
  • オイル交換を定期的に実施している
  • 液体の漏れやひどいサビがない

それぞれ説明していきましょう。

(1)定期点検、車検をきちんと受けている

定期点検と車検は、法律で定められた項目の点検をするための作業です。

小難しい言い方だとよく分からないですよね。本当は「ただ車両の状態を確認するだけの作業」という意味なんです。

「じゃあ、定期点検と車検を受けていても意味がないのか」というと、そんなことはありません。

しかし現実的には、定期点検をしている=悪い部分があれば交換するというのが普通。さらに車検に至っては悪い部分を交換していなければ受かることはありません。

定期点検、車検を間違いなく受けている車両に関しては、安心度はかなり高いと思って問題ないでしょう。

(2)オイル交換を定期的に実施している

車にとってエンジンオイルは命同然。

エンジンにかかわる各部の潤滑や冷却などの基本となっているため、古いオイルが入れられたままだと十分なパフォーマンスを発揮できないからです。

それどころかエンジンオイルが劣化していると、車の挙動が安定せずに事故を起こしてしまうことも…。

必ずこれまでにオイル交換が実施されているかどうか確認しておくべきです。

目安は3,000~5,000キロごとに1回。

7万キロの中古車を購入する場合は、これまでに30回前後オイル交換がされていればOKです。

実際にこれまでのオイル交換の詳細を把握することは難しいため、直近で2~3回交換されていれば大丈夫です。

(3)液体の漏れやひどいサビがない

車には様々な液体部品が使われており、エンジンオイルと同じく、各部の潤滑や冷却などを担当しています。

しかし各部の液漏れが発生している場合は、車として正常な機能を失っている状態。

これも正常な挙動をせずに事故へとつながる可能性があります。

またサビについて、工業製品として鉄がふんだんに使われている車では発生はどうしてもまぬがれません。

しかしサビ色が付くだけではなく、「ボロボロと腐食している」という場合、すでに耐久性が失われている状態と考えた方がよいです。

「まったくサビが見られない」もしくは「少しだけサビ色がついている」という程度の車両が、安全といえるでしょう。

まどか困惑表情
まどか
万が一ハズレ中古車を購入してしまったらと思うと…ゾッとします。
だからこそ、必ず現車確認で安全と思える車両を見つけることが重要なんだ。
パンダ店長通常表情
パンダ店長

現車確認でも気を抜かない!危険な7万キロ超え中古車の兆候

現車確認でも気を抜かない!危険な7万キロ超え中古車の兆候

さて、ここまで「安全と判断できる7万キロ超え中古車の共通点」についてお話ししてきました。もうひとつ、現車確認で判別できる「危険な兆候の見分け方」を知っておく必要があります。

危険な7万キロ中古車の3つの兆候

  1. 走る、止まるが問題なくできるかどうか
  2. 修復歴の有無
  3. 保証はあるかどうか

(1)走る、止まるが問題なくできるかどうか

10万キロ走行未満の中古車がいくら「まだまだ寿命の途中」とはいえ、前オーナーの使用方法によっては問題があることも。

最低限、購入前に「走る・止まるといった車の走行基本動作が正常にできるか」確認してください。

車検なしの車両に関しては公道での試乗はできませんが、販売店の在庫車置き場など、私道で簡単にチェックすればOKです。

そのとき、万が一

  • ブレーキが異様にキーキー鳴く
  • まっすぐ走ることができない
  • やけにハンドルが取られる感覚がある
  • エンジン音などとは別に「ガタガタ」「ブーブー」といった異音がする

などが起こった場合には、購入はやめておきましょう。走行中に制御が利かなくなり結果的に大事故につながる可能性があります。

(2)修復歴の有無

中古車の評価をする時の指標のひとつに、「修復歴の有無」があります。

「修復歴有り」車は骨格部分や足回りなどに、事故などによって受けた損傷がある車です。骨格部分などにダメージがあるため購入は避けましょう。

骨格部にダメージがある車は、次に事故を起こした時に車が潰れてしまう可能性があるほか、

  • まっすぐ走ることができない
  • ブレーキをかけても利きづらい

といった弊害もあるからです。

「修復歴有り」の中古車は安い反面、購入後のリスクも高いため避けておきましょう。

ちなみに修復歴の確認については、正直に販売店で「修復歴はありますか?」と聞けば大丈夫。

販売店は瑕疵担保責任といって、重要事項を説明する義務があります。嘘をついた場合には莫大な損害賠償につながるケースもあるため、基本的には本当のことを教えてくれます。

(3)保証はあるかどうか

7万キロの中古車を購入する場合、万全を期して「保証付き」の車両を購入しましょう。

新車時と異なり、前オーナーの乗り方による車へのダメージは完璧には分からないからです。

実際、筆者の知人でも「ピカピカでキレイな中古車を買ったのに、すぐに壊れてしまった」という人がいます。

見た目だけでは車の細部の状態までは計れないため、必ず保証付きのものを購入してリスク回避するのがオススメです。

まとか通常表情
まどか
特に保証は重要そうです!
そうだね、きちんとした業者なら保証もあるし、不良中古車を売ることもないから安心だよ!
パンダ店長通常表情
パンダ店長

【実践】7万キロで良質な中古車を探してみよう

筆者がオススメする安心できる7万キロの中古車探しの方法は、下記の2点。

  • ズバット車販売 で簡単に探してもらう
  • カーセンサーで条件指定して自分で探す

それぞれ実際に申し込みをしたので、下記をご覧ください。

希望条件を書くだけなので簡単!ズバット車販売

ズバット車販売 は、希望の条件を先に指定しておくと、ガリバーが抱える「ネットには出てこない非公開車両」を紹介してもらえるサービスです。

そのためあなたは、最初に車種などの指定をするだけで、後は任せっきりでも大丈夫!

