レッドブックを使えば車査定で有利?気になる本の内容を徹底解説

  • 車査定を受ける予定で、レッドブックが何か知りたい人
  • レッドブックがどんなシーンで使われるのか知りたい人
  • カンタンな方法で車を最高価格で売りたい人

車査定を受ける人が一番気にするのが「いくらで売れるのか」ということ。

その正解が記載されている本があったとしたら非常に興味をそそるのは当然です。

実はレッドブックという本があり、それには中古車の下取り価格が載っているのです。

  • レッドブックって何?どんな時に使うの?
  • レッドブックはどうやったら手に入る?
  • レッドブックを使えば車が高く売れるの?

この記事は、そんな疑問の全てを解決する内容になっています。

レッドブックに関する説明はもちろん、それがあれば車を高く売れるのかどうかという解説もしています。

そのためこの記事を読むだけで、何を使えば車が高く売れるのか分かります。

そして最終的には、レッドブックがどういうもので、自分にとってプラスになるものかどうかが理解できます。

車査定のレッドブックとは何か?

中古車の価格は何で決まるのかというと、後述しますが様々な要素から決定しています。

非常に複雑ですぐに「この車はいくら」と断定はできないもの。

しかし、それを一度に確認できる「レッドブック」というものが存在しているのはご存知でしたか?

  • レッドブックとはどんなもの?
  • どうやって手に入れるの?
  • 出張査定の時に使われているって本当?
  • どんなシーンでレッドブックは使われているの?

この章では、気になるアイテム「レッドブック」について、わかりやすく解説をしていきます。

まずはレッドブックについてカンタンに説明していきます。

レッドブックとはどんなもの?

レッドブックをカンタンに説明すると、車種別に中古車の価格が記載されている本

正式名称は「オートガイド自動車価格月報」というもので、有限会社オートガイドという会社が発行しています。

月報というだけあって毎月発行されているものですが、扱う車のジャンルによっては隔月出版となっています。

レッドブックには、主に以下4つの情報が記載されています。

レッドブックに記載されている情報4つ
  1. 中古車下取価格
  2. 中古車卸売価格
  3. 中古車小売価格
  4. 新車価格
まどか表情笑顔
まどか
中古車卸売価格とは、業者間でいくらで取引されているかという情報です。

中古車というのは当然ですが下取り価格というものがあります。

下取または買取した車を、中古車販売店だけが参加できる専門のオークションに出品します。

それを購入した販売店が、その車を中古車として店頭で販売するのが一般的。

つまり、卸売価格とは業者オークションでいくらで取引されているかということ。

レッドブックさえあれば、業者が中古車をいくらで下取していくらで取引しているかがひと目でわかってしまうのです。

まどか驚き表情
まどか
すごい!これさえあれば自分の車がいくらで売れるのかがすぐに分かりますね!絶対欲しい!
でもレッドブックを手に入れるのはものすごく大変なんだ…。
パンダ店長困惑表情
パンダ店長

レッドブックの入手方法

レッドブックには中古車の買取価格が記載されていると紹介しました。

車査定の時に誰もが気になるのが「その査定価格が適正かどうか」ということ。

レッドブックさえあれば買取店が提示する査定額が適正かどうかがひと目で分かるのです。

となればなんとしてもレッドブックを手に入れたいと思うところですが、残念ながらレッドブックは個人ユーザーが購入することはできません。

レッドブックを購入できるのは「自動車販売業、損保会社、法律関係者、官公庁」に限られるんだ。
パンダ店長通常表情
パンダ店長

さらに、レッドブックは基本的に年間購読しかできません。

レッドブックは車のジャンル別に4種類が販売されていますが、全てを年間購読するとその費用は27,000円。

査定額が適正かどうかを知るためだけに3万円近い本を購入するのは非常に効率が悪いことと言えます。

まどか困惑表情
まどか
じゃあレッドブックで査定額を知ることはできないんですね。残念。
でもね、そもそも買取店は査定価格の算出にレッドブックを使っていないんだ!
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長

レッドブックは出張査定の際に使われない

そもそもの話ですが、出張査定に来る査定員はレッドブックを持っていません。

出張査定とは、買取店があなたの自宅等に足を運び査定をすること

出張査定は何がいいの?
持ち込みの車査定は高く売れない!無料の出張買取査定がオススメな理由

車の売却を検討していて、どの買取業者に持ち込み査定をしようか迷っている人 出張査定と持ち込み査定ならどっちが車を高く売れ ...

続きを見る

つまり査定にレッドブックが使われることがなく、別の情報から査定価格を割り出しています。

買取店が車査定で金額を決める根拠は、以下の3つと言われています。

査定価格を決める3つの根拠
  1. 業者オークションでの取引額
  2. 自社の在庫状況
  3. 車種自体の需要

買取店は基本的に、業者オークションの過去の取引相場を確認することができます。

査定している車と同車種同条件の車を調べ、いくらで取引されているのかを調べることも可能。

ここで出てきた金額をベースに査定価格を計算します。

また自社の在庫状況も大きく影響し、需要に対して供給量が足りていない車は査定額を高くします。

車種自体が人気の車であった場合も同様で、こうした3つの情報を総合的に判断して査定価格を算出しているのです。

まとか通常表情
まどか
じゃあレッドブックで査定額を知っていてもあまり意味がないということなんですね。
車査定を受ける時はあまり意味がないね。逆に、どんな時にレッドブックが使われるのかを紹介するよ。
パンダ店長通常表情
パンダ店長

どんなシーンで活用されているもの?

