記録簿

中古車購入

中古車を購入するとき記録簿は必須?チェックすべき項目は?

投稿日:

年式、走行距離、価格など、インターネットや中古車情報誌などにはさまざまな項目が書いてあり、あなたは中古車を購入する際、どんなところに注意して購入しているでしょうか?

そんな、さまざまな情報が書かれているなか、記録簿のアリ・ナシという項目を気にされている方も決して少なくはないはずです。

この記事では、現代の中古車において記録簿がどんな役割を果たしているか、さらに記録簿の読み解き方や、中古車を購入する際のチェックしたいポイントまで、満足のいく中古車を購入するための基礎知識を解説していきます。

【裏技】知る人ぞ知る、新古車や中古車を賢く手に入れる方法!

もっとも手軽に「レアな新古車を手に入れる方法」は何だと思いますか?

それは「中古車販売店に希望の新古車や中古車を探してもらう」こと。そして提案の専用サービスが「 クルマコネクト 」「 なびくる+ 」です。

クルマコネクト 」「 なびくる+ 」は、中古車情報サイトには掲載されていない未公開車両を提案してもらえます!

この2サイトはともに、中古車買取・販売で有名な「ガリバー」が提案してくれるサービス。

クルマコネクト 」はチャットで相談、「 なびくる+ 」は電話で相談ができます。

コツは下記のような感じで伝えることです。

  • 新車とほぼ同等の軽自動車がほしい、プリウスがほしい
  • ディーラー試乗車落ちで5,000km以内の中古車がほしい
  • タントで100万以内、新車同等品を提案してほしい
  • 通勤にオススメの車を教えてほしい

ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、時々提案してもらうのがいいですよ!

【チャット】で無料相談 →  https://221616.com/connect/

【電話】で無料相談 →  https://a-navikuru.com/

【裏技】愛車の最高額をチェック&下取りよりも数十万高く売れる!

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

そこでオススメが「車一括査定」というサービスです。

このサービスを使えば、ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中。

もし買い替えを考えているのであれば、より多くの頭金が手に入ることに。

  • 売るかどうか迷っている人にオススメ!ネットで概算の最高額が分かる →  https://ucarpac.com/
  • とにかく愛車を高く売りたい!車一括査定で優良業者がたくさん参加 →  http://www.carsensor.net/

中古車の記録簿とは何か

一般的に記録簿とは、正式には定期点検記録簿と言い、その車の点検や修理などの履歴が記録され、車にとっては履歴書やカルテのような役割があります。

下記のようなものが記録簿。

記録簿

記録簿

中古車を購入する場合、記録簿があることで、前オーナーがどの程度メンテナンスをしていたか、車検や法定点検はきちんと受けてきたか、また、どんな修理を受けてきたかなどがわかります。

記録簿でわかる4つの情報

定期点検記録簿は、先述したように、その車にとっての履歴書やカルテのような存在ですが、実際の記録簿には、下記に挙げたようなことが書かれています。

記録簿でわかる4つの情報
  1. 点検項目およびチェック欄
  2. 所有者(使用者)の情報
  3. 点検を実施した整備工場
  4. 点検を行った整備主任の情報

サンプルとして載せてある記録簿は、自家用乗用車の24カ月点検に使われる一般的な物ですが、一般の方が見ると、なんだか難しい言葉と暗号が並んでいて、意味が分からないかもしれません。

そこで、中古車を購入する際にはポイントを絞って、記録簿を見るようにしましょう。

下記より、効率よく記録簿を見るためのポイントについて解説していきます。

記録簿を見るときの2つのチェックポイント

中古車に積まれている記録簿には、12カ月点検や24か月点検といった「法定点検」を行った際に発行されるものと、6カ月点検や新車を購入した際にサービスで行われることの多い3か月点検といった「定期点検」で発行されるのもがあります。

どちらの記録簿を見る場合でも、以下の2点に注意して見るようにしましょう。

  • 整備工場が認証や指定を受けた工場か
  • どんな部品を交換しているか

それでは上記2つのポイントについて詳しく解説していきます。

ポイント1.整備工場が認証や指定を受けた工場か

整備工場には、大きく分けて、指定工場、認証工場、一般整備工場の3つに分類され、ブレーキやエンジン本体など、重要保安部品の分解作業を行うことができるのは、指定工場と認証工場です。

