【イラストつき】中古車の事故車ってどういうこと?3つのリスクと回避方法を解説

投稿日:

【イラストつき】中古車の事故車ってどういうこと?3つのリスクと回避方法を解説
  • 事故車がどの程度危険なのか知りたい人
  • 事故車の定義やリスクを知りたい人
  • 事故車の見分け方を知りたい人

「事故車って何?事故にあった車のことなの?」

こう思っている人は多いのではないでしょうか。

車を売る時、事故車だと安くなるということは業界では常識とされています。

裏を返すと、事故車は中古車として売られるときにも「安く購入できる」ということになります。

「え~…事故にあった車なんて乗りたくないよ」という声も聞こえてきそうですね。

注意すべきなのは「事故車=事故にあった車」ではなく、修復歴のある車という意味なんです。

ですが結局のところ、修復歴のある車は極めてリスクが高いと言うことができます。避けるべき車であることに間違いありません。

ですが、実際はこんな葛藤もあるでしょう。

  • 騙されて事故車を買わされてしまうのではないだろうか
  • 事故車って危険らしいけど、本当に安く購入できるのだろうか
  • 事故車を購入するリスクはどうなっているのか
  • 安全にお得な中古車を購入したいんだけど、どうすれば…

この記事では、これらの疑問にすべてお答えします!

正しい知識を付けておけば、リスクを避けて安全にお得な中古車が購入できますから、必ず最後まで読み進めてくださいね。

中古車の「事故車」とは?

中古車で事故車と呼ばれる車両は、冒頭でも述べているように「修復歴車(以降、事故車と記載)」のことを指しています。

そして事故車であるということは、極めて危険ということができるのです。

というのも次に説明するように「骨格の損傷=安全性が低くなる」ということができるからです。

フレーム(骨格)が損傷した車のこと

事故車とは車のフレーム(骨格)が損傷した車のことを指しています。

そしてフレームとは下記の図解の部分です。

車のフレーム部分の図解

また、この図解では見えない部分ですが

  • センターフロアパネル…床面の基礎部分
  • フロアサイドメンバー…床面サイドの骨格
  • リヤフロア(トランクフロア)…トランクの床面の基礎部分
  • リヤサイドメンバー…トランクの床面サイドの骨格
  • リヤクロスメンバー…最後部の最下部付近の骨格

もフレームと定義づけられています。

そしてこれらが損傷している車、もしくは損傷後修理をした車のことを事故車(修復歴車)と呼んでいるのです。

事故車=修復歴車ということ

事故車=修復歴車ということ

骨格が損傷したり、骨格を修理した場合に事故車と言われるようになるのですが、必ず「事故が起きた」という場合のみ認定されるわけではありません。

あくまで「事故で損傷したのと同じような状態」になってしまった時に、事故車と呼ばれるのです。

そのため事故で骨格を損傷させた場合を含め、下記のケースでは事故車として認定される可能性が極めて高くなります。

  • 事故によって一部のフレームを損傷させた
  • スキーに行って荷積みをする際にルーフを凹ませてしまった
  • 損傷した骨格を修理した

それぞれ簡単に説明していきますね。

事故によって一部のフレームを損傷させた

フレームの一部が損傷した場合は、問答無用で事故車扱いになります。

スキーに行って荷積みをする際にルーフを凹ませてしまった

スキーやキャンプなど、アウトドアで遊ぶ場合にはルーフ上に荷積みをすることが多くあります。

その時、ルーフに上ってキズや凹みを付けてしまうと「事故車」という扱いになる可能性があります。

なぜならルーフ自体が「むき出しの骨格」のようなもので、キズや凹みは「骨格が損傷した」と見なされる場合があるからです。

損傷した骨格を修理した

損傷した骨格を修理すれば事故車ではないのでは?と思うかもしれませんが、残念ながらこの場合も事故車です。

事故車の本来の言い回しを覚えていますか?

そう、「修復歴車(修復歴ありの車)」です。

つまり骨格の修理をしたとしても、その履歴が残っているとアウトだと覚えておきましょう。

まどか困惑表情
まどか
なるほど…そうなると、何となく事故を起こしたり、事故に合った場合はかなりの確率で事故車=修復歴車と判断されてしまいそうですね
パンダ店長通常表情
パンダ店長
だから次章で紹介するように、中古車市場では多くの事故車が出回っているんだよ

世の中に「事故車」はどのくらい出回っている?

