中古車購入

中古車を遠方から取り寄せる場合の費用と注意点・名義変更方法

投稿日:

新車の時には価格が高く手が届かなかった憧れの車や、最新モデルではなく、どうしても手に入れたい旧型モデルが欲しい場合など、新車ではなく中古車を選ぶメリットがあります。

まだ、インターネットが今ほど普及する前まで、中古車を購入する方法は、近所にある中古車販売店に行き、少しでも希望に合った車を根気よく探すか、中古車情報誌で希望に合った車を探すというのが一般的でした。

中古車は新車と違い、価格が安いというメリットと引き換えに、年式や走行距離、色や装着されているオプションなど、車の状態はさまざまで、すべて自分の希望に合った車はなかなか見つからないデメリットもあります。

ところが、インターネットの普及に伴い、近所にある中古車販売店ではなくとも、日本全国どこで販売されている中古車であっても検索できるようになり、限りなく希望に合った中古車を見つけやすくなりました。

ガリバー」や「ビックモーター」など全国展開しているような大型店であれば、他県に有る車の取り寄せも可能ですし、「 カーセンサー 」「 goo-net(グーネット) 」などを通じて遠方の中古車販売店から車を購入することも可能です。

しかし、遠方から取り寄せるにはどうしたら良いか、また、費用が余計に掛かってしまうのではないか、購入した後に故障した場合はどうすれば良いかなど、さまざまな不安や疑問を持っている方も少なくないでしょう。

この記事では、遠方から車を取り寄せる方法や費用、その際の注意点などについて詳しく解説していきます。

【裏技】知る人ぞ知る、新古車や中古車を賢く手に入れる方法!

もっとも手軽に「レアな新古車を手に入れる方法」は何だと思いますか?

それは「中古車販売店に希望の新古車や中古車を探してもらう」こと。そして提案の専用サービスが「 クルマコネクト 」「 なびくる+ 」です。

クルマコネクト 」「 なびくる+ 」は、中古車情報サイトには掲載されていない未公開車両を提案してもらえます!

この2サイトはともに、中古車買取・販売で有名な「ガリバー」が提案してくれるサービス。

クルマコネクト 」はチャットで相談、「 なびくる+ 」は電話で相談ができます。

コツは下記のような感じで伝えることです。

  • 新車とほぼ同等の軽自動車がほしい、プリウスがほしい
  • ディーラー試乗車落ちで5,000km以内の中古車がほしい
  • タントで100万以内、新車同等品を提案してほしい
  • 通勤にオススメの車を教えてほしい

ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、時々提案してもらうのがいいですよ!

【チャット】で無料相談 →  https://221616.com/connect/

【電話】で無料相談 →  https://a-navikuru.com/

【裏技】愛車の最高額をチェック&下取りよりも数十万高く売れる!

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

そこでオススメが「車一括査定」というサービスです。

このサービスを使えば、ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中。

もし買い替えを考えているのであれば、より多くの頭金が手に入ることに。

  • 売るかどうか迷っている人にオススメ!ネットで概算の最高額が分かる →  https://ucarpac.com/
  • とにかく愛車を高く売りたい!車一括査定で優良業者がたくさん参加 →  http://www.carsensor.net/

中古車の取り寄せ手順ステップ

それでは、実際に居住地から遠方にある中古車を取り寄せて購入する方法から解説していきますが、中古車をどこでどのように購入するかによって違いがあります。

中古車を購入する方法は以下の3つの方法が一般的です。

中古車を購入する3つの方法
  1. 中古車販売店
  2. ディーラー
  3. インターネット中古車情報

下記よりそれぞれの購入方法で遠方にある中古車を取り寄せる方法と特徴についてお話していきます。

方法1.中古車販売店

中古車販売店には、全国展開しているような大手販売店から、1店舗しかない小規模店まであり、遠方から取り寄せるとなると、その店の規模によって違いがあります。

ガリバー」や「ビックモーター」のように、全国展開している中古車販売店の場合は、自社内のネットワークにある車から選ぶのが基本となっているため、特に特別な手続きをしなくても県外からの取り寄せには対応してもらうことが可能です。

