中古車の注意点と落とし穴、これだけは気をつけておきたい!スムーズに購入するためのお役立ち知識

更新日:

中古車の注意点と落とし穴、これだけは気をつけておきたい!スムーズに購入するためのお役立ち知識
  • 中古車購入時の注意点が知りたい人
  • 中古車の走行距離を見るときに注意した方がいいことを知りたい人
  • 粗悪な中古車の特徴や見抜き方が知りたい人

車を買うなら、やっぱり少しでも安く購入したい!と思ったりしますよね。

そんな方にとって中古車はメインの検討対象になるのではないでしょうか。

中古車購入自体は、下記のような流れで進んでいきます。

中古車購入の一般的な流れ

しかし実際のところ、中古車=誰かが使っていた車であるため、まずは車種選び・現車確認の段階で「きちんと中古車のチェックをする」ということが非常に重要です。

下記のような感じで「中古車の注意点が知りたい!」と思っている人も多いのでは?

  • 中古車購入をするとき、不安を無くすため先に注意点を理解しておきたい
  • 安全だと判断するために、ボディタイプ別の注意点を知っておきたい
  • 中古車の走行距離や年式のバランスで、注意点があれば教えてほしい

そこで今回は、筆者がプロとして中古車の注意点について詳しく解説していきましょう。

最後まで読んでいただければ、中古車購入をする際の注意点がしっかりと理解できると思います。

ではいきましょう!

【裏技】知る人ぞ知る、レアな中古車や新古車を賢く手に入れる方法!

筆者イチオシの中古車購入「裏技」

ぶっちゃけ、もっとも手軽に「レアな中古車・新古車を手に入れる方法」は何だと思いますか?

それは「中古車販売店に希望の新古車や中古車を探してもらう」こと。そして提案の専用サービスが「 ズバット車販売 」です。

ズバット車販売 」は、中古車情報サイトには掲載されていない未公開車両を「ガリバー」が提案してくれます!

コツは下記のような感じで伝えることです。

  • 新車とほぼ同等の軽自動車がほしい、プリウスがほしい
  • ディーラー試乗車落ちで5,000km以内の中古車がほしい
  • タントで100万以内、新車同等品を提案してほしい
  • 通勤にオススメの車を教えてほしい

ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、時々提案してもらうのがいいですよ!

ズバット車販売の公式サイト

中古車購入時に注意しておきたいこと一覧

中古車購入時に注意すべきこと一覧

はじめに、中古車購入の際の注意点を簡単な一覧表でまとめましたので、下記をご覧ください。

区分ポイント注意しておきたい内容
車の状態年式×走行距離年式と走行距離の数値が2~3倍以上の場合は購入を控える
ボディタイプ別軽自動車大きなキズ・凹みがある場合は致命傷の可能性あり
走行距離=寿命は15万キロまでで考える
ミニバンスライドドアが正常に動作するかの確認
SUV下場のチェックで使われ方の確認
乗り降りしづらいかどうか確認
クーペ・スポーツカー整備記録簿でメンテナンス履歴の確認
スポイラーやタイヤを見て無理な走行がされていないか確認
現車確認異音・異臭購入後に多額の修理が必要になるため、必ず確認する
パネル部パネル部にがたつきがあると骨格に問題がある可能性あり
走行安定性まっすぐ走行できない場合も骨格ゆがみの可能性がある
契約後の手続き必要書類6つの書類が必要で、これが無ければ車が手に入らない
登録・納車日書類に有効期限があるため、必ず先に確認する
入金日賠償問題になりかねないので、絶対に確認しておく

