中古車検索サイト「カーセンサー」「グー」を使う時の注意点!掘り出しものの見つけ方とあわせて紹介

投稿日:

中古車検索サイト「カーセンサー」「グー」を使う時の注意点!掘り出しものの見つけ方とあわせて紹介
  • カーセンサーとグーネットの違いを知りたい人
  • 中古車検索サイトを使って安心だけど安い掘り出し物を見つけたい人
  • カーセンサーとグーネットを使って中古車を探す方法を知りたい人

 中古車を探すとなったら、メーカーの中古車サイトを見るより カーセンサーgoo-net(グーネット) を使った方が断然便利でオススメです。

けど、「どっちがいいのか」、「どうやって使えばいいのか」、「万が一の保証はあるのか」など、疑問なことばかりですよね。

そこでこの記事では、カーセンサーとグーネットを徹底比較。

両者の使い方はもちろん、どうやって検索したら「お買い得な掘り出し物の中古車」が見つかるのかを紹介しています。

買うべき中古車の条件や、プロが教える危険な車のポイントも紹介しているので、この記事を最後まで読めば、カンタンにお買い得な中古車を探す方法が身に付くでしょう。

【裏技】知る人ぞ知る、レアな中古車や新古車を賢く手に入れる方法!

筆者イチオシの中古車購入「裏技」

ぶっちゃけ、もっとも手軽に「レアな中古車・新古車を手に入れる方法」は何だと思いますか?

それは「中古車販売店に希望の新古車や中古車を探してもらう」こと。そして提案の専用サービスが「 クルマコネクト 」「 ズバット車販売 」です。

クルマコネクト 」「 ズバット車販売 」は、中古車情報サイトには掲載されていない未公開車両を提案してもらえます!

この2サイトはともに、中古車買取・販売で有名な「ガリバー」が提案してくれるサービス。

クルマコネクト 」はチャットで相談、「 ズバット車販売 」は電話で相談ができます。

コツは下記のような感じで伝えることです。

  • 新車とほぼ同等の軽自動車がほしい、プリウスがほしい
  • ディーラー試乗車落ちで5,000km以内の中古車がほしい
  • タントで100万以内、新車同等品を提案してほしい
  • 通勤にオススメの車を教えてほしい

ガリバーは新鮮な中古車が毎日500台入荷されているので、時々提案してもらうのがいいですよ!

【チャット相談】 クルマコネクト公式サイト

※クルマコネクトのページに行くと「今すぐサクッと相談」「じっくり相談」の2つがあります。すぐ売れてしまう人気車両や非公開車両を紹介してもらうには「じっくり相談」にしてください。「今すぐサクッと相談」は機械が自動的に答えるだけなので、非公開車両は紹介てもらえません。

【電話相談】 ズバット車販売の公式サイト

中古車2大検索サイト「カーセンサー」「グーネット」

ネットで中古車を探すと言えば、やっぱり「 カーセンサー 」か「 goo-net(グーネット) 」を使うという人が多いのではないでしょうか。

事実、この2サイトは中古車の掲載台数が多く、この2つのサイトを使っておけば間違いないと言えます。

ここでは、両サイトの特徴をカンタンに紹介します。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
結論から言うと、この2サイトが扱っている中古車の台数はほぼ同じなんだ!
中古車検索サイト名中古車掲載台数
カーセンサー444,009台(2019年6月3日時点)
グーネット444,643台(2019年6月3日時点)