指定工場や認証工場で12カ月点検や24か月点検といった法定点検を行うと、必ず事業者の氏名又は名称の欄に、指定番号か認証番号を記載しています。

勿論、一般整備工場が絶対にダメとは言えませんが、分解整備が行えないため、ブレーキを分解して、しっかりとした点検ができていないことになるのです。

また、意外に思われる方いらっしゃると思いますが、記録簿の記入は整備士では無く、一般のユーザーが行うこともできます。

つまり、いくら記録簿が揃っていても、指定工場や認証工場が発行した記録簿で無い場合や、一般ユーザーが記録した物では、あまり意味が無いのです。

ポイント2.どんな部品を交換しているか

記録簿にはその車の整備歴が記載されているため、いつどんな部品を交換したかを見ることで、その交換が、消耗品の定期的な交換なのか、それとも、故障に伴う交換なのか、はたまた、事故の修理に伴う交換なのかを知ることができます。

とは言え、やはり整備士でない限り、記録簿のすべてを読み解くことはかなり無理がありますので、「×(バツ)」と「△(三角)」の2種類だけを注意して見るようにしましょう。

  • 「×(バツ)」は、交換を表しており、ブレーキパッドやエンジンオイルなどの油脂類といった消耗品の交換であればそれほど問題は無く、逆に、点検ごとにこれらの油脂類が交換してあれば安心材料にもなります。
  • 「△(三角)」は、修理を表す記号で、万が一走行距離が5万km以下と少ないにも関わらず、エンジン内部や、下廻りの項目で修理を行っている場合は、その修理が何の目的で行われたかを注意した方が良いでしょう。

記録簿は中古車販売店やディーラーで見せてもらうことはできるか・どこにあるか

実際に、中古車販売店やディーラーで中古車を購入する際、記録簿を見せてもらうことは可能なのかということになりますが、記録簿はその車にとっては大切な書類であるため、通常は車検証や自賠責保険証などと一緒に、店内で厳重に保管されています。

何も書いていない白紙の記録簿しかない場合は、そのまま積んであっても問題ありませんが、そのまま車のグローブボックスに入れっぱなしにしているような場合、その店舗は、販売店として適切な仕事をしているとは言えません。

そこで、記録簿を確認したい場合は、販売店に確認したいと伝え、出してきてもらいましょう。

しかし、近年は個人情報保護という観点から、紙の記録簿は破棄してしまい、ディーラーのコンピューター上で管理しているなどといった対応をしている販売店もあります。

これでは、記録簿を確認することはできませんが、自分が車を売却した側になったことを考えると、売却後、見ず知らずの他人に、住所や名前といった個人情報が見られてしまうことを不快に思う方が居ても不思議ではなく、仕方のないことかもしれません。

そのため、最近は記録簿に記載された個人情報の部分だけを切り取り、旧ユーザーの個人情報が漏れないよう、配慮している店舗も増えてきました。

個人情報保護と言われると致し方ない部分ではありますが、今後は、記録簿を破棄してしまうのではなく、個人情報の部分だけを切るといった対応をしてくれる販売店がさらに増えることを祈るばかりです。

記録簿がない場合は購入を控えた方が良いか

ここまでお話してきたように、記録簿は車にとって大切なものであり、中古車を購入する際には、有ると安心できる材料でもあります。

しかし、個人情報だから、または、その他何らかの理由により記録簿が無かった場合、その車の購入を控えた方が良いのかということになりますが、記録簿が無い車は絶対に買ってはいけないということにはなりません。

本当に大事なポイントは、なぜあるはずの記録簿がなぜ無いのかということなのです。

記録簿がない場合に考えられる4つのパターン

ここからは、なぜ大切な記録簿が無くなってしまうのか、考えられる理由についてお話していきましょう。

ただし、これからご紹介する内容は、あくまで可能性であり、一般のユーザーがその真意を知ることはほぼ不可能ですので、その販売店が信用できる店舗かどうかということも併せて考える必要があります。

パターン1.個人情報保護のため

これは上記でもすでにお話しているとおり、2003年に個人情報保護法が施行されてからというもの、年々個人情報の扱いはシビアになり、大企業になればなるほどその危機管理を徹底しているものです。

