カムリの最新値引き情報!1年間の値引き推移とお得に購入するコツ

こんな悩みをスッキリ解消

  • これからカムリの購入を検討している人
  • カムリを買った人はいくら値引きをしてもらっているのか知りたい人
  • 新車をお得に購入する方法を知りたい人

トヨタのミドルサイズセダンとして、長きにわたり愛されているのがカムリです。

2017年にはプラットフォームから変更するフルモデルチェンジを行い、最新のトヨタ車としてふさわしい機能を満載して登場しました。

これから購入を検討しているあなたにとっては、性能の話よりも値引きが気になることでしょう。

この記事ではそんな疑問を解決するために、カムリの最新値引き情報を徹底解説。

みんながいくらの値引きをしてもらっているのか、実際の購入レポートを紹介しています。

値引き交渉のテクニックはもちろん、お得に新車に乗り換える方法も紹介。

この記事を読むだけで、最安値でカムリを買うための方法が全て身につきます。

トヨタカムリの値引き情報

  • カムリ車両本体の値引き目標額:30万円
  • カムリオプションを含むトータル値引き目標額:45万円
  • カムリの値引き難易度:易
これから値引き額の詳細や交渉のコツを解説していくよ!
パンダ店長

【執筆・監修】リユース営業士

滝俊晴

古物商を取得し、自ら中古車売買を経験。リユース系メディアの編集長時代には、買取業者への取材を積極的に行う。独立後は自身の経験と知識を活かし、価値のあるコンテンツ制作に注力している。また、前職時にカービューやユーカーパックの取材経験がある。

資格古物商、リユース営業士

当サイトは、紹介している一部サービスが読者様に使用された時に支払われる報酬によって運営が成り立っています。頂いた報酬は、調査やコンテンツ制作に使用し、正しい・最新の情報をお届けできるように努めています。読者様に合わせたベストな選択を提案しておりますが、もし異なる意見がございましたら、問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。詳細は「運営ポリシー」をご確認ください。

トヨタカムリの値引き情報まとめ

まず初めにカムリの良さについて。

カムリの良さは下記youtubeの動画を見ればわかります。

カムリは初代モデルが1980年に発売され、30年以上も販売されているトヨタの歴史あるモデルです。

2017年にはプラットフォームを刷新し、先進の運転支援システムを搭載するなどのモデルチェンジを実施。

最新モデルとしてふさわしい内容の1台となっています。

発売からしばらく経ちますが、2020年8月時点の納期は2ヶ月と若干長め。

納期が分かったところで最新の値引き情報を紹介していきます。

今回は大手口コミサイト「価格コム」に掲載されている実際の購入レポートを参考にお話していきます。

トヨタカムリの値引き情報

  • カムリ車両本体の値引き目標額:30万円
  • カムリオプションを含むトータル値引き目標額:45万円
  • カムリの値引き難易度:易

※画像出典:価格コム「トヨタカムリ値引き情報」より

これからカムリの過去1年間の値引き額の推移、今後の予想値引き額を紹介していくよ!
パンダ店長

トヨタカムリの値引き推移

グレード別のカムリ目標値引き額

グレード名 車両本体価格(値引き前) 目標購入額(値引き後)
WS“レザーパッケージ” 445万円 415万円
WS 387万円 357万円
G“レザーパッケージ” 433万円 403万円
G 372万円 342万円
X 345万円 315万円