リクルートが運営する「カーセンサー」

カーセンサー

※画像出典:カーセンサー

カーセンサー はリクルートが運営する中古車検索サイトです。

全国の提携中古車販売店で売られている中古車を、車種別や予算別に検索できるのが特徴。

地域別やボディタイプ別にも検索できるので、「車は欲しいけど何も決まっていない」という人のニーズに応えています。

プロトが運営する「グーネット」

グーネット

※画像出典:グーネットより

goo-net(グーネット) はプロトコーポレーションが運営する中古車検索サイト。

カーセンサー同様、多数の中古車検索方法を用意しており、車購入が初めてな人でも安心して利用できます。

サイト全体がポータルサイトのような作りになっているので、中古車を検索する以外にも車全般の情報を仕入れやすくなっているのが特徴。

用語集なども用意しているので、中古車検索で分からない単語はここで調べることが可能です。

まどか驚き表情
まどか
どっちのサイトも「中古車検索ができる」というのがメインのようですね。どっちを利用したらいいんだろう?
パンダ店長通常表情
パンダ店長
どっちも変わらないから、自分が使いやすい方でいいんだ!

ぶっちゃけ、どちらを利用してもそんなに変わらない

2つのサイトの違いをカンタンに紹介しましたが、結論としては「両者に大きな違いはない」と言えます。

というのも、中古車検索サイトに重要なのは掲載台数です。

記事の冒頭で紹介しましたが、カーセンサーとグーネットが掲載している台数はほぼ一緒。

中古車検索サイト名中古車掲載台数
カーセンサー444,009台(2019年6月3日時点)
グーネット444,643台(2019年6月3日時点)

つまり、どちらのサイトで検索しても同じ中古車にたどり着くようになっているのです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
それでもどっちがいいか迷うなら、「カーセンサー」を使うのがオススメだよ!

筆者としては「カーセンサー」がおすすめ

カーセンサーとグーネットはほぼ同じ内容のサイトですが、「使いやすい」という点で評価をするならカーセンサーがオススメです。

その理由の1つに、中古車検索の情報が見やすいという点があります。

例えば両方のサイトで同じ車を検索した時、カーセンサーとグーネットでは以下の表示になります。

カーセンサーとグーネットの表示

※画像出典:カーセンサーより

グーネット

※画像出典:グーネットより

見た目の良し悪しは個人の感覚によって違うため一概には言えませんが、カーセンサーの方が選択箇所がわかりやすくなっています。

特に筆者が高く評価しているのは、カーセンサーの「中古価格の分布グラフ」です。

中古車は極端に高い車や極端に安いものはありません。

年式や走行距離である程度の平均価格が出るため、その平均価格帯に多数の在庫があります。

カーセンサーはその平均価格帯がひと目でわかるので、中古車検索が非常にしやすいのです。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
このグラフによると、「N-BOX」の在庫が一番多いのは「100〜140万円」の範囲ということになるよ!

サイト全体もカーセンサーの方が見やすいため、掲載台数が同じなら使いやすい方を使えばいいという結論に至ります。

掲載台数が変わらない2つのサイトですが、両サイトで扱っている保証サービスに差はあるのか、それについて次章で詳しく説明していきます。

カーセンサー・グーの中古車についている保証

カーセンサー・グーの中古車についている保証

中古車を買う時に重視したいのが、購入後の保証です。

新車じゃないため、どうしても購入後の故障は避けられないのが事実。

そこで カーセンサーgoo-net(グーネット) は、独自の保証サービスを用意しています。

その保証サービスに違いはあるのかどうかも、どっちのサイトを使うか決める材料の1つになります。

まどか表情笑顔
まどか
2つの保証サービスを比較した表がこちらです。
保証内容カーセンサーグーネット
保証年数半年~最大3年(輸入車は2年)1年~最大3年(輸入車は2年)
保証項目237項目330項目以上
ロードサービス有り有り
保証料10,800円~15,500円~