もちろん、個人情報の扱いについては、中古車の販売以外にも、今では私たちの生活に関するあらゆる事柄に関係しており、個人情報保護のために記録簿を含めた個人情報が記載された書類は破棄されていたとしても不思議ではありません。

その販売店と何年も付き合いがある、長年その場所で営業している地域密着の販売店、または、大手中古車販売店など、個人的にその販売店が信用できるかという点を重視して購入を決める必要があります。

パターン2.旧所有者が紛失したため

整備の現場にいると、車にとってもっとも大切な車検証であっても、紛失してしまうという方が居ますので、記録簿を紛失してしまうという方が居ても何ら不思議なことではありません。

ただ、記録簿をきちんと保管していた方の場合、こまめな点検やメンテナンスを行っていることが多い傾向にあり、記録簿が残っていれば、その車がどれだけ大切にされてきたかを推し量る一つの材料にもなります。

パターン3.整備履歴を隠すため

記録簿が有るからと言って、必ずその車のすべてがわかるわけではありませんが、上記でも触れたように、書かれている内容を順に見ていくことで、通常ではありえない箇所の整備や、距離と照らし合わせて不自然な修理箇所などを発見することが可能です。

中古車で最も避けたいのが、事故車や水没車などですので、記録簿が有ればそういった不自然な整備履歴から、事故車や水没車を見分けることができるでしょう。

ところが、今ではめっきり数が減ったとはいえ、事故車や水没車であることを隠して販売している悪徳業者が存在しているのも否定できません。

そういった悪徳業者にが、自ら記録簿を破棄したと言うわけはありませんが、記録簿の存在をうやむやにする、こちらの質問にきちんと答えないなど、信頼感のある対応をしてもらえない場合は、購入を控えた方が賢明です。

パターン4.メーター戻しを隠すため

いわゆるメーター戻しされた中古車は、上記の事故車や水没車と同じく、ほとんど見ることが無くなってきましたが、「100%存在しない」とは言い切れません。

傾向としては、走行距離計(ODOメーター)がデジタルになっている車種であれば、走行距離を戻すのは比較的困難ですので、あまり心配する必要はありませんが、型式が古く、機械式の走行距離計の車種の場合は、メーターを戻すことはそれほど難しくはありません。

記録簿の距離を見れば当然不自然なことに気が付くことができますが、記録簿が無い場合、走行距離には十分注意する必要があります。

記録簿があるとどんな点で良いのか

記録簿が無いことのデメリットはお分かりいただけたと思いますが、次は、記録簿が有ることでどのようなメリットがあるのかお話していきたいと思います。

何度かお話しているように、記録簿が有れば絶対に安心な車とは言い切れませんが、これまでの点検がすべて記録されている場合は、ある程度安心して購入できるメリットと言えるでしょう。

きちんと記入された記録簿は、いつ故障を起こして、どんな整備をしてきたかを知ることができることはもちろん、前の所有者がそれだけ大切に乗ってきた証拠。

車は機械モノの工業製品である以上、メンテナンスをきちんと行っていたかどうかで、その車の耐久性は大きく変わります。

したがって、新車で登録されてから今まで、きちんと定期的なメンテナンスや点検を受けてきたことが読み取れる記録簿がある車なら、安心して購入することができるのです。

記録簿は中古車販売店にとってもメリットある

次に、売る側のメリットも少し考えてみましょう。

先述の通り、きちんとした記録簿がある車は、消費者にとっては安心して購入できる車ですので、自信を持ってオススメでき、売りやすい車なのです。

また、記録簿があり安心の中古車ということは、高品質な中古車ということになり、販売価格を高くできる根拠にもなります。

そのため、中古車の買取などでは、記録簿の有無によって査定額が変わるのです。

買う側の私たちにとっては、100%の安心を得られるわけではありませんが、記録簿があることで、買う側、売る側の双方に一定のメリットがあり、現在車を所有している方は、記録簿を大切に保管しておきましょう。

気に入った中古車があったが記録簿がない:どうするべき?