2019年6月〜2020年5月の1年間を見ると、カムリの値引き額は30〜50万円の間を推移していることがわかります。

値引き額は比較的大きく、口コミを見ると40万円を超えている人も珍しくありません。

カムリは3ナンバーの大型セダンに分類されますが、他社にこれといったライバル車は見当たりません。

強いて言えば「マツダ アテンザ」、「ホンダ インサイト」がライバル車に該当しますが、これらをライバル車として相見積もりを取っている人はあまりいません。

相見積もりとは、複数の車種を競わせて値引き交渉をするテクニックのことだよ。
パンダ店長

カムリはフルモデルチェンジから2年以上が経過し、新車効果は薄れていると言えます。

そのため交渉の難易度としてはそう高くなく、しっかりポイントを抑えて交渉することで、誰でも目標購入額には到達できるでしょう。

誰でも30万円ほどの値引きであれば引き出せそうですが、それ以上となるとある程度の駆け引きが必要となります。

もちろん、低グレードよりも高いグレードの方が値引きも引き出しやすく、オプションパーツもたくさん付けている方が値引き額も大きくなります。

グレードと装着オプションのバランスを見て、納得できるラインを決めて交渉をするのが良いでしょう。

気になる今後の値引き額ですが、カムリは現在大幅なモデルチェンジの予定はありません。

そのため値引き額が拡大または縮小する可能性は低いと考えられるでしょう。

こうした背景から、結論としてカムリ購入の際には車両価格から30万円、オプションパーツ込みで45万円の値引きが引き出せれば成功と言えます。

パンダ店長
とはいえ、人によっては交渉に失敗している車だから、これから紹介する方法をフル活用することが大事なんだ。

値引きを引き出す一番早い方法は複数の店舗を回ること

カムリの値引きを引き出すためには、複数のディーラーを回って見積もりを取ることが大事です。

1店舗だけで交渉していると、他にライバルがいないことを見抜かれて足元を見られます。

ライバル車の見積もりを用意する方法もありますが、カムリはこれといったライバル車がいないという問題があります。

まどか
じゃあどうやって交渉をしていけばいいんですか?
系列が違うディーラーでカムリの見積もりを複数もらう「相見積もり」を活用するんだ!
パンダ店長

別系列のディーラーを競わせると新車が安くなる理由

複数のディーラーを回る際は、必ず別系列の店舗を回るようにしましょう。

なぜなら、同系列のディーラーは値引きできる限界額や提供できるサービスが全て同じだから。

例えば、同じ地域にあるトヨペット店は運営する販売会社が全て同じ。

そのため各トヨペット店は全て同じ値引き額までしか交渉に応じてくれません。

全店舗で顧客情報を共有していることもあり、商談メモを見て他店舗で商談していたこともバレてしまいます。

つまりどのディーラーに行っても値引き額が拡大することがないのです。

そこで、ネッツ店やカローラ店などの通称、「別チャネル」に行きカムリの見積もりを作成してもらいます。

販売チャネルを変えてしまえば、運営する会社が変わります。

そのためゼロから交渉がスタートでき、別の条件を引き出すことができるのです。

その上、顧客の奪い合いにもなるから結果として大幅値引きが引き出せるという仕組みなんだ!
パンダ店長

ここまでの情報で、カムリの値引きを最大まで引き出すためには別チャネルのディーラーを複数回ればいいことがわかりました。

そこでこれから、回るべきディーラーの探し方を画像つきで紹介していきます。

トヨタで自宅の近くのディーラーを探す方法

車は必ず自宅の近くのディーラーで買うようにしましょう。

新車は買った後に数年は乗り続けるため、メンテナンスなどでディーラーに通うことになります。

その際にアクセスの良い場所というのが非常に重要になってくるのです。

これから、自宅の近くにあるトヨタのディーラーを検索する方法を紹介します。

1.トヨタの販売店検索サイトにアクセスする

トヨタのホームページでは、ディーラーを検索できるページが用意されているので、そこからディーラーを探します。

2.取扱車種で絞り込む

トヨタのディーラー検索ページには、いくつかの検索方法が用意されています。

しかし今回は一番カンタンな「取扱車種で絞り込む」という機能を使います。

ここでは、カムリを選んでクリックしましょう。

取り扱い車種で絞り込む

取り扱い車種で絞り込む

カムリを絞り込む

トヨタは販売車種が多いから、取扱車種で絞り込む方がカンタンにディーラーを探せるよ!
パンダ店長

3.一覧から回るべきディーラーをピックアップする

全ての操作が完了すると、画面上にはカムリを販売しているディーラーが一覧と地図で表示されます。

カムリの販売ディーラー一覧

今回使いたいのは一覧で、店舗名を見ると「トヨペット、ネッツ」などの販売チャネル名が表示されていることがわかります。

これが別系列のディーラーというわけです。

この一覧から、別系列のディーラーだけ3つほどピックアップして、それぞれのディーラーでカムリの見積もりを取りましょう。

まどか
それで競わせて最安値を引き出すってことなんですね!
そういうことだね。ライバル車が少ないカムリは、トヨタのディーラー同士で競わせるのがポイントなんだ!
パンダ店長