カーセンサーアフター保証は半年から加入可能

カーセンサーが提供している中古車保証サービスは「カーセンサーアフター保証」といい、半年から加入できるのが特徴です。

「購入直後だけが心配」、「短期で安い保証を付けたい」という人にオススメできます。

カーセンサーアフター保証に入るためには、以下3つの手順が必要です。

  • 手順1.カーセンサーアフター保証対象車両を購入する
  • 手順2.保証に入る手続きを行う
  • 手順3.納車日から保証が開始される

カーセンサーアフター保証に入るためには、保証の対象車両を購入する必要があります。

保証対象車両には、下記の画像のように対象であることが表示されています。

カーセンサーアフター保証の表示事例

※画像出典:カーセンサーより

対象車両を購入し、車種や排気量によって変わる保証料を支払えば、納車日より加入した期間は保証が受けられます。

保証内容は237項目で、万が一車が故障したらロードサービスを使って修理工場へ運搬し、修理を受けます。

その費用が後日保証で支払われるという内容となっています。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
加入できる車は13年未満という条件があるから、古い車に保証は付けられないんだ!

グー保証は保証される項目が多い

グー保証はカーセンサーの保証より保証項目が多く、その数は業界最多の330項目もあります。

加入は以下3つの手順が必要です。

  • 手順1.グー鑑定付きの中古車を購入する
  • 手順2.保証に入る手続きを行う
  • 手順3.納車日より保証開始

基本的な流れはカーセンサーの保証と変わりませんが、グー鑑定という独自の基準をクリアした車を購入する必要があります。

グー保証の表示事例

※画像出典:グーネットより

グー鑑定が付いている車はグーネット上でわかるようになっており、対象車両を購入することが前提条件となっています。

故障時はロードサービスを使い修理工場まで運搬し、保証対象内の故障ならその修理代が支払われるといったもの。

故障時の対応もカーセンサーの保証と変わりありません。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
グー保証は新車登録から10年未満の車にしか付けることができないんだ。

両者の保証サービスを比較すると、どちらも加入の手順や保証を使う流れは同じです。

ただし保証される部品や、加入できる車の条件などが微妙に異なります。

そこで、異なる部分をまとめた表を紹介しましょう。

異なる保証内容カーセンサーグーネット
加入条件13年未満の車10年未満の車
保証項目237項目330項目以上
保証対象車両72,724台(2019年6月3日時点)48,150台(2019年6月3日時点)
まどか驚き表情
まどか
加入できる車の条件がゆるい分、カーセンサーの方が保証対象車両が多いですね!
パンダ店長通常表情
パンダ店長
この辺りが、カーセンサーとグーネットのどちらを使うか決める材料になりそうだね。

カーセンサーもグーネットも、掲載されている車はほとんど同じです。

しかし保証サービスが少し異なるので、自分の欲しい車を見つけたら、保証サービスの対象車両かどうかを調べることをオススメします。

もし両方のサイトで保証対象車両だったら、保証内容が優れているサイトで購入しましょう。

どちらか片方しか保証対象車両になっていないようなら、対象になっているサイトで購入するのがオススメです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
販売店が独自に設定している保証サービスもあるから、トータルでどれに加入するのが一番オトクなのかを比較する必要があるよ!

ここまでの説明で、カーセンサーとグーネットの違いは大体分かりましたか?

次章では、実際に両サイトを使って掘り出し物の中古車を探すコツを紹介していきます。

カーセンサー・グーで掘り出し物を見つける時のポイント

カーセンサー・グーで掘り出し物を見つける時のポイント

どちらのサイトを使って中古車を探すとしても、一番の目的は「掘り出し物の1台を見つける」ことです。

そこで本章では、車選びのプロが掘り出し物を見つける3つのポイントを紹介します。

掘り出し物を見つける3つのポイント

  • ポイント1.修復歴車は避ける
  • ポイント2.平均価格からかけ離れた価格の車は選ばない
  • ポイント3.点検記録簿の付いた車を選ぶ
パンダ店長通常表情
パンダ店長
中古車は前のオーナーが分からないから、「どんな使われ方をしてきた車」かがわかる1台を見つけることが重要なんだ!