レッドブックが査定の際に使われないことはこれまでの説明で分かりましたが、それではどんなシーンで使われているのでしょうか?

レッドブックは主に、以下の2つのシーンで使われています。

レッドブックが使われる2つのシーン
  1. 保険会社が補償額を決める時
  2. 裁判所が車の価値の根拠を示す時

これがどういうことか、これから詳しく説明していきましょう。

シーン1.保険会社が補償額を決める時

レッドブックが使われる最も多いシーンが、保険会社が車の補償額を決める時です。

車が交通事故で破損した時、自動車保険などがその費用を補償することがあります。

その時の補償額の指標として、レッドブックが活用されています。

街を走っている車は全て中古車なので、その価値は全てがバラバラです。

新車と言えども、一度でも人の手に渡ったものは全て中古車と判断されるんだ。
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長

しかし「車種・年式・走行距離」からある程度の価値をはかることは可能。

その指標として、レッドブックに記載されている中古車下取り価格が使われるのです。

例えば全損した車を補償する場合、新車価格を全て保険会社が支払うということはありません。

レッドブックに記載されている下取り価格で大体の価値を判定し、状況に応じて増減して補償額を決めているのです。

シーン2.裁判所が車の価値の根拠を示す時

車が絡むトラブルで、裁判に発展することは珍しくありません。

車は資産なので、当然破損すれば被害総額を計算することとなります。

この際に裁判所は、明確な根拠のある資料から被害額を決定する必要があります。

この時に使われるのがレッドブックなのです。

レッドブックは買取店の査定と違い、在庫状況や車の需要などは考慮しない価格を掲載しています。

そのためその車の純粋な価値を掲載しているとされ、裁判所が資料として利用しているのです。

まどか驚き表情
まどか
よく聞く「被害額」というのはレッドブックを使って算出されていたんですね!
必ずしもそうとは言い切れないけど、重要な資料として使われていることは事実だよ。
パンダ店長通常表情
パンダ店長

ここまでの説明で、レッドブックは車査定で役立つアイテムというより、トラブル解決のために利用される資料という側面が強いことが分かりました。

レッドブックに書かれている内容は一般的な車の価値であり、車査定額とは比例しません。

むしろ車査定はもっといろいろな事情を考慮して価格を決めているので、より正確な市場価格ということができます。

レッドブックは第三者機関が中古車売買で利益を上げることを目的として作っているわけではありません。

対する買取店は中古車売買で利益を上げることを目的としているので、相場より安い価格で買い取った方が得をします。

そのため筆者は1社だけに車査定をしてもらうのは危険と断言します。

必ず複数社の買取店に査定依頼をしないと、本当の車の価格を知ることができないのです。

そこで次章では、高額査定を引き出すためには活用したい、一括査定について詳しく紹介していきます。

高額査定をするなら一括査定がオススメ

車一括査定をカンタンに説明すると、複数の買取業者への査定依頼が一回で済んでしまうインターネットサービスのこと。

車一括査定の利用ステップ

自分で買取業者を1社1社探す必要がなく、査定額を比較できるため、高く売れるメリットがある。

車の査定額を上げるためには、複数の買取業者を競わせることが最も有効です。

面倒な交渉をしなくても、業者間が査定価格を競って少しずつ値段を上げていきます。

オークションのような状態になるので、あなたはあまり交渉をしなくても査定額が上がっていくのです。

まどか疑問表情
まどか
便利だけど、似たようなサイトが多くて迷いますね。

そこで、車一括査定サイトを徹底比較していくよ!
パンダ店長通常表情
パンダ店長

車一括査定を徹底比較

2019年12月現在の主要な車一括査定は下記5サイトあります。

これらの車一括査定は、運営会社が大手で運営元が信頼できるところを厳選しています。

まどか困惑表情
まどか
車一括査定は5サイトもあるんですね。

5サイトどころじゃないよ。僕が知っているだけでも20サイト以上はあるよ。
パンダ店長通常表情
パンダ店長

まどか疑問表情
まどか
これはどうやって選べばいいんですか?

車一括査定は、仕組み自体は大きく変わりませんが、少しずつ特徴が異なります。

筆者が車一括査定を選ぶ基準は下記3つとしてます。

  1. 参加(提携)業者数
  2. 大手が参加しているのか
  3. 何か特典があるのか

その3つで見た時の各車一括査定は下記の通り。

車一括査定参加業者数大手参加特典
カーセンサー1,000社以上 
楽天カーサービス100社以上楽天ポイント
かんたん車査定ガイド40社以上 
ズバット車買取200社以上 
カービュー200社以上 

それぞれの車一括査定の評価を一言でまとめると下記のようになります。

一発でわかる!車一括査定のオススメ順と評価まとめ
  1. カーセンサー )参加業者数は圧倒的に多く、一番高く売れる可能性が高い
  2. 楽天カーサービス )楽天ポイントがもらえるため、ダブルでお得
  3. かんたん車査定ガイド )JADRIで認可された安心の買取業者のみに厳選
  4. ズバット車買取 )バランスは取られているが、大きな特徴がない
  5. カービュー )バランスは取られているが、大きな特徴がない

まどか疑問表情
まどか
単純に参加業者数順にならないのは何でですか?

