オートマとマニュアルはどっちがいい?2つの違いとギア(ローマ字)の意味

更新日:

エンジンのギア内部
  • オートマとマニュアルの違いがわかっていない人
  • オートマとマニュアルのどっちの車を買おうか迷っている人
  • 低燃費で車の寿命を延ばす運転方法を知りたい人

車には非常に多くの部品が取り付けられており、その全てを把握して運転している人はごく少数。

とはいえ、低燃費な運転方法は知っておいた方がよく、そのためにはオートマとマニュアルの違いを最低限理解しておいた方が良いでしょう。

そこでこの記事は、オートマとマニュアルの違いを分かりやすく解説。専門用語を用いず、わかりやすい言葉で仕組みを解説しています。

そのため誰が読んでも仕組みが一発で理解でき、難しいと思っていた2つの違いが分かります。

最終的には、車の仕組みを理解した上で運転できるようになるため、低燃費で車の寿命を延ばすテクニックが身につきます。

オートマのギアの仕組みとマニュアルとの違い

車には、トランスミッションというエンジンの力をタイヤなどへ伝える装置が付いています。

これはエンジンが搭載されている車には必ず装着されているもので、車が走る上では絶対に無くてはならない部品。

まどか疑問表情
まどか
もっと分かりやすく説明してください…。
パンダ店長通常表情
パンダ店長
まどかちゃんは自転車に乗ることはある?その時変速機を使うよね。仕組みはそれと一緒なんだ!
まとか通常表情
まどか
走り出す時は軽いのにして、スピードを出したい時は重いのにしていますね。

自転車にも車にも、動力を伝える「ギア」という部品が取り付けられています。

エンジンギア

エンジンギア

ギアとは歯車のことで、大小の歯車によって構成されています。

自転車で走り出す時、基本的に軽く漕ぎ出せる「1速」を使い、スピードが出るほど重い「2速や3速」を使います。

実は、車も同じ仕組みで走っているのです。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
車にも大小の歯車「ギア」が付いていて、走り始めからスピードが出るまでにギアを切り替えて速度を出しているんだ!

そのギアを組み合わせている装置が、冒頭で紹介したトランスミッションという部品となっているのです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
車の説明でよく使われる、「オートマ、マニュアル」というのは、トランスミッションのことなんだ!

変速を自分で行い走る車が「マニュアル車」、アクセルを踏むだけで自動で走ってくれるのが「オートマ車」と呼ばれています。

まどか驚き表情
まどか
つまり、私が普段乗っている自転車は手動で変速しているから「マニュアル車」ということなんですね。
パンダ店長通常表情
パンダ店長
そういうことだね!

ここまでの説明で、トランスミッションにはオートマとマニュアルがあることがわかりました。

しかし最近ではマニュアル車はかなり減り、オートマ車がメインとなっているという事情があります。

事実、警視庁が発表した資料によると、平成29年中に普通自動車免許を取得したのは「1,215,077人」で、そのうち「738,024人」がオートマ車限定免許となっています。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
新たに免許を取得した人の、約6割がオートマ限定免許ということだね。

そこで本記事では、オートマ車をメインに解説を行っていきます。

オートマ車には下記のイラストのように、6種類のギアが用意されています。

6つのギアがある

6つのギアがある

パンダ店長通常表情
パンダ店長
ここでは、それぞれのギアの意味をカンタンに紹介していくよ!