ポイント1.修復歴車は避ける

基本的なことですが、確実に安心できる中古車を探すなら、修復歴車がある車は避けましょう。

車にはフレームと呼ばれる骨格部分があり、事故などの激しい衝撃で骨格が歪んでしまうことがあります。

そのフレームを修理した車が、「修復歴車」として販売されているのです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
ボディをぶつけたりこすったりした程度では、修復歴車にはならないから大丈夫だよ!

修復済みとは言え、骨格が歪んだ車は新車時の性能を発揮しきれるとは断言できません。

走行時にまっすぐ走らなかったり、修理箇所が経年で歪んできたりするリスクがゼロとは言えないのです。

こうした車は比較的安価で販売される事が多いのですが、できれば避けるべきと筆者はお伝えしています。

まどか表情笑顔
まどか
カーセンサーやグーネットで中古車検索をする時、修復歴車を避けるチェック項目があります。

カーセンサーの修復歴車を避けるチェック項目

※画像出典:カーセンサーより

グーネットの修復歴車を避けるチェック項目

※画像出典:グーネットより

カーセンサーgoo-net(グーネット) 、どちらも修復歴なしの車だけを検索できる機能が付いています。

このチェック項目を選択していれば、修復歴がない車だけから中古車を探すことが可能です。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
大きな修理をした車は、相場よりかなり安いからわかりやすいんだ!

ポイント2.平均価格からかけ離れた価格の車は選ばない

修復歴がある車や、洪水や災害で水没した車は故障のリスクが高まります。

そのため相場より安く販売されることが多く、中古車検索をしていると「飛び抜けて安い1台」に遭遇する場面があります。

グーネットの平均価格からかけ離れた価格車の事例

※画像出典:グーネットより

例えば画像の2台、同じ年式で同じような走行距離なのに、価格差が約20万円もあります。

これは安い方が水没車という理由があるから。

水没車は修復歴にはなりませんが、当然保証サービスの対象ではなくなります。

一見修復歴がないから安いと思ってしまいますが、一度水没している車は今後電装部品の故障が心配されるのです。

パンダ店長困惑表情
パンダ店長
今はしっかり直っていても、保証もないし今後のことを考えると心配だね。

水没車がどうして危険なのか、なぜ安くても買ってはいけないのか、以下の記事で詳しく解説しています。

55view
水没車(冠水車)
いくら安くても中古の水没車は買ってはダメ!見破る4ポイントと冠水車を高く売る方法

車を探していて、水没車を避ける方法を知りたい人 車が水没してしまい、高く買い取ってくれる業者を探している人 水没車にはど ...

続きを見る

ポイント3.点検記録簿の付いた車を選ぶ

点検記録簿とは、1年点検や車検の際に発行される書類で、どんな点検を行ったのかを記した整備記録です。

この点検記録簿には、点検の際にどこを見たのかはもちろん、どんな消耗部品を交換したのかまで細かく記されています。

前オーナーが分からない中古車でも、点検記録簿があれば「どんな整備を受けてきたのか」が一発で分かります。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
車のカルテのようなものだね!

点検記録簿は処分されている車もあるため、そうした車は過去の整備記録が分かりません。

安心できる1台を買うなら、新車時からの点検記録簿が残っている車を選びましょう。

カーセンサーとグーネットには中古車検索をする際、点検記録簿が付いた車だけを絞り込む機能も付いています。

カーセンサーの点検記録簿を絞り込む機能

※画像出典:カーセンサーより

グーネットの点検記録簿を絞り込む機能

※画像出典:グーネットより

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
少し走行距離が多い車であっても、点検記録簿でしっかり整備されていたことが分かれば安心できるね!

こうしたポイントは掘り出し物の1台を探す上では基本的なことで、カーセンサーやグーネットでもきちんと絞り込み機能が付いています。

台数が多くて探しきれないとき、予算やグレードだけはなく、こうしたポイントで絞り込んでみることもオススメします。

まとか通常表情
まどか
安心して乗れるけど安い中古車を買うなら、以下の記事が参考になります。
殿堂
プロが教える「中古車の走行距離」ベストな距離の選び方を徹底解説
プロが教える「中古車の走行距離」ベストな距離の選び方を徹底解説!