県内、または近県でのチェーン展開をしている中規模の中古車販売店では、自社で在庫している車であれば、問題なく取り寄せてもらうことができますが、他社在庫の場合は対応できない可能性があります。

また、1店舗のみで営業している小規模店舗の場合は、その店で購入することが前提であるため、基本的に県外からの取り寄せには対応してもらえないことがほとんどです。

方法2.ディーラー

ディーラーと聞くと新車を販売しているイメージ化と思いますが、多くのディーラーでは、中古車部門を持っていたり、別会社として中古車販売店を運営していたりします。

トヨタやマツダといったメーカー名を冠にしているだけに、安心感を持って中古車を購入することができますが、取り寄せとなると少々注意が必要です。

日本全国どこに言ってもディーラーは存在するため、なんとなくすべて系列店のような気がするかもしれませんが、メーカーとディーラーは全くの別会社。

さらに、同地域にあり、同じメーカーの看板を掲げているディーラーであっても、運営会社が全く違うということ、もあるのです。

メーカーが100%出資しているディーラーであれば、他県のディーラー同士で中古車情報を共有しており、他県からの取り寄せにも対応してもらえます。

しかし、地場資本系ディーラーの場合は、他県とのネットワークを持っていないことも多く、他県からの取り寄せには対応してもらえない可能性があります。

方法3.インターネット中古車情報

インターネットの中古車情報サイト「 カーセンサー 」「 goo-net(グーネット) 」であれば、パソコンやスマートフォンなどを使い、24時間、自宅以外のどの場所であっても中古車を検索することができます。

また、中古車販売店やディーラーなど、特定の店舗に限定されず、そのサイトに登録された日本中にある中古車から検索できるため、自分の希望に合った中古車を見つけることが可能です。

万が一遠方の地域に、希望とマッチした中古車を発見した場合は、見積もりを取り寄せるか、問い合わせを行い、県外の遠方であっても購入と取り寄せが可能か確認か確認するようにしましょう。

インターネットの中古車情報サイトには、全国展開をしている大手中古車販売店から、小規模な店舗までさまざまな規模の中古車販売店が登録しているため、中には遠方納車に対応していない販売店も存在します。

中古車の取り寄せにかかる費用相場

県外から車を取り寄せる場合。やはり、通常の購入とは違い、どうしても陸送費や輸送費、または登録費用などが余計にかかってしまう可能性があります。

取り寄せ距離 大手中古車販売店 一般中古車販売店
ディーラー
短距離(100km程度) 0~2万円 1~3万円
中距離(300km程度) 1~3万円 3~5万円
長距離(600km程度) 2~5万円 5~7万円
超長距離(1000km以上) 3~6万円 8~10万円

上記の表を見ていただければわかるように、業者や車種、または諸条件によって金額は変わってきますが、基本的には移動させる距離が遠くなればなるほど高くなっていきます。

また、全国展開しているような大手中古車販売店の場合には、全国から車を取り寄せることが珍しくないため、特定の陸送業者と提携しているため、ディーラーや一般の中古車販売店よりも陸送費は安く設定されています。

次に、登録に追加で掛かる費用は以下のとおりです。

取り寄せ距離 大手中古車販売店 一般中古車販売店
ディーラー
短距離(100km程度) 0~3万円 3~5万円
中距離(300km程度) 0~3万円 4~6万円
長距離(600km程度) 0~3万円 5~7万円
超長距離(1000km以上) 0~3万円 6~8万円

全国展開している大手中古車販売店であれば、登録は自宅から近い店舗が行ってくれるため特別「追加されないことがほとんど」です。

対して、遠方の販売店の場合は、名義変更などの手続きのため、ユーザーが住んでいる地域まで出張しなければならないため、出張費などが多めにかかってしまうことがあります。