オートマのギアの意味

オートマ車には、上記のイラストで紹介した6種類のギアが用意されています。

車をどうやって動かしたいかによって、適切なギアを選択する必要があるので、ここではその意味を説明していきます。

【P】パーキング:停車時

Pはパーキングの略で、車を完全に停車させる時に使います。

エンジンを切る前に設定することが多く、パーキングブレーキと併用して使います。

ギアをPに入れてパーキングブレーキを併用すれば、ブレーキペダルから足を離すことが可能です。

【R】リバース:バック時

Rはリバースの略で、車を後退させたい時に使います。

バック駐車や車の位置を変える時に使うため、基本的には使用しないギアと言えるでしょう。

【N】ニュートラル:停車時

Nはニュートラルの略で、停車時に使います。

エンジンの力をタイヤに伝えないようにするギアなので、車は慣性の法則に従う状態になります。

パンダ店長困惑表情
パンダ店長
つまり、坂道でブレーキペダルから足を離すと車が勝手に走り出しちゃうんだ。

ニュートラルを使う時は、フットブレーキの併用は必須。

車がエンストしてしまい、人の手で押す時などに使用するギアと言えるでしょう。

【D】ドライブ:走行時

Dはドライブの略で、走行時に使うギアです。

ギアをDに入れてパーキングブレーキを解除し、アクセルを踏むことで車が前進します。

自動で1速2速と変速を行ってくれるため、基本的には何もする必要がありません。

【S】セカンド:下り坂走行時

Sはセカンドの略で、強いエンジンブレーキをかけたい時に使います。

具体的には2速でギアを固定してくれるもので、長い下り坂で車が加速していかないようにします。

【L】ロー:急な下り坂走行時

Lはローの略で、セカンドより強いエンジンブレーキをかけたい時に使います。

長い下り坂で使うのはもちろん、急な上り坂で強い力が必要な時にも使います。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
ローはパワーがあっても高速域までカバーできないギアなんだ。

オートマ車は、この6種類のギアを選べばコンピューターが適切な対処をしてくれるのが特徴。

最近ではオートマ車も進化しているので、次章では進化したオートマについて紹介していきます。

現代のオートマ車の中には「CVT」「DCT」というものがある

オートマ車と言っても、最近は燃費や性能面から次々と新しいものが登場しています。

中でも、最近多くの車に搭載されているのが「CVT」や「DCT」といったもの。

これらがどういうものなのか、これから解説していきます。

CVTとは無段変速機のこと

オートマ車に乗っていて、「変速ショック」というものを感じたことがありませんか?

これはオートマの仕組み上仕方がないことで、1速から2速に変わる時などの「変速時」に、車が一瞬ガタッと揺れるのです。

先程説明したように、オートマというのはいくつもの歯車が組み合わされているもの。車の速度が上がるにつれて、歯車を切り替える必要があるのです。

その時に発生するのが変速ショックというもので、オートマ車には必ずつきものです。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
しかし、この「歯車」自体をなくして、変速ショックをなくしたものがCVTなんだ!

CVTの仕組みはカンタンで、2つのプーリーと呼ばれる部品の間にベルトが付いています。

このベルトをスムーズに動かしていくことで、歯車の代わりにしているのです。

まどか疑問表情
まどか
うーん、よく分からないです…。
パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
仕組みまでは理解できなくても、変速ショックのないオートマ車と覚えておけばいいよ!

CVTのメリットは変速ショックがないことによる、スムーズな走行を可能にしている点です。

車がスムーズに走るということは低燃費ということに繋がり、多くの低燃費車に搭載されています。

ただし、スポーツカーに代表されるハイパワー車にCVTは搭載することができず、コンパクトカーや軽自動車に搭載されることが多いという特徴を持っています。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
CVTはハイパワーに耐えることができず、スポーツカーなどに搭載すると故障の原因になってしまうんだ。

DCTとはデュアルクラッチトランスミッションのこと

国産車の多くに搭載されているCVTに対し、輸入車に多く搭載されているのが「DCT」と呼ばれるもの。

これはデュアルクラッチトランスミッションの略で、イメージとしてはマニュアル車に近いものです。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
エンジンとタイヤを結ぶ、クラッチという部品が2つあることを意味しているんだ。

クラッチとは、エンジンとタイヤを繋いでいるものです。

これは任意で切り離すことができ、マニュアル車はギアを切り替える時に一旦クラッチを切り離します。

クラッチ操作がマニュアル車の面倒な部分ですが、DCTはその操作を自動で行ってくれるのです。

具体的には、クラッチが2つあるため、走行中にコンピューターが次のギアを準備。

速度が上がったところでそのギアのクラッチを繋ぎ、以前のギアのクラッチは切り離します。

これを繰り返すことで、自動でギアチェンジが行えるのです。

パンダ店長困惑表情
パンダ店長
理論的には究極の機械と言えるんだけど、仕組みが複雑で壊れやすく高額なんだ。

DCTは非常に優れた機械と言えますが、仕組みが複雑で故障のリスクが高まります。

その上故障した時の修理代が高額になるため、多くの車に搭載されていないのが実情。

筆者としても、シンプルで故障の少ないオートマ車をオススメしています。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
そこで、これからオートマ車の賢い使用方法を紹介するよ!