中古車購入をしようと言う時、まず検討材料に入ってくるのは車種やボディタイプだと思います。 しかし、ついつい気になるのが「 ...

続きを見る

ネットの中古車検索サイトは情報量も多く、保証も充実しているのはここまでの説明で分かりましたよね。

しかし、どうしても目視でチェックするより不確定要素が多くなってしまうのも事実。

次章では、カーセンサーやグーネットに記載されている情報「だけ」で中古車を選ぶと危険な理由についてお話していきます。

一発では見抜けない!カーセンサー・グーの情報だけで判断すると危険な理由

一発では見抜けない!カーセンサー・グーの情報だけで判断すると危険な理由

中古車検索サイトは「どんな車があるのか」を確認するツールと割り切り、購入を真剣に考えている車は実際に見に行きましょう。

車選びのプロである筆者がそう話すのには、以下2つの理由があるからです。

実車を確認するべき2つの理由

  • 理由1.写真に載っている以外の箇所も確認した方が良いから
  • 理由2.実際に車を見たらイメージと違うこともあるから
パンダ店長困惑表情
パンダ店長
特に2つ目の理由は車を見て試乗してみないと分からないことだと言えるよね。

車は実際に運転してみるまで、その使い勝手などは分かりません。

実物を見たら「思ったより狭い」、「思ったより走らない」とガッカリすることも珍しくないのです。

現車確認の際、どんなポイントを見ればいいのかは以下の記事で詳しく紹介しています。

451view
中古車の注意点と落とし穴、これだけは気をつけておきたい!スムーズに購入するためのお役立ち知識
中古車の注意点と落とし穴、これだけは気をつけておきたい!スムーズに購入するためのお役立ち知識

中古車購入時の注意点が知りたい人 中古車の走行距離を見るときに注意した方がいいことを知りたい人 粗悪な中古車の特徴や見抜 ...

続きを見る

まどか表情笑顔
まどか
ここでは前章までで説明したことを踏まえて、カーセンサーやグーネットだけでは分からない情報を紹介していきます。

修復歴はあるけど「書いていない」可能性

修復歴は先ほど紹介した通り、車のフレームを修理した歴のある車のこと。

基本的には修復歴は全て公開すべき情報ですが、まれに修復歴を隠して売る中古車販売店が存在します。

パンダ店長困惑表情
パンダ店長
綺麗に直ってれば素人に修復歴なんてわからないもんね。

車の修理技術は向上しており、修復歴車も元通りに直すことは不可能ではありません。

しかし修復歴がある車を、「修復歴なし」として販売するのは話が変わってきます。

カーセンサーやグーネットでは、中古車販売店の口コミを見ることが可能ですが、それでもこうしたケースは防ぎきれないというのが実情です。

水没車であることは「書かなくてもいい」

前章でも紹介した「水没車」ですが、これは修復歴と違って必ず申告しなければいけないものではありません。

水没車は査定の際に大幅なマイナスとなるため、中古車販売店は非常に安く仕入れることが可能。

バレないように見た目だけ綺麗にして販売してしまうケースもあるのです。

こうした車を知らずに購入すると、あとで故障に悩まされることになります。

水没車は現車を確認すれば大体わかるので、下記の記事を参考に水没車かどうかを見抜きましょう。

55view
水没車(冠水車)
いくら安くても中古の水没車は買ってはダメ!見破る4ポイントと冠水車を高く売る方法

車を探していて、水没車を避ける方法を知りたい人 車が水没してしまい、高く買い取ってくれる業者を探している人 水没車にはど ...