県外の場合の補足

上記でご案内している相場はあくまで一般的方法ですが、販売店や、どこかどこに輸送するかによっても陸送費や登録費用は変わってきます。

例外として考えられるのが、沖縄などの離島、もしくは、北海道から九州・沖縄など、極端に距離が遠い場合です。

沖縄などの離島は当然として、極端に距離が遠い場合は、陸送ではなくフェリーを使った船便になることがあります。

船便の場合、料金以外にも移動にかかる日数も数日以上余計にかかる場合があるため、あまりに遠方から取り寄せる場合は、料金だけでなく、移動日数にも注意し、事前に確認するようにしましょう。

県内の場合の補足

県内であれば、どの店舗で購入しても、ほぼ間違いなく取り寄せてもらうことは可能ですが、自宅などに届けてもらう場合は、やはり距離に応じて陸送費用が掛かる場合があります。

中古車の購入費用を少しでも抑えたいのであれば、購入した店舗まで取りに行くことをオススメします。

取り寄せの費用が決まる仕組み

ここまで、中古車を遠方から取り寄せる場合の費用についてお話してきましたが、取り寄せに掛かる費用は、一般的な宅配便とは違い、中古車を運ぶとなればそれなりの費用が掛かってしまうのは仕方ありません。

前述したように距離が長くなれば当然費用は高くなり、また、どの容易な方法で陸送するかによっても費用は変わってきます。

陸送の中継点によって変わるなど

大手中古車販売店を除き、一般的に長距離の陸送が必要な場合、店舗から店舗まで直接運ばれるのではなく、陸送業者のモータープールなどを中継する場合は、店舗間を直接運ぶよりも安くなる場合があります。

これは、人件費が大きく関わっており、店舗から特定の場所まで直接運ぶ場合は、チャーター便になってしまうためです。

チャーター便ではなく、陸送業者がまとめて運ぶ定期便に乗せる方が安くできる可能性があります。

ただし、定期便に乗せる場合は、余分に時間がかかることは覚悟しなくてはなりません。

見落としがちな費用について

遠方から中古車を取り寄せる場合には、一般的な中古車購入時の納車費用にプラスして、陸送費や輸送費がかかりますが、納車費用そのものが割高になっていることがあります。

県を超えて登録する場合、ユーザーの住所を管轄している陸運事務所で登録作業を行わなければならないため、出張費や人件費が余計にかかることは上記でも触れている通りです。

別途陸送費がかかるときには、見積もりなどに記載されていることがほとんどですが、遠方であるため余分にかかっている登録に掛かる費用に関して、別項目で書かれることはほとんどありません。

通常の登録費用の欄に書かれているだけですので、通常の場合と比較していくら増額されているのかを知ることはできません。

業者によっては別項目で記載されている場合はありますが、遠方から取り寄せたにも関わらず、陸送費以外の期9歳が無い場合は、通常の場合と比較していくら増えているのかについて、販売店に確認する必要があるでしょう。

中古車を取り寄せる際の注意点

遠方であっても、陸送費などに納得できれば、取り寄せることで希望にマッチした中古車を購入することが可能ですが、通常の購入と違い気を付けておきたいポイントがあります。

車は安くても数十万円以上の買い物ですが、中古車である以上、やはり新車と同じようにはいかず、前オーナーの使い方や使用していた地域、メンテナンスがどの程度されていたかなどにより、車の程度は千差万別。

1台として同じ車が存在しないというのも、新車と中古車の大きな違いです。

せっかく希望の車を見つけて購入したのにも関わらず、購入後に公開することが無いよう、下記よりご案内する内容に注意して中古車を選ぶようにしましょう。

どうやって中古車の状態を正しく把握するか

上記でお話しているように、中古車は1台として同じ車は存在しませんし、走行距離が少ない、年式が新しいというだけでは、安心して購入してよい車とは言えません。

外装や内装の傷み具合はもちろん、エンジンのかかり具合はどうか、下回りやタイヤハウスの中など、中古車情報サイトに載っている写真では確認できない箇所についても確認しておきたいところです。