この一覧表をもとに、これから注意点を解説していきましょう。

中古車の走行距離で気をつけること

一般的に車は1年に1万キロ走行すると言われていますが、実際のところ多くの車両が

  • 年式に比べて走行距離が多い
  • 年式に比べて走行距離が少ない

というどちらかの状態で、偏りが生じます。

しかし正直なところ偏りがあるのは仕方ありません。あまり気にしすぎる必要はないと言ってよいでしょう。

というのも車の寿命はエンジンに依存しているのですが、基本的には「走行距離次第」と言えるからです。

そのためシンプルに走行距離を気にしておけばひとまず大丈夫でしょう。

ちなみに走行距離における車の寿命は、中古車販売の現場では「一般的な乗用車であれば30万キロ程度まで大丈夫」と言われています。

車は工業製品として非常に精度が高いため、「きちんとメンテナンスさえしていれば十分にもつ」と考えられます。

その結果、下記のリンクにも解説していますが、10万キロ15万キロといった走行距離の中古車でも比較的安全な車両を購入することは可能です。

10万キロ超え中古車でもぶっちゃけ大丈夫!お得&安全に中古車を購入するための全知識
10万キロ超え中古車でもぶっちゃけ大丈夫!お得&安全に中古車を購入するための全知識

10万キロを超えた中古車を購入することに対して、どんなリスクがあるのか知っておきたい 10万キロの中古車のメリットとデメ ...

続きを見る

激安車の落とし穴って?15万キロの中古車を購入する時の本当の注意点を解説
激安車の落とし穴って?15万キロの中古車を購入する時の本当の注意点を解説

15万キロを超えた中古車が安全性や耐用年数的に大丈夫なのか知りたい人 15万キロを超えた中古車のメリットやデメリットが知 ...

続きを見る

ただしバランスが悪すぎる場合には下記のようなケースがあるため、少しだけ注意が必要になります。

  • 年式に比べて走行距離が多すぎる…無理な使われ方をされていた可能性があり、故障しやすくなっている可能性がある
  • 年式に比べて走行距離が少なすぎる…古いオイル類などがそのまま使われて、かえって状態が悪くなっている可能性がある

年式・走行距離のバランスが極めて悪いときには、悪い状態である可能性を考えてリスク回避のための購入を控えるのがおすすめです。

ちなみに「バランスが悪い」という状態の目安は、走行距離・年式どちらか一方の数値が「2倍以上」となっている場合ですから、例えば「5年落ち10万キロ」などの車両は避けておきましょう。

まとか通常表情
まどか
なるほど、車って走行距離がかなり多くなっても大丈夫なことが多いんですね!バランスも「ほどほどに重要」ということも分かりました!
パンダ店長通常表情
パンダ店長
この注意点を見ておけば、とりあえず第一歩は完了といえるよ!