カムリの相見積もりを取るときの2つの注意点

別系列のディーラーでカムリの見積もりを取るところまでは説明しましたが、その際に気をつけるべき点が2つあります。

見積もりを取る際の注意点2つ

  • 注意点1.ディーラーはなるべく間隔を開けずにすぐ回る
  • 注意点2.グレードやオプションなど全て同条件にする
この2つを守らないと相見積もりにならないんだ。
パンダ店長

注意点1.ディーラーはなるべく間隔を開けずにすぐ回る

新車の見積書というのは鮮度が重要です。

値引き額は日々変動するものなので、全てのディーラーは1〜2週間のうちに回り終えるようにしましょう。

相見積もりは、他のディーラーで出してもらった見積書を提示して、「これより安くして欲しい」と交渉すること。

値引き交渉の重要なアイテムとなる見積書が、1ヶ月以上も前のものだと効力が弱まってしまうのです。

最新の条件で競わせるためにも、全てのディーラーは早めに回ってしまいましょう。

2店舗目以降では、試乗は断ると商談が早めに進められるよ!
パンダ店長

注意点2.グレードやオプションなど全て同条件にする

相見積もりを取るなら、なるべく条件を整えることが必須。

そのために、カムリのグレードや装着オプションは全て同じにしましょう。

各ディーラーで全く同じ条件のカムリを見積もれば、どこが一番安いのか一目瞭然。

ディーラーとの交渉もしやすくなるのです。

まどか
「季節、車の条件」が全く同じなら、ディーラーも他より安くしないと買ってもらえないってなりますよね。
そうだね。なるべく自分が有利になる材料をどれだけ揃えられるかがポイントなんだ!
パンダ店長

基本的なディーラーの回り方が分かったところで、次章では新車の値引きを引き出すために覚えておきたい3つの方法を紹介していきます。

3.カムリの値引きを限界まで引き出す3つの方法

口コミサイトで大幅値引きを引き出している人は、特別なことは何一つしていません。

基本の交渉術を学び、しっかり実践しているだけ。

そこで本章では、商談において更に大きな値引きを引き出せる3つの方法を紹介していきます。

更に値引きを引き出す3つの方法

  • 方法1.オプションパーツのサービスを狙う
  • 方法2.大事な質問には答えない
  • 方法3.下取り車は一括査定を使って買取店に出す
これからこの3つの方法を詳しく紹介していくよ!
パンダ店長