そこで、遠方であっても、近県など、実際に足を運べる距離であれば、一度は店舗に行って実車の確認を行うことが理想的なのは言うまでもありません。

しかし、さらに遠方の場合、実際に店舗に行くのは難しいということもあるでしょう。

その場合は、電話やメールで、気になる点を質問し、可能であれば追加の写真を送ってもらうことをオススメします。

ただし、販売店では可能な限り要望に応えてくれると思いますが、店舗側もその車だけに集中できるわけではありませんので、写真は必要最低限のポイントに絞ってお願いするようにしましょう。

納車後のキャンセルは可能か

売買契約後、どうしてもキャンセルしたいという場合は、契約後2日程度であればキャンセルできる可能性があります。

しかし、遠方からの取り寄せの場合、店舗によっては契約後すぐに、運搬などの納車準備に取り掛かっていることがあります。

店舗側の費用負担が発生してしまっていると、キャンセルするためには、店側が負担した費用を払わなければならない、または、キャンセル不可ということもあるでしょう。

購入前に車の状態をチェックするのと同時に、いつまでキャンセルが可能かは必ず確認しておくことが必要です。

名義変更はどうなるか(陸送業者が納車地域で行う場合も含めて)

車は電化製品などと違い、法律によって所有権などが定められているため、中古車購入後には必ず名義変更手続きを行わなければなりません。

通常の購入方法であれば、指示された書類を揃えて販売店に渡すことで手続きをしてもらうことができますが、実際に店舗に行くことができないほど遠方の場合は、一般的に3つの方法があります。

遠方の中古車を名義変更する3つの方法
  1. 販売店のスタッフが購入者の地域まで出張する
  2. 販売店側で手続きをしてもらう方法
  3. 購入者自身が手続きを行う

方法1.販売店のスタッフが購入者の地域まで出張する

1つ目は、販売店のスタッフが、購入者の住所を管轄する陸運事務所(軽自動車は検査協会)まで出張し手続きを行う方法です。

近県の場合や、納車を急ぐ場合に取られる方法ですが、事前に必要書類は送っておかねばなりませんし、出張費などの費用が別途発生する可能性があります。

方法2.通常と変わらず販売店側が手続きを行う

2つ目は通常の場合と同様に、販売店側で手続きをしてもらう方法です。

費用的には、販売店のスタッフが出張するより安く済みますが、書類のやり取りは郵送になるため若干時間がかかってしまう可能性はあります。

ただ、通常の購入方法の場合でも、書類を郵送することはあるため、あまり手間が増えるということはありません。

また、この場合の手続きは、販売店から依頼を受けた代行業者が行ったリ、陸送業者が手続きをしたりすることになります。

方法3.ユーザーが手続きを行う

上記でもお話しているように、遠方の中古車を取り寄せた場合には、陸送費や登録料などが余計にかかってしまうものですが、自分で名義変更の手続きを行うことで、余計にかかる費用を節約することが可能です。

名義変更と聞くと少々難しく感じるかもしれませんが、インターネットには名義変更に必要な書類や、具体的なやり方を説明しているサイトはいくつもあり、陸運事務所などでも丁寧に説明してもらえます。

ただし、販売店によってはユーザー側での名義変更をNGにしている場合がありまので、どの方法で手続きを行うかは、販売店と良く相談して決めましょう。

取り寄せた後のサポート・整備はどこで受けるべきか

中古車を購入した場合に一番の心配ごとは、購入後の故障ではないでしょうか。

通常の購入方法であれば、故障はもちろん、車検などのメンテナンスは購入した店舗にお願いすることが一般的ですが、遠方の店舗で購入した場合そうはいきません。

中古車を購入後の故障やメンテナンスをどこで受けるか不安な場合は、一度はディーラーに行くことをオススメします。

「ディーラーで中古車は相手にしてくれない」と思っている方がいるようですが、まったくそんなことはありませんし、年式によっては、保証継承点検を受けることで、メーカー保証を継続させることも可能です。

ディーラーの車検や整備は高いと感じるかもしれませんが、一度訪れてみてどうしても予算に見合わない場合には、カー用品店やガソリンスタンドなどでも、ある程度の故障は見てもらえます。

【裏技】知る人ぞ知る、新古車や中古車を賢く手に入れる方法!