ボディタイプ別の注意点と対策

中古車購入をする場合、ボディタイプ別にも注意点があります。

具体的に購入を検討する段階で知っておくべき、ボディタイプ別の注意点を説明していきましょう。

軽自動車を買う時の注意点

軽自動車を購入する場合の注意点は下記に挙げた通りです。

  • キズ、凹み
  • 走行距離

それぞれ以下に説明していきます。

キズ、凹み

軽自動車は車両重量を軽くして、小さなエンジンでも軽快に走行できるようにしています。

そのため車の原材料である鉄板が薄いのです。

薄いということは少しでも大きなキズや凹みがある場合、大きな故障につながるケースがあるということ。

だからこそ薄いキズや気にならないほど小さな凹み以外にキズがある場合には、避けておくと安心できます。

走行距離

軽自動車はエンジンが非力であるため、結果的に寿命が普通乗用車よりも短くなってしまいます。

そのため普通乗用車が30万キロまでおよそ大丈夫なところ、軽自動車では「15万キロ程度を目安」としておいてください。

ミニバンを買う時の注意点

ミニバンを購入する場合には、パワースライドドアに注意しておいてください。

というのもパワースライドドアはミニバンにとって命であるため、仮にきちんと動作しなければ「極端な話、ミニバンである意味がないのと同じ」と思っています。

実際、パワースライドドアの動かないミニバンを欲しいと思う人はあまりいないのではないでしょうか。

そのため下記をよくチェックしてください。

  • パワースライドドアがストレスなくきちんと動作するかどうか
  • 動作時にひっかかりやがたつきがないか

SUVを買う時の注意点

SUVを購入するとき、注意点は下記の2点です。

  • 下場
  • 乗降しやすさ

それぞれ分けて説明します。

下場

SUVは本来オフロード走行が得意な車種です。

しかしオフロード走行ばかりしている個体では、正直なところ「車両がガタガタになっている可能性がある」といえます。

だからこそSUVを購入する際には、車両がどのように使われていたかチェックしておきたいところです。

そしてチェック方法が「下場を見る」というだけ。

というのもオフロード走行をしている車は、下場が傷だらけになっているため初心者の方でも比較的すぐに分かるからです。

そのためオフロード車を確認する場合は、車を下からしっかり確認し、キズらだけの場合は避けておくことをオススメします。

ちなみにトヨタハリアーやコンパクトSUVの多くは、街中での使用を想定しているケースが多いため、その場合にはオフロード走行がされているリスクはあまりないと言えるでしょう。

乗降しやすさ

SUVの中古車を購入した人の中で、意外と後悔してしまうポイントが「床面地上高が高い」ということです。

これがどういうことなのかというと、ミニバンなどと比較して床面までの高さがあるため、結果的に非常に乗降がしづらいのです。

そのため一度試乗して、乗降のしやすさだけは確認しておいてください。

そうしなければ購入後に後悔するかもしれません。

クーペ・スポーツカーを買う時の注意点

クーペをはじめとするスポーツカーを購入する際は下記2つのポイントに注意してください。

  • きちんとメンテナンスを受けていたかどうか
  • 無理な走行をされていないか

それぞれ分けて説明していきます。

きちんとメンテナンスを受けていたかどうか

クーペの中古車に乗る人は車好きの人が多い傾向にあるため、非常にキレイな個体が多く出回っています。

そのためメンテナンスはきちんと実施されているケースが多いため、それほど心配する必要はありません。

ただし問題なのは「自力でメンテナンスをしている」という場合です。

その場合は、個人的な知識の元「勝手に間違ったメンテナンスをしている」ということがあります。

そのため必ずメンテナンス実施の有無は、整備記録簿やメンテナンスノートでしてください。

そこで確実な実施がされていれば、ある程度安心しても良いでしょう。

無理な走行をされていないか

クーペのようなスポーツカーでは、スポーツ走行に憧れて無理な走行をされているケースが多くあります。

その場合、下記をチェックしてください。

  • スポイラーに割れや二重塗装の跡があるか
  • 4本のタイヤの内、1~2本だけ偏ったすり減り方をしているか

もし無理な走行をしている場合には、それぞれが当てはまっています。

まどかショック表情
まどか
へー、ボディタイプによっても注意点はこんなにあるんですね!
パンダ店長通常表情
パンダ店長
それぞれの注意点は最低限ということもできるから、次章のチェック項目も必ず確認してね!

