クレームガード保証は意味がない?入るべき人とそうでない人の違い

更新日:

  • クレームガード保証が何か知りたい人
  • 買取店に加入を勧められて迷っている人
  • 車買取後の減額が心配な人

車の買取額は基本的に一度決まったら変更はありません。

しかし稀なケースとして、契約成立後に減額を言い渡されることがあるのです。

車買取の再査定は本当にあった!減額された時の対処法と回避する方法

車買取の契約後に減額されるってどういうことか知りたい 再査定で減額されてしまったらどうしたらいい? どうしたら安心して利 ...

続きを見る

このリスクを回避する保険として、クレームガード保証というものがあります。

これはガリバーやビッグモーターが行っているサービスで、加入を勧められることも珍しくありません。

そんな時あなたは、こんな疑問を抱くのではないでしょうか?

  • クレームガード保証には意味があるの?
  • クレームガード保証は絶対入った方がいい?
  • どんな仕組みでいくら保証されるのか知りたい

この記事は、そんな疑問に全てお答えする内容になっています。

クレームガード保証の仕組みをわかりやすく解説しているので、この記事を読むだけで保証内容が全てわかります。

どんなケースで加入をすべきかも解説しているので、最終的には自分がクレームガード保証に入るべきかどうかがハッキリわかる内容になっています。

滝俊晴

【執筆・監修】リユース営業士

滝俊晴

古物商を取得し、自ら中古車売買を経験。リユース系メディアの編集長時代には、買取業者への取材を積極的に行う。独立後は自身の経験と知識を活かし、価値のあるコンテンツ制作に注力している。また、前職時にカービューやユーカーパックの取材経験がある。

資格リユース営業士、元古物商

クレームガード保証とはガリバーが始めたサービス

クレームガード保証というのはガリバーが始めたサービスで、あらかじめ保証料を払うことであとから生じた不具合で車の査定価格が下がっても差額の補填を免除されるというもの

車を買取店に売却する際、必ず査定があります。

その時に「修復歴があるかどうか、重大な不具合がないかどうか」をカンタンにチェックします。

その上で売買契約をするのが車買取の流れです。

パンダ店長困惑表情
パンダ店長
問題はこのあと、査定額に影響を及ぼしそうな不具合が発見された時なんだ。

車の査定額は基本的に「不具合がない状態」で算出されます。そのため後日不具合が生じると査定額が下がります。

そして、その減額請求をしているという噂が「ビッグモーター」です。

ガリバーなども時々あるとは今でも聞きます。

減額請求されたら、あなたは「瑕疵担保責任」というものによってその差額を負担しなければいけません。

瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)というのは、車の売買で一般的に発見が難しい不具合や欠陥が生じた時、売り主(あなた)が責任を負うというものです。その責任というのは、不具合がない状態の査定金額から、不具合が見つかった状態の査定金額を引いた時に発生する差額を支払うということになります。

例えば100万円で買取が成立した車に不具合が見つかった場合、査定額が80万円に落ちてしまったとします。

その時あなたは、瑕疵担保責任によって差額の20万円を支払うことになるのです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
保証料をあらかじめ支払うことでこの支払い義務をなくすことができるのが「クレームガード保証」なんだ!

クレームガード保証は大手買取店のガリバーが最初に実施したことで、業界第二位のビッグモーターも「クレーム安心保証」という名前で同様のサービスを開始。

両社の保証サービスの価格は以下の通りです。

ガリバー「クレームガード保証」の加入金額と内容

車の売買金額クレームガード保証の金額保証期間保証額
国産車輸入車
0~10万円まで4,900円4,900円7ヶ月最大100万円
10~20万円まで5,900円6,900円
20~30万円まで6,900円7,900円
30~40万円まで7,900円9,900円
40~50万円まで8,900円11,900円
50~100万円まで9,900円14,900円
100~150万円まで11,900円17,900円
150~200万円まで13,900円20,900円
200~250万円まで15,900円23,900円
250~300万円まで18,900円26,900円
300万円以上21,900円29,900円