もっとも手軽に「レアな新古車を手に入れる方法」は何だと思いますか?

それは「中古車販売店に希望の新古車や中古車を探してもらう」こと。そして提案の専用サービスが「 クルマコネクト 」「 なびくる+ 」です。

クルマコネクト 」「 なびくる+ 」は、中古車情報サイトには掲載されていない未公開車両を提案してもらえます!

この2サイトはともに、中古車買取・販売で有名な「ガリバー」が提案してくれるサービス。

クルマコネクト 」はチャットで相談、「 なびくる+ 」は電話で相談ができます。

コツは下記のような感じで伝えることです。

  • 新車とほぼ同等の軽自動車がほしい、プリウスがほしい
  • ディーラー試乗車落ちで5,000km以内の中古車がほしい
  • タントで100万以内、新車同等品を提案してほしい
  • 通勤にオススメの車を教えてほしい

ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、時々提案してもらうのがいいですよ!

【チャット】で無料相談 →  https://221616.com/connect/

【電話】で無料相談 →  https://a-navikuru.com/

【裏技】愛車の最高額をチェック&下取りよりも数十万高く売れる!

同じ車。どうせ売るなら1円でも高く売りたいと思いませんか?

そこでオススメが「車一括査定」というサービスです。

このサービスを使えば、ディーラーの下取りよりも数十万高く売れることが多く、利用者が急増中。

もし買い替えを考えているのであれば、より多くの頭金が手に入ることに。

  • 売るかどうか迷っている人にオススメ!ネットで概算の最高額が分かる →  https://ucarpac.com/
  • とにかく愛車を高く売りたい!車一括査定で優良業者がたくさん参加 →  http://www.carsensor.net/

まとめ

中古車は新車と違い、必ずしも希望の車に巡り合えるとは限りません。

そのため、全国の中古車から探すことで、希望にマッチした車を手に入れられる可能性は飛躍的に高くなります。

ただし、手続きや納車方法、車の状態確認など、通常の購入方法とは違った形で注意しなければならないことが多いのも事実です。

また、遠方の場合はどうしても現社の確認が完ぺきに行うことはできず、購入する店舗をしっかり選ぶことも大切。

そこで、記事内でお話している状態の確認や手続き方法などを事前にしっかり問い合わせ、そのやり取りの中で、その店舗が信頼できる店舗かどうか見極めるようにしましょう。

問い合わせメールの返信が異常に遅い、返答内容が曖昧、見積もり内容の詳細が書いていない、または、聞いてもあいまいな答えしか返ってこない場合は購入を見送った方が賢明です。

車は価格も安いものではなく、その人の財産にもなり得るものですので、購入後に後悔しないよう、車はもちろん、購入する店舗もしっかり見極める必要があります。

おすすめ記事

8,336view
1分でわかる新古車!メリット・デメリットと超カンタンな探し方をプロが解説

「中古車を買うなら新古車がいいよ!」 車好きの友人からアドバイスを受けたり、ネットの情報で「新古車」という言葉を見かけた ...

29,544view
【最新版】安くてかっこいい車の決定版!厳選10車種とお得に購入するテクニック

街を歩いていて、思わず目を惹くかっこいい車。 しかしカタログやHPをチェックしてみると、あまりの高さにガッカリする事も珍 ...

5,205view

車一括査定サイトはいくつもあるため、どれを利用すべきなのかランキングを知っておきたい 車一括査定サービスごとのランキング ...

64,019view
【写真つき】3分で分かる手洗い洗車!車マニアが実践している「洗車手順」完全版

「自宅での手洗い洗車」というのは、車好きだけのたしなみと思っていないでしょうか? 筆者の周りを見ていると 手洗い洗車に苦 ...

-中古車購入

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2018 All Rights Reserved.