現車確認時にチェックしておきたい注意点

現車確認時にチェックしておくべき注意点

全車共通の注意点としては、下記に挙げた3点が主です。

  • 異音や異臭がないか
  • パネル部にがたつきはないか
  • まっすぐ走行することが可能か

コチラもそれぞれ以下に分けて紹介していきましょう。

異音や異臭がないか

車の走行時に「ガタガタ」「ゴロゴロ」といった異音がする場合、車そのものにガタが来ている場合があります。

つまり「そもそも車の調子が悪い可能性がある」といえるのです。

そしてそのような中古車を購入してしまうと、購入後に車両価格以上の修理費用が必要なケースもあります。

また異臭がする場合も同様で、ガソリンのにおいがする場合は「ガソリン漏れ」、カビ臭いにおいがする場合は「エアコンのカビ」によるものの可能性があります。

ガソリン漏れの場合は大事故につながる可能性がありますし、カビ臭い場合はフィルター交換だけでは直らないケースが多いため、やはり安くはない修理費用が掛かります。

そのため異音や異臭のない中古車選びを心がけましょう。

パネル部にがたつきはないか

パネル部というのは、ドアやボンネットのような鉄板部分を指しています。

これらは車の骨格の上にぴったりとハマっているため、がたつきなどがある場合は「土台となる骨格そのものがゆがんでいる」という可能性があるのです。

そして骨格がゆがんでいるということは、仮に事故を起こした場合の安全性が極めて低くなっています。

そのためパネル部にがたつきや均等ではない隙間がある場合には、その中古車は購入すべきではないということができるのです。

まっすぐ走行することが可能か

前述したように骨格がゆがんでいるとパネルはがたつきや余分な隙間が生まれます。

そして同時に「まっすぐ走行できないこと」があります。

つまり試乗してみてまっすぐ走行できなければ、それは「骨格がゆがんでいる可能性が大」というわけです。

骨格のチェックという意味でも、必ず試乗だけはしてください。

以上が全車に共通する主な注意点でしたが、あくまで「主な注意点」です。

もっと詳細な中古車購入のチェック項目を知りたい場合は、下記のリンクに詳細を説明していますのでご覧ください。

初心者でもプロ並みのチェックができる事を目指して作成したチェックシートを用意しています。

プロが教える!初心者でも安心、中古車の状態チェックシート【永久保存版】
プロが教える!初心者でも安心、中古車の状態チェックシート【永久保存版】

「新車よりお得に乗りたい」「新車では手が出ないけど、中古車なら何とか…」 そう思って中古車の購入を考えている人は多いと思 ...

続きを見る

また最後に、契約後の手続き上の注意点について紹介しておきましょう。

契約後の手続きの注意点

契約後の手続きの注意点

契約後の手続きに関しては、下記の注意点があります。

  • 必要書類をそろえる
  • 登録、納車日の確認
  • 入金日の確認

コチラについてもそれぞれを分けて説明していきます。

必要書類をそろえる

契約後はまず必要書類をそろえていきます。

必要書類は全部で下記の6点が必要です。

  • 実印
  • 印鑑証明
  • 車庫証明
  • 自賠責保険
  • 委任状
  • 車検証

この中であなたが絶対に自力で用意しなければならないのは、実印と印鑑証明だけです。

あとは基本的に販売店が手配してくれます。

また下記のリンクにて必要書類の詳細は説明していますので、こちらもぜひご覧になってください。

【チェック表つき】中古車購入・売却の必要書類と手配方法の完全マニュアル!
【チェック表つき】中古車購入・売却の必要書類と手配方法の完全マニュアル!

中古車の購入時、どんな書類が必要なのか知っておきたい人 中古車購入の必要書類の手配方法を先に知りたい人 必要書類をそろえ ...

続きを見る

登録、納車日の確認

登録日と納車日は先に確認しておいてください。

というのも中古車は「すでに在庫車として用意されている状態」ですから、実は書類さえ用意できれば数日程度で納車されます。

例えば「1ヶ月待たなければならない」という場合には、販売店側の腰が重く、面倒くさがって仕事をしていない可能性があります。

また印鑑証明や車庫証明などの書類には有効期限がありますから、もし遅れてしまうと「再度取得する費用が掛かる」という場合があります。

あらかじめ登録日と納車日については確認しておいてください。

入金日の確認

車を購入するということは売買契約をするということです。

入金日だけは絶対に確認しておいてください。

入金がこじれてしまうと、車両がいつまでもあなたの物にならないどころか、賠償問題になりかねません。

だからこそお金の話だけはきっちりしておきましょうね。

重要なポイント振り返り

どうでしたか?ぜひ、あなたの中古車購入に役立ててください! 最後にポイントと共に、おすすめの中古車購入方法を振り返っておきますね。

なかなか市場に出回らない質がいい中古車をお手軽に見つけたい人は…中古車提案サービス「ズバット車販売」を使うのがおすすめ!

  • 中古車購入をする場合には年式と走行距離が気になるが、バランスが大きく崩れている車両は避けておきたい
  • ボディタイプ別の注意点は、それぞれ安全性や快適性に影響があるため必ずチェックすべき
  • 全車共通の注意点として、現車確認時には絶対に試乗すべき
  • 契約後に用意する書類の多くは販売店が手配してくれるが、日時に関することは大きなトラブルにつながりかねないので、注意が必要
パンダ店長のキャンペーン

-中古車購入

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.