先ほどの解説で、意外と事故車が多そうだという予想はなんとなくできますよね。

そこで早速、中古車市場にどの程度の事故車が出回っているのか、紹介していきましょう。

詳細なデータはないので「あくまで感覚値」となってしまいますが、その数は10台中1台あるかないかという程度です。

つまり5~10%程度が事故車ということになります。

実際に2018年12月現在、中古車検索のグーネットでは下記のような結果となっています。

修復歴の指定なし=全台数の検索結果

修復歴の指定なし=全台数

出典元: goo-net(グーネット) より

修復歴「あり」の検索結果

修復歴「あり」

出典元: goo-net(グーネット) より

ご覧になっても分かる通り、やはり10%未満程度です。

ただし買取業者の中には事故車を見逃してしまうケースもあるため、結果的には「見逃された車両を考えて、ちょうど10%程度」と考えておけば、ほとんど間違いないでしょう。

そのためあなたが事故車をつかまされる可能性は、無いわけではないというのが本当のところです…。

そこで次章からは事故車のリスクや見分ける方法について、詳しく解説していきましょう。

「事故車」の3つの大きなリスク

「事故車」の3つの大きなリスク

事故車には下記に箇条書きしたリスクがあります。

  • 自分が事故に合う可能性が高くなる
  • 事故に合った時に安全ではない可能性が高くなる
  • 手放すとき非常に安くなってしまう

上から順に危険度の高い順に並べています。

それぞれ非常に危険度の高いリスクですから、以下に分けて説明していきましょう。

自分が事故に合う可能性が高くなる:危険度★★★★★

事故車を購入すると、自分が事故に合う可能性が高くなります。

これは別に呪いのような迷信ではないので、論理的に説明していきますね。

実は事故車は修復されていたとしても「100%元通り」にはなりません。

金属が主成分ですから、当たり前ですよね。

そのとき、分かりやすく言うと「車の骨格がゆがんでいる」という状態になります。

そして骨格がゆがむと、これまで通り

  • まっすぐ走行することができなくなる
  • ハンドルが重くなる

など、車の挙動の安定性が悪くなるケースがあるからです。

その結果、普通に運転していたとしてもふとした瞬間に事故を起こす可能性があるといえます。

事故に合った時に安全ではない可能性が高くなる:危険度★★★★★

あなた自身が事故を起こすだけではなく、仮に車に乗っていて事故の被害者となった場合に、被害が大きくなる可能性があります。

というのも車は乗員を守るために、車内空間を形成する基礎の骨格を頑丈に作っています。

しかし基礎である骨格が損傷してしまった場合、安全性の補償はなくなってしまうのです。

特に金属部品ですから、熱して叩かない限り、ダメージを与えられると弱ってしまいます。

そのためぶつけられたり追突された場合には、普通の車よりも事故車の方が「格段に安全性が劣る可能性が極めて高い」と思ってください。

手放すとき非常に安くなってしまう:危険度★★★

あなたの身の安全に直接関係するわけではないのですが、事故車は手放すとき=車売却のときに非常に安くなってしまいます。

なぜなら事故車=修復歴ありの車は、最大で100万円単位での減点をされるのが一般的だからです。

そのため手放すときに非常に安くなってしまい、結果的に「資産的な価値がほとんどない」と言っても過言ではないため、その点についても大きなリスクということができるのです。

 

まどか困惑表情
まどか
もし購入してしまったら…命の危険になるかもしれないんですね

パンダ店長困惑表情
パンダ店長
だから次章の説明を見て、あらかじめ事故車を見分けて回避するのがオススメなんだ

現車確認で事故車を見分ける方法

現車確認で事故車を見分ける方法

事故車を見分けるためには、現車確認時に下記の項目をチェックする必要があります。

  • まっすぐ走行できるか
  • ドアやボンネットがスムーズに開閉するか
  • ドアやボンネットなどのパネルとパネルの隙間が均一か
  • 目視できる骨格が左右均等になっているか