せっかくお気に入りの中古車と出会えたと思ったら、「記録簿なし」の車だった場合、 購入は見送るべきなのかと言えば、決してそんなことはありません。

ここまでの記事を読んでいただくとわかるように、購入したい中古車に、記録簿はあった方が良いのは間違いありませんが、反対に、記録簿があるというだけで、良質で安心して購入できる中古車であるとは言い切れないのです。

究極を言ってしまえば、本当に欲しい車がある車好きの方は、記録簿が無くとも気にしませんし、例え事故車であっても、機能上問題が無いと判断できれば、その車を購入するでしょう。

ただ、一般ユーザーの方に事故車をオススメするわけにはいきませんので、まずは、中古車販売店の店員さんと良く話をすることを心掛けてください。

もちろん販売店側としては、何としてもその車を販売しようと営業トークを仕掛けてくると思いますが、例えその車に記録簿が無くとも、店員さんが知っている限りの情報を聞き出しましょう。

その際、答えられない、曖昧な返答しかしないような場合は、残念ながら購入は見送った方が無難です。

後述するチェックポイントはもちろん、その車の気になるところをすべて質問し、納得して購入できるのであれば、例え記録簿がない中古車でも購入することに問題は無いでしょう。

記録簿の有無以外に中古車の状態でチェックするべき5つのポイント

記録簿の有無に関らず、やはり最終的には、実車を自分の目で見て確認しなくてはなりません。

とは言え、車のプロではない一般の方が、その車の隅々まで徹底的にチェックし、すべてを見破ることは不可能ですので、比較的簡単にチェックできるポイントは押さえておく必要があります。

ここからは、記録簿が無い中古車を購入するときだけでなく、粗悪な中古車を掴まされないためにチェックすべきポイントをご紹介していきましょう。

ポイント1:ボディの隙間

ドアやボンネット、さらにはヘッドライトとバンパーなど、各部の隙間が均一かどうかを確認することで、ボディの歪み、すなわち事故車であるかどうかを見極めます。

1ミリ未満の違いであればあまり気にする必要はありませんが、明らかに左右で隙間が違うような場合は、事故車か、もしくは修復歴にならない程度の修理をした車の恐れがあります。

ポイント2:下廻りのザビ

車の下廻りをのぞき込み、目立つサビが無いか確認しましょう。

その際、マフラーなどの交換しやすいパーツを見るのではなく、ロアアームやクロスメンバーなどの足回り、フロアなどの交換しにくいパーツをよく観察します。

可能であればハンドルを切り、タイヤハウスの中も確認しておくとより安心です。

雪が多く降る地域や、沿岸部などで使用されていた中古車の中には、下廻りやマフラー、足回りなどが異常なほどサビていることがあります。

金属のサビは、塗装の下など、目に見えないところにまで及んでいることがあり、時間が経つと、思わぬ不具合を引き起こす原因になることがあるため、あまりにサビが酷い場合は、購入を控えた方が良いでしょう。