参加業者で見ると、カーセンサーを申し込めばいいからだよ。

つまり、次にオススメなのは、カーセンサーにはない特徴があるところという考え方だよ。

パンダ店長通常表情
パンダ店長

車一括査定の一番の目的「高く売りたい」を一番叶えられるのが「 カーセンサー 」ということです。

次はどうせ申し込むなら楽天ポイントがもらえる「 楽天カーサービス 」。

JADRIという厳しい審査に通過した買取業者のみで安心の「 かんたん車査定ガイド 」となります。

ただし、申し込む前に1点注意点があります。

それは「買取業者からの電話がすごい掛かってくる」ということ。

電話勧誘がかかってくることは想定して、自分に最もマッチした車一括査定を利用すべき

以上を考慮の上、各車一括査定の特徴をもう少し詳しく説明していきます。

◆一番買取業者を比較できる「カーセンサー」

筆者として最もオススメの車一括査定は「 カーセンサー 」。

なぜなら「1,000件を超える圧倒的な業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく最もお得になる可能性が高い」といえるからです。

実際のところ、他の車一括査定が数十社~数百社程度であるため、カーセンサーの車一括査定と比較するとどうしても見劣ります。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

◆楽天ポイントがもらえてさらにお得「楽天カーサービス」

楽天カーサービス の車一括査定は、「ポイントがもらえる」という特典があります。どうせ申し込むなら少しでも得したいところ。

得られるポイントは

  • 申し込みをして楽天5ポイント
  • 申し込み後に売却をしたら楽天1,500ポイント

提携している買取業者数はカーセンサーと比較して見劣りしますが、「どうせ買取業者に依頼をするのであれば、ポイントがもらえた方がお得になる」と考えてもOK。

また、申し込み直後に買取相場が分かるので、交渉にも使えます。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

◆JADR加入業者のみで安心「かんたん車査定ガイド」

かんたん車査定ガイド 」の最大の特徴はJADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携しているという点。

最近は滅多にありませんが、少し品が悪い買取業者が存在することも事実です。

「かんたん車査定ガイド」は、提携している買取業者が少ないのが弱点なんですが、逆にいうと信頼できる買取業者に厳選していると言えます。

高く売るなら提携業者数1位「 カーセンサー 」ですが、買取業者を厳選しているという点で安心感は抜群です。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

車一括査定がピンと来ない方に朗報

車一括査定を利用すると高く売れるのは事実。ただ、どうしても複数の買取業者との交渉は面倒という方もいると思います。

そんな時は「 カープライス 」「 グーネット買取 」がオススメ。

  • カープライス :オークション形式を採用している車一括査定。査定はカープライスが行い、その情報を元に買取業者がネットで入札する仕組みです。つまり、あなたは買取業者とは一切交渉をしません。また、楽天グループのため、楽天ポイントがもらえるのが嬉しいポイント。ただし、大手買取業者が参加していないのがネックです。
  • グーネット買取 :中古車と言えば「グー」で有名。買取業者を選択するタイプのため、自分で取捨選択できる方にはオススメと言えます。あなたの車を得意としている地域密着の買取業者が多数参加しているため、他の車一括査定と合わせて申し込むのもオススメです。

※本当に高く売りたい方は、「 カーセンサー 」「 楽天カーサービス 」と合わせて、「 カープライス 」「 グーネット買取 」を申し込むこともできます。


以上、筆者がオススメする車一括査定。

申し込みにかかる時間も2分程度でカンタンに申し込みができます。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

また、買取業者との交渉がどうしても嫌であれば、「 カープライス 」「 グーネット買取 」を使いましょう。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

まとめ

いかがでしたか?この記事では、車査定とレッドブックの関係について紹介してきました。

最後に重要なポイントを箇条書きで確認しておきましょう。

  • レッドブックは中古車の買取価格などが記載された専門書
  • 有限会社オートガイドが発行しており、個人は購入ができない
  • レッドブックは買取店の車査定では使われないのがほとんど
  • レッドブックを活用しているのは保険会社や法律関係者
  • 正確な査定額を知りたければ複数社に査定依頼をするのがオススメ

レッドブックは車査定に用いられることはありません。

下取り額が記載されていますが、あくまで保険会社や法律関係者が参考にするためのもの。

一般の車査定はもっといろいろな要素で査定額を算出します。

そのため無理してレッドブックを手に入れるより、複数の買取店に査定をしてもらった方が正確な価格で車を売ることができます。

そのためにも、一度の申込みで複数社に査定依頼ができる車一括査定を活用しましょう。

パンダ店長のキャンペーン

-車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.