それぞれ以下に分けて説明していきます。

まっすぐ走行できるか

先ほども述べましたが、骨格が損傷している場合にはまっすぐ走行することや、ハンドルを動かすことがしにくくなります。

そのため車検ありの中古車では公道を、車検なしの中古車では展示場内を試乗させてもらってください。

仮に骨格がゆがんで走行に支障をきたしている場合には、どんな素人でも絶対に「あれ?このくるま動かしにく過ぎない?」と感じるので、その場合は絶対に避けましょう。

ドアやボンネットがスムーズに開閉するか

骨格が損傷しゆがんでしまうと、その上から取り付けられるドアやボンネットも「ゆがんだ基礎の上に装着されている」ということになります。

そのため実はドアやボンネットなどの開閉がスムーズにできなくなってしまうのです。

だからこそ簡単なチェック方法として、必ず全ドア類の開閉だけは現車確認時にしておきましょう。

ドアやボンネットなどのパネルとパネルの隙間が均一か

ドアの開閉と同じですが、骨格という基礎がゆがんでしまうと、上から取り付けられているパネル類もゆがみます。

そしてパネル同士の隙間が、均一にならなくなります。

これも簡単なチェック方法ですから、必ず現車確認時にチェックすることをオススメします。

目視できる骨格が左右均等になっているか

先ほど筆者が図解した骨格のほとんどは、パネルに覆われているため目視することはできません。

しかし下記の部分に関しては、目視にてある程度のチェックは可能です。

  • フロントインサイドパネル…ボンネット内でチェック可能
  • リヤフロア(トランクフロア)…トランク内でチェック可能

どちらも見えづらい部分ではありますが、スマホのLEDライトなどで照らして確認してください。

もし骨格が損傷している場合には、左右均等ではないゆがみや凹みが生じています。

以上が事故車を避けるために必要な現車確認時のチェック項目でしたが、実際に自分の目でチェックするのは面倒くさいですよね。

そこで次章では、事故車を回避する中古車の探し方について紹介していきましょう。

事故車を回避する中古車の探し方

事故車を回避する中古車の探し方

販売業者ですら見逃してしまいやすい事故車ですから、業者選びだけは慎重にしなければなりません。

しかし業者でアレコレ聞いてしまうと、余分な営業行為をされてしまいそうで嫌ですよね。

そこで早速、簡単に事故車を回避して中古車を探す方法について紹介していきます。

それは「 なびくる+ 」もしくは「 クルマコネクト 」というサービスを利用することです。

サービスの詳細は下記にしていきますが、誰もが簡単に信頼できる業者の「信頼できる在庫車」から中古車を紹介してもらえるサービスです。

そして余分な営業行為が絶対にない仕組みとなっていますから、下記の説明をご覧になって利用してくださいね。

「なびくる+」「くるまコネクト」で安全な中古車を探す方法

筆者がオススメする「安心できる事故車回避」の方法である、 なびくる+ で実際に申し込みをしたので、下記をご覧ください。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
くるまコネクトも基本的な流れは同じ!なびくる+では電話がかかってくるのに対して、チャットで完了するのでより簡単なんだ。

希望条件を書くだけなので簡単!なびくる+の流れ

なびくる+ は、希望の条件を先に指定しておくと、ガリバーが抱える「ネットには出てこない非公開車両」を紹介してもらえるサービスです。

そのためあなたは、最初に車種などの指定をするだけで、後は任せっきりでも大丈夫!

実際の利用方法は下記の通りです。

1.車種や年式などの条件を指定する
車種や年式などの条件を指定する

2.電話を待って、より詳細な希望条件の指定をする
電話を待って、より詳細な希望条件の指定をする

3.後は希望条件に沿った中古車の紹介をしてもらうまで待つだけ
後は希望条件に沿った中古車の紹介をしてもらうまで待つだけ

ご覧の3ステップで、簡単に探し出すことが可能です。

ちなみに電話について少し不安だと思うので、補足させていただきますね。

実はなびくる+では申し込み後に電話はかかってきますが、これはあくまで「なびくる+の運営から」であり、ガリバーの店舗からの連絡ではありません。

つまり余計な営業をかけられることなく、単純に「安心感の高い個体が欲しい」「50万円前後の修復歴のないSUVがほしい」などの指定ができるのです。

そのためあなたに寄り添った対応をしてくれることは間違いありません。

またなびくる+ではそもそもガリバーの車両を紹介してもらえるのですが、なんと最長で10年もの中古車保証が用意されています。

さらにいうと納車後の返品にも応じてもらえるため「確実に満足のいく中古車購入が可能」と言えるのです。

そのためぜひ一度、 なびくる+ を利用して間違いのない中古車購入をすることをオススメしますよ!

重要なポイントまとめ

最後に当ページの重要ポイントについてまとめておきますね。

  • 事故車とは「修復歴車」のことを指しているケースが多く、骨格が損傷してしまったor損傷してから修理した車のことを指している
  • 事故車は中古車市場の中で10%程度の台数
  • 事故車を購入すると、安全性が著しくかけている中古車を購入することになる
  • 事故車を回避するには「現車確認」が重要だが、面倒くさければ「 なびくる+  」「 クルマコネクト 」というサービスがおすすめ

おすすめ記事

2,188view
安い中古車=粗悪は本当?最高コスパの1台を見つけ出す簡単テクニックと見分け方

安い中古車を探したい 安い中古車の探し方を知りたい 安く出回っているオススメの中古車を知りたい コスパの良い中古車を知り ...

2,344view

車を売りたいが、その車が古くて売却方法に困っている人 動かないボロボロの車を買取してもらいたい人 古い車であってもできる ...

374view
【チェック表つき】中古車購入・売却の必要書類と手配方法の完全マニュアル!

・中古車の購入時、どんな書類が必要なのか知っておきたい人 ・中古車購入の必要書類の手配方法を先に知りたい人 ・必要書類を ...

2,490view
ガリバーTOPページ

ガリバーのテレビCMを見てどんな買取業者か気になっている人 車を売ろうと考えていて、ガリバーを使おうと思っている人 どう ...

-中古車購入

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.