方法1.オプションパーツのサービスを狙う

新車は本体からの大幅値引きはあまり期待できません。

人気車種になればなるほど値引き額は少なくなり、あまり安くならないのです。

そこで利用したいのが、オプションパーツからの値引き。

新車を購入する際、多くの場合オプションパーツを装着します。

カーナビやバックカメラはもちろん、最近ではドライブレコーダーやコーティングを付ける人がほとんどです。

これらのオプションは5〜10万円以上するため、この費用をサービスしてもらう交渉がオススメ。

高額のオプションパーツが無料になれば、それだけで10万円の値引きと同じ効果があります。

実際、口コミを見てもほとんどの人が車両価格と別にオプションパーツから値引きをしてもらっています。

ディーラーは新車の車両価格から値引きできる限界額が決まっていることもあり、値引きがある程度の水準になればオプションパーツから調整するよう提案するのです。

オプションパーツは安いものなら数万円なので、値引きの最終調整にもピッタリ。

「もう少しだけ値引きしてくれれば買う」と最後のひと押しをすることもできるのです。

もし数万円の値引き交渉をするなら、フロアマットやETC車載器がオススメです。

特にコーティングはサービスしてもらいやすいオプションパーツと言われているんだ。
パンダ店長

方法2.大事な質問には答えない

ディーラーで商談をしていると、来場者アンケートというものに答えさせられることがあります。

このアンケートには車検の時期を聞くものや、気になる車種や予算を聞くものまでありますが、これらは全てに答える必要はありません。

なぜなら、このアンケートの回答次第で大幅値引きが狙えなくなってしまう可能性があるから。

例えば車検の時期を答える項目で、車検が近いことを正直に伝えたら営業マンの思う壺です。

今値引きに応じなくても、車検が近づけば車を買い替えると足元を見られてしまうのです。

他にも購入予算を答えると、答えた予算以下の金額には絶対なりません。

例えば予算が300万円と答えた人に、290万円で売る必要はないのです。

気になる車種も、あえて商談している車のライバル車を答えるようにしましょう。

今商談している車が第一候補と分かってしまうと、足元を見られて大幅値引きが狙えない可能性があります。

あくまで第一候補は他社の車と答えておくことで、営業マンに「値引きを頑張らないと売れない」と思わせることが大切です。

アンケートは住所と氏名程度に答えれば十分なので、後の質問は空白で回答しましょう。

もちろん営業マンに直接質問された際も、これらの回答は濁してしまって構いません。

相手に情報を与えないというのは交渉事の基本だね!
パンダ店長

方法3.下取り車は一括査定を使って買取店に出す

車の値引きに成功したとしても、その後に失敗してしまいがちなのが下取り車の処分。

ディーラーは当たり前のように下取りを勧めてきますが、これは断りましょう。

ディーラーの下取りはあまり高くないというのは有名な話。

新車の値引きをしすぎた分、下取り価格を相場より安くして調整することがあるのです。

まどか
新車の値引きで利益が減っても、下取り車を安く買って高く売ればディーラーは得しますもんね。

これではせっかく新車の値引きを多くしてもらっても意味がありません。

そこでオススメしたいのが、買取店に車を売ること。

買取店は中古車売買のプロなので、利用方法次第では相場価格でしっかり売却することができます。

高く買い取らなければディーラーに負けてしまうので、当然ディーラーよりも高額査定をしてくれるのです。

ただし、買取店も商売なので、できれば車を安く買い取りたいと考えます。

そこでオススメなのが、買取店同士を競争させること。

競争させれば、必然的に買取額が上がります。

車一括査定を使うと、カンタンに競争させられるよ!
パンダ店長

車一括査定とは、複数の買取業者への査定依頼が一度に行えるWEBサービス(サイト)のこと。

自分で買取業者を1社1社探す必要がなく、査定額を比較できるため、高く売れるメリットがある。

車一括査定のオススメはカーセンサー

車一括査定は色々なサイトがありますが、中でもオススメは「 カーセンサー 」です。

車一括査定の仕組み自体は、どのサイトも変わりません。

一方で、依頼できる買取業者は車一括査定サイト毎に少しずつ異なるのです。

カーセンサーは下記のように参加している買取業者数が圧倒的。

  • カーセンサー:1,000社以上
  • ズバット車買取:200社以上
  • カービュー買取:200社以上
  • 楽天カーサービス:100社以上
  • ナビクル車査定:40社以上

大手~町の中古車屋さんまで、幅広く依頼できるのが「 カーセンサー 」なのです。

つまりそれだけあなたの車を高く買い取ってくれる買取業者が見つかる可能性が高いということです。

また、買取業者の連絡の希望日時を伝えたり、メール希望を出せるのもカーセンサーのみ。

任意項目

SPのカーセンサー申し込み画面1

連絡希望時間帯

SPのカーセンサー申し込み画面2

上記はスマホの画面だけど、パソコンでも同じように申し込みできるよ!
パンダ店長

買取業者の中には、メール連絡の要望を書いても、無視して電話連絡をしてくることもあります。

※査定結果を見てから売却を検討することも可能です。

車一括査定のオススメについては下記記事でさらに詳しく解説しています

新車の値引きのコツについては下記記事で詳しく解説しています。

ディーラーの営業も知られたら困ってしまう「新車値引き」を引き出すコツと3つのポイント

こんな悩みをスッキリ解消 新車はどれくらい値引きできるのか知りたい人 新車の値引きを引き出すテクニックを身につけたい人 ...

続きを見る

まとめ

  • カムリの値引き目標額は、車両価格から30万円、オプション込みで45万円
  • 値引きを引き出すためには複数のディーラーを回る
  • 複数のディーラーは全て別系列で、同条件のカムリの見積もりを取る必要がある
  • 値引きと同じくらい大事なのが、下取り車を高く売ること
  • 下取り車は一括査定を使って買取店に売ると一番高く売れる

気になるワードでチェック

パンダ店長のキャンペーン

\内容はいかがでしたか?/

  • この記事を書いた人

石川 貴裕

名古屋のIT企業にて、車一括査定のサービス責任者を経験。その間に車買取会社やJPUCの会議などに参加。新卒時代に車一括査定を利用して30万円高く売れたことを経験。情報格差で損をしている人が多く疑問を感じたため、当サイトを立ち上げ。現在は、古物商許可を取得、中古車売買を行っている。(愛知県公安委員会 第541182000600号)

-新車購入

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , All Rights Reserved.