オートマ車のシーン別賢いギア選択

オートマ車は、ここまでの説明の通りギアチェンジを勝手にやってくれるのが特徴。

しかし、ほんの少し工夫をすることで、低燃費と車の寿命を延ばすことができるのです。そこで本章では、覚えておきたい賢いギア選択のコツを紹介します。

SやLを使うと低燃費化&車の寿命が伸びる

オートマのギア説明で紹介した「S」や「L」ですが、これはエンジンブレーキを強める効果があります。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
少し昔の車に付いていた「OD:オーバードライブ」も、変速を1つ下げることができるから同じ効果が得られるよ!

エンジンブレーキとは、低めのギアでわざとエンジンの回転数を上げることで減速する方法

ブレーキペダルを踏まないで減速ができるため、ブレーキパットの寿命が伸びるのです。

つまり、ブレーキパッドの交換スパンが伸びて長く車に乗りつるけることが可能。

その他にも、ハイブリッドカーはエンジンブレーキを使っている間はバッテリーを充電します。

その分低燃費に繋がり、無理にブレーキペダルを踏むよりメリットが多いのです。

パンダ店長笑顔表情
パンダ店長
低速ギアは、急加速をしたいときにも使えるんだ!

SやLは低速ギアと呼ばれるものなので、加速力が上がります。

雪道発進でパワーが欲しい時や、急な上り坂を登る時に使うと便利です。

他にも、オーバードライブで低速ギアに切り替えることで、高速道路の合流時などに役立ちます。

パンダ店長通常表情
パンダ店長
オートマ車には、それを自動でやってくれる「キックダウン」というものがあるけど、これらの方法を覚えておけば使い分けることができるよ!

まとめ

この記事では、オートマとマニュアルについて詳しく説明してきました。

最後に重要なポイントを箇条書きで紹介しましょう。

  • 車にはトランスミッションという部品があり、オートマとマニュアルに分かれる
  • トランスミッションにはギアという歯車があり、オートマは自動、マニュアルは手動で切り替える
  • ギアがないCVT、マニュアルなのに変速を自動でするDCTというものが登場した
  • オートマが一番運転がしやすくてオススメ
  • SやLの使い方を覚えておくとオートマ車でも細かなギアチェンジが可能

車の仕組みは非常に複雑ですが、これだけ覚えておけば高効率で低燃費な運転をすることが可能になります。

最近はオートマの技術が向上しており、よほどのことがない限りマニュアル車に乗ることはありません。

しかしオートマであっても、任意のギアに変更することは可能。

全てのギアの意味を知っておけば、道路状況に合わせて適切なギアチェンジが行えるでしょう。

よく読まれている記事

おすすめ記事

5,488view
安い中古車=粗悪は本当?最高コスパの1台を見つけ出す簡単テクニックと見分け方

安い中古車を探したい 安い中古車の探し方を知りたい 安く出回っているオススメの中古車を知りたい コスパの良い中古車を知り ...

51,418view
【2019年最新】車一括査定のランキング決定版!オススメはどこ?

すぐに車一括査定のランキングが見たい方はコチラ 車一括査定はどれがオススメなのか知りたい 納得できる車一括査定ランキング ...

859view
【チェック表つき】中古車購入・売却の必要書類と手配方法の完全マニュアル!

・中古車の購入時、どんな書類が必要なのか知っておきたい人 ・中古車購入の必要書類の手配方法を先に知りたい人 ・必要書類を ...

59,438view
車買取専門店ランキング

車買取専門店ってどこがオススメ? ネットでよく見かけるランキングってホントに正しいの? 車買取専門店ランキングの活用方法 ...

-クルマの知識

Copyright© パンダ店長が教える車買取・中古車購入バイブル , 2019 All Rights Reserved.