実際の利用方法は下記の通りです。

1.車種や年式などの条件を指定する

ズバット申し込みフォーム

ズバット申し込みフォーム

2.電話を待って、より詳細な希望条件の指定をする 電話を待って、より詳細な希望条件の指定をする

3.後は希望条件に沿った中古車の紹介をしてもらうまで待つだけ

後は希望条件に沿った中古車の紹介をしてもらうまで待つだけ

ご覧の3ステップで、簡単に探し出すことが可能です。

単純に「7万キロ程度の個体が欲しい」「安心感の高い個体が欲しい」などの指定ができるのです。

またズバット車販売ではそもそもガリバーの車両を紹介してもらえるのですが、なんと最長で10年もの中古車保証が用意されています。

さらにいうと納車後の返品にも応じてもらえるため「確実に満足のいく中古車購入が可能」と言えるのです。

そのためぜひ一度、 ズバット車販売 を利用して間違いのない中古車購入をすることをオススメしますよ!

カーセンサー

もう一つの方法は カーセンサー などの中古車検索サービスにて、自力での中古車探しをする方法です。

「自分の目で一応確認してから選びたい!」と思っている人には、少しだけ手間はかかりますがオススメでしょう。

コチラも下記に、筆者が中古車探しをした手順を紹介しておきます。

1. カーセンサー TOPからメーカー、車種、地域の選択をする

メーカーを選びます。

車種を選択します。

地域を選びます。

2.詳細条件の指定

※上記条件を指定しておくと、7万キロでも安心の中古車を探し出せますよ。参考までに!

3.ヒットした中古車で気になるものを、見積もり依頼する

条件の指定など、若干手間はかかるものの申し込みまでの流れは大きく3ステップだけです。

そのため非常に面倒くさいということはなく、確実にあなたの希望条件によって中古車探しをすることができるといえます。

ただし手間だけではなく、「確実に安全な中古車探しをする」ということを考えると、筆者としては ズバット車販売 をオススメします。

その方がラクで満足のいく中古車探しをすることができますよ!

重要なポイントまとめ

どうでしたか?ぜひ、あなたの中古車購入に役立ててください! 最後にポイントと共に、おすすめの中古車購入方法を振り返っておきますね。

なかなか市場に出回らない質がいい中古車をお手軽に見つけたい人は…中古車提案サービス「ズバット車販売」を使うのがおすすめ!

  • 中古車は7万キロにこだわらずとも、実は10万キロを超えてもまだまだ寿命は来ていない
  • ただし7万キロ程度の中古車は、価格相場の変動を見てもお得感がある
  • 7万キロの中古車を購入する場合は、「安全」に関する注意点を気にするべき
  • 実際に7万キロの中古車を探す場合には、 ズバット車販売 を使うと確実に安全で満足のいく中古車が見つかる

愛車の最高額をチェック

あなたの愛車を最高額で売ろう!

車買取一括査定での見積比較で、数十万円の売却額アップ事例あり!

車買取一括査定での見積比較で、
数十万円の売却額アップ事例あり!

まずはカンタン入力45秒で、複数の車買取業者に見積もり依頼!

気になるワードでチェック

パンダ店長の車一括査定

パンダ店長の車買取一括査定

パンダ店長のキャンペーン

パンダ店長のキャンペーン

\内容はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

石川 貴裕

名古屋のIT企業にて、車一括査定のサービス責任者を経験。その間に車買取会社やJPUCの会議などに参加。新卒時代に車一括査定を利用して30万円高く売れたことを経験。情報格差で損をしている人が多く疑問を感じたため、当サイトを立ち上げ。現在は、古物商許可を取得、中古車売買を行っている。(愛知県公安委員会 第541182000600号)

オススメ記事

【2021年最新】車一括査定サイトのランキング決定版!選び方とオススメ5サイト 1

こんな悩みをスッキリ解消 どの車一括査定サイトがオススメか知りたい 納得できる車一括査定サイトのランキングが知りたい 車 ...

車買取専門店ランキング 2

こんな悩みをスッキリ解消 車買取店ってどこがオススメ? ネットでよく見かけるランキングってホントに正しいの? 車買取店ラ ...

こんな値段で買える!プロが本気で選んだ「中古車おすすめ」厳選ランキングと選び方のすべて 3

こんな悩みをスッキリ解消 具体的な条件は決まっていないけど、とりあえずオススメの中古車を知りたい人 どんな車が掘り出し物 ...

-中古車購入

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , All Rights Reserved.