続きを見る

保証がついているように見えるけど実態は対象外のケース

保証がついていれば確実に安全とはいい切れません。

カーセンサーやグーネットには保証サービスがあることを先ほど説明しましたが、こうした保証サービスとは別に、販売店が独自に保証サービスを提供していることがあります。

こうした保証サービスは販売店によって規約が異なり、使えると思って購入したら対象外だったというケースもあるのです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
「保証あり」と書いてあるなら、何の保証が付いているのかしっかり確認するべきだね!

カーセンサーやグーネットは、あくまで全国の中古車販売店の在庫を検索できるツールです。

そのため最終的な車の販売は中古車販売店が行います。

カーセンサーやグーネットは信用できても、その先の中古車販売店が信用できるかどうかは別問題。

悪質な販売店は掲載を取り消されるため、一定の基準は満たしています。

それでも、最後は自分の目で車を見て、「本当に安心できるかどうか」を判断する必要があるのです。

まどか困惑表情
まどか
そんなこと言われると、急に車探しのハードルが上がりますね…。
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
現車を確認する時、どこを見るべきかプロがまとめてくれたチェックシートがあるんだ!

車を確認するのは素人には難しいと言えます。

そこで中古車の仕入れや販売を手がけるプロ視点で、「ここを見ておけば安心!」というチェックシートを作成して公開しています。

気になる中古車を見つけたら、このチェックシートを持参して現車確認に行くことをオススメします。

殿堂
プロが教える!初心者でも安心、中古車の状態チェックシート【永久保存版】
プロが教える!初心者でも安心、中古車の状態チェックシート【永久保存版】

「新車よりお得に乗りたい」「新車では手が出ないけど、新車なら何とか…」 そう思って中古車の購入を考えている人は多いと思い ...

続きを見る

重要なポイントまとめ

この記事では、2大中古車検索サイト「 カーセンサー 」と「 goo-net(グーネット) 」を紹介してきました。

最後に重要なポイントを確認していきましょう。

  • カーセンサーとグーネットは掲載されている車に違いはない
  • サイトの使いやすさで比べるとカーセンサーがオススメ
  • どちらのサイトも、購入後に使える安心の保証サービスがある(有料)
  • 掘り出し物の1台を見つけるポイントは3つで、絞り込み機能を使うのがオススメ
  • 車を販売するのは各地の中古車販売店なので、最後は必ず目視でチェックする

安全で安心な掘り出し物の中古車を探すなら、上記5ポイントは確実に押さえておきましょう。

カーセンサーやグーネットには、40万台以上の在庫が掲載されています。

その中から理想の1台を探すなら、検索機能を使いこなすのは必須です。

年式や走行距離だけにとらわれず、記事内で紹介したあらゆるポイントを選んで絞り込みをしていきましょう。

気になる1台が見つかったら、保証サービスがあるかどうかを確認し、その条件をクリアしたら現車確認へ行きましょう。

上記関連記事の「プロが作ったチェックシート」を参照すれば、怪しい中古車を買ってしまうことはないでしょう。

よく読まれている記事

おすすめ記事

5,488view
安い中古車=粗悪は本当?最高コスパの1台を見つけ出す簡単テクニックと見分け方

安い中古車を探したい 安い中古車の探し方を知りたい 安く出回っているオススメの中古車を知りたい コスパの良い中古車を知り ...

51,414view
【2019年最新】車一括査定のランキング決定版!オススメはどこ?

すぐに車一括査定のランキングが見たい方はコチラ 車一括査定はどれがオススメなのか知りたい 納得できる車一括査定ランキング ...

859view
【チェック表つき】中古車購入・売却の必要書類と手配方法の完全マニュアル!

・中古車の購入時、どんな書類が必要なのか知っておきたい人 ・中古車購入の必要書類の手配方法を先に知りたい人 ・必要書類を ...

59,438view
車買取専門店ランキング

車買取専門店ってどこがオススメ? ネットでよく見かけるランキングってホントに正しいの? 車買取専門店ランキングの活用方法 ...

-中古車購入

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.