ガリバーのクレームガード保証は、買取成立金額に応じて額が細かく決まっています。

買取成立金額が高いほど保証料も高くなり、輸入車の方が高いという特徴があります。

これは輸入車の方が後で不具合が発生するリスクが高いためです。

瑕疵担保責任の保証額は最大100万円で、支払う保証料によって変わることはありません。

保証期間は7ヶ月と決まっていますが、多くの場合7ヶ月もあれば次のオーナーの手に渡っていることから、保証期間以降に瑕疵担保責任を問われる心配はないでしょう。

まとか通常表情
まどか
買取成立金額が安い車は保証料も安くしてくれる、非常に公平性の高い設定になっていますね。

ビッグモーター「クレーム安心保証」の加入金額と内容

車の種類保証料保証期間保証額
軽自動車1万円なし最大100万円
普通車(買取額100万未満)1万円
普通車(買取額100万以上)2万円
輸入車3万円

ビッグモーターのクレーム安心保証は車の種類で保証料が変わります。

軽自動車と輸入車は一律で、普通車のみ買取成立金額が100万円未満と100万円以上で変わる仕組み。

30〜50万円の普通車を売る場合はガリバーの方が保証料が安くなっています。

また軽自動車は一律で1万円と決まっているので、買取成立金額が安い軽自動車を売る時は負担割合が大きくなってしまう可能性があります。

ビッグモーターの場合は保証期間を設けておらず、一度保証料を払えば永久に保証してもらえます。

保証額はガリバーと同じで最大100万円となっています。

まどか表情笑顔
まどか
後発のサービスだけあって、ほとんどガリバーと内容は変わらないという感じですね。

ガリバーとビッグモーターの保証サービスについて説明をしてきました。

カンタンにまとめると「5千円〜3万円支払えば買取成立後に不具合が見つかっても差額を支払う心配がなくなる」ということになります。

「たったそれだけで安心が買えるなら…」と思うかもしれませんが、この保証サービスは必ずしも入るべきものではないのです。

本当に保証に入る必要があるかどうか、次章で詳しく説明をしていきます。

そもそもクレームガード保証は必要?

筆者が買取店にクレームガード保証の加入は必要かどうかをヒアリングした結果、「ご希望であればご加入ください」と言われる程度。

加入の要不要はあくまで売り主(あなた)が決めてくださいということだったのです。

歯切れが悪い返答となった理由としては「必ずしも入る必要はない」から。

ケースによってはクレームガード保証に入るだけ損をする可能性があるのです。

そこで本章では、クレームガード保証に入るべきケースとそうではないケースを紹介します。

売りたい車が中古購入なら入っても良い

クレームガード保証に入っておけば安心できるケースは「買った車が中古購入だった場合」のみ。

瑕疵担保責任は「査定時に申告しなかった不具合が後で見つかった場合」に発生します。

つまり中古購入した車だと、自分の前オーナーがどんな修復をしたか分からない場合があるのです。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
自分が買ってからは修復歴になるような修理はしていなくても、前のオーナーがしている場合があるんだ。

査定時に伝えることができるのは、自分がその車を買ってからの経歴だけ。

しかし瑕疵担保責任は、その車が製造されてから今日に至るまでの経歴が関係します。

前のオーナーが修復歴を隠して売っていて、その車をあなたが購入していた場合でも責任を問われることがあるのです。

そのため、中古で買った車を売る場合はクレームガード保証に入っておいた方が安心できるのです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
とは言っても、経歴がはっきりした認定中古車を買っている場合は入る必要がないよ。

売りたい車が新車購入なら入らなくて良い

クレームガード保証に入らなくていいケースが、「売りたい車を新車購入している場合」です。

新車で購入してワンオーナーで乗り続けている場合、どんな修理をしたのかはハッキリ覚えているはず。

車査定の際に全て伝えておけば、後で責任を問われることはないのです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
査定で不具合を見落とした場合は買取店の責任になるんだ。

瑕疵担保責任は全ての場合であなたが問われるとは限りません。

車の場合は査定という作業を挟んでいるため、車査定の際に不具合を見落としていた場合は買取店にも責任が生じるのです。

そのため新車で買っている車で全て修理箇所を伝えた上で査定を受けていれば、そもそも瑕疵担保責任を問われる心配はありません。

この場合は支払う保証料が無駄になるのでクレームガード保証に入る必要はないでしょう。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
その代わり、不具合がある箇所や直した箇所は査定の際に全て伝えよう!

このように、クレームガード保証は必要に応じて入るものと言うことができます。

保証料は査定額を減らすものなので、加入は慎重に行いましょう。

まとめ

  • クレームガード保証は瑕疵担保責任から逃れるサービス
  • この保証はガリバーがはじめてビッグモーターも取り扱っている
  • 保証料は5千円〜3万円が相場で、買取成立金額や車の種類で決まる
  • 中古購入した車はクレームガード保証に入った方がいい
  • 新車購入の車は査定の際に修理箇所を伝えれば必ずしも入る必要はない
パンダ店長のキャンペーン

-車売却

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.