ポイント3:ハンドルやシフトレバーの擦れ具合

完ぺきとは言えませんが、ハンドルやシフトレバー、さらにエアコンのスイッチ類などの擦れ具合を見ることで、メーター戻しをしていないか確認できます。

ハンドルやシフトレバーなどは、車を使っていれば必ず操作される部分のため、距離を走っているうちに、どんどんと擦れていくものです。

距離が少ないにも関わらず、ハンドルやシフトレバーの擦れが酷い場合は、メーター戻しが行われている可能性があります。

ポイント4:車内の臭い

車内の臭いは、一瞬乗っただけでは、余程の異臭がしない限り気にならないかもしれませんが、購入後、時間が経ってか、気になりだすもの。

特に、タバコやペットの臭いは、苦手な方にとっては特に耐え難い臭いであり、気分が悪くなったり、頭が痛くなったりと、通常の運転委支障をきたすこともあります。

そこで、購入時のチェックでは、必ず窓とドアを閉め、数分間は車内に留まり、慎重に臭いの確認を行いましょう。

また、その際、カビ臭かったり、古い冷蔵庫のような臭いがする場合、どこかが雨漏れをしているか、最悪の場合水没車の可能性も考えられます。

ポイント5:エンジンルーム

車でもっとも核となるエンジンですので、購入前のチェックは是非行っておきたいポイントですが、プロの整備士でない限り、一般の方が正確に判断するのは難しいでしょう。

そこで、エンジンルームで最低限チェックしておきたいポイントは、エンジンオイルや冷却水などの漏れと、エンジンオイルの汚れです。

エンジンオイルの汚れは、ただオイルの汚れを見るのではなく、お店のスタッフに確認した上でオイルフィラーキャップを外し、エンジン内部を見るようにしましょう。

前オーナーのメンテナンスが悪く、あまりエンジンオイルを交換していないような場合は、エンジン内部に「スラッジ」と呼ばれる泥のようなオイルの塊が見えます。

そして、可能であればエンジンをかけてもらい、音が大きすぎないか、変な音はしないかなども確認しておくと安心です。

中古車のチェックポイントについては、下記記事でさらに詳細をまとめています。

2,044view
プロが教える!初心者でも安心、中古車の状態チェックシート【永久保存版】
プロが教える!初心者でも安心、中古車の状態チェックシート【永久保存版】

「新車よりお得に乗りたい」「新車では手が出ないけど、新車なら何とか…」 そう思って中古車の購入を考えている人は多いと思い ...

続きを見る

【裏技】知る人ぞ知る、新古車や中古車を賢く手に入れる方法!

もっとも手軽に「レアな新古車を手に入れる方法」は何だと思いますか?

それは「中古車販売店に希望の新古車や中古車を探してもらう」こと。そして提案の専用サービスが「 クルマコネクト 」「 なびくる+ 」です。

クルマコネクト 」「 なびくる+ 」は、中古車情報サイトには掲載されていない未公開車両を提案してもらえます!

この2サイトはともに、中古車買取・販売で有名な「ガリバー」が提案してくれるサービス。

クルマコネクト 」はチャットで相談、「 なびくる+ 」は電話で相談ができます。

コツは下記のような感じで伝えることです。

  • 新車とほぼ同等の軽自動車がほしい、プリウスがほしい
  • ディーラー試乗車落ちで5,000km以内の中古車がほしい
  • タントで100万以内、新車同等品を提案してほしい
  • 通勤にオススメの車を教えてほしい

ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、時々提案してもらうのがいいですよ!

【チャット】で無料相談 →  https://221616.com/connect/

【電話】で無料相談 →  https://a-navikuru.com/

【裏技】愛車の最高額をチェック&下取りよりも数十万高く売れる!

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

そこでオススメが「車一括査定」というサービスです。

このサービスを使えば、ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中。

もし買い替えを考えているのであれば、より多くの頭金が手に入ることに。

  • 売るかどうか迷っている人にオススメ!ネットで概算の最高額が分かる →  https://ucarpac.com/
  • とにかく愛車を高く売りたい!車一括査定で優良業者がたくさん参加 →  http://www.carsensor.net/

まとめ

中古車は新車に比べてお買い得な価格であるとはいえ、数十万円以上もする高価な買い物。

少しでも自分の希望に近く、間違いのない中古車を選びたいところですが、専門家でもない限り、すべての情報を理解して購入するのは至難の業。

また、あらゆる情報をただ闇雲に集めるのではなく、ポイントを絞ることが大切であり、その中でも、記録簿の有る無しや、記録簿に書かれた情報は、中古車選びにおいてはとても貴重な情報です。

記録簿が有る場合は内容をよく確認し、内容がわからない、または、記録簿が無いときなどは、販売店の方と良く相談して、慎重に車を選ぶようにしましょう。

おすすめ記事

8,335view
1分でわかる新古車!メリット・デメリットと超カンタンな探し方をプロが解説

「中古車を買うなら新古車がいいよ!」 車好きの友人からアドバイスを受けたり、ネットの情報で「新古車」という言葉を見かけた ...

29,544view
【最新版】安くてかっこいい車の決定版!厳選10車種とお得に購入するテクニック

街を歩いていて、思わず目を惹くかっこいい車。 しかしカタログやHPをチェックしてみると、あまりの高さにガッカリする事も珍 ...

5,205view

車一括査定サイトはいくつもあるため、どれを利用すべきなのかランキングを知っておきたい 車一括査定サービスごとのランキング ...

64,016view
【写真つき】3分で分かる手洗い洗車!車マニアが実践している「洗車手順」完全版

「自宅での手洗い洗車」というのは、車好きだけのたしなみと思っていないでしょうか? 筆者の周りを見ていると 手洗い洗車に苦 ...

-中古車購入

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2018 All Rights Reserved.